Home / 美容 / メイク / 恋する女子に捧ぐ黒髪に似合うメイクの方法

恋する女子に捧ぐ黒髪に似合うメイクの方法

ms251_kosumeviewr_tp_v

女性はメイクによって大きく印象が変わるため、メイクに気を使っている方は多いでしょう。しかし、黒髪や茶髪といった髪色によって似合うメイクが異なることは知っていますか?髪色に合ったメイクではないとパッとしなかったり、きつめに見えてしまったりとせっかくのメイクが台無しになってしまいます。

周りの人から良く見られたいと思うのは当然のことで、それが好きな相手なら尚のことです。今回はそんな恋する女子に捧ぐ黒髪に似合うメイクの方法をパーツごとに分けて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

黒髪に合うメイクとは

82789085a2663381ae3b7d9e6d2f7ef5_s

黒は引き締まって見えるため、黒髪にすると上品で清楚に見られたり、小顔効果を得られると人気ですが、その分メイクに気を使わないと「濃い」印象になってしまいます。では、具体的に黒髪に似合うメイクとはどのようなものなのでしょうか。

ばっちりメイクはダメ

綺麗に見えるようついつい張り切ってばっちりメイクをしてしまいがちですが、黒髪自体にインパクトがあるので、ばっちりメイクをすると、くどく見えたり、キツイ印象になります。そのため、黒髪に合わせて引き算をしたメイクをすることが大切です。適度な「抜け感」のあるナチュラルメイクを意識してメイクすると良いでしょう。

原色は避ける

原色はメリハリやインパクトを与えてくれる色ですが、黒髪に似合うナチュラルメイクを意識する場合、原色のものは避ける必要があります。ブルーのアイシャドウや、黒いアイラインやアイブロウペンシルなど、原色のメイクは控えるようにしましょう。

チークとリップは色を揃えて

顔に立体感を生み出すチークとカラーを変えるだけで色っぽくも可愛くもなるリップは様々な色があり、色のバランスをとるのが意外と難しいものですが、チークとリップの色を揃えるだけでバランスの取れた色味になります。チークとリップの色のバランスが取れているとメイク全体が自然に馴染むので黒髪に似合ったメイクになります。

ポイントメイクはメリハリを

黒髪に合わせて引き算をしたメイクが大切と言いましたが、引き算をし過ぎると何処となくぼやけた印象になってしまうので、ポイントメイクはメリハリをつけることが大事です。ポイントメイクにメリハリがあると整った印象になり、黒髪の引き締まった印象と合わさって清楚感がUPします。

しかし、一つ一つが主張し過ぎるとやはりキツイ印象になるので、ポイントメイク全体を主張させ過ぎないように気を付けましょう。

黒髪に合うメイク【ファンデ、チーク】

20904fbd8099d48f67ed6dc3d11892ce_s

ファンデーションとチークは黒髪に似合うメイクをする上でとても重要で、特にファンデーションは決め手になると言っても過言ではありません。なので、まずはファンデとチークからみていきましょう。

下地は透明感が大事

黒髪の強い印象に合わせるには下地は透明感が大事です。透明感のある肌は健康的で明るい印象を与え、髪の色と肌の色のコントラストが際立って色白で美肌に見せてくれます。

多くの方が透明感のあるメイクや、ナチュラルメイクというと「メイクを薄くすればいい」と勘違いしがちですが、単純に薄くするだけでは肌の色が沈んでしまい黒髪と合わせると暗い不健康な印象になってしまいます。しかし、ファンデーションを濃く塗ってしまうと今度は透明感とはかけ離れた厚塗りのマットな仕上がりになるので注意が必要です。

薄くしてもダメ、濃くしてもダメというと結局どうすればよいのか分からなくなってしまいますが、しっかりと下地を塗ってあげることでファンデーションを濃く塗らなくても肌が沈むことなく明るく仕上がります。また、下地のメイクをする前に化粧水などを顔にたっぷりと馴染ませておくことで潤いのある透明度の高い肌になり、化粧崩れを抑えてくれます。

リキッドタイプやCCクリームがオススメ

下地にはムラの出来にくいリキッドタイプや肌の色を明るく見せてくれるCCクリームがオススメです。特に保湿性が高いものであればぷるんとした艶のある肌に仕上がります。また、日焼け止め効果のあるものやカバー力のあるものも人気です。

