Home / 外国人 / 国際恋愛のメリット・デメリットと長続きさせる6つのコツ

国際恋愛のメリット・デメリットと長続きさせる6つのコツ

国際恋愛と聞くとどことなくロマンチックな響きがしますね。レディーファーストが習慣化している国の男性にエスコートされる姿を想像してウットリなんて女性も少なくないですね。

一見良いことづくしに見えますが、言葉や文化の壁など、国際恋愛特有の悩みも多いです。

そこで、今回は国際恋愛のメリットとデメリット、長続きさせるにはどうしたらいいのか、筆者の体験も踏まえて解説して行きますので参考にして下さいね!

スポンサードリンク

国際恋愛の4つのメリット

ここでは国際恋愛のメリットをご紹介します。文化や習慣の違いは時として普段できないような素敵な体験をもたらしてくれることもありますよ。

①愛されていることを実感できる

女性に対する愛情表現が苦手な日本人男性とは違い、外国人男性はストレートに自分の愛情を毎日のように言葉や態度で表現します。

愛されていることを実感できるのは嬉しいはず。愛されたい願望を満たしてくれるのも国際恋愛ならではのことですね。

②価値観が大きく変わる

人は異文化に接するとそれまでと違う価値観に戸惑いを感じるものです。

でも国際恋愛では、パートナーのサポートによって、新たな価値観への出会いもポジティブに受け止められることも。

そうして価値観を受け入れると内面も向上します。そんなワンランク上の自分へ導いてくれるのも国際恋愛のメリットですね。

③外国語が身につく

これは筆者も経験しましたが、国際恋愛をすると語学力は間違いなくアップします。

最初はカタコトくらいしか話せなくても、パートナーの言葉を聞き取ろうと、じっくりと耳を傾けることで、まずヒアリングが上達します。さらに、自分の思いを言葉にして伝えることで、スピーキングも徐々にアップします。

外国語に関しては「習うより慣れろ」が正しかったと国際恋愛は実感させてくれますよ。

④喧嘩になりづらい

喧嘩のときお互い興奮してヒステリックになると収まりがつかなくなりますね。ところが国際恋愛では、やはり100%ニュアンスまで理解できないことも多いので、どちらか一方が冷静でいることが多くなります。

そうして相手の言葉の分からないところを何度も聞き返しているうちに、今まで怒っていたのがだんだん冷静になり、喧嘩が喧嘩でなくなったなんていう経験を何度かしました。

やはり、しっかりと聞き取ろうきちんと伝えようと思うと、どこか冷静でいられるので喧嘩になりづらい。これも国際恋愛のメリットです。

国際恋愛の4つのデメリット

girl

国際恋愛というとドラマのような恋愛を想像しがちですが、理想と現実のギャップにガッカリすることも。国際恋愛においてのデメリットについて考えてみましょう。

①日本人男性に物足りなさを感じる

これは国際恋愛を経験した女性にはありがちなことです。外国人男性の良い点ばかり知ってしまうと日本人男性に魅力を感じなくなり、一緒にいてもつい比較してしまい物足りなさを感じてしまう…。

日本人男性というだけで人物本位で相手を見れないのはやはりデメリットと言えるでしょう。

②ストレートな言葉に傷つく

女性に対し、あまりはっきりと物を言わない日本人男性に比べ、外国人男性は思ったことはストレートに口にします。

YESかNOしかなく、曖昧な表現をする習慣がないことを頭では理解していても、時にはストレートな言葉で傷ついてしまうこともあります。例えば女性に対して「もう少し痩せた方がいいよ」なんて、日本人男性なら中々言いませんよね。

ところが、外国人男性はパートナーにもっと魅力的な女性になって欲しいという思いから、それがパートナーのためになることなら、当然言うべきだと思うようです。

習慣の違いと言ってしまえばそれまでですが、容易に折れない心も国際恋愛には必要になります。

③遠距離恋愛になりがち

旅行先や留学、仕事で訪れた国で知り合って恋愛に発展した場合は、どうしても遠距離恋愛になってしまいます。どちから一方が相手の国で暮らすことも、容易なことではありません。

国際恋愛は遠距離になりがち、とわかっていてもやはり切ないですよね。誕生日やクリスマスに、ひとりで過ごす寂しさに耐えなければいけないデメリットも、国際恋愛にはあります。

