Home / 美容 / 美肌になりたい!肌の黒ずみの原因と解消方法を徹底解説

美肌になりたい!肌の黒ずみの原因と解消方法を徹底解説

多くの人が悩みがちなお肌のトラブルのひとつに、肌の黒ずみがあげられます。

つるんとした肌の人を見ると、自分の肌の黒ずみが気になってしまう…特に朝の洗顔の前に気になって、一日憂鬱な気分になることもあるでしょう。

なぜ、肌が黒ずむ人とそうでない人がいるのか。黒ずみの原因は人それぞれですが、原因を取り除けば綺麗な肌が手に入れられるはずです。でも、何も知らずに手入れをしても逆効果になるかもしれません。

今回は、肌が黒ずむメカニズムとその解消方法についてご紹介します。これであなたも素肌美人です!

スポンサードリンク

肌の黒ずみの主な原因

まずは肌が黒ずむ原因を知りましょう。様々な要素が考えられますが、ご自分の原因に当てはまるものを探してみてください。

メラニン色素の分泌

肌の黒ずみの主な原因として、メラニン色素があげられます。

メラニン色素とは肌や髪の色を作る要素で、紫外線などから肌を守ってくれる働きがあります。しかし、このメラニン色素が過剰に分泌されると、色素が沈着しシミの原因になります。

メラニン色素が分泌される原因は以下の3つです。

・紫外線を浴びる
・ニキビや皮膚炎
・外部からの継続的な刺激や摩擦

紫外線を浴びると色素沈着が起こることはよく知られていますね。いわゆる「日焼け」です。ニキビなどの炎症を起こした場合は、活性酸素の働きにより肌を傷つけないようにとメラニンが多く分泌されますす。同じように外部からの刺激などでも。肌を守ろうとメラニンが分泌されます。

日常生活の中で、気を使いながらお肌をいたわることが大切ですね。

古い角質や皮脂などの汚れの詰まり

毛穴に角質や皮脂など汚れが詰まると、これが酸化して黒ずみの原因になります。

角質や汚れだけでは黒ずみになりません、これを詰まらせることが原因です。では、何故詰まるのでしょうか。

汚れ詰まりの主な原因は、皮脂過多、乾燥、クレンジングなど汚れを落としきれていないことが続くこと、などです。また、年齢による肌の弾力不足なども詰まりの原因になります。

年齢が若い頃は洗顔をしないで寝てしまっても黒ずみが起こらなかったけれど、最近になって気になり始めたという人も多いのではないでしょうか。

ニキビ跡が原因となることも

ニキビ跡が原因となる場合は、前にも書きましたがメラニンの分泌が過剰になるためです。ニキビの炎症によりダメージを受けた肌は、メラニンを作る細胞が活性化されてしまいます。

ニキビによる炎症が重度になると、このメラニンが真皮層まで到達してしまうので色素沈着が起こります。

ニキビが出来たら重症化させないことがとても大切ということです。

生活習慣が乱れてもなりやすい

生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが乱れがちになる、ストレスが溜まる、睡眠不足になる、などいくつもの黒ずみの原因が重なります。

こんなことが?と思うようなことがあなたの肌の黒ずみの原因となっているのです。

まずは規則正しい生活を心掛けましょう。過度の飲酒なども睡眠不足につながるため、控えたほうがよいでしょう。

また、食生活の乱れにも注意して下さい。生活習慣が乱れると当然、食生活も乱れやすくなります。不規則な食事時間に注意してバランスの取れた食事をとるようにしましょう。

肌の黒ずみを解消する方法(ボディケア編)

肌の黒ずみの原因はご理解いただけましたか、次はそれを解消する方法です。

これもご自分の肌に合ったものを行わないと黒ずみは解消しません。自分の原因となっているもの、その解消法はどれが正しいのかよく考えてみましょう。

紫外線対策を万全に

メラニン色素が原因となる黒ずみには、紫外線対策を万全にしましょう。

紫外線は肌にとって最大の刺激になります。メラニンを生成させると同時に、活性酸素を発生させて皮脂の酸化やターンオーバーを引き起こしてしまうのです。

そのため、外出する際には日焼け止めや、帽子、日傘などを忘れないようにしましょう。また、室内にいても紫外線は浴びています。カーテンを紫外線対策のものに取り替えるなどするとよいでしょう。