下地に選ぶ化粧品を選ぶには自分の肌に合ったものを選びましょう。肌の色が黄色っぽい人は黄色の補色である青系の色を下地に使うことで明るい色合いになります。また、肌の艶感をアップさせるにはパールやラメの入ったものを選ぶと効果的です。

色むらが出来ない様に下地はおでこ・頬・鼻・顎におき、ブラシで顔全体に伸ばした後、スポンジで馴染ませると良いでしょう。塗り忘れの多い目のきわや、瞬きをしたときに下地が溜まりやすい目の上は塗り忘れがないか、ムラが出来ていないかよく注意してください。

ピンク系のチーク

チークはオレンジ系のものではなくピンク系のものを使いましょう。ピンクは白い肌との相性が良く、美少女感の出るメイクに仕上がります。また、青みがかったものならより透明感が引き立つメイクになるのでおすすめです。チークは頬骨のあたりに丸を描くように入れましょう。存在感を出し過ぎることなくさらっと入れるのがポイントです。

仕上げのパウダーは軽め

下地で十分に肌をカバーしてあるので、仕上げのパウダーは軽めに入れます。あまり濃く入れすぎるとマットな仕上がりになってしまうので気を付けながらTゾーンを中心に軽くいれましょう。

チークとシャドウでナチュラルに

チークとシャドウでナチュラルに仕上げましょう。チークやシャドウは入れすぎると悪目立ちしてしまい、ナチュラルではなくケバイメイクになってしまうので注意してください。

黒髪に合うメイク【アイライン、眉】

a03dda14626f26ae7adb479ef3116c6e_s

次に、アイラインと眉のあたりに着目していきます。目を引くアイラインは勿論ですが、あまり意識しない眉も黒髪に合うメイクをする上では重要なポイントとなります。

髪の色より少し明るめの眉

眉は一般的に髪の毛の色と合わせるのが基本ですが、黒髪の場合に黒い眉のままだと重い印象やどこかあか抜けていない感じになってしまいます。しかし、明るすぎる茶色の眉にしてしまうと今度は黒髪から浮いてしまうので、髪の毛よりもワントーン明るいダークブラウンの色をチョイスすると良いでしょう。

髪の色より少し明るめの眉にすることであか抜けた今風のメイクに仕上がります。

ふんわり感のある眉で

違和感のない自然な仕上がりにするためにはふんわり感のある眉にしましょう。眉を調節する際のメイク方法としては大体ペンシル・パウダータイプとマスカラタイプを使う方に分かれると思います。ふんわり感のある眉にするためにはすっぴん時の眉の量によって決めると良いでしょう。

眉が少ない方はパウダータイプがおすすめです。まず、眉が一番濃くなっている眉山から描き始め、そのままパウダーを付け足さずに鼻に近い方、眉頭までつなげます。次に眉が薄くなっている部分を埋めて眉山から眉尻までを繫げて完成です。

眉の量が比較的多い方はマスカラタイプがおすすめです。マスカラタイプはそのまま使うと地肌にべったりと張り付いてしまいふんわり感とは真逆になってしまうので使用前にはティッシュなどで余分な液を吸い取っておきましょう。

余分な液が吸い取れたら、眉の根元まで色がつくようにまずは眉尻から眉頭に向かって眉の流れとは逆らうようにして塗ります。眉頭の部分は下から上へジグザグになるように左右に動かしながら塗り、最後に眉先から眉尻まで整えるようにして完成です。マスカラはあくまでも地肌に付かないようにして使うと綺麗に仕上がります。

また、一色だけではやぼったいぼやけた印象になるという方は少し明るめのブラウンと合わせて2色を使うと良いでしょう。2色を使う場合は明るめの色から先に塗ることがポイントです。

統一感のあるアイシャドウ

黒髪とマッチさせるために統一感のあるアイシャドウを使用しましょう。統一感を出すために色の落ち着いたブラウン系やベージュ系などを使い、単色もしくは2色程度に抑えましょう。また、アイシャドウもパールや光沢のあるものを使用すると透明感と艶が出るのでおすすめです。アイシャドウは濃くなりすぎないよう薄く入れると良いでしょう。

カラーを入れる場合は目尻がいい

カラーを入れる場合には目尻の3/1程度の場所に入れると良いでしょう。アイメイク全体にカラーを入れてしまうと濃い印象になってしまいますが、目尻の部分であれば自然に華やかに見せることが出来ます。また、瞼の上に乗せたアイシャドウよりも濃いブラウンを目尻に入れると可愛らしいたれ目メイクに仕上がります。

