Home / 恋愛 / 40代で婚活パーティに参加する人の特徴と参加理由、パーティで失敗しない方法

40代で婚活パーティに参加する人の特徴と参加理由、パーティで失敗しない方法

wc001

がっつり遊んだ20代、責任が出てきて仕事に没頭した30代とあっという間に時は過ぎ、気付けば自分も独身アラフォー。一緒に遊んでいた仲間や職場の同期は結婚して子供もいるし、親からも結婚はまだかとせがまれるし…と結婚に焦ってきてはいませんか。

そんなときには婚活パーティに参加してみるというのはいかがでしょうか。最近では年代別や少人数で限定されたパーティもあり、参加するのにも大分敷居が低くなってきました。

では、40代ではどんな人がどんな理由で婚活パーティに参加しているのか、また、婚活パーティで失敗しない立ち振る舞い方をまとめてみました。

スポンサードリンク

40代で婚活パーティへ参加する理由

wc002

厚生労働省の平成27年人口動態統計によると、平均初婚年齢は男性31.1歳、女性29.4歳と報告されています。今や20代で結婚する人の方が少ないということは数字でも表れています。

では、なぜ初婚が遅くなっているのでしょうか。

その理由は、仕事が忙しい、経済的に家庭を持つことが考えられない、交際相手が結婚を考えてくれないなど様々ありますが、最近ではコミュニケーションに対する苦手意識から自分の力で異性と出会うことができないというケースもあります。

そんな時婚活パーティですと、参加者の目的が一致していて必然的に複数の異性との交流が可能という、自分が頑張らなくても異性と出会えるというすばらしいシステムを利用できてしまうのです。

それでは、40代で婚活パーティに参加する人は、具体的にどのような理由から参加に至ったのでしょうか。

2、30代は仕事に一生懸命だった

20代ではひたすらがむしゃらに任された仕事をこなし、30代では徐々に責任のある立場になり、仕事が面白くなるとともに忙しくなって没頭する日々を過ごしてきた、という人はなかなか恋愛に繋がる出会いもなかったはず。

優秀で職場の評価が高く真面目な人だと、恋愛より仕事を優先してしまうのは当然のことでしょう。また、この年代は不景気による就職難やリストラの時代を見てきているので、クビにならないよう懸命に働いてきたということもあります。

40代になった今になって若い子と合コンというのも気が引けるし、いきなり結婚相談所で1対1のお見合いも勇気がいるし、もう少し気軽に話せるところがいい!という人が婚活パーティに参加しています。合コンほどの若いノリではなく、お見合いほどの重い雰囲気もなく参加できるのが婚活パーティです。

婚活パーティは今まで仕事に一生懸命で恋愛に縁がなかった大人の男女が楽しく集える場でもあるのです。

ずっと付き合っていた人と別れた

仕事に一生懸命だったからとともに、婚活パーティに参加した理由として多く挙げられるのが「ずっと付き合っていた人と別れたから」です。

10代、20代の頃から同じ人とずっと付き合っていて、30代後半や40代になって別れることになってしまうと、同年代は既に家庭を持っている人が多いので結婚につながる出会いを友人や職場だけで求めるのは難しくなってきます。

また、若い時から長く同じ人と付き合っていた場合、どうしても恋愛経験が乏しくなるため、恋愛の始め方がわからなくなっていたり、元カレと比べてしまってなかなか積極的に恋愛を始められなかったりすることもあります。

そんな時婚活パーティだと必然的に出会いが待っていますので、難しく考えることなく同じ目的を持った異性と出会うことができます。婚活パーティには普段接することのないタイプの異性も参加していますので、今までなかったような新鮮な気持ちになり恋愛や結婚に前向きな気持ちにもなれます。

恋愛はしてきたが結婚は意識していなかった

若い頃引く手あまたにお誘いが多かった人は、それなりに恋愛はしてきたものの、モテるがために結婚に繋がるようなお付き合いをしてこなかったうちに40代になってしまったという場合があります。

気付いたら結婚していないのは自分だけ、という状況にようやく気付いて慌てて婚活パーティに参加しているというケースです。

モテていた頃は「もっと良い人がいる」「いつかは一流企業勤めのイケメンがプロポーズしてくる」と理想高く恋愛にいそしんできたものの、40代になり気付けば独りという状況はモテていた人にとっては耐えがたいものです。

当時誘ってくれた異性は皆結婚して家庭を持ってしまったため、婚活パーティを頼って参加している状況です。そのため、結構積極的にグイグイ迫ってくるタイプが多いのが特徴です。

理想を高く設定しすぎていた

上記の理由と重なるところもありますが、恋人や旦那に求めるものをやたら高く設定してしまうと、なかなか恋愛や結婚に繋がる深いお付き合いができません。

この場合、やたら自分自身の評価が高く、自分のスペックを差し置いて、自分の勝手な尺度で相手を評価して「この人はダメ」と決めつけてお付き合いすることをやめてしまうため、なかなか自分の理想とする相手を見つけることができません。

40代になっても結婚できなかったことでやっと自分の市場価値がわかり、それに見合う相手を見つけるために婚活パーティに参加したというところです。

自分に自信を持って生きてきたので自分を良く見せる立ち振る舞いに長けており、内面も外見も磨かれている人が多いです。

婚活パーティへ参加する40代の特徴

婚活パーティに参加する主な理由を上記でまとめてみました。では、40代で参加している人にはどんな特徴があるのでしょうか。どんな方が参加しているかがわかると参加しやすくなりますので参考にしてくださいね。

美人で洗練された女性が多い

wc004

若い頃から仕事に没頭してきた場合は、多くの場合優秀ですし40代になった現在では仕事でもある程度地位がある人が多いでしょう。そのため、収入も安定していることがほとんどであるため、自分の収入で自分に磨きをかけている洗練された女性が多いのが特徴です。

スキルアップにも繋がる趣味を持っている人も少なくありません。

また、今まで過ごしてきた人生の中で酸いも甘いも経験しているので、多少のことでは動じない心の余裕を持っており、内面的にも大人の洗練された魅力を与えます。

更に、美容やファッションにも十分にお金をかけられるくらいの収入があるため、外見的にも常に磨かれている人が多いです。内面的にも外見的にも美人で洗練されている女性が多いのは参加者にとって魅力的ですね。

相手の見た目より生活を重視する

自分磨きは怠らなくても、相手に対しては見た目よりも一緒にいて安心した生活がおくれるかどうかを重視する傾向があります。

つまり、これから続く長い結婚生活を見据えた上で、経済力や価値観などが自分の考えに近いかどうか、若しくは妥協できる程度かどうかを判断基準として重視している人が多いです。

独りでいる期間が長いと、生活上の「自分ルール」が固定化されてしまいます。その「自分ルール」に合わせてもらえる人なのか、あるいは自分からそのルールを変えて相手に合わせることができるのかということが、外見以上に大切なことになっています。

また、既に自分の趣味や習い事などをしている人は、そういった時間を優先させてくれたり、一緒に楽しんでくれるような相手を求めます。

共通の趣味があると自然と仲良くなれますので、見た目に自信がなくても話が盛り上がり好印象を与えられます。

2、30代より結婚に前向きな人が多い

40代は年齢的に結婚後に迎える様々なライフイベントに対し時間がなくなってきているので、お付き合い=結婚と考えて参加している人の方が2、30代の参加者より多くなっています。

もちろん出産や子育てのリスクを考えれば、男女ともによりリアルに結婚を考えなくてはならないのが40代です。

他にも、親の介護や自身の老後の心配などを考えると、家庭を持って夫婦で乗り越えたい問題が様々具体化されてくる年代でもあります。

漠然と「結婚したい」と思って参加しているのではなく、具体的に「結婚してこうしたい」という目的があるので、他の年代よりも結婚に対し前向きに考えている人が多いです。

婚活パーティで成功するためには

0987aee209b568e34fb950fc43ed0302_s

たかがパーティ、されどパーティ。「結婚」に繋がる出会いを求める男女が集まっているわけですから、立ち振る舞いひとつであなたの印象が良い方にも悪い方にも転びます。では、好印象を与え婚活パーティで成功して素敵なお相手と結ばれるためにはどのようにしたら良いでしょうか。

