Home / 恋愛 / LINEの返信でライバルに差をつける!好きな人との関係を育むLINEの返信のコツ

LINEの返信でライバルに差をつける!好きな人との関係を育むLINEの返信のコツ

タイプの異性と出会い、「仲良くなりたい」と思っている人の中には、既に相手とのLINE交換をしている人もいるでしょう。そんな人の中には、「これから、LINEを通して距離を縮めたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。LINEは、とても便利なツールですから、意中の相手との距離を縮めるツールとして大活躍するでしょう。

しかし、より相手の気持ちを掴むためには、周りとは違うやりとりが大切です。ライバルが多い場合には、特にやりとりに工夫が必要です。

本記事では恋のライバルに差をつけるLINEの返信方法とポイントについてご紹介していきます。これから気になる人との菅家を発展させていきたいという方は、是非本記事と一緒にLINEの返信方法について学んでいきましょう。

スポンサードリンク

脈ありか分かるLINEの返信時間

意中の相手と、LINEでやりとりをはじめている人の中には、「これって、脈ありなんだろうか?」と迷うことがあるでしょう。特に、ライバルが多い場合には、「自分には、脈があるのか知りたい」と感じている人もいるのではないでしょうか。

脈があると分かれば、やはりモチベーションも高まりますから、今まで以上に積極的にやりとりをしようと思うでしょう。

LINEでやりとりをしている際には、相手の返信状況によって脈ありか脈なしかを判断することも出来ます。返信状況を判断しながら、より効果的なメッセージを送りましょう。

早ければ早いほど脈あり

LINEをしていると、人それぞれ返信のペースが異なります。すぐに返信をする人もいれば、「落ち着いてから、ゆっくりと返信をしよう」と返信内容にこだわる人もいます。

しかし、相手が異性となれば話は変わります。もし、相手もあなたに興味があるのであれば、「出来るだけ早く返信したい」という気持ちになるはずです。

ということは、LINEの返信にどれだけの時間がかかっているかによっても、脈ありか脈なしかをある程度判断出来るということです。もちろん、相手の状況によっては「返信したくても、返信出来ない」ということもありますから、一概に必ず返信時間で判断出来るとは言い切れませんが、何度もやりとりをしていく中で、相手のペースが分かってくるはずです。「返信が早いな」と感じる場合には、脈ありと考えても良いでしょう。

12時間以内の返信はまだ見込みあり

相手からの返信を待っていると、「返信が遅いから、脈なしなんだろうな」とがっかりする人もいるでしょう。しかし、仕事環境や生活環境によって、返信出来ない時間帯、返信出来ない理由があることもあります。

「どこを境に、脈ありと考えれば良いのだろう?」と思われる人もいると思いますが、12時間以内に返信が来た場合には、脈ありと考えても良いでしょう。

12時間というと、「長いな」「返信速度が遅い」と感じる人も多いと思いますが、半日以内に返信が来るということは、状況によって返信出来なかっただけの可能性が高いですから、まだまだ諦める必要はないでしょう。

36時間以上あいた時は興味なしか、もしくは嫌われている可能性大

「LINEのメッセージを送ったけれど、返信が来ない」と落ち込んでいる人の中には、「やっぱり、これって脈がないのかな」と思っている人も多いでしょう。

LINEの返信で脈ありかどうかを判断するためには、12時間を境と考えると良いですが、万が一36時間以上経っても返信がない場合には、脈なしというよりも、あなたに興味がない可能性が高いでしょう。

返信が丸一日以上も来ないということは、返信出来ない状況というのは考えにくいですから、返信する気がないと思った方が良いでしょう。

好きな人に返信してもらいやすいLINEのメッセージのコツ

「好きな人と、やっとLINE交換が出来た」という人は、「これから、やりとりをして距離を縮めたい」と考えている人が多いでしょう。しかし、LINEでのやりとりを長続きさせるためには、単にメッセージを送れば良いという訳ではありません。

LINEのやりとりを長続きさせるためには、それなりのコツがあります。「メッセージを送り続ければ何とかなる」と思っていると、急に返信が来なくなってしまう可能性もありますから、内容も工夫する必要があります。

ワンパターンな内容はダメ

LINEでのやりとりは、何よりも「楽しい」と思わせることが必要です。特に、意中の相手とのやりとりを長続きさせたいと思うのであれば、常に新しい話題を提供することが大切です。

中には、相手の趣味を知り、そのことばかりを掘り下げようとしてしまう人もいますが、ワンパターンな内容は飽きられてしまいます。同じ内容ばかりでは、相手から返信が来なくなってしまいますから、様々な話題を振るようにしましょう。

