Home / 恋愛 / 好意のサインを見極めよう!好きな人に対する好意の行動、態度のサイン

好意のサインを見極めよう!好きな人に対する好意の行動、態度のサイン

jk92_kaerimichi20150208082355_tp_v

誰しも好きな相手に対しては特定の行動を取りたくなります。でもどのような態度をされると好意があるのか分からない時もありますよね。

あなたに好意がありますよというサインは、相手の言動を観察していると分かってきますので、あなたに意中の相手がいるのであればその人が、あなたにどのような行動を取っているのか確かめてみてください。頻繁に話しかけてきたりされた場合は、あなたの事が好きな可能性が高いですよ。

スポンサードリンク

1.LINEで分かる好意のサイン

1.返信が早い

それ程好きでもない人や急ぎじゃないメッセージの場合、返信が後回しになってしまいますが、好きな人からのメッセージが来た場合は忙しくても出来るだけ早く返信を心がけます。暇なら即既読になって少し経てば返信が返ってきます。メッセージをもらうだけでテンションも上がり、気分も上々でやり取りをしている事も多いです。

それに、もたもたしていると好意を抱いている人が他の人を好きになってしまいます。だから、先手必勝で相手にメッセージを沢山送り、自分のことをアピールします。人は交流が多くなれば多くなるほど相手に信頼感を感じるので、仲良くなりたい相手には出来る限り沢山のメッセージを送ります。

2.絵文字やスタンプをよく使う

yk0i9a6213_tp_v

目上の人や事務的な文章では、絵文字を使うとふざけているように思われて信用がなくなってしまいますが、プライベートな会話などでは絵文字があるほうが、文章がやわらかくなって相手に感情が伝えやすくなりますよね。少しの違いですが、絵文字が入っていないだけで文章は何となく無機質になってしまいます。

LINEのスタンプはアニメやゲーム、芸能人のものなど沢山の種類のものがありますが、くだけた内容のものが多く親しい人ではないとなかなかスタンプの送信は出来ないですよね。スタンプを送ってくるという事は、あなたともっと仲良くなりたいとアピールしています。

特に始めて送信するときはドキドキします。スタンプを受け取ったらあなたも何かスタンプで返信すると、お互いの仲も縮まっていきます。絵文字、スタンプは親しみのある人にしか送る事ができないので、あなたに好意があるというサインになります。

3.質問をしてくる

特に何も思わない相手の事はそれ程知りたくなりませんが、好きな相手の事は何でもいろいろ知りたくなります。そのためあなたに対する質問が多い場合も、好意のサインになります。

例えばあなたにも好きな芸能人がいると、相手のことをいろいろ知りたくなりますよね。誕生日などのプロフィールや家族構成など、細かい事が気になってきます。一つ情報が知れば知るほど相手との距離も縮まってきているように感じ、嬉しくなります。

最近は芸能人もブログを書く事が多いので、昔に比べて彼らとは身近になっています。更新が気になって何度もアクセスしたりしたくなりますよね。芸能人だけではなくそれは好きな人であっても同じです。誕生日などいろいろな情報を知りたくなるし、もしSNSをやっていたらずっとチェックしたくなります。

4.質問したら丁寧に返してくれる

それ程関心のない人の質問は適当に返してしまいますが、好意を抱いている人への質問は丁寧に返したくなります。なぜなら、誠意を見せて自分への好感度を上げるチャンスだからです。それに誰しも好きな人、好感を持っている人の力になりたいと思います。

質問したときに誠意のある態度で返してくれたら、好意のサインになります。逆に当たり障りのない答えが返ってきた場合は、それ程あなたの事が好きではありません。返事も時間が空いたりして、真剣にあなたの質問に答えようとはしてくれません。言葉や文章に熱意がないので、すぐに分かってしまいます。

人は誰かに質問したいときは、自分だけでは分からない悩みや疑問を抱えています。そんな時丁寧に返事をすると、嬉しくなりますしその人に対して敬意や好意を持ちます。

5.会話を終わらせないようにする

関心の薄い人との会話はあまり楽しくありませんが、好意を抱いている人とはいつまでも会話をしていたくなります。何気ない会話であっても引き伸ばしをして会話のリレーを続けようとします。それでも相手が会話を終わらせようとすると、名残惜しそうな雰囲気を出します。

なぜなら、一旦途切れてしまうと相手からのメッセージが来なくなってしまって寂しいし、次いつ会話のやり取りが出来るかも分かりません。好意を持つ相手との会話は楽しく刺激的です。ワクワクしたり楽しくなったりする感情を抱きますので、その気持ちを味わいたくて、好きな人と沢山会話を楽しみたくなります。だから会話が長く続くなと思ったらあなたに好意があるサインです。

好きな人が出来ると半数以上の人が毎日相手とLINEやメールをしていたいと思っています。楽しくメッセージで会話できる相手がいると、毎日が充実しますよね。毎日決まった時間にLINEのやり取りをすると決めていると、その時間が待ち遠しくなります。

例えば毎日夜の10時に決まってLINEのやり取りをすることにすると、その時間が朝から楽しみになりますよね。そのLINEの時間のために面倒な仕事も、頑張る事ができますよね。

6.要件がないのにLINEしてくる

好意を抱いている人とは、用件のみの会話しか出来ないのは寂しいです。会話をしているときは楽しいけれど、会話が終わるとしばらくは余韻を感じますが、すぐにまた会話をしたくなります。だから、特別用事がなくても何か話題を作って会話を出来るタイミングを作り、またLINEを楽しもうとしていきます。

共通の趣味があればそれを話題にしたり、今日あったことや世間のニュースなど様々な事を近くにいる友達と話すように会話をします。相手が返信してくれるとそれだけでも嬉しいし、会話する相手がいると生活が充実します。

人は好きな相手と会話をしていると幸せに感じて、いつまでも話をしたくなります。そのため用事もないのにLINEをくれる人はあなたへ好意があるサインになります。

2.男女共通!意中の人にとる行動のサイン

1.目がよく合う

好きな人の姿が見えると、どうしても目で追いたくなります。だから相手が振り向くと目が合ったりすることが多いです。目が合って照れてる、表情が嬉しそうならあなたに好意があるサインです。シャイな人も多いので、自分から相手にアプローチすると交流がスムーズに進みますよ。

2.よく話しかけられる

好意のある人、好きな人には誰もが話しかけたくなります。会話をする事で人は仲良くなっていく事ができるし、相手に自分を印象付ける事もできるので大切な事です。恥ずかしいからといって何も話をしないまま過ごすと、相手と仲良くなれません。告白するにも不利になるので、機会があればすかさず話をしようと試みます。

3.リアクションが大きい

好意のある相手、好きな相手が近くに居るとテンションが上がりますよね。だから行動や表現が少々オーバーになることが多いです。女性ならよく笑うようになります。特に目を見るときらきら輝いている場合は、好きな相手が近くに居て嬉しいサイン。脈はあるので今後の行動次第で恋人になれるかも。

4.特別に優しい

誰しも好きな相手に対しては特別な意識を持ちます。普段は誰にも優しい態度を取らない人でも、あなた相手に優しく接してくれるのであれば、それが好意のサインになります。誰に対しても優しい人はいますが、どれだけ真剣に対応してくれるかが見極め所です。

社交辞令で親切に接する人はいますが、それだと何となく上辺だけの印象を感じますよね。それだけではなく、それ以上にあなたへ対しての思いやりを感じる事ができるかもチェックしてみてください。

5.褒めてくる

褒められて嬉しくならない人はいません。素直に喜んでくれない人もいますが、そんな人も表情ははにかんでいたり、何となく嬉しそうだったりします。それに褒めてくれる人は、知らず知らずのうちにその人への評価が上がり、友好的に感じます。人からの信頼を得るためには相手を褒めるのが大切です。だからあなたのことをよく褒めてくれる人はあなたに好意があるというサインになります。

6.話すときの距離が近い

好きな人と話をするときは近くで話をしたくなります。ちょっとした挨拶など遠くからでも済ませることができる事でも、相手に近づいてきます。よく近くで話をするなと感じるのであれば好意のあるサインです。誰だって好きな人の側には出来る限りいたいものです。

7.髪の毛や顔を触る

好意のある相手、好きな相手にはボディタッチしたくなります。好きな相手には触れていたいと思っているのです。でもいきなり髪の毛や顔を触れるのはセクハラに思われてしまうかもしれないので、まずは会話で相手との距離を縮めようとします。ある程度仲のいい人が頻繁にボディタッチをするようになったら、好意のあるサインです。

8.話したことをよく覚えている

人はどうでもいい内容の事はすぐに忘れてしまいますが、好きな人の話した事はいつまでも覚えています。好きな事に関係する事を聞くと心がときめくので、それに連動して相手に関する記憶がしっかりと刻まれます。

特に女性は特別な事が合った日付までしっかりと覚えている人も多いです。過去の発言や会話の内容をよく覚えてくれる人がいたら、あなたに好意があるというサインをその人が発しています。

9.他の異性に興味を持つと不機嫌になる

好意のある人、好きな人には自分のことだけを見ていてほしいと思っています。そのため他の異性と会話したりするのを見ると、嫉妬してしまいます。あからさまに態度に表さなくても、機嫌を損ねてるなと感じられたら相手は嫉妬をしています。

別の異性と接しているときに機嫌を損ねるのは好意のあるサインでもあります。でもわざと相手の感情を確かめようと別の異性と交流を取るのは相手に勘違いされる可能性もあるので、疑われる行動は慎むように気をつけてくださいね。

10.急にそっけなくなる

pak86_dakiyoseru315182624_tp_v

いわゆる好き避けというものです。消極的な人に多く、嫌われたくないために敢えて相手を避けてしまう行動を取ります。もっと近づきたいのだけど、恥ずかしくて話すタイミングがあったのにもかかわらず何も言えないという事も頻繁にあります。

好きな相手との交流に慎重になるあまり、アクションが出来なくなってしまいます。もしかして嫌われているのかもとこっちが不安になる事もありますが、話しかけてみてあからさまに嫌いな態度がなければ大丈夫です。そっけないのは恥ずかしさから来ています。

3.男性が好きな人にとる態度のサイン

1.困っていると助けてくれる

男性は好きな人のために何事も惜しみません。何か困った事があると伝えるとすぐにこっちに飛んできてくれます。特に頼られたいという思いも強く、好きな人のヒーローになりたいと考えています。

それに助けると相手に感謝され、好感度も上がります。だから相手と仲良くなるチャンスでもあるので、好きな人のピンチには助けたくなるのです。いつも助けてくれる人がいると好意があるというサインです。

2.髪型やネイルなどの変化に気づく

男性はそれ程興味のない人の小さな変化には鈍感ですが、好きな人の変化には敏感です。それはいつも好意のある人を見ているため、些細な変化もすぐに察知します。女性にとってちょっとしたイメチェンを気づいてもらえる事はすごく嬉しい事です。自分への好感度もあげることが出来るので、些細な変化でもさりげなく褒めます。

3.食事に誘ってくる

tsu73_cakejyosi15143657_tp_v

食事に誘うのは下心がある場合もありますが、単純に相手が好きだからという事もあります。単に友達として誘う場合もありますが、食事に誘いたい人には少なからず好意があるので、相手からは少なくとも特別扱いをされています。

それに好きな相手とデートしたいけど、いきなり誘うのは難しいと思う方もいます。だから比較的ハードルの低い食事に誘うという事をします。最初は緊張するかもしれませんが、食事をしておなかがいっぱいになってくると気持ちが和らぎます。

空腹のときは機嫌の悪いときも多いですが、食事をすると悪い機嫌もどこかへいってしまい、穏やかな気持ちになりますね。そのため、会話もしやすくなるので交流も進む事ができます。

4.プレゼントをくれる

好きな人へは何かプレゼントしたくなりますよね。誕生日やクリスマスなら特別気合を入れたものを贈りたくなります。そのためにさりげなくリサーチをあなたにしている事も。特にプレゼントが後々残るものなら好意のあるサインです。

特にアクセサリなどの場合は、相手が独占したいくらいの強い愛情を持っているという事を示しています。プレゼントが花束や豪華な食事の場合、一見特別扱いをされているように感じますが、無難な贈り物でもあり贈った証拠もいずれは無くなってしまうし、それほど親しくない人でも贈りやすいので注意です。

5.誠実さをアピール

男性は遊び相手の女性を探すなら、過去に付き合った人の人数や人の事を話しますが、本命相手には話しません。本命と付き合いたいのであれば慎重になり、いかに誠実であるかをアピールします。

女性は浮気性の男性を嫌いますので、遊び人だと思われては相手からのイメージがダウンします。それに女性からしてみれば過去の相手の交際相手のことはあまり知りたくないですよね。自分よりスペックの高い人だったりしたら、コンプレックスを感じてしまいます。

その点も踏まえて過去の異性については語らず、あなただけを見ている事をアピールします。過去の女性について言いたがらない場合は、好意のサインと受け取っても大丈夫です。

4.女性が好きな人にとる態度のサイン

1.ボディタッチが増える

言葉は使いようによってはお世辞を言ったり、黙ったりして気持ちを操作する事はできますが、態度や行動は無意識にあらわれます。だから好きな相手に触れたいという気持ちがあれば、スキンシップをしたくなります。

男性は女性に触れられると嬉しくなると知っているので、好きな相手に好意を示そうとボディタッチも増えていきます。でもいきなり何も会話や交流をしたことない人にはしません。今まで交流を重ねてきて好感度を上げてきた相手に対して、ボディタッチをします。最近よくボディタッチが増えたなと感じたら、好意のあるサインです。

2.相談をしてくる

al005_dekiruokanenokarikata20140830_tp_v

女性が何か相談をしたいと思ったときは、信頼できる気を許せる相手を選びます。異性を相手に選ぶときは、好意のある相手にする事が多いです。好意がある人とは話しやすいし、無意識に相手へ自分をアピールしている事もあります。

それが恋愛相談だと微妙な気持ちになりますが、女性が異性に恋愛相談をするということは、少なくとも信頼されているので、上手く行けばその女性の意中の相手よりも自分を選んでくれる事もあります。相談をしたいと思ったときは心が弱っています、

そんな時優しく答えてくれると次第に相談相手のことが気になってきたりする事もあります。恋愛相談をする時は決まって異性の態度が不安なときです。自分のことを不安にさせる相手よりも、安心させてくれる相手に心を惹かれて行く事もあります。

3.甘えてくる

女性は好きな人に対し甘えたくなります。普段は気が強い人でも好きな人の前では、甘えん坊に変身します。女性は本能的に頼りになる男性を好むため、男性に頼りたいという気持ちがあります。甘える事ができる相手がいることにより、安心する事ができます。社会では甘えを許さない部分が多く、仕事をしていると疲れてしまいます。

そのためにも甘えて癒されたいという思いがあります。それに、より一層コミュニケーションを深めたいという意思表示でもあるので、そんな時は一緒にいる時間を増やすなり、仲を深めて行きましょう。甘えてくる回数が多くなってきたのならそれが好意のサインにもなります。

4.避ける

好きなんだけどなぜか避けてくることがあります。相手に好意があるのだけれども、どう接すればいいのか分からない時によく起こります。好きな相手には嫌われたくないという気持ちがあり、その不安や恐れから上手く振舞えずに、相手を避けてしまいます。

恋愛に対し自信がないときに避けてしまう行動を取ってしまいます。単にシャイな人も恥ずかしさのあまり、相手へ上手く態度を表せないので避ける行動が多くなります。相手に接してみて嫌われている態度を取られず、逆に少し驚いたり嬉しそうにしている場合は、好きだけど避けている可能性があるので、相手の負担にならない程度でアプローチしてみてください。

5.まとめ

好きな人に対しては男女とも身近なところでさりげなく接したいと思っています。ちょっとした行動も相手へのアピールにつながると思い、挨拶が出来ただけで気持ちが舞い上がって喜びます。

接点が多い、よく話したりすることが多いなど、日常の中で相手の登場回数が多くなると、相手があなたへ好意があるというサインになります。好きな人がそのサインを出してくれるなら嬉しくなりますが、何もアクションがない場合は悲しいですよね。

その場合は待っているだけではなく、自分から少しでもアプローチをしていくのが大切です。恋愛は受身だけでは進まない事も多いので、時には積極的にいってみましょう。

スポンサーリンク