Home / 恋愛 / LINEの返信が返ってこない時の理由と対処方法

LINEの返信が返ってこない時の理由と対処方法

LINEをしたのに返事がない…既読は付いているのに反応がない…。誰しも一度や二度はそんな経験があるのではないでしょうか?返して欲しい人からの返事が無いと、どうしたのかとそわそわしてしまいますよね。

ここでは、返事がない理由とその対処法を紹介致します。これを読めば、返事がなくて不安になる事も少なくなるかも?

スポンサードリンク

LINEの返事が返ってこない理由

ok76_iphone6hikusugi20141221141320_tp_v

まず、返事がこないのはどうしてなのか、その理由を探ってみましょう。案外拍子抜けするような理由で返してこない事もあるかもしれませんよ。

面倒くさい

シンプルな理由、面倒くさい。面倒だと思ってしまうものの一つに、無駄に長い文であるという事が挙げられます。話したいことが沢山あるからと言ってつらつらと書き連ねていては、読む方は大変ですよね。

文はなるべく短めに、長くなりそうなら何行かに分けて送ってみると読みやすいですよ。相手が何に対しても面倒くさがり屋の場合は、そういう人なのだと気にしないようにするしかありません。そのような人へ返して欲しい内容を送る場合、LINEより電話の方が良いかもしれませんね。

タイミングが悪い

夜中の既読スルーは、音に気付いた相手が寝惚けて開いてそのまままた眠ってしまった…という場合が多いです。また、どこかへ出掛けている時もしょっちゅう携帯に触れる訳では無いので、必然的に返す頻度は落ちるでしょう。返事が欲しい場合は送る時間帯を気にするのも一つの手ですね。

忙しい

忙しくしている時にきたLINEは、読む事は出来ても返すのはなかなか大変です。一言で済むものであれば返せるかもしれませんが、きちん返事したいと思った場合その時は返しません。返事が適当になってしまうし、ちゃんと考えて打てないからです。

ですので、相手が忙しくしているであろう時間帯での既読スルーは、自分を無視されているのだと悲しむ必要はありません。寧ろ、ちゃんと返したいと思われているのです。

忘れていた

あとで返そうと思い一旦携帯を置いた後、あれこれ物事をこなす内にLINEの事が頭から抜け落ちてしまっている事があります。相手が忙しくしている時に送ったものだと尚更です。また、普段からあまりLINEに触れる機会の無い人であればその存在自体を忘れてしまっている事もあるのではないでしょうか。

前述した夜中での既読スルーの場合も、読んだという認識が薄い為忘れてしまっている可能性が高いです。

返事を考えていた

きちんと返したいと思ったが故に悩み、手が止まった結果読んだままの状態になってしまっているパターンです。真剣な内容や相談事への返事をする時によくある事ですね。既読のまま返事が来ない時は、相手がまだ考えている途中なのかもしれません。急ぐ話でないのなら少し待ってみましょう。

8

マメな性格ではない

相手が、毎度すかさず返事をするようなマメな性格ではないのかもしれません。返したい返したくないの話ではなく、「その内返そうかな」くらいにしか思わない人も居るのです。それはどんなに楽しい会話をしていても、です。悩む前に、一度相手の性格を把握し直してみてはいかがでしょうか。

恋愛に奥手

この場合、返したくてもどう返事をすれば正解なのかなどと勝手に悩んでしまい、結局遅くなってしまうパターンです。貴方に楽しんで貰いたい、いい所を見せたいと思うが故に手が止まってしまうのです。焦らずじっくり仲を深めていけば、その内返事も早くなるのではないでしょうか 。

駆け引きをしたい

わざと返事をしない事もあります。貴方を焦らせたいのです。返事が無いと気になりますよね?そうする事で自分に意識を向けたいのでしょう。この場合はその内必ず返ってきます。

内容が重い

送った内容が、すごく重たい話になっていませんか?その様な話が出来る仲であればたまになら良いですが、まだそこまで仲を深めていない相手に重い話をしても返事をする気にはなれません。

送る前に一度読み返して、重たそうだと思ったら送るのを控えた方が良いかもしれませんね。それでも送る場合は、返事を期待するのではなくただ聞いて欲しいという気持ちでした方が良いでしょう。

触れたくない内容

相手にとって触れて欲しくない内容を送ってしまっているという事はありませんか?触れたくないという事は誰にも何も言われたくない部分なので、それをLINEで送ってこられてもあえてスルーしてしまうでしょう。見直してみてそれに気付いたら、話題転換をして下さい。そうすれば返事はくる筈ですよ。

返信に困る内容

ただの報告や自画自賛内容、相手への嫌みなどは返信にとても困ります。一度自分がされた場合を考えてみて下さい。自分でも返答に困るような内容は、相手も確実に困っています。返事が欲しいのであれば、問い掛けるなどして相手が返しやすい内容を心掛けましょう。