テンポの良い自然な会話をしよう

好きな人とのLINEのやりとりとなれば、緊張する人も多いでしょう。「どんな言葉遣いが良いだろう?」「どんな会話が良いだろう?」と思う人もいると思いますが、LINEでのやりとりは何よりもテンポが大切です。テンポよく、会話が続けば相手もあなたとのやりとりを楽しいと感じているはずです。

話し方などは、自然が基本。堅苦しい話し方にする必要はありませんから、気軽に友達に話しかけるように会話を楽しみましょう。

やり取りを無理矢理続けるのはダメ

LINEでやりとりをしていると、「そろそろ、会話が続かなくなってきた」と焦ることもあるでしょう。しかし、好きな人とのやりとりとなると、「何とかして、会話を続けなければ」と強引に話を続けようとする人がいます。

これは、相手にとっては負担となってしまいます。話が続かなくなった時や相手がそろそろ切り上げたそうにしている時には、「じゃあ、また連絡するね」と上手に切り上げることも必要です。

「話したい」「繋がっていたい」という気持ちは分かりますが、焦りは禁物です。相手の気持ちや状況も考えながら、やりとりをするようにしましょう。

相手の興味のある話題をしよう

好きな人とLINEでやりとりをすると、ついつい「自分のことを知ってほしい」という思いから、自分のことばかり話してしまう人がいます。確かに、面白い話や相手にとって興味ある話であれば、それでも問題ありません。

しかし、あなたが「楽しんでくれている」と思い込んでいるだけで、相手は興味のない話を永遠としている可能性もあります。当然ですが、これでは相手の心を掴むことは出来ません。

好きな人とLINEでやりとりを続けたい、振り向かせたいと思うのであれば、相手の興味ある話題を話すようにしましょう。相手の興味ある話題が盛り上がれば、自然と相手との距離も近づくはずです。

相手との関係性で連絡を取り合う頻度を考慮しよう

LINEでやりとりをする際、人によってペースや価値観が異なります。「用事がなくても、とりあえず毎日連絡をとりたい」という人もいれば、「用事がある時に、連絡をとれば充分」という人もいます。

ということは、好きな相手のペースに合わせることが出来なければ、あなたのLINEが重荷になってしまう可能性があるということです。

「本当は、用事がある時だけ連絡をとりたい」と思っているにも関わらず、それに気づかずに毎日LINEでメッセージを送ってしまえば、「面倒な人」と思われてしまうでしょう。そうならないためには、相手のペースを知り、理解することが大切です。

駆け引きで焦らす作戦はもう古い

恋愛をする時、「相手を落とそう」と駆け引きを考える人も少なくないでしょう。「こんな時は、一旦引いた方が良いかもしれない」と、連絡をしなくなる人もいるのではないでしょうか。

しかし、今はこういった駆け引きで相手を焦らすというのは古い方法と言えるでしょう。「相手を焦らそう」と、LINEの返信を遅らせたり、連絡をしなくなれば、そのまま「自分には、興味なかったんだ」と相手から去ってしまう可能性もあります。

好きな人を振り向かせたいと思うのであれば、LINEをうまく活用して、駆け引きではなく素直な気持ちでアプローチしていきましょう。

好感度が高いと返信率もupする

「どうすれば、好きな人からの返信を増やすことが出来るだろう」と思っている人もいると思いますが、好きな人からの返信率を上げるためには、何よりも自分自身の好感度を上げることが必要です。

「好感度は、どうすれば上げられるのだろう」と思っている人は、自分の気持ち中心で行動するのではなく、常に相手の気持ちを考えて行動すると良いでしょう。

相手の気持ち中心で行動することが出来るようになれば、自然と相手も「良い人だな」「素敵な人だな」という印象になり、返信率も上がってくるはずです。

好きな人の好感度を上げるLINEの使い方

「好感度を上げて、振り向かせたい」と思っている人は、LINEを活用して、相手へのアプローチをしている人もいるでしょう。

LINEで相手の好感度を上げるためには、相手を気遣ったメッセージを送ることがおすすめです。自分のことばかりを話すのではなく、「仕事が忙しそうだけど、体は大丈夫?」といった一言が加わるだけで、相手に与える印象は大きく変わるはずです。

デート等の約束をする際には、「いつ頃だと、行けそう?」「何時頃からが良い?」と常に、相手の状況を確認していくと良いでしょう。相手を気遣った内容を送れば、それだけあなたの好感度は上げることが出来るでしょう。

