Home / 恋愛 / 恋愛相談・心理 / タイミングが命!成功しやすい告白のタイミングと避けるべきタイミング

タイミングが命!成功しやすい告白のタイミングと避けるべきタイミング

yuuhi

告白が受け入れられるかどうか、告白の結果を左右する要素といえば何をイメージしますか?自分のルックス、自分の性格、結局は自分のことを好きかどうか?どれも要素の一つではありますが、最も左右するものではありません。

告白は「タイミングが命」なのです。「いやいや、タイミングがいくらバッチリでもそれだけじゃないでしょ」と思いませんか?

男性の多くは論理的に考える傾向があると言われています。一方、女性はその時のフィーリングで直感的に物事をとらえ、判断する傾向があると言われています。この思考回路の違いにこそ「告白を成功させる鍵」が隠されているのです。

今回は、読者の皆様の告白成功率UPのために、この男女の思考回路を巧みに利用した「成功しやすい告白のタイミングと避けるべきタイミング」をまとめてみました。告白戦略にうまく取り入れることで、無理だろうと思っていたあのひとからOKをもらう可能性もグンと上がるでしょう。

スポンサードリンク

成功しやすい告白のタイミングと事前準備

kokuhaku

告白には「成功しやすいタイミング」がもれなく存在します。

ただ、針に糸を通すくらいとまでは言いませんが、このタイミングを見極めることが難しいのです。このタイミングは自分と相手との状況などによって微妙に変わってきます。

そして、告白成功の可能性を最大限にするための準備も重要です。

ここからは、相手と自分の状況や心理状態を織り交ぜながら、7つのタイミングとそれぞれに必要な事前準備を挙げていきます。

1.相手も自分のことが気になっているという情報を掴んでいる時

もしも、告白したい相手も自分のことが気になっているという情報をあなたが掴んでいる場合は、思い切り「あなたの趣味や特技」を活かしたシーンを経由して告白に進んでいくと良いでしょう。

「友達以上、彼氏彼女以下」の相手をこういう場所に連れて行くと「自分の趣味ゴリ押しかよ」と思われますが、相手も自分のことが気になっている場合は、「全てのことが輝いて見える」からです。

そして、「とにかく少しでも一緒に時間を共有したい」と思っている相手にとっては、あなたがちょっとキザかなと思うことでも、「やっぱりステキ」と写ります。

自分が自分の好きなことに向かっている姿を見せて相手の気持ちをさらに高めていきましょう。

ただし、いくら相手も自分のことが気になっていることが分かっていても、デート全体の段取りがスムーズに進むように食事やそのあとのデートコース選びも抜かりがないように入念にシュミレーションしておきましょう。

2.お互いに対する感情が同じくらいの強さで盛り上がっている時

お互いに対する感情が同じくらいの強さで盛り上がっている時は、「二人の距離をぐっと縮めてくれそうな場所とタイミングを設定して一気に告白のステージまで進んでいきましょう。

一緒にいるととても居心地が良いとか、話がとても合って、いつも会話がすごく盛り上がるような相手は、自分と同じようにデートで気分が高まる相手と考えて良いです。

この場合は、自分は「まだちょっと早いかも」とか「もうちょっとデートを重ねて」と考えていると、同じような感情を相手も抱く可能性が高いです。

ここはひとつ高飛びをするつもりで「想いっきりムードを盛り上げる」場所とタイミングを準備して一気に告白までコマを進めてみましょう。

いつも着ないようなよそ行きのパリッとした格好で少し値段の高いイタリアンでシャンパンを開ける。そして、食後はホテル屋上の静かなバーで夜景を見ながら気分を高め、一気に告白・・・。

