Home / 美容・健康 / 美肌 / これで美鼻に!黒ずみ小鼻のタイプと効果的な対処方4つ

これで美鼻に!黒ずみ小鼻のタイプと効果的な対処方4つ

黒ずみ小鼻のケアを面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。

一度黒ずんで開いてしまった毛穴は、汚れを取り除くことや引き締めることが難しい上に、年齢ととも汚れも溜まりやすくなってしまいます。

また、小鼻パックしてケアをしても再び小鼻が黒ずみ毛穴が開き、化粧でも隠せない場合もあります。

これは、小鼻に様々なタイプがあるためで、自分に合わせた対処を行う必要があります。

そこでこの記事では、小鼻のタイプとそれぞれに効果的な対処方法をご紹介します。

[ad name=“adTop”]

小鼻の黒ずみタイプ4つ

小鼻はちょうど汗や汚れが溜まりやすい構造になっており、その毛穴に溜まった汚れや皮脂が酸化することが原因で黒ずみが起こります。

人によってこの黒ずみはそれぞれで、小鼻のタイプによって対処も異なってきます。その小鼻の黒ずみのタイプは、実は4つあります。

1. 黒角栓タイプ

黒角栓タイプは、皮脂の分泌が多いオイリータイプな肌質の人によく見られます。皮脂の分泌が多いと、過剰に分泌された皮脂量と新陳代謝とのバランスが崩れてしまいます。

過剰に分泌された皮脂などが徐々に溜まり角栓となって詰まり、黒ずんだ小鼻へと変化することが分かっています。

普通の洗顔だけでは黒ずみが落ちないため、ゴシゴシとこすってしまいがちですが、それが余計に皮膚を刺激して皮脂の過剰分泌を促し悪循環になってしまうこともあります。

2. メラニンタイプ

メラニンタイプは、紫外線によって影響を受けやすい肌質の人によく見られます。毛穴にあまり汚れが溜まっていないのに、何故か黒ずんで見えることが特徴です。

また、メラニンが肌に溜まりやすい肌は、新陳代謝が十分に行われず必要以上にゴシゴシと洗顔したりと、ケアのし過ぎもメラニン沈着を促します。

メラニンタイプの人でシミやそばかすができやすい人は、外出時は帽子や日傘プラス、日焼け止めを塗ることが大切です。しっかりと紫外線対策に気を付けましょう。

3. ひらきタイプ

ひらきタイプは、乾燥肌で保湿が不十分な状態の肌でよく起こります。人間の肌は、乾燥が起こっているとバリア機能で潤いを保とうとするため、皮脂を余分に分泌してしまいます。

乾燥が原因による過剰な皮脂分泌が、毛穴に溜まって詰まり、そこから広がってしまう状態になっています。

スキンケアが十分に行われずに開いた毛穴はさらに影にも見え、より黒ずみのある毛穴になってしまいます。

4. クレータータイプ

脂性肌でニキビが多い肌の人がなりやすいクレータータイプです。クレーターの毛穴とは、ニキビ跡の凹凸の状態を言います。

ニキビの炎症が原因で、皮膚の1部が欠けることにより凹凸状になって、毛穴が黒ずんで見えてしまうのです。

このクレータータイプの人は、刺激を受けやすいため、ゴシゴシと洗うことでより状態が悪化することもあります。

次ページ:小鼻の黒ずみを引き起こす3つの原因

小鼻の黒ずみを引き起こす3つの原因

自分の小鼻の黒ずみタイプを知った後は、その原因を確認しましょう。

ここでは、小鼻が黒ずむ原因を3つご紹介します。

1. 角栓づまりによる毛穴の黒ずみ

小鼻の黒ずみの原因の1つに、汚れや余分な皮脂が毛穴の角栓に詰まって酸化し、黒ずみになり現われてきます。

その黒ずみは、長い間に小鼻のケアを怠って、汚れや皮脂が詰まったままにしておいたために酸化してしまうため、スキンケア不足も原因として考えることができます。

しかしこの場合、黒ずんでから気付くため、珍しくて気になりむやみに色々と触ってケアしがちです。間違った過剰なケアは、余計に黒ずみを悪化させてしまう恐れがあるため注意しましょう。

