Home / 美容・健康 / メイク / 眉マスカラを選ぼう!参考にすべき4つのポイントとおすすめ商品7選

眉マスカラを選ぼう!参考にすべき4つのポイントとおすすめ商品7選

近頃よく聞く、眉マスカラをご存知でしょうか。実はナチュラルメイクにとてもおすすめなアイテムなんです。

顔の印象は人の第一印象を決めます。顔のパーツで言えば目が多くの注目を集めますが、目に近い眉も印象を左右する大事なパーツでしょう。

他はすっぴんでも眉とく口紅はかならず描く、という方も多いように、メイクにおいてアイブロウはとても重要なポイントです。

しかし、眉メイクはペンや筆、パウダーなどさまざまな方法があって、形や色も何がぴったり自分に決まるのか悩みどころですよね。その点眉マスカラは、ほかのアイテムより自然な仕上がりになります。

眉マスカラに興味があっても未体験の人は、ぜひ必見です!眉メイクのポイントやおすすめ商品もご紹介します。

スポンサードリンク

選び方の4つのポイント

 

まずはじめに、自分に合った眉マスカラを選ぶ4つのポイントをご紹介します。

ヘアカラーより明るめを目安に

眉毛の色にいつも悩んでいませんか?実は、眉毛の色はヘアカラーと色味をコーデすることでおしゃれに決まります。ヘアカラーで髪を明るく染めているのに、眉毛は地毛のままで濃い目だと、色味が合わずにヘアも眉毛も浮いた感じに見えてしまいます。

ヘアカラーより少し明るめの眉色であるとバランスが良いでしょう。髪より明るめの眉毛だと、眉だけが協調されずヘアカラーとしっくりなじんで、抜け感がありニュアンスある仕上がりになるでしょう。

眉の生え方や濃さに合わせて

雑誌の表紙を飾るようなモデルさんの整った眉に憧れますよね。ですが、そのモデルさんと自分の眉毛の生え方や濃さが一緒だとは限りません。眉毛の条件が違えば、ケアやメイクも同じに仕上がらないでしょう。

自分の眉毛がどんな生え方や形をしているのか、色はどうかなど、眉毛を知ることが大切です。自分の眉毛が分かれば、それに見合った見せたい眉になれるマスカラをチョイスすると良いでしょう。

眉の毛質に合わせて

眉毛の毛質も人それぞれです。自分の眉毛が濃い目で太くはっきりしている場合は、あまり盛る必要がないため明るめの色が似合い、ふわっとした印象に仕上がるでしょう。色味が必要ないと思えば、透明なマスカラもメイクが長持ちするのでおすすめです。

反対に、眉毛が柔らかく薄い場合は濃い目のマスカラを乗せて存在感をアピールさせましょう。眉マスカラだと濃くても強調し過ぎず、柔らかい雰囲気に見えるでしょう。自分の毛質に合った眉マスカラだと、より垢抜けておしゃれに見えます。

口コミを参考にする

眉マスカラの商品は、沢山あって選ぶ基準に迷いますよね。自分の眉に合う色が分かっても、果たしてどれが良い商品で自分にぴったり合うのでしょうか?高めの値段であると品質・機能的には優れていることが多いですが、自分に合わないこともあります。

今はSNSが普及していて、@cosmeなどで美容情報や口コミがあふれているため、実際に使用すればどういいのかが口コミなどでリアルに知ることができます。ネットツールを参考にして、眉マスカラをチョイスすると大きな外れはないでしょう。

次ページ:マスカラの種類

眉マスカラの種類

上記では、眉毛の特徴にあった眉マスカラの色や明るさについて述べてきました。ここからはおすすめの眉マスカラをタイプ別でご紹介します。

お湯で落とせるタイプ

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ

こちらの眉マスカラは、汗や水、皮脂または摩擦などでこすれにくいマルチプルーフタイプです。落ちにくいのに、お湯で落とせるフィルムタイプで、美容液成分のパンテノールも配合でお肌にも優しいでしょう。

また、地肌に付きにくい仕様になっており、慣れてない人にも簡単に使えるテクニカルブラシとなっています。ひと塗りでぱっと発色してくれるため簡単にメイクできます。7色ものラインナップは、選ぶ楽しさも味わえるでしょう。

ご購入はこちら

メイべリンニューヨーク ファッションブロウカラーリングマスカラ

メイベリンのこの眉マスカラは、ブラシの先端が丸っこくコンパクトで変わった形をしています。また、左右どちらの眉に塗るのも簡単で地肌に付きにくくなっており、安心して使用できます。

