Home / 恋愛 / 高校生になったら彼氏が欲しい!作るためのポイントと注意点を解説!

高校生になったら彼氏が欲しい!作るためのポイントと注意点を解説!

楽しい高校生活を過ごすために、「彼氏が欲しい!」と願う気持ちはよくわかります。憧れの制服デート、運動部の応援、下駄箱で待ち合わせ、文化祭や修学旅行で自由時間でのデートなど、憧れの彼氏との青春を期待しますよね。

しかし、高校の3年間は一瞬です。勉強や部活などの目標と同じように、恋愛も目標を持って頑張りましょう。恋愛経験は心と身体の成長にもつながります。

本記事では、高校生で彼氏を作るためのポイントや注意点、男子高校生が考える理想の告白シチュエーションについてご紹介していきたいと思います。

是非、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

高校生活で彼氏を作るための6つのポイント

 

中学生で感じたことかと思いますが、3年間はあっという間に過ぎてしまいます。大学受験や就職活動を考えても最初の1年が恋愛に一番時間をかけられます。中高一貫校などでなければ、新しい友達や環境が変わった最初の年がチャンスです。

楽しい高校生活を送るためにも、彼氏を作るためにも、最初の印象が肝心です。

高校生になると年齢的にも身体的にもほとんど大人と変わらなくなります。恋愛に対しての興味も増えて、彼氏を作るというのは両想いという気持ちを伝えるだけのことではなくなってきます。そして、彼氏になってくれれば誰でも良いという訳でもありませんよね。

まずは好きな彼を見つけなくては恋愛も始まりません。

高校生になって彼氏が欲しいと思っている女子と同じように、彼女が欲しいと思っている男子もいます。どんな彼氏、どんな彼女が理想なのか、モテるのか、彼氏を作るポイントとして大切なデータにもなります。

男子にとっての彼女にしたいタイプを知っていれば、彼氏を作る時のポイントになるので是非チェックしてください。

1.最初の印象が大切!清潔感・身だしなみに気を配って!

高校生になると、メイクをする女子も増えます。ですが、慣れていないと変に派手になったり、清潔感を失ってしまったりします。

男子は女子の不潔な感じを嫌います。生活のだらしなさを感じることから、女性として興味を持ってもらえなくなります。制服やブラウスの汚れもですが、無理なメイクや香水なども逆効果です。髪や身だしなみも清潔な感じが好印象を与えます。

2.友達は多い方が良い!困ったときの助けにも!

特に同じ学校、クラスだと、友達との関係や付き合い方もよく見られます。

少女コミックなら、陰のある不思議な子、ひとりぼっちな子が一番人気の男子を彼氏にすることもありますが、実際は、最初に分かりづらい性格や人を寄せ付けないタイプは理解してもらうのに時間もかかり、彼女にしたい女子の対象からは外れてしまいます。

まずは、友達をたくさん作ることが大切です。友達がたくさん周りにいれば、自然と男子と接触する機会も増え、彼氏候補の男子を見つけるのも早くなります。男子からも人気があれば、興味を持ってもらえる近道にもなります。

また、友達が多ければ、好きになった相手の情報を得る時も、アプローチするときに力を借りるにもとても助けになります。

3.笑顔と積極性が大事!

そして、笑顔でいること。中学生までのように、好きな子には冷たくする、意地悪をするというようなことは彼氏を作るには逆効果です。

人気のある子や好きになった人が他の子の彼氏になってしまったら、高校3年間その人がフリーになるのを待っているようなことにもなりかねません。

最初から気になる男子がいたら、笑顔で明るく積極的に接していくのが彼氏になってもらえるポイントです。遠慮していると高校生活はあっという間に過ぎてしまいますよ。

4.イベントにも積極的に取り組もう!

高校生活にはいくつかのイベントがあります。文化祭や体育祭、修学旅行など、同じ学校・学年に彼氏がいれば、楽しい思い出が何十倍にもなりそうな気がしますよね。

イベントでカップル誕生なんてことは高校生活でよくあることです。委員会などで文化祭の準備が遅くなり、一緒に帰るようになるなど、イベントでは恋愛のきっかけになるような出来事が普段の生活より多くなります。

好きな人がいれば、同じ委員会に入るなど、なるべく学校行事に積極的に参加することで出会いもチャンスも増えます。

高校生のうちに彼氏が欲しいと思っているのなら、1年生の頃から頑張って活動することをお勧めします。

5.言葉遣いは大切!乱暴な口回しは止めよう!