自分も相手も同じように気持ちが高まっていく場所とタイミングを考えてみてください。

3.ディナーやイベントの後に

デートの終わる時間が夜になるディナーやコンサートなどのイベントの後は告白の成功率を高めるタイミングです。

アメリカの家庭では、日曜の夕食後に家族会議があり、企業では昼食後のミーティングでは上司からの決済がもらえやすいと言われています。

これは空腹が満たされた後の満足感で、許可を与えたり合意したりしやすくなるからだそうです。これは何となくイメージがしやすいのではないかと思います。

相手が合意しやすい状況をさらに後押しするために食事やコンサートの中身には細心の注意を払いましょう。

特に食事の良し悪しは「最大の関心事」と言って良いでしょう。

若い女性が誰かの結婚式に呼ばれても、年配の方が町内会のバス旅行に行っても、決まって話題になるのが食事の内容です。

相手には事前に入念にヒアリングをしておきましょう。クーポンサイトや情報誌などで一緒に選んでも良いでしょう。

「さて、今日はどこに行くかヒミツです!」と、サプライズしたい気持ちはよくわかりますが、食事は美味しかったかどうか、「結果」が全て。直接ヒアリングしておくことが無難でしょう。

4.楽しかったデートの別れ際

付き合い始めのカップルが必ずメールを送り合うタイミングを知ってますか?

デートが終わってすぐです(笑)。別れ際は男と女の気持ちが一気に、瞬間的に高まる瞬間なのです。

デートの終わりになると、今日一日、想いを寄せる相手を気遣いエスコートをして、あなたはどっぷり気疲れしているかもしれません。

しかし、相手はもしかすると「もうちょっと一緒に居たいと思ってるかも」とザワザワしているかもしれません。

デートの別れ際は告白の成功率が上がった状態です。

このチャンスを活用できるように、どこで別れ際の状況を作るか事前に仕込んでおきましょう。人が行き交う商店街の真ん中で「じゃ、本屋行くから、またね!」とかは全体にダメですよ。

抱きしめ合ってキスをしても大丈夫な、人目に付かない場所にしましょう。デートが遠出の場合は車で自宅まで送ってあげて、車内でムードを盛り上げるのも良いでしょう。

5.人が少ない落ち着いた場所で二人きりになった時

ワイワイガヤガヤ、店員さんも明るく愛想が良く、賑やかな人気の居酒屋。さぁ、ここで一気に2人のテンションが上がったところで勢いで告白・・ストップ!

確かに、2人でいて楽しいということは非常に重要です。賑やかで楽しい雰囲気のお店もデートには良い選択でしょう。ただ、告白の成功率をアップさせるベストな場所ではありません。

告白をする場所とタイミングには外せない要素があります。人が少なく、落ち着いて話ができる雰囲気、二人きりになれるシチュエーション、この二つです。

告白は目的達成できるかが重要なので「自分の思いを伝えられれば場所はどこだっていい」と思いがちです。ただ、相手は「どういう風に告白されたか」、告白されたその瞬間、自分がどういう気持ちになったかで意思決定をすることが多いのです。