アイライナーは細めに

目を大きく見せるためについつい太めに入れてしまいがちですが、アイライナーは細めに入れるのがポイントです。アイライナーを細めにすることで、すっきりとしたナチュラルな仕上がりになります。また、目を印象的にしたい場合にはアイライナーを太くするのではなく、少し長めに入れると良いでしょう。

アイライナーの色によっても印象が変わります。クールに仕上げたい場合は黒を、優しそうに仕上げたい場合は柔らかい色合いのブラウンがおすすめです。

マスカラはボリュームよりも長さで

マスカラはボリュームよりも長さを意識しましょう。ロングタイプのマスカラを使用することで、ナチュラルにきれいに仕上がり、黒髪との相性も抜群です。また、マスカラを塗る前にまつ毛に下地を塗っておくと、長さやカール具合を維持してくれます。しかし、マスカラの重ね塗りは濃くなりすぎるので注意してください。

マスカラは黒よりダークブラウン

マスカラの色を選ぶときは黒よりダークブラウンのものを選びましょう。黒髪の場合は黒いマスカラにするとクドくなってしまいますが、黒よりワントーン明るいダークブラウンを使用することですっきりと自然な仕上がりになります。また、ダークブラウンでも十分に目ヂカラを維持することが出来ます。

黒髪に合うメイク【リップ】

lipstick-1531857_640

メイクの最後をリップで締めるという方は多いでしょう。ここまでせっかく黒髪に合ったメイクをしてきたのに最後の最後でコケてしまっては台無しです。なので最後は、黒髪に合うリップをご紹介いたします。

口元はハッキリと

黒髪と合わせるために肌や目元は引き算メイクをしてきましたが、口元はハッキリとさせましょう。口元をハッキリさせることで全体のバランスを上手にとることが出来ます。また、口元をハッキリと強調させると引き締まって見えるので黒髪と合わせるとより小顔効果を得ることが出来るのでおすすめです。

レッド系の口紅で

リップはピンク系の口紅で可愛らしくナチュラルにするのも良いですが、レッド系の口紅ですっきりと印象的に仕上げましょう。

黒髪とレッド系のリップの相性はとてもよく、女優やモデルなど多くの芸能人の方もその組み合わせを愛用しています。レッド系の口紅は黒に映える色なので、口元をハッキリと仕上げ、透明感の高いクリアな肌に見せてくれます。また、肌がクリアになると黒目の存在感が増し、目が一回り大きく見えるという効果も人気の理由の一つと言えるでしょう。

グロスで艶感を

リップは口紅の上からグロスで艶感を出すとより透明感のある色っぽい唇になります。また、艶感を出すことでより印象的で目を惹く唇に仕上がります。しかし、やりすぎると艶感ではなくテカテカになってしまうので注意してください。

ぷっくりとした厚い唇

ぷっくりとした厚い唇はとても魅力的でセクシーですよね。薄い唇より厚い唇の方が男性を惹き付けると様々な雑誌やメディアなどでも紹介されています。大好きな彼が思わずキスしたくなるような魅惑の唇に仕上げましょう。もともと唇の厚い方はコンシーラーやファンデーションなので整える程度に、唇が薄い方は1mm程度はみ出すようにして塗るとぷっくりと厚い唇になります。

グロスを塗るときは下唇の中央にのせて、左右のラインに伸ばすように塗り、上唇は下唇で余ったグロスを馴染ませる程度にすると効果的です。上唇にも下唇同様に沢山使ってしまうとただの腫れぼったい唇になってしまうので気を付けましょう。

まとめ

cosmetics-259181_640

黒髪ブームで染めていた髪を黒髪に戻したという方も多いでしょう。しかし、黒髪はインパクト強いので、どうしても今まで通りのメイクをしてしまうと違和感が出てしまいます。そういった場合には透明感や艶感、自然に見えるナチュラルメイクを意識すると黒髪によく馴染み違和感のない魅力的なメイクになります。

ナチュラルメイクと言ってもほとんどメイクをしない手抜きメイクとは別物なので、しっかりと下地から仕上げのリップまで気を使いながらメイクをしましょう。また、黒髪メイクをこなしていくうちに自分に合ったメイク方法を模索してみるのも良いですね。


スポンサーリンク

Check Also

色黒の女性におすすめのメイクの方法とポイント

色黒の女性は、自分に合ったメイ …