相手の趣味嗜好に興味を持ち、共感しよう

好きな人が出来ると、好きな人が興味あることや好きな事が気になるものです。LINEでやりとりをする際には、相手の好きな物や趣味などを聞きだし、その話題を盛り上げると良いでしょう。

例えば、相手の趣味などを知ったら、その趣味について調べ、共感できるような情報を得ることで、LINEでのやりとりは今まで以上に盛り上げることが出来ますし、相手もあなたに興味を持つでしょう。

やはり、趣味嗜好が似ている、同じという相手は気になるものですし、「もっと、仲良くなりたい」と思うものです。相手の趣味嗜好をチェックして、話題を増やしましょう。

ギャップを利用して、本能を刺激してキュンとさせよう

何とも思っていなかった異性を、急に異性として意識することがあります。そのきっかけは、相手のギャップを見た時。

例えば、ぶっきらぼうだと思っていた男性から、突然プレゼントを渡されたり、満面の笑みを見せられると、女性はドキッとするものです。サバサバしていると思っていた女性が、仕事に失敗して涙している姿を見るとドキッとする男性が多いでしょう。

LINEでも、こういったギャップを見せることが出来れば、相手はドキッとして恋愛対象としてあなたを見るようになるのではないでしょうか。

素直な感情を伝える

好きな人がいる人の中には、「自分から告白することが出来ない」という人も少なくありません。そのため、せっかくLINEでやりとりが出来ているにも関わらず、好意を持っていることを隠して、やりとりをしている人もいます。

これでは、せっかく距離を近づけられるチャンスを逃してしまうことになります。気持ちを知られることは不安なことでもありますが、「交際したい」「気づいてほしい」と思うのであれば、素直な気持ちを伝えることも必要です。

いつまでも、「気持ちを知られるのが怖い」と思っていると、知らないうちにライバルに先を越されてしまい、後々後悔することになるでしょう。

相手への気遣いを忘れないこと

LINEはとても便利なアイテムです。電話では話しにくいこと、わざわざ電話をするまでの内容ではない時には、気軽にメッセージを送れますから、好きな人とのコミュニケーションツールとしても、とても便利でしょう。

しかし、どんなに便利であっても、相手の状況を考えずに行動するのは避ける必要があります。好きな相手とのコミュニケーションは、常に相手を気遣った行動を忘れてはいけません。

毎回同じ絵文字や会話をしない

LINEでのやりとりを長続きさせるためには、相手を飽きさせないことが必要です。ということは、毎回同じ話題をふったり、同じ内容の会話を続けないことがポイントです。

また、LINEでは絵文字やスタンプを用いることも多いと思いますが、毎回同じものばかりを送らないことも必要。絵文字やスタンプは印象が強いですから、いつも同じものを使っていると、相手はワンパターン化を感じてしまいます。

前に話した内容は覚えておく

好きな人との会話は、何を話していても楽しいですし、興味深いものが多いでしょう。しかし、中には前に話した内容を忘れてしまう人もいます。

これでは、せっかく距離が縮まったはずの関係も、また距離が出来てしまいます。話したことを忘れていると分かれば、「自分に興味がないんだな」「ちゃんと、人の話を聞いていないんだな」と思われてしまいます。

好きな人とのやりとりは、ちゃんと覚えておくことが基本。そして、自分から「そういえば、この間こう言っていたよね」と自分から覚えているアピールが出来るくらいが理想的です。

タメ口は状況次第

好きな人とLINEでのやり取りをしている人は、それぞれ相手との距離感、関係性が異なります。そのため、場合によってはLINEでのやりとりは、タメ口を使わない方が良いこともあります。

例えば、仕事関係で知り合った相手、年上の相手の場合には、最初から砕けた言葉遣いをするよりは、敬語を使った方が好感度を上げることが出来るでしょう。相手の年齢によっては、タメ口を良しとしないこともありますから、状況に合わせて言葉遣いも変える必要があります。

まとめ

LINEがあれば、気軽に気にある相手の連絡先を聞きだすことも出来ますし、気軽に連絡を取ることも出来ます。そのため、LINEを用いれば恋愛もスムーズに進めることが出来るでしょう。

しかし、間違った使い方をしてしまえば、マイナスになってしまうこともあります。LINEを用いてアプローチする際には、常に相手のことを考えて行動するようにしましょう。

自然と相手のことを考えた対応が出来るようになれば、LINEを通して意中の相手の心を簡単に振り向かせることが出来るようになるでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

彼が心変わりしてしまう原因と兆候、どう対処すればいいの?

あなたは、「付き合ったばかりの …