使用時は色味がしっかりと発色し、眉毛のカラーリングのように自然に仕上げることができるでしょう。水や汗、皮脂に強いのにお湯で落とせる人気のフィルムタイプです。

ご購入はこちら

ファシオ カラーラスティングアイブロウマスカラ

こちらもひと塗りで自然な色に染まる眉マスカラです。水や汗、皮脂または強いこすれに耐え、カラーキープする成分を配合していますが、落ちにくいのにお湯で落とせるフィルムタイプです。

また、タッチプルーフ成分配合で摩擦やこすれに強い膜を作るため、ずっときれいが叶う嬉しいマスカラです。色味は5色あって、ライトなブラウン系を揃えています。

ご購入はこちら

ウォータープルーフタイプ

シュウ ウエムラ アイブローマニキュア

アイブロウ用に特別に開発された少し短めのユニークブラシが、ぴたっとフィットして簡単に眉メイクができます。汗や水、皮脂に落ちにくいウォータープルーフタイプですが、眉毛保護のケア成分入りです。

微妙に異なるグレーやブラウン系の7色と、春限定のブライトマルーン・ディープライラック・マリンブルーなどパステル色3色も揃えて、バリエーションやラインナップが豊富です。気分に合わせて色味をチョイスしたいですね。

ご購入はこちら

M・A・C ウォータープルーフブロウセット

汗や水、皮脂にも強いウォータープルーフタイプで、こちらは湿気にも強く日本の気候になじんで使うことができるでしょう。色味は全6色でナチュラルなブラウン系を揃えています。シンプルなブラシは、ナチュラルな毛流れをしっかりと描き、ソフトな付け心地も実現します。

ご購入はこちら

キャンメイク カラーチェンジアイブロウ

可愛い容器に入っており、嬉しくなって買ってしまいそうになる眉マスカラです。5色のうち4色はブラウン系、1つはレッド系の色展開で、ブラウン4色はウォータープルーフタイプになっています。ひと塗りできれいに高発色するため、簡単に眉色をチェンジすることができます。

ご購入はこちら

DHC アイブローマスカラ

小ぶりな容器に、どんな眉タイプにも合うミニツリーブラシになっており、眉にムラなく色味を乗せることができます。ウォータープルーフタイプで汗や水、皮脂に強く、1日中きれいで自然な仕上がりが続くロングラスティング処方となっています。

落ちにくくごわごわしないのが特徴ですが、パンテノール・ヒアルロン酸・スクワランなどの美容成分配合でエイジングケアにも気を使いながらメイクが楽しめるでしょう。

ご購入はこちら

きれいに仕上げるコツ

いくら自分にあった眉マスカラを選ぶことができても、商品をうまく使いこなせなければ意味がありません。最後に、眉マスカラを使ってきれいな眉毛に仕上げる方法をご紹介します。

塗ったらティッシュで拭く

マスカラそれぞれに機能があって簡単に使えるはずなのに、何故か失敗してしまう時はありませんか?眉マスカラメイクを上手に仕上げるコツって何なのでしょうか? 実は、ちょっとしたコツなのです。

マスカラブラシを容器から出すと液がたっぷりとついているため、容器の端で少しブラシでならして液を落としましょう。控えめに液がついている程度で十分な量になります。

眉に乗せるとそのままだとテカった感じになっているので、塗った後は少しティッシュで押さえて拭くようにすると見た目きれいに仕上がるでしょう。

毛の流れと逆に塗る

また、眉毛の流れに沿うのが良いと思い込んで、眉毛に沿ってマスカラを塗っていませんか?えっと思う方もいるかもしれませんが、最初に塗る方向が肝心で、実は最初は逆向きが良いようです。眉尻から眉毛の毛流れの逆方向に向かって眉頭までブラシを動かしていき、毛の1本ずつにしっかりと液をつけるようにしましょう。

最後に、眉頭から眉尻にかけて眉毛の毛流れに沿って眉マスカラをつけるようにすると、色もしっかりつき、毛流れもすっきりと整えることができるでしょう。

まとめ

眉マスカラにも色々なタイプがあって、アイシャドーのように色のラインナップも実はさまざまです。顔のパーツの中で大切な目の回りの眉なので、好感度アップできる眉メイクを実践したいですね。

眉メイクを上手にできると、きっとメイクも垢抜けて見えるはずです。自分の好きな色やヘアスタイルを合う色をチョイスして、眉メイクを楽しめると良いですね。

スポンサーリンク