つまらない

もしかするとあなたから来た内容が相手にとって面白味の無いものだったのかもしれません。LINEに限らず、面白い話は続けたくなるものですよね。どうでも良い内容や、ただの報告などを送ってはいませんか?相手にとってその内容がどうでも良いものだったら、返事がこないのも仕方ないのかもしれません。

自分だけで完結するような内容を送るのではなく、これどう思う?などと相手に投げ掛ける言葉を送ってみると相手も返しやすいですよ。

興味がなくなった

話していた内容に興味がなくなった場合、返ってくる頻度は落ちてきます。返ってきた内容が相槌のみになってしまっている場合も、興味が無くなっている可能性が高いです。一度自分が送った内容を確認してみて、相手にとってどうでも良い内容だったと思ったら思いきって話題を変えてみましょう。

余裕がない

相手に返事をする余裕がないという可能性もあります。LINEをしている暇がないくらい忙しくしているのかもしれませんし、落ち込んでいて話をしたくない気分なのかもしれません。

相手が今どのような状態なのかなんとなくでも把握出来ていれば、悩む事もなく待てるのではないでしょうか。把握する為にLINEをしても返ってこない事の方が多いので、この場合は気長に待つしかありません。

脈なし

そっけなかったり適当な一言が返ってきた後そのままスルーされているようなら、残念ながら貴方と話すよりも他の事をしている方が良いと思われているのでしょう。LINEで仲を深めようとするのではなく、まずは他の手段で交流を深めてみてください。LINEはあくまでもその連絡手段として使ってみてはいかがでしょうか。

LINEの返信が返ってこない場合の対処方法

a0001_016693

様々な理由を知った上で、それでは具体的にどうすれば良いのかをいくつか纏めてみました。対処方法をいくつか知っているだけでも、返事が来ない事の悩みは軽減されるのではないでしょうか?

少し待つ

貴方が最後にメッセージを送ってから何分経ちましたか?まだあまり時間が経っていないのなら、相手が単純に気付いていないだけかもしれません。返事がこないとやきもきする前に少し待ってみて下さい。既読が付いた場合でも、相手が返事するまで時間はかかりますので追求せずに待ってみるべきです。打つ内容も速度も、人それぞれですよ。

催促をしない

返事が来ないからと言って何度も催促してしまうと、かえって返しづらくなるものです。折角あとでゆっくり返そうと思っていたのに、催促されたせいで気分が萎えてしまい、結果どうでも良い一言を返して話が続かなくなったりそのままスルーしてしまったり…。いくら返事が欲しくても、催促するのは止めましょう。

心を落ち着かせる

返事が来ない事で不安になり、既読しているのかと何度も画面を開いていては余計にその事で頭が一杯になって落ち着けなくなってしまいます。

まずは携帯を手元から離して、ゆっくり深呼吸してみて下さい。その後本を読んだりテレビを見たり、好きなことをして心を落ち着かせる事が出来れば、返事がない事への不安は少し和らぐ筈です。携帯を離れたところで充電する事で、触らないようにするのも一つの手ですね。

a0002_010698

友達に相談

思いきって仲の良い友人に話してみましょう。話している内に別の話に花が咲いて一時的にでも忘れられるかもしれません。また、相談する事によって自分の不安な気持ちを分かって貰え、安心する事が出来ます。共感して貰えてもよし、厳しい意見を言われてもよしです。一人でうじうじ考えてしまうくらいなら、思いきって友人に話を聞いて貰いませんか?

過去を読み返す

相手と過去話していた内容を簡単に読み返せるのもLINEの良いところです。相手から返事がこればすぐに読む事が出来ますし、どのような会話で盛り上がっていたのか再確認する事も出来るので、過去の内容を読み返してみるのは良いかもしれませんね。読み返す内にその時の気持ちが蘇ってにやにやしたりドキドキしたり出来るのではないでしょうか。

読み返した事により言いたくなった事が出来ても、返事がくる前であればぐっと堪えて下さいね。でないと催促と取られてしまいかねません。

相手を気遣う内容を送る

もしどうしても待ちきれずに何か送りたいと思ったら、気遣う内容であれば返事がくる前でも大丈夫です。「毎日お疲れさま」「返事は落ち着いてからで良いからね」「忙しそうだけど無理はしないでね」このような言葉なら相手も不快に思うことはないでしょう。

しかし送った後はちゃんと待つ事が大事です。続けて何度も送ってしまっては気遣いではなく催促になってしまいます。

気にしない

気にしない、これが一番の対処法です。上手く気持ちを切り替えることが出来れば、催促したくなる気持ちも無くなりますし不安や不満で悩む事もありません。しかしそれが出来れば苦労はしませんよね。