言葉遣いも重要なポイントになります。男っぽい話し方や乱暴な単語を平気で使ってしまうなど、元気が良い印象や面白い印象はあっても女の子らしさは感じられず、友達にはなれても恋愛対象にはなりにくいです。

言葉遣いも気にせず何でも話せる間柄になれれば彼に近づけた感覚になるかもしれませんが、恋愛対象から外れてしまっては彼氏を作るのには適していません。友達としか思ってもらえない状況にならないように、女子はやっぱり言葉遣いは気にすることが大切です。

6.まずは好きな人を見つけよう!

彼氏が欲しいと思っていても、好きな人がいないと頑張りようがありません。清潔で明るい印象を大切にして、友達もたくさんできると、男子から好きと言われることもあるかもしれません。

彼氏が欲しいタイミングで告白されれば、イエスと返事をすれば、見事彼氏ができ、目標達成!ということになりますが、告白してくれた男子を自分が好きになれるかは別です。

好きと言われてから意識をして、彼を好きになることもあります。ということは、好きな人がいれば告白をしてみる、そこから相手に自分のことを意識してもらうというのもありです。

ですが、好きでもない男子に告白されたから付き合ってみるというのは、その人にも失礼ですし、本当に好きな彼氏を作るのにとても遠回りになります。

高校生になれば、自分のタイプの顔やタイプの性格も少しは分かっている人が多いはずです。待っているだけではなかなか恋愛は進展しません。

まずは、好きな子をみつけて告白する、友達の協力を頼むなど、彼氏になってもらう作戦を考えれば良いのです。

高校生活で彼氏を作る時に注意したい3つのコト

高校生で彼氏を作るのに、最初の印象やイベントへの積極性も大切というのは分かりましたが、彼氏を作ることばかりを優先して生活をしていると、まだ好きでもない相手を彼氏にしてしまったり、自分だけ彼氏ができて友達との関係が難しくなったりと、その後の生活に支障が出ることもあります。

難しく考えすぎることはありませんが、一度失敗すると、楽しい生活に戻すのはとても難しいことです。友達のことや相手の気持ちを考えられる余裕は必要です。

1.彼氏を作る前にまずは親友作りを

彼氏を作る時の注意点ですが、彼氏を作る前に、まずは信用できる友達を作ることです。高校生で彼氏が欲しいというのは、楽しい高校生活を送りたいという目標の一つです。彼氏を作るにも、彼氏との生活を楽しいものにするためにも、親友と呼べる友達が必要です。

高校に入ってからの彼氏が、はじめての彼氏になる人もいますよね。何かあれば誰かに相談をしたり、話を聞いてもらうことも必要になります。これが彼氏のこととなると、誰でも良いから聞いてもらうと言うわけにはいきません。

好きな人ができたときに告白する手伝いを頼むのもそうです。

親友と呼べる信用できる友達の存在は高校生活を送るにも、彼氏を作るにも、そして卒業後の人生においても必要なのです。友達関係の相談や悩みとは違い、彼氏のことなどは親友と呼べる友達がいることで、悩みを共有できたり、辛い時期を助けてもらえることもあります。

親友の悩みや彼氏の相談にのることで、自分の経験値や相手への思いやりの気持ちを成長させることもできます。そこでできた絆は今後の人生におけるかけがえのないものになります。

2.清潔感・身だしなみ・言葉遣いは普段から注意

彼氏を作るために学校に行くときだけ、身だしなみに気をつかったり、無理に頑張ったメイクをしたりするのは、いつか、ボロがでます。背伸びした、無理をしている自分を好きになってもらっても、長く続きません。

