Home / 恋愛 / 男性をメロメロにするLINE恋愛テクニックと駆け引き

男性をメロメロにするLINE恋愛テクニックと駆け引き

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yk0i9a6202

LINEというのは、スマホを持っている人の殆んどが使用しているであろうコミュニティツールです。これを使う事によって、普段あまり話せない人とでも会話が出来てしまう事もあるくらいです。意中の相手との恋仲を深める事も出来るかもしれません。

そんな便利なLINEを駆使する事で、男性をメロメロにしたり恋愛駆け引きしたりする事が出来ちゃいます。どのような事に気を付ければ相手をメロメロにすることが出来るのか、Lineの恋愛テクニックをご紹介します。

スポンサードリンク

女子力を見せるLINE恋愛テクニック

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s

では、実際どのように打てば女子力を見せる事が出来るのでしょうか?普通に打つよりも、ちょっとしたテクニックを使う事で見え方は格段に変わってくるものです。いくつか挙げてみますので、これらを参考にして意中の彼をメロメロにしてしまいましょう!

アイコンを女子っぽく

LINEといえばアイコンは結構重要です。LINEで会話する際は、まずアイコンが目に入ってきますよね。ここを可愛いぬいぐるみにしたりハートなどでデコレーションしたりしてみてはいかがでしょうか?女子らしいなと相手に思わせる事が出来れば万々歳です。

ただ、いくら可愛いものだからと言っても自分と全く関係の無いような画像にしてしまうと、自分自身が愛着を持つ事が出来ませんよね。確かに普段人と会話する時は自分のアイコンを目にしませんが、折角なので自分らしいアイコンにしたいものです。自分の好きなもので可愛いものをチョイスしてアイコンにしてみましょう!

可愛いスタンプを駆使する

LINEには数えきれないくらい沢山のスタンプが販売されています。眺めているだけでも面白い反面、自分が使いやすいスタンプを見つけるのはなかなか骨が折れる事でしょう。しかしこのスタンプでも、使うものや使い方によって女子力を見せる事が出来ちゃうのです。「お疲れ様」というだけでも、文だけで送るよりもスタンプで送った方が和む事もありますよね?

使いどころを間違えず、探して見つけた可愛いスタンプを使ってLINEでの会話を楽しく可愛いものにしてみましょう。

甘える

面と向かっては恥ずかしくて出来ない事でも、文面を通してだと出来る事もあります。「甘える」というのもその一つではないでしょうか。「次会った時はここに行きたいな」「○○しても良い?」「一緒に居たいよ」など、思い切って相手に甘えてみてください。

普段とのギャップに相手もきゅんとしてしまうかもしれません。しかし、度を過ぎた甘えや空気を読まない甘えは逆に相手を引かせてしまうので、甘えても良い時を見極める必要があります。

マメさをアピール

相手からのLINEに素早く返事をする事で、マメさをアピールする事が出来ます。すぐに返事が出来るという事を相手に知って貰えれば、もしかすると相手からより多くのLINEがくるかもしれません。また、マメな子だなと思って貰う事によって女子力を見せる事が出来ます。

聞き役に回る

自分の話ばかりを多くしてしまわず、相手の話を聞く態勢を整えましょう。自分の話をきちんと聞いてくれるという事は、とても嬉しい事です。そして、聞き上手な人は女子力が高いのです。相手の話を聞くと言っても、相槌を打つだけではいけません。

時には質問したり共感したり、相手の話をちゃんと理解する必要があります。そうする事で、もっと話したい、聞いて欲しいと相手に思わせる事が出来るのです。勿論自分の話を一切しないというわけではないので、自分の経験談を交えて相手に返すのも良いかもしれません。

なにかにつけて自分の事にすり替えてしまわないようにだけ注意してみてください。

気を配る

人と会話するなかで、気配りはとても大切です。それはLINEであっても同じ。例えば相手がLINEを返しづらそうな状況に居る時は、「返事は落ち着いてから出いいからね」などと先に一言付け加えるだけでも良いのです。その言葉を見た相手は貴方のその気配りをありがたいと思うかもしれません。

例え読むことが出来ても返事出来ない場合もありますので、待つという気配りも大切です。

思いやる

相手を思いやるLINEをするのもひとつです。「今日大丈夫だった?」「お疲れ様」「ゆっくりしてね」など、たった一言でも相手を思いやる言葉やスタンプがあれば、相手はほっと一息つけるでしょう。そしてその事に対する返事を貴方へ返してくれるはずです。

既読のままスルーされてしまっても、相手の状態を考えてそれ以上LINEをする事を我慢するのも時には必要ですよ。相手は今どうして欲しいのかな?という事を考えられるようになれば、自然と女子力を見せる事も出来るでしょう。

気遣いする

面と向かって話していなくても、気遣いしてくれているという事は伝わるものです。それにはまず、相手の事を思う事が大切。相手の事を考えれば、LINEの文面にも自然とその気遣いが現れるでしょう。そういった気遣いにはとても女子力を感じるものです。女子力アピールしたいが為に気遣いしようと頑張るのではなく、ちゃんと相手を思って言葉を選んでみてください。

礼儀をわきまえる

親しき仲にも礼儀あり。これはLINEにも当てはまります。あまりにも礼儀のなっていない文や、空気を読んでいない場違いなスタンプを送信してしまうと相手をげんなりさせてしまうでしょう。今そのスタンプを送っても良いのか?この話をしても良いのか?という事を、送信する前に一度考えてみましょう。

面白い話をして盛り上がってる時などは確かに無礼講なところもあるかもしれませんが、そうでない場合はきちんと空気を読む事で、相手は貴方の女子力に気付くのではないでしょうか。

駆け引きをするLINE恋愛テクニック

a0055_000129

次に、LINEで恋愛の駆け引きをするにはどういったテクニックを駆使すれば良いのかを見てみましょう。

既読は早めに

相手から来たLINEは早めに既読するのがコツ。LINEは既読した事が相手に伝わります。読んだ事が分かればすぐ返信もくるのではないかと、相手は待つかもしれません。ここですぐ返信をするのか、少しだけ間をあけてからするのかは駆け引きのしどころ。相手をやきもきさせる事が出来れば駆け引きは成功ですね。

そのような駆け引きをする為にも、まずは早めに既読をする事を心がけてみてください。

催促しない

LINEでやりがちなのが「催促」という行為です。催促をするようなスタンプもあるので、催促が必ずしも悪いというわけではありませんが、こと駆け引きにおいて催促するというのは相手に余裕を与えてしまうものなのです。逆に相手から催促がくるようであれば、自分の返事を心待ちにしているのだという優越感に浸る事が出来ませんか?

ですので、こちらから返事を催促するのはやめてみましょう。返事が早く欲しくても、それを言葉にはせず我慢することも駆け引きには大事なのです。

自分の話は手短に

自分の話を長々としてしまうと、相手は飽きてくるかもしれません。知って欲しい事が沢山あったとしても自分の事ばかりを話すのはやめましょう。

伝えたい事がある場合、文章だとつい長くなってしまいがちですが、長い文程読む気が失せるものはありません。ましてそれが貴方の事ばかりだと、下手すると読み飛ばして既読スルーされてしまう場合もあるのです。そうなるとLINEはそこで途絶えてしまい、次のきっかけがあるまで会話する事が出来なくなってしまいますよね。

自分の話は手短に、相手の話もきちんと聞きましょう。

短文でテンポよく

LINEでは、一言や短い文章でテンポ良く返していくのが一番見やすく会話が続くポイントです。長々と文章を打ち込んでいてはそれだけ時間がかかりますし、相手が返すタイミングを逃してしまいかねません。しかも、そうやって打った長い文章はとても読みづらく、後回しにされた挙句結局返事がないまま終わってしまうパターンもあるでしょう。

短文手テンポ良く返していく事で面白みが増し、どんどん会話も弾んでいくのではないでしょうか。

会話を広げる

会話を広げていくことで話のネタを尽きさせない、これはLINEでも言える事です。相手との会話の中で、更に深堀り出来そうな部分があればどんどん深く掘っていってみてください。勿論相手の興味が薄れるような事であればやめるのも手ですが、途中で終わってしまうよりはどんどん話を繋げていく方が断然会話も続きますよね。

上手く会話を広げる事が出来れば、相手の新たな一面を見る事が出来るかもしれませんし、貴方と話していると話が尽きなくて面白いと思ってくれるかもしれません。

ハートを付ける

「ハート」を付けると、男性は自分に気があるのではないかとドキドキしてしまうようです。ですので、ハートを付ける事が出来そうな文面で意識的にハートを付けてみるのもひとつの手です。ただし、付け過ぎてしまうと逆に鬱陶しいと思われてしまいがちなので、ここぞという時にだけ付けてみてください。きっとそれを見た相手はドキドキしてしている事でしょう。

LINEの機能を駆使する恋愛テクニック

a0001_015476

相手とのやりとり以外にも、テクニックの見せどころはあります。例え相手に直接発信していなくても間接的にアピールする事で、良い印象を与える事が出来ます。相手から何か反応があれば万々歳ですね。では実際、間接的にアピールするにはどのような機能を使えば良いのでしょうか?

タイムライン

タイムラインでは、自分や友人などがホームに投稿した内容を時系列で見る事が出来ます。ここでは既読したかどうかの確認をする事は出来ませんが、いいね!というスタンプを押したりコメントを返したりする事は出来ます。簡単に言うとツイッターのようなものですね。これを使って間接的にアピールしてみましょう。

  1. 自分の身近な出来事を投稿する
  2. 意中の相手が興味を持っている事に対しての投稿をする
  3. 出掛けた場所や食べたもの、面白かったものなどを投稿する

他にも書ける内容は沢山ありますが、意中の相手が反応しやすい内容を考えて意識的に投稿してみると良い反応が返ってくる可能性が高いです。相手が見たかどうかの確認は出来ませんし必ず反応があるわけでもないので、反応を期待して投稿するよりも、反応があったらいいなという位の軽い気持ちで投稿しましょう。

相手を意識して書くのは構いませんが、露骨過ぎると逆に反応しづらいかもしれません。個人のやりとりで自分の報告ばかりをするのはげんなりさせてしまう項目のひとつですが、他の人も見るタイムランだからこそ、逆に報告だけをするのが望ましいです。また、相手に直接報告する程の事でもないけれど知って欲しい、そんな時もタイムランが有効ですね。

グループライン

LINEでは、グループで話すことが出来る「グループライン」というものがあります。これを利用して、意中の人との仲を深めるのも良いでしょう。グループ全員で遊ぶ段取りをつけたり、メンバーの誰かを気遣ったりと、些細な事でも女子力を見せる事は出来ます。

人と楽しく会話をしているところを見せて少しヤキモチを焼かせてみるのも良いかもしれません。メンバー全員で盛り上がる話をするだけでも、二人の距離も自然と縮まる筈です。

ただし、グループラインはあくまでも数名の人と会話を楽しむ場所ですので、特定の相手にばかり返していては逆効果ですので気を付けて。

ゲームアプリ

LINEは、いくつかのゲームアプリと連携しています。LINE GAMEというところからチェックしてみると、様々なゲームが出てくることでしょう。まずはその中で、自分の興味があるものを選択してやってみて下さい。意中の相手が好きそうなものを選んでも良いかもしれませんね。

こういうゲームには大抵「スタミナ」のようなものが設定されていて、そのスタミナがなくなってしまうと時間をかけて回復するまではゲームをすることが出来ない仕組みになっています。しかし、時間経過の他に人にスタミナを回復してもらうという手段があるのです。

全てのゲームがそうではないと思いますが、そういう手段が取れる場合、相手に「回復して欲しい」というメッセージをゲームから送る事が出来ます。相手がそのゲームをしていた場合は、それをきっかけにその話で盛り上がれるかもしれませんし、していない場合でも「こういうゲームがあるんだけど興味ない?」と会話をするきっかけになるのではないでしょうか。

一つ気を付けたいのが、相手から大した反応もないのに何度も「回復して欲しい」というメッセージを送ってしまう事。また来たとげんなりさせてしまうので、送り過ぎには注意しましょう。

まとめ

a0001_017611

いかがでしたか?LINEで話す時にこれらを少し意識するだけでも、相手の貴方への見方が変わってくるのではないでしょうか。女子力を見せて、相手をメロメロにしてしまうテクニックを是非身につけてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …