Home / 恋愛 / 告白したい時に大切なことと成功確率を上げるコツ

告白したい時に大切なことと成功確率を上げるコツ

「好きです。」たった一言だけど想いを寄せている相手に伝えるのはとっても勇気のいる言葉です。もう相手の言動に振り回されたくない。告白してスッキリしたい。あの人と付き合いたい。このように告白したいと思った時どんな風に告白するか、いつ言うかなど、いろいろ考えてしまってなかなか決断できない人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、告白したいと思った時にどんなことに気をつけたら良いのか、成功させるためにはどうしたら良いか、これから紹介していきたいと思います。これをきっかけに告白の決断ができるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

告白したいと思う理由

気になる相手がいる場合、どんな時に告白したいと思うでしょうか。相手も自分に脈ありだなと感じた時、片思いのモヤモヤからスッキリしたい時、ふとした瞬間に…人それぞれ様々な理由があると思います。

「告白をしたい。」そう思った理由はどんなものがあるのか、また心の準備はどうしたら良いのか、少し冷静に自分の気持ちに向き合うためにも参考にしてみてください。

スッキリしたい

好きな人のことばかり考えてしまって他のことが手につかない。誰しもそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

告白するということは、自分の気持ちを相手に知ってもらい、さらには相手が自分のことをどう思っているのか知るということになります。その結果はどうであれ、この片思いのモヤモヤからは解放されるはずです。そんなスッキリしたいという気持ちから告白を決意する人も多いのではないでしょうか。

相手の気持ちを聞きたい

「私のことどう思ってる?」気になる相手にこう聞くということは、告白しているのと同じような言葉です。つまり、相手の気持ちを聞きたい時は、告白するしかないということなのです。

友達伝いに聞いてもらうという方法もありかもしれません。「〇〇のことどう思ってるの?」と仲の良い友達に聞いてもらっても良いですが、これだと結局直接本人から聞いているわけではないので、嘘が混じってしまう可能性もなくはないと思います。

しっかり自分の言葉で告白をして、相手の気持ちを知る方が確実でしょう。

告白しないままのほうが辛い

もしかしたら好きな相手とはすでに友達関係にある人かもしれません。その場合相手に異性として見られていない気がしたり、友達を強調されたり…けどそんな仲の良い関係を壊したくないからその場のノリに合わせる。そんな恋をしている人はいないでしょうか?

仲が良いのだから一見良い関係に思うかもしれませんが、そこに恋愛感情があるとこの関係は切なく苦しいものになるでしょう。好きな人に友達としてしか見られていない関係を続けるのはとても辛いです。この状態から抜け出すためにも自分の気持ちを相手に伝えた方が良いかもしれませんね。

自分を信じて勇気をもつ

いざ告白しようと思うとどうしてもマイナス思考になってしまいます。「この告白、うまくいかなかったらどうしよう。」「告白してしまったら今の関係性には戻れないかもしれない。」そんなことが頭に浮かんでくると思います。

しかし、そこは自分を信じて勇気を持ちましょう。告白するまでもたくさん悩んだはずです。その結果告白するという勇気のある行動を起こそうとしている自分を信じてあげてください。結果はどうであれ、今後のあなたにとって何かしらのプラスになるはずです。

告白したいと思った時の注意点と心構え

LINEやメールはNG

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v

告白する方法は考えたでしょうか?もし直接は恥ずかしいからLINEで伝えようと考えている人がいたら考え直してみてください。

もちろんLINEやメールで告白したとしてもうまくいくこともあるかもしれません。しかし、直接伝えること以上に自分の気持ちが伝わる告白方法はないはずです。もしそれで告白が成功したとしても果たして付き合った後、その関係はうまくいくでしょうか?

相手の気持ちを探るため、相手のことをもっと良く知るため、そんなことにLINEやメールを利用するのは効果的でしょう。その流れで告白までしないように気をつけてくださいね。

OKだった時の幸せな時間を想像する

メールやLINEで告白を考えてしまった人はきっとその告白がうまくいく自信がないのでしょう。直接告白しようと勇気を出した人でもそんな自信はない人が多いかもしれません。しかしそんな風に怖がってばかりではいつまでたっても告白できません。

そんな不安に押しつぶされそうな時には、その告白がうまくいった時の幸せな瞬間を想像してみてください。その想像した気持ちだけでも顔がニヤニヤしてきませんか。その気持ちを勇気に変えて告白してみると良いかもしれません。

フラれても態度は変えない

勇気を振り絞って告白しても、悲しいことに全ての人がOKをもらえる訳ではありません。どんなに自信があった告白でもフラれることもあるでしょう。

告白が失敗に終わると自分の悲しい気持ちに押しつぶされ、その相手を見るだけでも辛かったりしますよね。しかし、そんな辛い状況でも態度は変えないでください。

告白した人が前と違う態度に変わってしまったら、気まずい雰囲気になったり、その告白が嫌な思い出として残ってしまうかもしれません。最初は辛いかもしれませんが、「やっぱり断ってよかったな」とそんな風に思われないためにも、態度を変えず相手と接してみてください。

失恋をダサいと思わない

「告白してOKをもらえなかったらカッコ悪いな。」「フラれるなんてダサい。」そんな風に思う必要は全くありません。もしそんな風に思う人がいるならそれは今まで一度も告白をしたことがない人なのではないでしょうか。

告白するということはそれだけですごいことなのです。緊張して言葉を噛みまくってしまったり、必死すぎて変な汗が出てきてしまったり、しどろもどろになったり…そんなダサいよう告白でも勇気を振り絞って相手に伝えようとしている。それだけでその告白は「カッコいい」ことなのではないでしょうか。

勇気が一番の準備

告白の方法、いつどんな風にどんな言葉で相手に伝えるか。そんなことを事前に色々準備するかもしれません。しかしいざ告白しようとしたとき、果たしてその準備通りにいくでしょうか。

もちろん緊張を和らげるためにも準備するに越したことはないでしょうが、告白に必要なのは「勇気」だけです。それさえあればいつでも告白に行けるはずです。

告白したいと思った時に本当に告白を成功させるための準備

love-1075476_1920

100%告白が失敗すると分かっていて告白する人はどれくらいいるでしょうか?もしかしたら本当に報われない恋でそれでも自分の気持ちを伝えたいという人もいるかもしれません。

しかし告白する人の大半は多かれ少なかれ成功することを期待しているはずです。少しでもその成功率を上げるためにできることはどんなことがあるのか見ていきましょう。

友好的な関係を築いておく

一目惚れで勢いで告白するということもあるかもしれません。運命的にそれでうまくいくこともあるかもしれませんが、基本的には告白する前に相手と友好的な関係を築いておきましょう。

好きな人に対しては相手のことをもっとよく知りたい、もっと近づきたいと思って行動すると思います。それで良い関係になっていけば、自然と告白したいなと思うようになるのではないでしょうか。

笑顔で会話

単純なことかもしれませんが、相手と良い関係を築くためには笑顔でいることが大切です。笑顔でいることがマイナスに働くことはそうないはずです。告白を成功させるためにも、笑顔で会話しましょう。

聞き上手に

まだ付き合っていない男女が会話している場面で、たくさん話している方が好意を寄せている方だという話を聞いたことがあるでしょうか?逆に言ってしまえば、聞き上手になることで、自然と相手が自分のことを好きになってる可能性があるということです。

好きな人には自分のことを知ってもらおうと、ついたくさん話してしまいがちです。しかしそこは相手の話しをうまく聞き出し、気づくと相談している…そんな関係性を目指してみてはどうでしょう。

普段からハキハキと会話をする

普段の振る舞いは意外なところでその相手に見られていたり、人づてに耳に入ったりするものです。

好きな人の前では明るい口調で笑顔で話していたとしても、普段暗い印象だったり会話が苦手だったりすると、いつか化けの皮が剥がれてしまうかもしれません。そうならないためにも普段からハキハキと会話をする癖をつけておくといいかもしれないですね。

文具などを借りてみる

普段からそんな風にハキハキと会話をしているとふとしたきっかけで好きな人に話しかけやすくなります。例えばペンを忘れてしまった時にさりげなくその相手に「貸して」と頼めるかもしれません。

文具なら気軽に貸せるものだし、頼みやすいですよね。またそれを返す時にも会話ができます。告白する前にこういった会話で自分を印象付けておくようにしましょう。

何度も一緒に出かけるタイミングを作る

ある程度会話もでき仲良くなってきたら、一緒に出かけられるように努力してみましょう。友人グループで出かけるのもいいかもしれませんが、やはり二人っきりで出かけられるとさらに告白の成功率が上がるはずです。

何度か一緒に出かける中で、徐々に告白したい気持ちも大きくなってくるのではないでしょうか。そんな時に二人で出かけることが自然にできていれば、告白のタイミングも計画しやすくなるでしょう。

告白する場に友達を連れていかない

告白を決意したにも関わらず、やはり緊張してしまって友人に一緒に来てもらおうか迷っている人がいたらそれは考え直してみてください。女性に多いのかもしれませんが、やはり告白される側からしたら変なプレッシャーになってしまいますし、本当の気持ちが聞けないかもしれません。

告白をすると決めたのならば、正々堂々1対1で告白しましょう。

告白したいと思ってから実際に告白をするタイミング

いざ告白しようと決めたはいいが、タイミング次第でその告白の成功率も変わってくることもあるかもしれません。ではどんなタイミングで告白するのがいいのでしょうか?