言葉遣いは特に、彼氏の前だけ普段と違うようでは、素直な気持ちを話すのも難しくなります。

風邪で学校を欠席したとき、彼氏が突然、自宅に授業のノートを持ってお見舞いに来てくれたのに、掃除されていない汚い部屋をみて、その後別れたという友達がいました。

外見だけ磨いていても、どこかでボロが出てしまいます。普段から、自分を好きになってもらえるような行動を心がけたいものですね。

3.彼氏になる相手の事をよく知ってから付き合うこと

告白されたときは、まだ自分が彼のことを好きなのか分からないこともあります。自分の気持ちが分かるまで、付き合うのを待ってもらうことも大切です。彼氏ができるならと無理に付き合ってしまうと、相手にも失礼なことをしてしまいます。

付き合いは始めるときより別れる時の方が難しいものです。自分を好きになってくれた人を好きになれるとは限りません。お互いが好きという気持ちになる方が珍しいくらいです。

告白して、彼からOKの返事をもらえても、彼がまだ自分を好きという気持ちになっていなければ、嬉しく感じられませんよね。

相手の気持ちを大切にするということは、好きでもないのに付き合うということではありません。そして、相手の事をよく知らないで付き合うのはとても危険です。

好きになった人についても、好きと言ってくれた人についても、友達の評判や、実際の本人の行動などをちゃんと見て、相手をよく知ってから付き合いを始めるようにしましょう。

恋愛のトラブルはとても深くなります。高校生だからといって軽く考えてはいけません。

どんなタイミングや言葉で告白されたい?男子の理想をチェック!

 

彼氏を作るということは、好きな人ができただけではなく、自分の気持ちを伝える行動も大切なポイントになりますよね。

彼からの告白を待つという手段もありますが、本当に好きな人がいるなら、自分から伝えるのも相手に自分を意識してもらえる手段になります。

どんな時、どんな言葉で気持ちを伝えるのが良いのか、男子の理想などを調べてみました。参考にしてみてください。

告白のタイミングはいつがベスト?

告白されたタイミングや言葉で付き合うかどうかが変わると思うと考えている男子高校生は少なくないようです。

ということは、告白するタイミングをずらしてしまうと、もしかしたら付き合えた彼氏をのがしてしまう恐れもあります。女子よりロマンチックとも言われる男子の理想とする告白のタイミングは、どんなものがあるのでしょうか?

  • 運動部の応援に来てくれた帰り
  • 下駄箱での待ちぶせ
  • 一緒に歩いていて不意に
  • 塾の帰りなど自転車で走っていたら
  • 夏祭りや花火大会で

男子高校生が理想としている告白のタイミングです。意外と無理なものではなく、現実に実行しやすいもののようです。

告白のする時はどんな言葉が良いの?

告白の言葉はとても重要のようですが、一番伝わるのは、本当の自分の気持ちを素直に打ち明けるときだと思います。

それでも、言葉は用意しておかないと何を話して良いのか?緊張しているのもあり、困ってしまいますよね。男子高校生の体験などで、好印象だった告白の言葉を調べてみました。

  • 「好きです。付き合ってください」:ストレートに言われるのが気持ちの裏が無さそう
  • 「ずっと前から好きでした」:ずっとというのが嬉しい
  • 「好きです。もしよければ付き合ってもらえませんか?」:敬語になってしまうところも緊張感があって良い
  • 「ね!つきあわない?」:軽い感じもうけますが、この不意打ちが答えも言いやすくなるらしい

逆に、「今までで一番」「色々考えたけど」「これからもずっと好きでいます」などは、嘘っぽい感じや他と比べた感じが不評のようです。

色々細かく話すより、ストレートの方が男子には伝わりやすい様です。告白される方も緊張はしますよね。人と違った特別な印象を与えるなどは必要なさそうです。

できるだけシンプルな方が答える時も誠実に考えてくれそうです。

今は、メールなどでも告白もありますが、残ってしまうのも問題になりそうです。連絡先を交換して、メールのやり取りができる仲であれば、気持ちに気づいてもらえるようなアイテムとして使うのはお勧めですが、実際の告白は顔を見てした方が、相手の気持ちも分かりますよね。

メールの方が簡単ですが、簡単な分、返事も軽く返せるので、告白すると腹をくくったときはぜひ、顔を見て自分の声で伝えるのをお勧めします。

男子から告白してもらう方法とされた時に考えるべきコト

最近は女子からの告白も珍しくないようですが、出来れば男子から言って欲しいというのは、昔から変わらずある気持ちではないでしょうか?