季節や天気に関わらず、日常的に気を付け習慣化することが大切です。

服の摩擦を減らそう

服の摩擦を継続していると、その部分が黒ずんできます。

きつい下着や、タイトなファッションなどは気を付けましょう。特にデリケートゾーンの黒ずみは、ほとんどの場合下着による締め付けが原因となっています。

また、服の摩擦は肌の角化を進行させます。これでは、黒ずみがなかなか治りにくくなります。

肌の黒ずみを解消するために、下着は刺激の少ない天然素材のものを選びましょう。きつめのジーンズや、肌に密着するような服は避けるといいかもしれません。

低刺激の化粧品えらびを

女性にとって化粧品選びは最も大切なことです。まして、黒ずみを解消しようと使っていた化粧品が肌に合わず、悪化させていたとしたら大変なことです!

ゴシゴシとクレンジングを行って刺激の強い化粧品を使用していたら、どんどん黒ずみは進行していってしまいます。

では、具体的にどんなものがいいのでしょうか。

クレンジング剤も合成界面活性剤が含まれているものは、刺激が強いので止めましょう。マイルドなクレンジング剤をよく泡立てて優しく洗顔して下さいね。

熱いお湯も刺激のもととなります、ぬるま湯で洗い流しましょう。

スキンケア化粧品は肌に直接触れて毎日使うものです。なるべく添加物の少ないものを選びましょう。セラミド、コラーゲン、エラスチンなど保湿効果の高い成分が入っているものをおススメします。

また、黒ずみを取るためのパックも頻繁に使うと肌に刺激を与えて逆効果です。

重曹は効果的?

最近では、重曹パックが肌の黒ずみに有効だと話題になっています。重曹とは「炭酸水素ナトリウム」のことで、食品や掃除にも多く使われています。スーパーなどでも簡単に手に入れることができます。

温泉の成分にも含まれているので、弱アルカリ性で古い角質を落とすピーリング効果があると考えられています。重曹パックはこのピーリング作用を利用して黒ずみを解消しようというものです。

ピーリング作用によって古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進させるとメラニンの排出が高まって黒ずみの解消ができるようです。

ただし、重曹はスキンケア用ではないので、使用頻度は週に一回程度がおすすめです。パック後は保湿を忘れないようにしましょう。

おすすめスキンケア商品

ボディの黒ずみ解消におすすめのスキンケア商品をご紹介します。

・ミネラルボディシャインジェル
口コミランキングでも上位の商品です。ボディーケアならこれにお任せできます。

添加物を極力排除し、27種類の美容成分が配合されているので、ボディの黒ずみ解消には最適です。

サロン生まれの本格派ボディジェル、敏感肌の人でも安心です。

https://product.rakuten.co.jp/product/-/5da4dc7a4be9b4119919e42746984568/

ジョンソンボディケア リッチスパ プレミアム ローション  (ジョンソンボディケア)
ジョンソン独自の美容液成分を配合したクリームタイプのローションです。

なにより価格が魅力的、それでも内容は低刺激な成分と嬉しい商品です。毎日たっぷり使えて安心と、人気の高い商品です。

香りもザクロとジャスミンの優しい香りで、これなら毎日のスキンケアも楽しくなりますね。

https://item.rakuten.co.jp/katuhara/10014221/

肌の黒ずみを解消する方法(フェイシャルケア編)

これまではボディケアとしての黒ずみ対策を見てきました。ここでは、洗顔や洗顔後のケアをピックアップしてご紹介したいと思います。

正しい洗顔方法

では、どんな洗顔方法が正しいのかを見ていきましょう。

自分の洗顔法が間違っていた人は、今日から正しい洗顔を始めましょう。続けていると鼻の黒ずみが解消されていきます。1ヵ月くらいから効果が実感できるはずですから、諦めないで続けて下さいね。

手順

1.顔と手を蒸しタオルなどで充分に温める

2.洗顔料をしっかり泡立てる しっかり泡立てることで、摩擦が少なくて刺激のない洗顔ができる
3.らせん状に優しく洗う 無理矢理こすらずにらせん状に優しく、まんべんなく洗うことが大事
4.ぬるま湯でしっかりすすぐ 実はすすぎが大事なんですよ。ぬるま湯で20回以上はすすぎましょう。
5.タオルはこすらずに上から優しく当てる ゴシゴシと拭かないこと、刺激になって黒ずみを悪化させます