④言葉の壁がある

国際恋愛を経験すると誰もがぶつかるのが言葉の壁。伝えたいことを伝えられないもどかしさは、誰もが感じることです。愛さえあれば克服できるものと思っていても、やっぱり不安はつきまといます。

なくすことは不可能でも、コツコツと伝える努力を続けて壁を低くするか、いつまでも壁があるままなのか、ふたりの関係が試されるのが言葉の問題ですね。

国際恋愛を長続きさせる6つのコツ

これまで国際恋愛についてメリットやデメリットを述べてきましたが、せっかく知り合って付き合ったら、長続きさせたいですよね。

違うバックグラウンドを持つふたりの国際恋愛を長く続けるには、どうすれば?そのコツをきちんと押さえておきましょう。

①言葉のコミュニケーションを怠らない

外国人、特に欧米人は、日本人のような相手の気持ちを推しはかる習慣がありません。そのため、自分の気持ちははっきりと言葉で伝える必要があります。

言われなくてはわからない、というスタンスなので、言葉でのコミュニケーションは怠らないようにしたいですね。

楽しく過ごすには、どんな話題でもとにかく話すこと!それによって互いの理解は確実に深まり、より強い絆が生まれますよ。

②人前での愛情表現に慣れる

外国人は男女問わず日本人に比べてスキンシップをとても大切にします。特に人前での愛情表現は、慣れていないとビックリして恥ずかしさが先に立つ、なんて女性も多いですね。

しかし、いつも恥ずかしそうにモジモジしていると、不安を募らせあなたの愛情に疑念を抱くことにもなりかねないので、要注意です。人前での愛情表現は周りに不快感を与えない限り、受け止めてあげましょう。

愛情表現に応えるのもパートナーに対する思いやりですよ。なぜならそれは、あなたのことを思っているからこその行為ですからね。

③お互いが文化を理解する

お互いの文化を理解するということは習慣を理解するということにつながります。文化の違いは習慣にあらわれるもの。あなたにとって突拍子もないと思うようなことでも、パートナーからすれば自然なことだ、なんてことも沢山あります。

ですが、何も難しく考える必要はありません。

まず筆者は、パートナーの国のガイドブックを一冊買って読むことから始めました。そしてその国の名所や旧跡のことを質問していくうちに、パートナーの文化的背景を徐々に理解できるようになりました。

ポジティブにできることから始めてみましょう。お互いを理解しあう姿勢こそが、国際恋愛においては大切なことです。

④二人の将来に関するビジョンを共有する

国際恋愛にはクリアすべき様々な問題が生じてきます。それが現実となったとき、どう乗り越えてふたりの関係をステップアップさせて行くのか話し合う必要があります。

その場しのぎのノープランでは対処しきれないことも、将来のビジョンをふたりで共有することによって、支え合って乗り越えることができます。共有するということは、共に同じゴールに向かって歩いて行くということです。

信頼し合い乗り越えられたら、確実にふたりの関係もステップアップされますよ。

⑤お互いの国について学ぶ

お互いの国について学ぶことによって、パートナーのバックグラウンドを知り、相互理解をより深めることができますね。理解するということはパートナーを受け入れるということです。

またそれは、自分の世界観を広めることにも繋がります。逆に今まで気づかなかった日本の素晴らしさを再認識することさえも、あります。

学び合い教え合うことでコミュケーションをはかることも、国際恋愛を長続きさせる重要なポイントですね。

⑥期待しすぎない

国際恋愛をすれば、毎日夢のような刺激ある日々を過ごすことができる、と期待しすぎてはいませんか?外国人のパートナーができると、最初はそれまでとは違って新鮮に感じるのは確かです。

でも、そんな期待をいつまでも持っていると「こんなはずじゃなかった」なんていうことになりかねません。

夢はいつかは醒めるもの!いつまでも過度に期待することなく、等身大のパートナーと向き合い、安心と信頼を築くことに努めましょう。

それがきっと、ふたりで楽しく過ごせる時間を創り出してくれますよ。

まとめ

国際恋愛は、確かに戸惑いや困難なことも沢山あります。しかし、言葉や文化の違いを乗り越え、ひとりの人間同士として信頼し尊重し合えたとき、お互いを成長させてくれるのも、国際恋愛です。

揺るぎない愛情に国籍はありません。お互いを受け入れ理解しようと努力すれば、国際恋愛は必ず実ります。前を向いて幸せを掴みましょう!

スポンサーリンク