悩んで苦しくなる前に、とりあえず時間を決めて携帯を置いてみませんか?LINEが届いたら音が鳴るよう設定しておいて、机の上などに放置するのです。30分、1時間と、自分の出来そうな範囲でやってみて下さい。ここまでは触らないと決めたら、後は自分の好きな事をするだけ。

気付いたらその事に没頭していて気にならなくなっているかもしれませんし、その間に返事が来るかもしれません。何もしないでただ待つだけでは時間が過ぎるのを遅く感じてしまうので、する事が無いなら思いきって寝てしまうのも一つです。

LINEの返信が返ってきやすい連絡内容とコツ

a0002_010628

理由や対処法を纏めましたが、そもそも返事をしたくなる内容を送る事が出来ていれば悩む事も少なくなる筈ですよね。そこで、どのような内容であれば返事がしやすいのかをいくつか紹介致します。これを心がけていればLINEでやりとりする頻度が増えるかもしれませんよ。

不平不満は言わない

相手にとって不快な言葉は返事をしたくなくなるものです。例えそれが誰か他の人の事であっても、そのような話はいい気がしません。不満を言う事で貴方は心が晴れるかもしれませんが、言われた相手は心が曇ります。折角やりとりするのですから、その様な内容ではなく面白い話や楽しい話で盛り上がりませんか?

愚痴ばかり言わない

相手に対しての言葉じゃなくても、文句や愚痴は聞きたくないものです 。ずっと愚痴ばかりを言っている人よりも、明るい話をしている人の方が話していて楽しいですし、もっと会話したいと思うでしょう。だからと言って絶対愚痴を言うなという事ではありませんよ。そればかりを送ってしまわないようにだけ気を付けて下さいね。

共有できる話

お互いが分かる話だと会話は続きやすいです。仮に全く知らない話を相手から振られた場合、返事に困りますよね?相手だって同じです。いくら自分が興味津々で面白いと思っているものでも、相手がそれに対してなんの興味も無かったら会話が続く筈がありません。まずは共通の話題を探してみて下さい。

頻度をわきまえる

毎日何通も送ってしまうと、初めの内は頻繁にやり取り出来ていてもその内しんどくなってきます。そうならない為にも、あまり送り過ぎないようにしたいですね。返事がくる度に毎回即行で返すのではなく、一呼吸置いてから返すのを心掛けてみましょう。相手が送ってくる頻度に合わせてみるのも良いかもしれません。

生活リズムを把握する

相手が忙しい時間や眠っている時間は返事がくる事はまずありません。相手の生活リズムを大まかにでも把握する事が出来れば、返事がきそうな時間帯も分かる筈です。

思いやりのある内容

「今日は大変だったみたいだね」「毎日お疲れ様。○○すると疲れが取れるよ」など相手を気遣う内容は、受け取った相手も悪い気はしません。「貴方と話すのは楽しい」と、恥ずかしがらずに送ってみるのも良いですね。

自分中心で話をし続けるのではなく、相手の立場に立って考えてみる事も大切です。お互いがお互いを思いやる事が出来れば、自ずと会話も続いていくでしょう。

真剣な交際や両思いの交際を求めるならマッチングアプリもおすすめ

「この人どれだけ本気なんだろう。。。」「私って本命なのかな。。。」「脈無しかも。。。」出会いの度に悩まされていたら恋愛も億劫になってしまいます。

なかなか真剣な交際に発展するような出会いがないという方には人気のマッチングアプリを活用するのもオススメです。

社会人の出会いの10%はマッチングアプリ経由だというアンケート結果もある今ですから、婚活系のマッチングアプリはもちろん、恋活系のマッチングアプリでも設定や使い方次第で真面目な出会いを得ることができます。

恋活アプリといえば!ハッピーメール

ハッピーメールはとにかく利用者が多いことが特徴です。累計利用者数1700万人というから驚きです。

一般的に遊び目的の出会いも多いと言われるハッピーメールですが、実は設定を工夫することで真剣な出会いを得ることも十分可能です。


婚活アプリなら楽天オーネット

婚活アプリは確実にまじめな出会いが得られるという点がメリットですが、一般的に婚活アプリに比べて利用者が少ないというデメリットもあります。

そんな中でも楽天オーネットは現在婚活中の48000人の会員を抱えている業界最大級のサービスです。楽天が提供しているという点も安心感があります。

まとめ

iphone-500291_1280

いかがでしたか?LINEというアプリは簡単に連絡が取れる便利なツールですが、それ故に返事が来ないと悩んでしまいますよね。不満が募る事無く会話を楽しめるよう、上手に使いこなしたいものです。

スポンサーリンク