すでに友達から何となく相手の気持ちも知らされていたり、メールでのやり取りではお互い付き合い始めているような間柄であったり、決定的な告白を待つような状況もありますよね。

男子は女子が考えているよりずっと恋愛に臆病で相手の気持ちにも気付くのが遅いことが多いので、告白をしてもらいたい相手には自分の気持ちをできるだけ分かりやすく態度に出していても良いと思います。

男子は確実な何かがないと、思い切っての告白は難しいようです。女子も気の利いたおしゃれな言葉の告白だと、恋愛慣れしているように疑わしく感じることがありませんか?

男子同様、ストレートに「好き」と言ってくれる表情などで女子は相手の気持ちの本気度を感じ取れると思います。好きな子からの告白を待つのであれば、相手に告白しやすい状況を提供するのも戦術ですよね。

彼が告白しやすい状況を作ろう!

好きな男子や気になっている男子が、自分に告白してくれるようするには、告白しやすい状況を作るのも手段です。

なるべく彼に告白が失敗しないであろう自信も持たせてあげてください。彼氏を作るのには待っているだけでは時間がかかるので、告白をされるであろう場合でも女子も少し協力してあげてください。

  • なるべく二人になる状況を自然に作る(教室に残る、下駄箱に遅くいく、下校はしばらく一人になるなど)
  • 同じクラブや委員会に所属する(部活など以外でも同じ行事に参加できるような行動をとる)
  • 必ず一番先に挨拶をする
  • 話をするときは笑顔で顔を見ながら
  • 友達からこちらも好意があることをさりげなく伝えてもらう
  • バレンタインなどのイベントでは少し特別に、友チョコと言いながらも、毎年必ずチョコを渡す
  • メールなどはグループではなく、たまに個人的に送る
  • 元気に楽しく叩き合うなどのスキンシップも有効
  • 悩み事の相談などで頼ってみる

好きな彼女が自分のことを好きなのかもしれないという期待が確実になればなるほど告白してくれるチャンスが広がります。

それでも鈍い彼には、心理作戦でよくあるのですが、相手にいつも共感するのも仲良くなるポイントです。彼にとって他の子とは何か違うなという心地よさを与えられたら成功です。

告白されたときは自分の気持ちを素直に伝えること

好きな彼に告白をされれば、もう問題はありません。彼がストレートに伝えてくれたら、こちらもストレートにすぐに返事をすれば気持ちは伝わります。

ただ、思わぬ告白の場合、相手をよく知らない場合があります。その時もしっかり返事することは大切です。

「イエス」か「ノー」をその場で決められないときは、それを伝えればいいのです。「突然だったので、まだ答えが出せません」という感じで、「考えさせてください」など、しっかり「イエス」ではないことも伝えてください。

自分がよく知らない人からの告白などは、相手を知らないのにすぐに返事をするのは、こちらの誠意も伝わりません。

ただ、こちらが知らない人からの告白はこちらのことも知らないのに好きというので、少し不思議な感覚にもなります。相手が全く好きなタイプではなく、迷わず「ノー」であれば、それははっきり伝えます。

思わせぶりな態度であると、相手が付き合いをOKしたと勘違いすることもあります。告白を受けたら、必ず、返事はしっかり自分の言葉で思っていることを素直に伝えることが大切です

まとめ

高校生になったからといって彼氏が必要になるものではありません。ですが、高校生が終わってしまう頃は、やっぱり彼氏がいる方が楽しそうだったと感じる人が多いです。悔いなく、高校生の恋愛を楽しむためには、最初の1年生から恋愛に積極的になることも大事です。

友達と好きな人への告白方法を考えたり、友達の好きな人とのことを応援するなど、友達との信頼も築いていけます。こういうことが青春の思い出の一つにもなります。

勉強とは違って先生も宿題もありませんが、恋愛だって、今後の結婚相手を見つけるときや相手の気持ちを思いやれるようになるためにも経験や成長が必要です。

高校生活を楽しむアイテムとしては必須とも言えます。友達との思い出と同じように彼氏との体験や経験も大切なものになります。

皆さんの楽しい高校生活に幸あれ!


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …