Home / 結婚 / 国際結婚したい!上手くいく秘訣と、アメリカ人の特徴

国際結婚したい!上手くいく秘訣と、アメリカ人の特徴

 

近年増えつつある、国際結婚。

安直な理由で結婚しても、長続きさせるのは難しいです。本記事では、国際結婚を長続きさせる人の特徴や、アメリカ人と結婚する際抑えておきたいアメリカ人の特徴をご紹介します。

スポンサードリンク

国際結婚が上手くいく人とは

国際結婚したい理由とは

最近は日本を訪れる外国人の数が増えたり、海外旅行の経験がある人も多いので外国の人とコミュニケーションをするのは珍しくなくなってきました。テレビやメディアでも外国人やハーフのタレントが活躍していて、周囲に外国の友達がいたり学校や職場で海外の人と出会う機会もたくさんあります。

彼らと接しているうちに親密な関係になって、お付き合いが始まったり一生共に過ごしたいと思うようになるチャンスもできるので、日本人同士でありきたりのカップルになるよりも外国人と付き合って国際結婚を目指そうと考える人も増えています。

ただ単に相手が外国人だとかっこいいから、ハーフの子供が欲しいから、将来外国で生活したいから、など自分勝手な目的だけでお付き合いをしていると長続きせず、ゴールインしても数年で離婚することになったり失敗することが多いので注意が必要です。

外国語が全くできないのに相手が日本語を覚えてくれることをあてにして交際を始めても、真剣な話になったときやケンカになってしまったときに気持ちを伝えられず、言いたいこともはっきり言えないので失敗の原因になります。

相手の国や文化についてほとんど知らないのに見た目のかっこよさや可愛さだけで選んだり、周囲に自慢したいという理由だけで付き合うのもおすすめできません。一生その人と過ごすなら、今現在の状況だけでなく将来のことや家族のことなども考慮して真剣に考える必要があります。

 

相互理解が大切

国際結婚でも基本的な考え方は日本人同士が結婚するときと変わらないので、成功させるためにはお互いがしっかり理解していることや家族、親戚も賛成して仲が良いこと、経済的な考え方や子育てについての意見が一致していること、納得できる仕事に就いていることなどが条件になります。

パートナーが外国人だと更に言語の壁や文化の違い、家族とのコミュニケーションの難しさなどが加わるので日本人同士よりもハードルが高くなりますが、その分親戚付き合いの煩わしさがなかったり、自由な考え方を持っているなどプラスになる面もあります。

一番大切なのはお互いの文化を尊重できることや理解していることなので、いきなりお付き合いを始める前にまずはそれぞれが留学経験や海外赴任の経験を持っていたり現地の生活についても知っていると理解が深まります。

言葉も重要なポイントなので、できればお互いが母国語を話すことができて外国語の知識があると日常の会話が容易になり、お互いの家族や親戚、友人とも無理なく話ができて便利です。子供が生まれたときにも両方が外国語の知識を持っていることでバイリンガルに育てやすくなるメリットがあります。

海外生活に慣れている人は日本でしか暮らしたことがない人よりもグローバルな考え方ができるので、外国人のパートナーと上手くやっていける確率がアップします。学生の頃に留学したりホームステイをした経験があると異文化アレルギーがなくなって相手を受け入れやすくなったり、海外移住することになっても抵抗感がありません。

外資系の企業で働いていて普段から外国人と多く接していたり、海外の取引先と頻繁にやり取りしている人も比較的進んだ考え方を持っていて外国人と気軽にお付き合いを始められます。

 

英語ができる、では不十分

英語ができるからどんな外国人とでも交際できると思っていると間違いで、アメリカ人やイギリス人など英語が母国語の人を除いて、ほとんどの外国人にとって英語は第二外国語です。

そのため、真剣な話になったり難しい口論やケンカのときにはお互いが片言の英語しか使えないとしっかり言いたいことを伝えられず、別れ話になってしまったり解決策が見つかりません。

一生暮らしていきたいならどちらかが相手の母国語をマスターしておくか、二人とも相手の母国語が使えることが上手くいく秘訣になります。相手の両親や外国の田舎に住んでいる親戚などは英語ができないことが多く、自分の親族や両親も英語がわからないと本人以外は通訳がないとコミュニケーションが取れず困ってしまいます。

特に子供が生まれて親に孫を紹介したくても、言葉ができず険悪な雰囲気になったりするケースは多いので気をつけるようにしましょう。

国際結婚は見た目のかっこよさやハーフの子供欲しさだけで決めると失敗するケースがほとんどです。相手の国の文化をほとんど理解しないままで交際を始めて、後からギャップに驚いてしまったり宗教の違いでケンカになったり、真剣な場面で言語力が足りなくてはっきり言いたいことを言えなかったりすると数年で離婚することになるので失敗します。

成功させるためには言葉の壁を乗り越えてお互いをきちんと理解できるように勉強したり、相手の出身国の文化や歴史について学んでおくこと、家族ぐるみで交際できるようにすること、普段からグローバルな考え方を身につけることなどが必要です。上手くいけば日本人同士では味わえない特別な結婚生活ができるので、努力を惜しまず頑張ってみましょう。

 

アメリカ人の特徴とは

国際結婚で相手の国柄を理解することは重要ですが、本記事ではまずアメリカ人の特徴を抑えておきたいと思います。

アメリカ人の特徴

アメリカ人の特徴を語る上で、最初にはっきりさせておかなくてはならないのが「アメリカ人」という単語で一まとめにできる人々は居ないということです。

アメリカ大陸と言っても、北米と南米に分かれ、いわゆる「米国民」が住む北米大陸のアメリカ合衆国は、地図で確かめるまでもなく、広大な面積の国土にそれぞれが広い区域を持つ「州」に区分けされています。

北米大陸の本土に48州、ワシントンD.C.、大陸北西部にあるアラスカ州、太平洋に浮かぶハワイ州といったように、地理上でも到底一つにまとめられない範囲に広がっている国家です。国家という単位や「州」の概念も、日本人が連想しやすい「国と、都道府県」という感覚とは、まったく違っています。

時折ニュース解説などで取り沙汰されるように、「合衆国」というのは「州」の一つ一つが「一つの国家」という感覚で捉えるほうが、日本での感覚としては近しいものになると言われています。

そういった国だけに、居住している州によって「国民としての意識」もまったく違っているといっても過言ではなく、いわゆる「愛国心」も地域によって微妙に温度差がありますが、米国ならではの「愛国心」の概念が無い日本的感覚からは、その根本すらよく判らないままとなっています。

国を愛しながらも「自由」を何よりも尊重する国民性ということで、その点も日本的感覚からは、矛盾すら感じる面があります。その点を理解するには、米国建国の歴史を学ぶ必要がありますので、大雑把に括って「米国人は、自由を愛する愛国者たち」といった表現になります。

北米の大都市が舞台のドラマに馴染みがある向きには、米国が「訴訟社会」で弁護士や裁判所がとても身近ということが感覚として判り、そういったシーンが出て来るドラマには、都市部で働くエグゼクティブな米国民が多く登場することから、知的な成功者が多そうな国家というイメージも抱きがちとなります。

実際、ワシントンD.C.の国家中枢で働くエリート、ウォールストリートで世界経済を動かす金融アナリストやファンドマネージャーなどは、まさしくそういったイメージのままで、実際に世界情勢そのものを動かしている層も確実に存在します。

とは言え、いわゆる「地方」に在住している、米国民のほとんどを占める層は、都市部が舞台のドラマで颯爽と活躍しているようなタイプとは、まったく違う雰囲気を持っています。

 

大半の米国民の特徴


北米内陸部に住む米国人のほとんどが、一生暮らす間、自分が住む州から出たことがないまま、生涯を終えると言われています。パスポートを持とうと思うことすらなく「海外」という概念が持てないままの米国民も存在します。

周囲が海に囲まれ、他の国はすべて「海外」という日本的感覚からは想像しにくいものがありますが、内陸部在住の米国民にとっては、「外国」と言えるものは、隣の州や、ちょっと離れた州です。東の海沿いにあるニューヨークや西海岸にあるロサンゼルスやサンフランシスコは「遠い国」といった感覚に近いことが推察されます。

ネット社会においては、さすがにそれはかつての話で、北米内陸部でもシニア世代の話に留まっていると考える向きもありますが、地域差はあれ、米国民の不勉強ぶりには深刻なものがあり、若い世代でも、驚くほど基礎知識を持たないままという層も存在します。

自分が住む州内以外のことは知らなくても生きて行けるという理由もありますが、グローバルな仕事をしているビジネスパースン以外は、海外事情を全く知らないケースが少なくないのも、大半の米国民の特徴と言える面があります。

日本のバラエティー系報道番組などで取り沙汰されることがありますが、米国内陸部に住む国民に世界地図を見せて、日本の位置を指し示してもらうと、ほとんど間違っているとのことで、オーストラリアを指したり、ロシア西部を指したりすることもあるそうです。

日本ではよく、広島や長崎に投下された原爆について、米国民が、原爆投下は戦争を終結するために必要な選択だったと考えていることを残念に思う論評が交わされますが、多くの米国民は、原爆投下の意義以前の問題として、ヒロシマやナガサキがどこにあるのかすら知らないというのが一般的となっています。

 

多様性の国

米国民が抱える問題として、州ごとに民俗性が違うように、学校教育も教育機関によってまちまちというのも、同じ国民の間で、知識レベルに大きな差を開かせている要因となっています。

一つには宗教心の問題があり、問題の本質が個々の信仰心によるものであるため、宗教的な概念から世界有数に離れている日本的感覚で論じてはいけないものがありますが、敬虔なカトリック信者ほど、世の中の理について正しく学ばないというのが、米国内でも長年問題視されています。

神が作った世界を、物理や科学の観点から論じてはいけないため、その根本はおろか、世界的通念となっている原理なども知らないままといった層が、一定数存在します。多くの米国民がなぜあのリーダーを支持したのかと疑問に思う話もよく目にしますが、物事を深く知らず、乗せられやすいといった面も大きいためと考えられます。

 最後に

いかがでしたでしょうか。

理解、共感の姿勢は国際カップルにおいて非常に重要です。

是非、本記事を参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

男女における恋愛観と結婚観の違い

「もう付き合って4年も経つのに …