2. 色素沈着している

毛穴の角栓が詰まっていないのに黒ずんでいるのは、メラニンが色素沈着しているのが原因です。

紫外線に当たると赤黒くなり日に焼けやすかったり、シミやそばかすになりやすい人は注意しましょう。肌にメラニンが蓄積しやすいため、色素が沈着して黒くなっているのです。

色素沈着の肌タイプの人が、寝不足や運動不足などで新陳代謝が良くないことは、ターンオーバーが上手く行われずよりメラニンによる色素沈着を起こりやすくします。

3. 毛穴の開き

毛穴がきゅっと閉じて健康で理想的な毛穴の状態であると、毛穴に余分な汚れや皮脂が溜まるスペースもありません。反対に毛穴が開いていると、良いものも悪いものもどんどんと取り入れてしまいます。

そのため、毛穴が開いた状態で周りに余分な皮脂や汚れがあるとたちまち毛穴に詰まって広げ、酸化して毛穴がパッと開いてしまいます。

小鼻が黒ずんでいるからと言って市販の毛穴パックを使用し、その後の引き締めケアを怠るとだんだんと毛穴が閉じにくくなってしまうため注意が必要です。

パックをした後は収れん化粧水などでケアをすることをおすすめします。

次ページ:小鼻の黒ずみ対処法

小鼻の黒ずみに効く4つの対処法

小鼻の黒ずみにはさまざまなタイプがあり、その原因も黒ずみのタイプによって異なります。

では、小鼻の黒ずみを取り除きキレイな小鼻にするためにはどのような対処法をとれば効果的なのでしょうか。

1. 泡立てて洗顔する

小鼻の黒ずみを取る最も基本の対処法とは、汚れが詰まった小鼻を洗うという方法です。小鼻は、顔の中の1部になるためあまり重要視せず洗顔している事実もあります。

小鼻をキレイにしようという意識を持って洗うようにしましょう。

また、力に任せて強くゴシゴシと洗うと顔や小鼻にも傷が付いてしまいます。洗顔フォームなどをしっかりと泡立ててから、優しくマッサージするようにふわっと洗いあげることがポイントです。

2. 睡眠をきちんととる

キレイを叶えるためには、実は毎日の生活リズムがとても大切です。規則正しい生活リズムは新陳代謝を促し、整った健やかな肌を導きます。

そのため夜更かしをせず、お肌のゴールデンタイムと言われる毎日10時~2時の間はぐっすりと寝るのがおすすめです。

ゴールデンタイムに肌が再生されてキレイを促してくれるため、この時間に小鼻の皮膚も再生されてキレイが叶うはずです。

3. マスクをしすぎない

保湿や花粉症対策のために、最近はマスクを付けている人も多くなっています。しかし、実は小鼻の黒ずみのためにはあまりおすすめできません。

マスクをすると保湿になって肌に良いような気もしますが、マスクの成分が刺激になったり、マスクが肌にこすれることで肌に炎症を引き起こす可能性があります。

そのため、小鼻の黒ずみを治したい時には、あえてマスクをしない方が早く改善して肌にも良いでしょう。

4. 週に1度は蒸しタオルを使う

蒸しタオル美容は、美肌に導くケアするのに効果的です。顔の血行を促進して新陳代謝を促してくれます。

血行が促進すると、熱と蒸気の水分が肌のすみずみにまで行き渡るため、毛穴がよく開きます。毛穴が開くと、刺激を加えずにしっかりと汚れが浮き出ます。

その汚れを優しく洗顔することでより美肌効果が期待できます。

まとめ

いかがでしたか?

小鼻の黒ずみはむやみに自分流で対処せず、自分の小鼻がどんな状態かを知ることが大切です。間違った対処法をとっていると、なかなか再生しにくい皮膚の状態になることもあります。

また、小鼻のタイプや原因もさまざまで色々な対処法をとることができます。自分の小鼻のタイプに合った、より効果的な対処法をとりスキンケアすると、小鼻の黒ずみがだんだんと改善されてくるはずです。

すぐに効果は出ないかもしれませんが、結果は急がず、ゆっくりと様子を見ながらケアしましょう。

スポンサーリンク