Home / 恋愛 / 好きな人へのLINEでめんどくさいと思われないために理解しておきたい心理

好きな人へのLINEでめんどくさいと思われないために理解しておきたい心理

好きな人となら、いつでも繋がっていたいと思ってしまいがちです。でも待って!!もしかしたら相手には迷惑と感じられているかも?

好きな人や大切な人からLINEで面倒くさいと思われたりしないように注意することや理解しておかなければならないことについてご紹介していきます。好きな相手へのLINEのメッセージがめんどくさいと思われていないか心配な人は、是非本記事と一緒にチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

LINEをめんどくさいと感じる主な瞬間

LINEを面倒に感じてしまうのは一体どんな時ですか?その疑問について何が原因になるのか考えていきましょう。意外なLINEの落とし穴が見つかるかもしれませんね。

返信する気がないのに既読表示される

これは確かに面倒に感じる原因のひとつですよね。既読と表示されることによって相手には読んだことが分かってしまいます。読んでみたものの直ぐさま返信できない時もありますよね。既読スルーをしているつもりはなくても相手には、それが分からないため誤解が生じてしまったりします。

そのため余計な喧嘩に発展してしまったりすると最悪な状況ですよね。でも直ぐ返信できない。それは事情があることなので考えすぎずに返信する時にその旨を伝えてあげれば大丈夫だと思いますよ。嘘をつくのではなく真実を伝えてあげれば相手の方にも伝わる筈です。

勝手に友達追加される

LINEには携帯番号で友達追加になってしまう機能も兼ね備えているため、このようなことが起きてしまいます。LINEの友達追加に関しては『友達自動追加』という機能があるので予めこのようなことを避けたい人はこの機能設定で『許可しない』を選択しておきましょう。

もし設定前に友達追加になったとしてもブロック機能もあるので、この機能を使ってみるのがいいでしょう。ブロックされたことは確か相手には分からない筈なので安心していいと思います!!

元カレ・元カノとつながってしまった

此方に関しても上記の『友達自動追加機能で許可しない』または『ブロック機能』で対応すれば大丈夫なので元カレ・元カノとつながってしまったからといえ焦ってしまうような状況以外なら、落ち着いて此等の機能を利用するかしないかを考えて対応しましょう。

意味不明のスタンプが送られてきた

意味不明のスタンプが送られてきたとしたならばスルーで問題ないと思いますよ。
下手に此方から意味不明なものに対して返信する必要は全くないのですから。LINEは便利なものですが、知らない人からスタンプや文章も送られてくることもよく聞く話しです。

あくまでも知らない人からの場合にはスルー&ブロックで対処した方が安心です。

返信を強要された

LINEは情報共有や親しい友達との連絡や大好きな人とのやり取りなどに利用している人が殆どだと思いますが、その中で返信を強要されるという意味がわかりませんよね。誰であっても強要するという行為はルール違反です。返信がしたい、やり取りがしたいという基準に従って利用しましょう。

それでも、しつこい返信の強要がある場合にはLINEの機能の中に『通報』というものがあります『嫌がらせ的に感じるLINE』の撃退法として使えますし理由は選択できるようになっているので『迷惑行為』などを選択し通報してみる!!

手順については返信を強要している人のLINEやり取り画面を表示してから『トーク設定』⇒『通報』⇒『理由を選択』⇒『同意して送信』という手順になります。 

何度も言いますがLINEはあくまでもコミュニケーションをとるためのもの。
双方の楽しいとか連絡事項とか密なコミュニケーションに使うなら問題ありませんが返信を強要するなどあってはならないことですからご注意下さい。    

間が空きすぎた

間が空きすぎても相手の方は気にしていない場合もあります。返信の間が空きすぎても気になるならお詫びと一緒に敢えて連絡してみるのが一番良いと思うのですが如何ですか?間が空きすぎたが理由で折角の仲間を失うなんて勿体ないですよ!!

男性がLINEをめんどくさいと思うとき

もしかしたら貴女が好きな男性にLINEをしているときに相手の男性が面倒と感じてしまっているかもしれません!!
さて、好きな男性がLINEを面倒と思うときとは一体どんなときでしょうか?
独自の調査ではありますが、お届けしてみたいと思います。

既読スルーできないとき

『既読スルーできないとき』これは男女問わず面倒に感じる条件になっています。
読んでしまえば『既読』と表示されてしまうのが原因なのですがLINEの仕様がそのようになっているので仕方がありません。そこで反対に考えてみてはどうでしょう?相手が自分だったら『既読スルー』をナゼするのかと考えてみるのです。

既読スルーをする場合に一体どんな心理が働いているのか一度考えてみましょう。
連絡を取りたくないとか、面倒くさいとか、忙しいとか理由は色々ですよね。
そんなときに返信がこないといって、どんどんLINEしているとしたら相手はどう思うでしょうか。

尚更、嫌な感じと印象をあいて与えてしまいますよね。それでは全くもって本末転倒です!!まず、LINEしても既読スルーだった場合は一度時間を置いてみる気持ちに余裕を持ちましょう。

既読スルーしたことを責められたとき

LINEの話をする時に1番多く挙げられることが『既読スルー』についてだと思います。もともと当たり前ではありますが『既読』=『返信』ではないということを一度考えてみて下さい。

あくまでも『既読』は相手の方が貴方が送ったLINEを読みましたということであって、相手の方から『返信』が必ずくるということでは無いのです。ですから責めることも責められることもオカシイことなのだと気付いて下さいね。

親しい間柄だったとしても人それぞれ、その時々の状況というものがあるのですから自分のことばかりじゃなく、相手のことも理解するようにしましょう。既読スルーを責める人は、もしかしたら『既読スルー』されたと過剰に反応しているのかもしれません。

どうでもいい話がきたとき

もしかしたら、貴方自身は暇で何気なくLINEしてみただけかもしれません。
でも、相手の人はその時の貴方の状況も分からないのです。暇潰しみたいなLINEをするのは控えておいた方が賢明だと思うのですが如何でしょうか?

もし自分がとても忙しい時に相手からそのようなLINEがきたら不愉快に感じることだってあると思うのです。

終わりがみえない話が延々と続くとき

会話以上にみえない話はLINEには不向きだと思えます。会話であれば声のトーンなどから判断もつきますが、LINEではその判断がつきにくいので難しいですし、終わりがみえない話が延々とLINEで届いたら相手はツマラナイでしょうし眠くなってしまうかも。

LINEでは通常の会っている時の会話や電話での声を聴いての会話などに比べて『起承転結』を若干ハッキリとした方が読む相手を苦痛にしたりせずに済むような気がします。物語だって『起承転結』があるから面白いのと同じことですよね。

長文が送られてきたとき

LINEする時に気づいたら長文になっていたなんてこと皆さんにも経験あると思います。確かに物事をLINEで説明しようとした場合などは長文にもなりますよね。問題は長文の問題というよりも長文の中身なのではないでしょうか?

例えば相手が興味もっている内容について教えてあげる状況で長文になっても相手は興味をもって読んでくれることでしょう。それでは反対に独りよがりな長文を送られてきたらどうでしょう?相手は独りよがりな長文に正直『この人怖いかも』と引いてしまうのではないでしょうか。

読み手あってのLINEなのですから相手の気持ちは考慮してLINEすることが良い付き合いに発展していくのではないでしょうか?
上手にLINEを使って距離を縮めていけたら最高ですよね!!

即レスできたとき

まるで『ジィィー』っと携帯と睨めっこして好きな人からLINEがきた途端に待ってましたとばかりに返信!!これは正直、男性だけではなく女性も引いてしまいます。他にすること無いとも取られてしまっても仕方ありません!!

