Home / 子育て / 子育てと仕事を両立させたいママたちへ!
子育て

子育てと仕事を両立させたいママたちへ!

楽しいけれど大変な子育て。すべての時間を子育てに使いたくても、現実はそうはいきませんよね。子育ても仕事も両立させたい、させなきゃいけないのはとても大変だと思います。そんな頑張りやさんなママたちの負担が少しでも減らせるように便利な制度をまとめてみました。

可愛いお子さんが笑顔で過ごすためには、ママが笑顔でいるのが一番。全部自分でやるなんて最初から無理なんです。全部背負い込むのはやめて、頼れるところは全力で頼って、子育て期を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

育児と仕事…どうすればバランスが取れるの!?

小さな子どもを育てながら仕事をするのって、大変ですよね。仕事はちゃんとしないと生活できないし、かといって仕事優先にしていると家は荒れる一方。最後に子どもの話をゆっくり聞いてあげたのっていつだったけ……なんて悲しくなってしまったりしますよね。

でも、できないことばかり挙げても、悲しくなるだけです。ちょっとずつ手抜きして、でも決めるところは決めて、育児と仕事のバランスをとっていきましょう。

まずは周囲の協力を

育児と仕事の両立は、できます。でも、子どもがいないときと同じように仕事をするというのはどうしたって無理がありますよね。そのため、両立を成功させるためには周りの協力を求めるところから始めてみましょう。

たとえば、実家だったり、旦那さんの実家にお子さんを預かってもらうことはできませんか? また、旦那さんが休みの日や早く帰れる日は代わりに面倒を見てもらったり、洗濯機を回してもらうのも良いですね。

小さい子どもにジャンクフードやカップラーメンを食べさせることに躊躇してしまうママもいると思います。もし実家に頼れるなら、おかずをタッパーに詰めて持ってきてもらうとかなり楽になりますよ。

自分に合ったスタイルで働こう

周囲の協力があってもなくても、自分に合った仕事のスタイルを選ぶことが育児と仕事の両立には必要不可欠です。たとえば、子どもを保育園などに預ける場合には、お迎えの時間に間に合うように会社を出なければいけません。

それに、保育園が休みの日が出勤日の場合、預け先がないと出社できないことになってしまいます。また、子どもが高熱を出すと、保育園では預かってもらえません。そのため、ある程度在宅でも仕事ができるように調整できる仕事を選ぶことが大切です。

また、フルタイムで働かずにパートタイムで働くようにしたり、主婦の多い職場を選んだりすると融通がききやすかったりしますよ。

ルーティーンでリズムをつくろう

毎日の生活をストレスなく送るにはルーティーンワークに落とし込むのが一番です。起きたらまずこれをして、次にあれをして……と段取りが決まっていれば、考える必要もないし早く済ませることが出来ます。

始めのうちは時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてくればストレスフリーに毎日をこなすことができますよ。子どものやることはイレギュラーばかり。だからこそ、それ以外のことはルーティーンにして、考えずに対処できるようにしてしまいましょう。

朝型生活のススメ

仕事も保育園も、基本的には朝に始まりますよね。それに、お子さんも夜になってくるとぐずったりすることと思います。そのため、毎日を楽に過ごすには朝型生活をするのがおすすめです。

「朝型生活っていっても、何時に起きればいいの?」という方もいるでしょう。オススメは5時起床です。まず起きたら、ゆっくりと自分の時間を過ごしましょう。

5時台は外も静かですし、夏に朝日をみるとすっきりした気持ちになりますよ。夜だと疲れていたり、いらだっていた気持ちでリラックスしにくいと思いますが、寝起きの早朝の時間はリラックスにはうってつけです。

6時頃から、朝食の準備など普段の朝の家事を始めてみると、ちょうどうまく出勤できるのではないでしょうか。できれば、朝のうちに夕飯の下ごしらえまで出来てしまえば、帰ってからの負担も減らせるのでお勧めですよ。

自分の時間も大切に

会社では「あの人は子どもを理由に働かない」と言われ、義両親や近所の人には「子どもをほったらかして仕事して」と言われる……そんな日々ばかりだと疲れてしまいますよね。ママがイライラしていると子どもも情緒不安定になってしまいます。

家の中を少しでも快適にするには、あなたがイライラをため込まないことが一番です。そのためには、ぜひ自分の時間を確保してくださいね。一日に少しでも自分を大切にする時間をもって、自分を甘やかしてあげることができたら、だいぶ楽になりますよ。

地域のサポートを活用しよう!

「ファミリーサポートセンター」というのをご存知ですか? ファミリーサポートセンターとは、地域において育児の援助を受けたい人と援助をしたい人が会員となって、育児について助け合う会員組織のことをいいます。

ファミリーサポートセンターは働く人々の仕事とこそあての両立を支援する目的で、労働省(当時)が構想・設立された事業です。ファミリーサポートセンターの設立運営は各市区町村が行っています。

利用するためには、センターに申し込んで会員になることで利用可能です。会員になるために特別な資格などは必要ないので安心してくださいね。このサービスを受けると、保育園への送迎をしてくれたり、保育園の開始前や終了後に子どもを預かってくれたり、保育園が休みの日に子どもを預かってくれたりします。

費用は1時間当たり500円から1000円位です。地域によって違うので、あなたの地域のセンターを検索してみてくださいね。

ファミリーサポートセンター|女性労働協会

他にも、「保育ママ」という、保育者のおうちやその他の場所で行われる小規模異年齢保育サービスがあります。自治体によって取り組み方は違いますが、自治体が認定した保育者に子どもを預ける場合、認可保育園と同じように自治体の助成を受けることが出来るんですよ。

保育ママ検索—家庭的保育者—ベビーシッター、チャイルドマインンダーを探すなら保育ママ.com | 保育者とママのためのマッチングサイト!

大事な保育園選び

保育園遊び

保育園はただ子どもを預かってくれる場所ではありません。大切なお子さんの人格形成に一番大事な時期をほとんど一日中任せることになる重要な施設です。

信頼できる保育園に預けられれば、安心して仕事に集中できますよね。仕事に集中できればミスも減って、ストレスもかなり軽減されます。そんな保育園ですが、方針や雰囲気は様々です。自分と子どもに合うところを選ぶのが大切になってきます。

保育園選びのポイント

保育園選びのポイントとして、まずは自宅か職場からの距離が近いことが第一条件です。毎日の通園に時間がかかれば、それだけで疲れてしまいますよね。それに、保育園で子どもが体調を崩した場合、保育途中で呼び出しがかかることもあります。

そのため、仕事を抜けて迎えに行く場合に楽な場所にあると便利です。他に、ママとパパのどちらがお迎えに行くかで場所を決めるのも良いでしょう。パパの方が仕事が早く終わるのなら、パパの職場に近い保育園を選ぶのも手です。

場所で絞り込めたら、あとは通常保育の時間や延長保育の時間を確認します。また、ご自身の仕事の終わり時間に応じて、夕食のサービスの有無やお風呂のサービスの有無も確認してみてください。

どんなに雰囲気の良い素敵な施設の保育園だったとしても、仕事の終わる時間より早く保育時間が終わってしまったら使いようがありません。まずは条件を先に見て、それをクリアした保育園の中から、雰囲気などで絞り込んでいくと良いでしょう。

条件に合った保育園がみつかったら、保育園に電話して見学に行くのがおすすめです。そこで、先生たちの表情や疲れ具合、子どもたちが笑顔でいるかなどを確認してみてください。

お子さんにとって初めての共同生活の場である以上、笑顔で過ごしてもらいたいと思うのは親の共通の願いです。先生たちが園から大切にされていて、先生たちも子どもたちを大切にしている……そんな保育園に子どもを預けられたら安心できること間違いありません。

また、衛生管理の仕方や、お部屋が片付いているか、明るく開放的な感じがするかなども大切です。他に、食事やおやつがどのように作られているかも確認できたらより安心できそうですね。

何歳から預ければいいの?

何歳から預ければいいのか、というのはママたちみんなが悩むところだと思います。とにかく保育園に入りたい、という場合には1歳児よりも0歳児の方が入りやすいですよ。

また、保育園は1年を通して入園を受け付けています。しかし、4月には卒園者がどっとでるため、4月に入園するのが一番入りやすいです。そのため、0歳で4月、と言うのが一番保育園に入りやすい時期だといえます。

でも、1歳になるまでは成長も早く、子どもとの時間を取りたい時期でもありますよね。1歳になってからも入園先を探すことは可能です。しかしその場合、入園まで数か月から半年かかってしまう場合もあります。

入園まで職場復帰を待ってくれる職場かどうかによって状況は変わりますが、スムーズに職場復帰するには早めに入園した方がよさそうです。

法律を知ってスムーズな両立を

子育てと両立

育児と子育ての両立については、法律で色んな制度が定められています。しかし、あまり知られていないのも実情です。育児休業法や短時間勤務制度についてご紹介します。

育児・介護休業法って!?

育児・介護休業法(以前は育児休業法でした)とは、厚生労働省が主体となって作った法律で、保育園などに入所できずに退職をせざるをえないママたちを助けるために作られた法律です。

育児休業はお子さんが0歳から1歳になるまで取得できるのが基本です。「でも、1歳までだと保育園に入りやすい4月とずれちゃう……」という場合のため、1歳6ヶ月までの延長ができることになっていました。

でも、1歳6ヶ月までじゃ足りない!という場合もありますよね。なんと、2017年10月1日からの改正育児・介護休業法なら、最長2歳まで育児休業を再延長できるんですよ。

再延長の場合、1歳6ヶ月以後も保育園に入れないことを会社に言えば大丈夫です。育児休業給付金も2歳まで貰えるので安心ですね。

それに、育休をとれるのはママだけではありません。パパも育休が取れるんです。さらに、ママの出産後8週間以内に育児休業を取得したパパなら、さらにもう一回育休をとることがでるんですよ。

この制度は「パパ休暇」と呼ばれていて、ママの出産後8週間以内にパパが育休取得&育休終了している場合は特別な事情がなくても再びパパが育休を取得できるんです。ママの職場復帰準備や転職活動の間、パパが育休を取得してくれると安心して仕事の準備ができますよね!

会社側が育児休業の申し出を受けた場合、労使協定がある場合を除いて、会社は育児休業の申し出を拒否することが出来ません(法6条1項)。たとえ会社に労使協定がある場合でも、勤続1年未満の場合や育休に合理的理由がないといえる場合など、育休が取れない場合はかなり少ないので安心してくださいね。

また、会社が、あなたや旦那さんの育休取得を理由として、減給したり異動させたりするのは法律違反となります。さらに、会社には、育休ハラスメント防止のために措置を講じるよう努力する義務があるんですよ。

短時間勤務制度

短時間勤務制度とは、1日の労働時間を原則として6時間にする制度をいいます。これは、3歳までのお子さんを持つママやパパが会社に「短時間勤務をしたい!」といえばできることになっています(育児・介護休業法23条1項、施行規則74条1項)。

もっとも、業務内容の関係で短時間勤務ができない会社も認められています。その場合、会社には始業時刻と終業時刻の繰り上げや繰り下げをする制度をつくる義務があるんですよ(育児・介護休業法23条2項、施行規則74条2項)。

短時間勤務制度も始業時刻などの変更制度も、使おうかな、と思ったらすぐに会社に相談するようにしてくださいね。

残業に関する制度

残業、別名「時間外労働」について、小学校入学前の子どもがいるママやパパが「子どもを育てるために必要だから残業を減らして」と会社に請求すれば、一部の例外を除いて、残業時間を減らすことができます(育児・介護休業法17条1項)。

具体的には、1ヶ月につき24時間、1年につき150時間を超える残業はしなくても良いことになるんです。一部の例外には、会社が繁忙期でどうしようもないときなども含まれるので、会社と相談してみてくださいね。

深夜勤務に関する制度

深夜勤務(深夜業)について、小学校入学前の子どもがいるママやパパが会社に「子どもを育てるために必要だから深夜勤務をなくして」と会社に請求すれば、一部の例外を除いて、深夜勤務をなくすことができます(育児・介護休業法19条1項)。

具体的には、午後10時から午前5時までの間の勤務をしなくても良いことになるんです。一部の例外として、普段の労働時間の全部が午後10時~午前5時に入っている場合や、他の同居家族が深夜に子どもの面倒を見られる場合などがあるので、会社と相談してみてくださいね。

看護休暇制度

子どもってすぐ熱を出しますよね。熱を出した子どもを家において会社で仕事……なんてできないし、頼れる人もいない……そんな場合は看護休暇を使ってみるのはどうでしょうか。

看護休暇とは、お子さんがケガをしたり、病気になった場合にお子さんの世話をするための休暇のことをいいます。看護休暇制度とは、小学校入学前の子どもがいるママやパパが、1年で5日まで看護休暇を取れるという制度です(育児・介護休業法16条の2、16条の3)。お子さんが2人以上いる場合は1年で10日まで取ることができますよ。

看護休暇は半日か1日単位でとることができるので、保育園から呼び出しがあった場合に午後から休みをとってお子さんの面倒をみる……ということも可能です。この場合、実質的には1年に10回看護休暇を取れることになりますね。

看護休暇が取れるかどうかは勤続年数や業務状況によるので、お子さんが突然お熱を出してしまった場合には、まず会社と相談してみてくださいね。

おすすめの家事代行・宅食サービス

宅食

仕事から帰って家事をするのって大変ですよね。全部一人でやるのはオーバーワーク。ある程度妥協するにしても、どうしてもやらざるをえない場面ってありますよね。そんなときは、家事代行サービスや宅食サービスを使ってみるのはいかがでしょうか。

Swipp

Swippは1時間2000円から頼める家事代行サービスです。残念ながらサービスエリアは東京に限られてしまうのですが、掃除や料理など、やればできるけどしんどい、というときに頼んでみるのも良いでしょう。

家事代行ならSwipp[スウィップ]

Casy

Casyは1時間2190円から頼める家事代行サービスです。損害保険加入なので安いのに安心なのも特徴です。サービスエリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県となっています。

最短で希望日時の3時間前まで予約ができるだけでなく、24時間365日予約・キャンセル・変更ができるので、お子さんの調子が急に悪くなった場合でも安心ですね。お買い物代行は1500円(税別)でやってくれます。

家事代行・家政婦サービスは1時間2,190円のCaSy(カジー)

カジタク

カジタクは掃除や洗濯などを90分4720円(税別)からやってくれる家事代行サービスです。初回お試しプランなら2時間3000円で家事代行してくれますよ。サービスエリアは東京都中央区、港区、品川区、千代田区、文京区、目黒区、渋谷区、新宿区となっています。

家事の宅配 カジタク(イオングループ)

セブンミール

セブンミールとは、セブン‐イレブンの商品を近くのお店から届けてくれるサービスです。近くの店舗の商品だけでなく、店舗で取扱いのない限定商品も届けてくれるのが特徴で、お総菜やお弁当などを365日24時間いつでも注文することができます。

500円以上の注文で無料で家まで届けてくれるほか、注文商品を店舗で受け取ることもできます。宅配の注文締め切りは受取日前日の10時30分までです。お米5kgなど、自力で持ち帰るのが大変なものも頼めるので便利です。

セブン-イレブンのお届けサービス セブンミール

タイヘイファミリーセット

タイヘイのファミリーセットは、レンジで加熱したり、フライパンやお鍋で加熱するだけで食べられるおかずを宅配してくれるサービスです。冷蔵又は冷凍便で届くので基本的にサービスエリアは全国です。

すべて食材はカット済みで、包丁を一切使わずにつくれるメニューばかりなので、着る手間もないし洗い物も減らすことが出来るので便利です。また、献立を考えるストレスから解放されるのもオススメできるポイントです。

宅配弁当のタイヘイファミリーセット / 食材/夕食

ヨシケイ

ヨシケイとは、配達料無料でレシピと食材を届けてくれるサービスです。サービスエリアは全国で、レシピを専属の栄養士が作成してくれているため、栄養バランスを考えなくても済むのが便利なポイントです。

お試し5daysプランなら1食あたり300円というお手頃価格で試すことが出来ます。スーパーへ買い出しに行くのは重いし大変……と感じた時はつかってみるのもオススメです。

夕食食材宅配サービス:ヨシケイ

まとめ

無理はしない

子育てと仕事を両立していくのは大変だけれど、やりがいもありますよね。あなたは一人ではありません。色んな制度を賢く使って、頼れるところにはしっかり頼る、そうすれば子育てと仕事の両立は不可能ではありませんよ。


スポンサーリンク

Check Also

早くから子供が習い事を始める為のスタートアップガイド

自分の子供に習い事をさせたいと …