女性からの告白は嬉しい

そもそも男性は女性から告白されるということ自体「嬉しい」と感じています。それで付き合うかどうかは残念ながらまた別の話になってきてしまいます。しかしまずはそのことを頭に入れて告白する時の緊張を和らげてみてください。

一緒に出かけた後など夜間に

ある程度デートができる関係になっていたら、告白のタイミングはその後の夜間にしてみてください。明るい昼間よりも夜の方が潜在的に「さみしい」という感情を刺激して、成功率が上がるかもしれません。

また、自分の緊張も少し暗いくらいの方が隠せて、しっかり気持ちを伝えられるのではないでしょうか。

秋〜冬は成功率があがる

夜間に告白した方がいいのと同じような理由で、秋〜冬の方が告白の成功率は上がります。単純な話ですが、やはり秋の紅葉やそれが枯れ落ちていく姿、冷たい風、冬の雪景色など、そんな環境が人肌恋しい気持ちにさせるのでしょう。

もし告白しようと思った季節がその時期なら迷わず告白してみてください。

イベントを最大限に活用

yuka160113344437_tp_v

さらに季節もそうですが、そこに関係してくるイベントも利用しましょう。分かりやすいところでいうとバレンタイン。告白するタイミングにはもってこいです。

最近ではハローウィーンなんかが盛り上がってますよね。それを口実に誘って一緒にちょっとした仮装で盛り上がった後に告白してみる…なんてのもいいかもしれませんね。

相手が落ち込んでいる時はチャンス

少しズルい気もしてしまうかもしれませんが、相手が落ち込んでいる時は告白の成功率が上がります。受験に失敗した、仕事がうまくいっていない、失恋した、そんな時にスッと心の支えになれるような存在になれることをアピールすれば、意外とすんなり成功するかもしれません。

ストレートに伝える

告白するタイミングはなんとなく決まってきて、次に考えるのはどんな言葉で気持ちを伝えるか。そこはあまり悩まずストレートに気持ちを伝えましょう。カッコつけてシャレた言い回しにするよりも分かりやすい言葉で簡潔にした方が、相手に気持ちが伝わるはずです。

囁くような声色で

またその言い方も囁くように言うといいかもしれませんね。声色まで変えるのは難しいかもしれませんが、女性のいじらしさを出して相手に守ってあげなきゃと思わせるような言い方にしてみるのも一つの方法です。

相手から告白したいと思わせる

今まで自分から告白するという内容を見てきましたが、最も成功率を上げる方法は相手に告白してもらうということです。

相手が告白したいと思えば、自分から告白する必要は無くなりますよね。そんなテクニックを少し紹介したいと思います。

いつも褒めてくれる

単純ですが、人は褒められると嬉しいです。外見でも性格のことでも、大げさになりすぎない程度にさりげなく何度か褒めてみてください。いつも褒められるとそれが自分の自信となって、「自分が告白してもOKをもらえる!」と思ってくれて告白してきてくれるかもしれません。

自分に興味があるとわかる

「〇〇くんは好きな人いるの?」「一緒にいると楽しいな。」こんな風に相手に興味があることをアピールしてみてください。これは少しやりすぎくらいでもいいかもしれません。鈍感な人だと気がつかないこともあります。

ある程度相手も脈ありかな?と思ったら、告白してもらえるように自分の気持ちを小出しにアピールしてみてください。

デートで遠出に誘う

そんなアピールの方法の一つに、デートで遠出に誘うというものがあります。どうしても遠出になると二人でいる時間が長くなります。興味のない人なら自分からわざわざそんな時間を過ごさないですよね?

日程が合わなくても代替案

もし日程が合わなくてもまた別の日で代わりのプランを提案してみてください。実際遠出のデートができなかったとしても、相手には「自分と一緒にいたいと思ってくれているのかな」と印象づけることができて、告白してきてくれるかもしれません。

もし告白してきてくれたらその行けなかったデートに恋人として行ったり、「あの時こうだったよね」と思い出話にできるかもしれませんね。

わざとスキを見せる

二人で出かけた時には「この子を守ってあげなきゃ」と思わせるような行動をとると相手から告白される確率が高くなるでしょう。

よく漫画で何もないところでコケたりするようなおっちょこちょいな主人公が出てきたりしますが、それもこんな風に思わせる計算が入っているのかもしれませんね。

そんなあからさまなものではないにしても、わざと相手にスキを見せて、その人にしかこんな自分は見せていないんだということをアピールしてみましょう。

まとめ

love-1244310_1920

告白に大切なこととその成功率上げるコツを見てきましたいかがでしたでしょうか?参考になる内容はありましたか?

もちろん告白するからには相手と恋人関係になってその先も幸せな展開を期待すると思います。しかし、告白の結果はどうであれ「告白した」という事実だけであなたの成長になっていることは間違いないでしょう。

「本当に?」と疑いたくなってしまうかもしれませんが、一つだけ確実なのは、告白しなければその先の幸せな展開は100%起こり得ないということです。

ぜひ勇気を振り絞って好きな人に告白してみてください。意外と「失敗するかも…」と不安に思っているのは自分だけで、相手もあなたのことが好きで同じように悩んでいるのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

Check Also

日本三大夜景の実力!函館の夜景の楽しみ方とおすすめのホテルまとめ

日本三大夜景のうちのひとつ、函 …