積極的にイベントに参加する

婚活パーティの中では、参加者の交流を深めるために主催者側でゲームやマッチングなどのイベントを行うことがあります。

このようなイベントでは、自分から話しかけなくても必然的に参加者と話すきっかけができますので、積極的に参加していろんな人と交流することをおすすめします。

特に自分に自信がないという人や人見知りで話しかけるのが苦手だという人はこのような機会を積極的に利用することでいろんな人と話す時間を持てますので、面倒がらずに参加してみてください。

見た目はタイプじゃなくても、話してみたらとても良かったなど普通に参加していた場合では絶対に知り合えなかった人と仲良くなることもできますよ。

たとえうまくいかなくても落ち込まない

あなたが良い印象を持ったとしても、その出会いが必ずしもうまくいくとは限りません。

相手も様々な思いを持って参加しているのでしょうから、その条件に合わずうまくいかなかったと落ち込んでしまい婚活パーティに参加することを止めてしまうのはもったいないです。

これから先もっと自分にぴったりくるお相手に出会う可能性は沢山あるのです。たった1回の出会いでうまくいかなくても「そんなもんだろう」と割り切って引きずらずに、これからもっと良い出会いが待っていると前向きにとらえ次のイベントに参加してみましょう。

40代以上の男性が集まるパーティへ参加する

もし参加条件に年齢制限がある場合は、40代以上の参加者が集まるパーティへ参加した方が良いでしょう。

お互い結婚相手に求めるものが具体的かつ現実的になっているので、条件があえばとんとん拍子で話が進んでいきます。自分の市場価値もわかってきているので、相手に無茶な理想を押し付けることも少ないでしょう。

基本的に同年代同士の方が価値観は近い傾向があります。話していてもそんなに違和感なく話題に溶け込むことができますので、無理して合わせて疲れたということも少ないでしょう。

パーティそのものを楽しめれば、その中で自然とあなたの良さをみつけてくれる人に出逢えるチャンスが広がるでしょう。

○歳までにと具体的な目標を持つ

「婚活パーティで相手を探すのは○歳まで」と具体的な目標を掲げることで、より積極的に参加できるようになります。

いつまでも遊び半分で参加していればあっという間に結婚自体が難しい年齢になってしまいます。また、女性の場合は出産に対するリスクも歳を追うごとに増えていきます。

自分自身の中でも、目標設定した歳までに良い人が見つからなければ別の手段を使う、と割り切った方が行動的になります。

見た目も話し方も飾りすぎない

初めて参加するときはどうしても気合が入りすぎてファッションやメイクなどで見た目を飾りすぎてしまいがちですが、やりすぎると悪目立ちしてしまいます。目立つのは悪いことではありませんが、一人だけ浮いてしまうほど着飾ると参加者にドン引きされてしまいます。

アラを隠すための濃い目のメイクや、ひと昔前の派手な勝負服ではなく、ナチュラルにカバーできるメイクと40代らしい上質でシックな服装で参加した方が好印象です。

そして、せっかく外見で落ち着いた印象を持たせたのですから、話し方も飾らずに大人の余裕を感じさせるような振る舞いを心がけてみてください。

話し方にはあなたの品が出ます。飾って気取った話し方で下品な印象を与えないよう気をつけましょう。

まとめ

wc005

いかがでしたでしょうか。「この歳になって婚活パーティなんて…」と気が引けている方もいるかと思いますが、お見合いよりずっと気軽に参加できますし、主催者側のゲームなどを通じて自然と交流する中で素敵な人に出会えるチャンスもあります。

すぐにお付き合いに繋げようと思わずに、まずは「異性と楽しく話す」ことを目的に参加されてみてはいかがでしょうか。あなたの気負わない自然な振る舞いに引かれる異性がきっと現れますよ。

スポンサーリンク

Check Also

友達感覚?可愛い男子の特徴と付き合う上でのメリットとデメリット

最近、芸能界でもいわゆるイケメ …