好きな相手からのLINEは嬉しいと思うのは当然のことなのですが、速攻で返信すると相手によっては怖いと思ってしまったりなど、LINEの場合は返信のタイミングが一つの鍵になっている気がします難しい問題です。

これは相手側の取り方なので喜ぶ人もいると思いますが、やはり気をつけておいても損はないと思いますし、レスは相手の取り方次第では良くも悪くもなってしまうということも頭に入れておきましょう。

女性がLINEをめんどくさいと思うとき

今度は反対に女性がLINEを面倒と思うときについて考えていきましょう。
一体どんなときに貴方が好きな女性が面倒と感じているのでしょうか?
好きな相手だけに、とっても気になりますよね。

一人突っ込みなどの自己完結メールがきたとき

相手がいること全般では何に対してもそうなのですが気遣い・心遣いは1番大切なことです!!LINEでは相手が見えない分、その気遣いは通常会っている時以上に必要になってくると思うのです。

自己完結の内容がLINEで届いたら『一体この人は何が言いたいんだろう?』と思われて当然だと先ず考えてみて下さい。自己完結な内容を敢えてLINEする必要性があるのかという判断は貴方に委ねられいますが、それと同時に受け取る側の気持ちなども考えてみて下さいね。

一方通行なLINEでは『自己中な人だな』と思われてしまったりする可能性だってあるのですから。好きな人には、そんな風に思われたくないですよね。

空気読まないメッセージがきたとき

どんな時にでも、その場その場の空気というものがあります。相手が今どのような状況なのか分からないというのは分かりますが始めに相手の方に『今、LINEしても大丈夫な状況かな?』などの心遣いは必要だと思います。相手の状況も配慮できるようになればLINE上手と言えるのではないでしょうか!!

好きな相手の人もきっと気遣いのできる人なんだなって思ってくれる筈です。どんな時でも一方通行なLINEは相手にとって迷惑になる可能性だってあるということを肝に銘じておくと良いかもしれませんね。

LINEでなくてもよさそうなつぶやきがきたとき

突然どうでもいい内容のつぶやきLINEがきたら自分自身ならどう思いますか?
何と返信して良いのかも悩むし困りますよね。つぶやくの自由なのですが相手がツッコミ入れるのも困るような『つぶやき』ならばLINEするのは控えておいた方が正解でしょう。

そして何より一人よがりな『つぶやき』を送って相手に嫌な思いや迷惑な印象を受けるより、相手との会話を楽しんだりする方が何倍も有効な使い方だと言えます。
きちんとLINEする相手のこと状況などを気遣いながらコミュニケーションをとりましょう!!

既読スルーできないとき

男性が面倒と思うときにも『既読スルー』が挙げられておりますが、此方に関しては前例で挙げているので短めに!!とにかく既読スルーをする場合には、連絡をしたくないとか面倒くさいとか忙しいとか理由は色々とあったりするものです。相手の気持ちを考えるくらいの気持ちに『余裕』をもちましょう!!

前にも述べましたが『既読』=『返信』ではないのです。

lineの着信音が鳴りやまないとき

マナーモードにしている人ならまだ良いのですが、もしかしたらマナーにすることを忘れてしまったままの人も多いので充分な配慮をしましょう。大事な用事で動いていたり、電車の中だったりしたら鳴りやまない着信音には困ってしまいます。

鳴りやまない着信音は相手だけではなく、周りにいる人に対しても迷惑になってしまいます。ある程度がどの程度と説明するのは難しい問題ですが、延々と出るまで呼び出しているなどはマナー違反です!!
相手の方にも嫌われてしまう場合だってあるのですからご注意下さい。

『自分の都合だけじゃなく相手の都合への配慮』とても大切なことなのです。

まとめ

もともとLINEは楽しい仲間や大好きな人とのコミュニケーションをとるためにできたものだと思っています。あくまでも相手と自分のコミュニケーションを円滑に進めるために使うのが良いとも思います。

注意したいのは決して人に迷惑や嫌な思いをさせたりしないように気をつけることが大事なこと。人を傷つけたりするためのLINEでは決してありません!!
LINEは、とても便利なものですが使い方を間違うと大変な迷惑や過ちを犯してしまうこともあります。

その点に関して自分自身で十分に気をつけてほしいとも思います。
楽しい時間を共有するためにも最低限のマナーにも注意しながら、相手とのより良い関係をLINEでも築けていけますよう願っております!!


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …