Home / 未分類 / 結婚相手に求める年収って?

結婚相手に求める年収って?

やっぱり大事なのは年収!

結婚相手を探すとき、条件の中で一番気になるのが相手の年収ではないでしょうか。
勿論、人によっては相手に求めるものが違い、性格や将来性などが一番の方もいらっしゃるとは思います。
しかし、結婚となると生活というものがありますので、気になるのは基盤となる年収という方がほとんどではないでしょうか。

600万前後を希望する人が多数


相手の年齢にもよりますが、将来的に増えるとして、その時に年収が約600万前後を希望する方が多いと思われます。
しかし、これはある程度一般的な考えを持った人の平均ですので、もっとたくさんの収入を期待している方もいらっしゃると思われます。

夢見る20代前半

相手に求める年収といっても、その人個人の考え方や年齢による社会的常識などによっても求めるものが違います。

例えば20代前半の女性でしたら、まだ結婚というものに夢を見ている方もいらっしゃるので、給料は多いほど良いと思っていらっしゃる人も多くみられますし、結婚相手を王子様が迎えに来てくれる的なイメージででとらえている方もいます。
そのため、自分は共働きしなくてもある程度の贅沢と幸せが得られる生活を求めています。
少し現実が分かっていないのかもしれませんが、このような希望の方が多いです。

現実を見つめる20代後半

20代後半になり、ある程度社会を知った時は、少し考えが変わってくるようです。

一般的なサラリーマンのお給料がどれくらいなのか、一生にどのくらい稼げるのかなど漠然と分かってきます。
またこの年齢になると、仕事を続けたいという希望の方も増えてきていますし、相手の収入だけに頼らないという覚悟が出来てくるため、20代前半と比べると少し相手の収入に対しての期待度が減ってきます。

若い頃収入が少ないのは当たり前!

しかし、一般的な就職でしたら、若いころは収入が少なくて当たり前です。
この当たり前のことが分かっているようで、分かっていない方がいるのも事実です。

ある程度の企業に勤めている方でしたら、少しずつ年齢が進むにつれて、お給料も増えてきます。
子供が出来、家族が増えても、贅沢をしなければ、共働きしなくても、ギリギリですが何とかやっていけるだけの収入は常にあります。
このことに気付かず、今の収入だけを見て相手を探す方もいらっしゃいます。
この様な方は、もしかすると、自分が最初からある程度の贅沢をしたいがために、相手の年齢などは、あまり考えていないのかもしれません。
確かに、結婚時に自分自身がまだ20代で相手が40代だと、まだ相手が若くも見えますので、さほど年齢差を感じることはないかもしれません。
相手がこのぐらいの年齢になると20代の男性より収入がかなり増えていますので、何だかちょっぴりの贅沢と楽な生活があるように感じるのでしょう。
また起業してある程度成功されている方も大体がこの年齢ですので、シンデレラを夢見ている方は年の差など全く気にしないのかもしれません。

相手の年収ばかりにとらわれないように

実際成功されている方は、本当にびっくりするような年収ですので、女性としては気持ちが動くことに無理はないのかもしれません。

年齢差は、その時は良いのでしょうが、相手の定年もあっという間にやってきますし、何かしらの理由で働けなくなくなることもあります。相手に頼りきった生活ばかり夢見ていると、その時に家計はどのようにやっていくのか、そのこともしっかりと考えましょう。

相手に多くの収入があり、それだけを求めてゴールインしても、自分の一生が幸せかどうかわかりません。ある意味、自分は努力をしないで、相手の収入で贅沢な暮らしをするわけですので、もしかするとその皺寄せで、人生のどこかでお金に苦労することが出てくるかもしれません。

身の丈にあった生活を

結婚というものは夫婦二人で、生活をしながら助け合い、人生というものを築いていくものです。
精神的なものだけではなくお金についても同じです。相手の求めるだけでなく、自分も色々な意味で支えようという気持ちが大切です。
共働きということではありません。自分たちの分にあった生活をするということです。あまりお金に執着すると、お金は逃げて行ってしまうかもしれません。

相手を選ぶときは、ある程度の収入を望むことは勿論大切です。しかし、それは一般的な常識的な範囲の額であることが望ましいです。
贅沢をしたいのなら、その分は自分で出来るだけ何とかするという覚悟は持ちましょう。生活の基盤に必要な収入については、基本相手に求めても良いでしょう。
しかし、生活は二人で築くものであることを忘れないでほしいのです。

支え合うのが夫婦

長い人生、何が起こるかわかりません。一生幸せに暮らす人もいれば、予期もしなかったようなどん底に落ちてしまうこともあります。
相手の収入ばかりあてにしていると辛いこともあります。

相手を探すときは、相手の収入だけでなく、このような予期せぬことが起こった場合にどれだけ相手を支えることが出来るか、支えてあげようと思うのかを考えるようにしましょう。
そのような気持ちでゴールインすると、不思議なことに生活に苦労がない一生を送ることが出来ます。

相手の年収を考えることは大事です。しかし、それだけを目当てに決めないようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

離婚したいとき、弁護士を雇うべきか迷っているあなたに

婚姻関係を解消し離婚したいと思 …