静かで落ち着いた、二人きりのシチュエーションをちゃんと用意しておくことで、たとえあなたの告白のセリフがたどたどしくスマートでなくても、

「気持ちをちゃんと伝えるために、彼は特別な場所を用意してくれた。ここまでしてくれるんだな」と、相手は特別な扱いに心躍らせます。

告白すると決めたら、必ず事前に「人が少なく落ち着いて話ができる」場所選びと、「二人きりになる」状況をシュミレーションしておきましょう。

6.秋は人間も発情期なので狙い目

お互いの関係性に関わらず、「秋」という季節を告白のタイミングとして選ぶことで成功率をアップさせることも可能できます。

さぁ、告白するぞ・・・力が入る。ぎゅっと握りしめた手の平。その手に付く汗・・・げっ。

はい、これではロマンチックな雰囲気をいくら作り出しても、「すごく汗かいてるな」と思われてしまいます。

夏は人肌を重ね合わせるには少し暑苦しい季節なのです。

これとは対照的に、からっと爽やかになってくる秋は、男女が肌を重ね合わせるのにとても気持ちの良い季節なのです。

人間も大きなくくりで言うと、犬や猫と同じ動物です。人間に発情期があるとすればそれは、夏の手前の春ではなく、日に日に寒くなる秋と言えます。

秋に告白を計画するのであれば、デートコースにスキンシップが生まれやすい場所を選択しましょう。

7.失敗から立ち直って自信がついてきた時

人は色々な物事に対して「拡張的」な状態と「閉鎖的」な状態を繰り返すバイオリズムがあると言われています。

特に大きな失敗をしてしまった時は、誰でも塞ぎこんでしまいますよね。こんな時は人付き合いも閉鎖的に、新しい出会いへの期待もイメージしづらくなります。

逆に、拡張的な時は、失敗から立ち直り自信がついてきた時です。色々なことを吸収しようとし、飲み会への参加など人との付き合いも自然と積極的になります。

相手がこの、「拡張的」な状態の時は告白のチャンスです。

新たに異性との交際をスタートするエネルギーがあり、あなたの告白に対しても無駄にマイナス方向に受け取ることも少ないからです。

このタイミングを逃さないためにも、気になっている相手が何か失敗をして落ち込んでいないか常に気をつけておきましょう。

失敗して落ち込んで、泣き崩れるような時には、優しく抱きしめてあげたくなりますが、もう少し相手が自信を持ち始めるまでおおらかな気持ちで待ってあげましょう。

相手が自信をつけるための協力者になれるよう、相手が取り組んでいることに関して少し自分でも知識を付けておくのも手でしょう。

2.失敗しやすい告白のタイミング

hakyoku

告白には「成功しやすいタイミング」が間違いなくあります、と言いましたが、逆に「失敗しやすいタイミング」も存在します。

「恋は盲目」と言われるように、恋愛や告白においては全てが計画通りにいかず、その場の流れで思わず反射的に行動してしまう時があります。

ここからは、「失敗しやすい告白のタイミング」をご紹介します。

告白するべきかどうか・・もし、どうすれば良いか分からず悩むようであれば、まずは「これはやらないようにする」消去法の例として、参考にしてみてください。

1.二人の間で恋愛感情に温度差がある時

二人の恋愛感情に温度差のある場合があるのに、果敢に立ち向かって行き、見事玉砕されるケースをよく見かけます。

「温度差なんてもろともしない!」と逆に燃える、日の丸特攻隊な方も多いのではないでしょうか。

ただ、告白が成功しやすいかどうかという観点でシビアに考えると、「告白の失敗しやすいタイミング」となります。

もしあなたが、「絶対にこの告白は成功させる」と、飽くまで結果にこだわるのであれば、この温度差を同じくらいに持っていくためのステップをどう踏むか、少し時間はかかると思いますが先に計画を練った方が良いでしょう。

2.朝や昼はNG

基本中の基本ですが、朝や昼に告白をすることはNGです。

朝は本当にNGです。今日着る服を選んで、ご飯を食べて、慌しく準備をしている人がほとんどでしょう。

そんな時に「好きなんです!付き合おう!」と言われても、ちょっと待って、今準備中・・・となってしまいます。

告白を成功させたいのであれば夜が間違いなくベストです。

告白を成功させる重要な要素に「静か」「二人きり」「ムード」があります。「夜」はこのいずれの要素も盛り込むことが簡単だからです。

逆に、朝や昼は想いを言葉で伝えること自体は出来ますが、これらの要素を盛り込むことが非常に困難なのです。

3.別れた後にメールでも良くない

別れた後にメールで告白することは絶対に避けましょう。

別れた後の心理状態は「別れを惜しむ」モードです。ひょっとすると、もうちょっと一緒に居たかったという様な内容のメールが来るかもしれません。

ここで、「だったら、付き合お!」と、やらかしてしまう方がいます。でも実は、相手はそんな言葉は期待していないのです。

「別れを惜しむ」モードの時は、同じ様に別れを惜しんで、次のデートの期待に胸を膨らませましょう。

特に直感的に生きているタイプの人は「告白して欲しい」と思っているモードの時に告白して欲しがっています。

それはやはり、「成功しやすいタイミング」でご紹介したような場所やシチュエーションなのです。

4.人混みの中での告白は失敗率が高い

人ごみの中での告白もNGです。特に相手の知っている人がいるような状況では絶対に告白してはいけません。

人ごみはうるさく、「告白されていること」に集中できません。

告白の成功率を高めるためには相手の世界を大切に盛り上げてあげる気遣いをしてあげる必要があります。そのために、美味しい食事、夜、静か、二人きり、ムードなどの要素が必要になってくるのです。

「世界の真ん中で愛を叫ぶんだー!」とスクランブル交差点の真ん中で告白をすることは、バラエティ番組のネタとしては良いと思いますが、告白された相手の心の中は「告白を受け入れやすい状態」には絶対になりません。

5.自分勝手に一人で舞い上がっている時

自分勝手に一人で舞い上がってしまい、見切り発車的に告白をしないように気をつけましょう。

もちろん、これで告白が成功することもあるとは思いますが、告白の成功率を上げるためには「自分勝手さ」や「一人で舞い上がる」自分をコントロールしなければなりません。

告白を成功させやすくするためには、相手が今感じている世界をロマンチックで素敵なものに作り上げていく過程を踏まなければなりません。

そのために用意周到に準備をし、タイミングを見計らうのですが、自分が舞い上がってしまっていては相手に対する細やかな配慮が出来なくなってしまいます。

6.グループで遊びに来ている時

大学のサークル仲間や会社の同僚たちに告白したい相手やその友達を加えて、一緒に遊びに行くこともあると思いますが、ここで告白をすることは絶対に避けましょう。

人は「常に演じながら生きている」と言われます。友達といる時、グループでいる時、あなたと二人だけの時、それぞれ全く別の人間であるくらいに考えたほうが良いでしょう。

その場、その時、その状況に合わせて服を着替えるように色々なモードに切り替わるので、告白をする時はもちろん「あなたと二人だけ」モードの時を選ぶべきです。

そして、「特別に大切に扱われている」と認識させることができれば、相手の目からあなたは「大切な人」のように見えるモードになります。

相手の気持ちが分からず、グループで遊びに来て相手が「無邪気にはしゃぐモード」であるにも関わらず、友達からはやし立てられるように「公開告白」をし「公開処刑」される方が後を絶たないのです。

7.別れたばかりの時

想いを寄せる相手が破局した直後に告白をしてしまう人も非常に多いです。

「相談に乗って欲しい」と言われ、LINEのやり取りが増えたり、二人だけで食事に行ったりすると勘違いしてしまうのも無理はありません。

しかし、「別れたばかりの時」は告白すべきではありません。

それはあなたに好意を抱いているからそうしているわけではないからです。ただただ悲しみを感じているだけなのです。

もちろん相談相手に選ぶ相手に対して嫌な感情は持っていないでしょう。むしろ好意的に感じていることは間違いないです。

ただ、告白が成功しやすいタイミングではないのです。相手からすると「それどころではない」ということなのです。共感してもらえることを期待していることが多いので、一緒に悲しみを共有することに徹しましょう。

3.社会人としては避けたい告白のタイミング

syakaijin

社会人の告白は、後に「結婚する可能性」もはらんでおり、学生の時よりは告白の意味や重要性が重くなっている方が多いでしょう。

また、社会人は会社という一つのコミュニティに所属することになります。会社の中には上司、同僚、後輩、担当の業務、取引先など、お互いのコンディションに影響する様々な要素があります。

会社からは生活の基礎になる給料をもらうので、判断に与える影響も自然と大きくなり、学生の頃のように「会いたい」とか「好き」だけでは片付けられない場合が出てきます。

ここからは、人生の大きな転機になるかもしれない社会人の告白において「社会人だからこそ」避けたいタイミングについてご紹介していきます。

1.仕事が忙しい時

仕事が忙しい時は、お互いの気持ちが高まっている「成功する可能性が高い状態」で会っても告白が失敗してしまうことがあるので、絶対に告白しないようにしてください。

「いやいや、さすがに仕事が忙しい時は告白なんてしないでしょ」と、思われた方が多いのではないでしょうか?でも実際は逆のパターンが多いのです。

今まで即座に返ってきていたLINEの返信が遅くなり、気になり始め、一緒に食事してもちょっと元気がない。自分は嫌われたのか?好きな人ができたのか?なんだ?ここは思い切って思いをぶつけるしかない!告白!そして自爆。