クレンジング剤の選び方

普通肌の人なら酵素洗顔がおすすめです。酵素洗顔はたんぱく質を分解して、古い角質を洗い流す作用があります。ツルツルのお肌になれますよ。

敏感肌の人だと多少刺激が強いので、クレイ洗顔がいいかもしれません。クレイ洗顔は吸着力が強く肌に優しいので敏感肌や、酵素洗顔が合わなかった人にもおすすめです。

保湿は十分に

正しい洗顔の後は保湿がとても大切です。

保湿は皮膚を柔軟に保ち、毛穴詰まりの予防にもなります。保湿には「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」などの成分を含んだ美容液がおすすめです。

化粧水だけで済ませると、肌の乾燥が進んで黒ずみ悪化の原因になってしまいます。充分な水分と油分で保湿して下さい。

おすすめスキンケア商品

黒ずみ対策におすすめの洗顔用スキンケア商品ならこちらです。

・米肌(まいはだ) (コーセープロビジョン)

お米のエキスを配合したスキンケア商品です。口コミランキングでも常に上位に入る人気の高さなら、効果も期待できますね。

ライスパワーNO11は、「皮膚の水分保持能の改善」効果を、医薬部外品の効能として唯一許可された成分のことです。つまり、肌が潤いを自分で作りだすことをサポートしてくれる作用があるのですね。

このライスパワーがセラミドを産生して肌が自ら潤いを作り出すため、毛穴が目立たない肌へと変化していきます。乾燥に悩んでいる人にもおすすめですよ。

https://item.rakuten.co.jp/cosmecomonline/1000039973/

 

・草花木果 透肌スキンケア
こちらも口コミでかなりの人気商品です。

1.洗顔(透肌洗顔ミルク) 2.化粧水(透肌化粧水)3.美容液(透肌マスクジェル)の3つのステップで肌を整えていきます。厳選した天然成分を使用しているので、もちろん低刺激で肌に優しく、毛穴の気にならないスベスベの肌へ変えてくれます。

美人湯として名高い「関平温泉水」「SB-P発酵素」「ヒオウギエキス」などの植物エキス、これらの天然成分のみを使用しています。これなら安心して使えますね。

トライアル商品も各種販売されているので、まずは試してみるのもいいかもしれません。

http://www.sokamocka.com/catalog/line_touki_trial.html

スキンケアの上での注意点

肌の黒ずみを解消するのに、スキンケアでの注意点があります。

スキンケア商品なども使い方を間違えると折角の効果が半減することもあります。スキンケアも効果が充分に発揮できるように使用しましょう。

オイルを使う際は油分を肌に残しすぎないように

オイルを人工的にお肌に与えていると皮膚機能が衰えていくことがあります。これにより、皮脂の過剰分泌状態を引き起こしてさらに黒ずみを悪化させる結果になります。

乾燥肌を改善させるために、オイルを使用する場合には、肌に残し過ぎないように気を付けましょう。

洗顔の際の擦りすぎは悪化の原因に

正しい洗顔の仕方は先ほど書きましたが、しっかりとクレンジング剤を泡立てて洗顔することが大事です。泡立てが足りないと、無駄な力が入って刺激になります。

また、オイルクレンジングは擦り過ぎに注意して下さい。肌の黒ずみが気になる人は使用しないほうがいいかもしれません。オイルで擦ることも肌にとっては刺激となりますので、弱アルカリ性のマイルドな洗顔料を使うようにしましょう。

落ちにくい化粧品やクレンジングは使用しない

メイクで使用する化粧品にも気を付けましょう。

落ちにくい化粧品は、クレンジングの時にどうしても強く擦るようになります。肌に負担を掛ける結果、黒ずみの原因にもなります。クレンジング剤も同じことが言えます。すすぎをしても肌に残りやすいクレンジング剤は刺激となってしまいます。

洗顔には弱アルカリ性、スキンケア商品には弱酸性の低刺激のものを選ぶようにしましょう。

まとめ

肌トラブルには誰もが悩まされるものですが、洗顔法や、スキンケア商品に気を付けると黒ずみも解消できることがわかりましたね。

ツルツルのお肌になるために、この機会に見直してみて下さい。


スポンサーリンク

Check Also

美肌のためのスキンケアの正しい方法

基底層のすぐ下は真皮です。この …