人は仕事の愚痴をとにかく誰にでも言いたいタイプとプライベートまで仕事の話を持ち出したくないタイプに分かれるので、正確に相手の仕事の状況を把握しにくいケースがあることを覚えておきましょう。

2.大きなミスがあった時

相手が職場で大きなミスをしてしまった後も告白のタイミングとしては避けたいところです。

ミスが大きければ大きいほど、その処理には長い期間がかかります。自分のミスが巻き起こした後片付けの処理が済むまで、中々気持ちが落ち着かないものですよね。

心のどこかに引っかかることがあれば、告白が成功しやすいタイミングで何度も引き合いに出した「今感じていること」をムーディーに盛り上げることも難しくなります。

いざという時、相手が失敗談を話しやすいように、日頃から仕事上での間違いを指摘したり、自分の考えを押し付けたりすることをしないように心がけておきましょう。

3.友人関係が先に築けてしまった

もしも、告白したい相手が同じ会社の同じ部署の同僚の場合は、先に友人関係が築けてしまうケースがあります。同じミッションに向かって協力する中で、「同志」という感覚が先立ってしまうからです。

ここで友人関係から一歩、関係が深まる前に告白してしまうことは避けた方が良いでしょう。

この友人関係にある相手は恋愛対象とせず、はっきりと線を引けるタイプと、友人関係もひっくるめて、ざっくり「脈あり」と捉えてしまうタイプの人がいるので、告白のタイミングを早まってしまうことがあるのです。

この線引きの場所を変えるためにも、友人関係から一歩、関係を深めるための、相手が「特別」と感じる時間を共有するデートを計画しましょう。

4.社内で噂が先行してしまった時

「AはBのこと好きらしい。もうでデキてるんじゃぁ・・・」などと、社内で噂が先行してしまった時も告白をしてはいけません。

社内の飲み会などで、つい「付き合うとしたら○○さん」などと、その場のノリで言ったことから噂が広がってしまう。そんな中学校のような職場は意外と多いのです。

この噂が特に厄介なのは、広がりやすく、また相手に気が付かれやすいということです。

そして、相手は「面倒な噂」の原因のあなたに対して嫌悪感を抱く、もしくは「そんな気はない」という、反射的な拒絶の態度を取ります。

そんな相手の気持ちに思いが至ることもなく、「噂も立っちゃってるし、もう早めに片をつけよう!」と、思い切って告白してしまうのです。

もしお互い「いい感じ」と思っていたとしても、噂が先行することで、相手の内面に思いもよらないマイナスの作用が働いているかもしれないことに注意しましょう。

くれぐれも、当事者の耳には噂が入りにくいことを覚えておいてください。

まとめ

さて、最後までお読みいただき「告白のイメージ」は出来てきたでしょうか?

告白を成功させやすいタイミングは必ずありますが、それを発見するために相手の気持ちになりきって考えることが非常に難しいのです。

ただでさえあなたが想いを寄せている相手ですから、相手の気持ちになりきろうとする時点で心配や不安、色んな雑念があなたのイメージを邪魔してくることでしょう。

そして、相手がいいなと思う雰囲気やムードがどんなものなのか、見当がつかない方もいるでしょう。そんな方は、ちょっと恥ずかしいですが、相手の趣味趣向に近いライフスタイル誌に目を通してみてください。なんとなくイメージのヒントになるものが見つかるはずです。

最後に、再度お伝えしておきます。

「人は今という瞬間を感じて」生きています。

あなたが到底手の届かない相手だと思っていても、相手の「瞬間」を制することができれば、可能性は十分あります。

完璧なタイミングで、告白を成功に導いてください!

スポンサーリンク