Home / 恋愛 / 片思い / 片思いの告白の成功確率を少しでも向上させるポイント

片思いの告白の成功確率を少しでも向上させるポイント

片思いの告白は、自分の気持ちをどう伝えるかがポイント。好きな人に自分のことも好きになってもらうには、黙って見守っていてもその想いは伝わりません。

でも、告白するからには、少しでもその成功確率はあげておきたいところですよね?そこで、成功確率を限りなく100%に近づけるポイントをまとめてみます。

スポンサードリンク

目次

告白する前にしておきたい準備

ff80c6a1edc832feadc4d43b03c3d89c_s

告白は、事前に告白までの準備をするのが、成功確率を向上させるポイントです。

たとえ、どんなに念入りに告白する時のセリフやシチュエーションを考えたとしても、相手が全くあなたのことを知らないのでは、せっかくの苦労も意味がありません。

勇気を出して告白するのですから、少しでも成功確率を向上させるためには、事前にこんなことをしておきましょう。

最初はゆっくりと、自分を知ってもらうことから始め

d6b5825353926a566894bef6e77fb7c8_s

好きな相手と少しでも話が出来たり出掛けることが出来るようになると、もっと早く自分のことを知ってもらいたいと焦ってしまいますよね。でも、その焦りは成功確率を下げる原因です。

まだまだ、あなたのことがわからない相手にとって、いきなり「自分のことをもっと見て!」というのは、重すぎます。あなたの内面の深いところを知ってもらうには、ザックリとあなたのことを知ってもらってからでも、遅くはありません。

もしも、まだあなたの名前を覚えたばかりという段階であれば、少しずつ会話を増やしていくことから始めましょう。その第一歩は、挨拶。

「おはよう」「またね」などの簡単な挨拶でも、最初はOK。笑顔で会うたびに繰り返していけば、自然と相手も、顔を見れば挨拶をするようになります。

そのうちに、ちょっとした会話をつけたしていきます。

この会話も、最初から長く話し込むというのはNG。告白をする前に警戒されてしまう可能性もあります。あくまでも、立ち話程度を心がけていきます。

こうしておけば、相手はあなたとの会話が楽しいと思うようになり、少しずつ、あなたのことを見てくれるようになります。

会話の中で“好き”という言葉を織り交ぜる

26nj_loveahiru_tp_v11

いきなり告白をしてしまうと、相手は心の準備もないので、驚いてしまいます。それまでいい雰囲気だったのに、急にあなたと距離をあけてしまうということも…

そうならないためには、「好き」のジャブ効果です。

最初は、相手に対しての「好き」じゃなくていいんです。

例えば、2人で話している時、相手がいつも聞いている曲の話題になったとします。その話の流れで、「実は自分も、好きだよ」とさりげなく「好き」を使います。

もちろん、真剣な感じだと相手が引いてしまうので、あくまでもサラッと流す感じがベスト。
でも、この時のポイントなのは、必ず相手の目を見て言うことです。

こうすれば、相手も、話の流れから曲の話をしていることはわかっていても、目が合っているだけに、一瞬「自分のことが好き、っていった?」という風に勘違いします。

これが、成功確率を向上させるポイントです。

この回数を、少しずつ増やしていけば、相手は勝手に「好きなのは自分のこと?」と思うようになっていきます。

焦らず信頼関係を築く

8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s

告白を成功させるには、何よりも相手と信頼関係が築けていることが一番です。でも、信頼関係は、会ったこともない人とは築くことはできません。

自分のことを早く知ってもらいたいと思って、焦って一度にアピールしても、相手の心はそう簡単に開いてくれません。

むしろ、「自分勝手な奴だな」と、逆にあなたに対して悪いイメージを持ってしまうかもしれません。

相手があなたのことを信頼するためには、緊張することなく付き合える距離にあなたがいるということが大切なポイント。

告白は、2人にとっても真剣な話です。だから、それでなくてもお互いに緊張します。だけど、普段の2人の間ですら緊張するような関係では、とても成功率が高いとは思えません。

2人の距離を縮めて信頼関係を築きたいなら、相手と会う機会を増やしていくことです。

何度も繰り返しあなたと会うことで、最初は緊張して話もほとんどしなかった相手も、次第にあなたと会うことにも慣れ、ゆっくりと心を開くようになっていきます。

とっても単純なことのように思えますが、実は信頼関係は、こうやって繰り返し相手と会うことで築かれていきます。告白を成功させたいのなら、まずはじっくりと相手との距離を縮めていきましょう。

相手の恋愛感を事前に確認する

恋愛観は、人それぞれです。見た目や印象から「こんなタイプなはず」と勝手に思い込んでも、実際に付き合ってみたら全然違うタイプだった、って話はよくあることですよね?

でも、こういった恋愛観のずれで笑い話になるのは、告白前から両思いだった場合だけ。基本的に片思いの場合には、好きになった方が弱い立場にいます。

だから、告白を成功確率を向上させるには、相手の恋愛観に自分が当てはまるようにしていくことがポイント!こうしておけば、自分からアピールしなくてもOK!

ある日、相手の方から、自分の理想の恋愛観にあなたが当てはまっていることに気が付いて、「もしかしたらこの人が理想の相手?」と考えてくれるようになります。

2人でデートをする

4

告白するまでは、どうしても緊張して二人きりになるのを避けてしまいがち。でもこれだと、いざ告白しても、成功する確率は五分五分です。

なぜなら、大人数の時にどんなに好きな相手と盛り上がったとしても、それはあくまでも、友達の一人としてしか、あなたのことを見ていない可能性があるからです。

告白をするということは、相手に友達以上の関係を求めるということ。そのためにも、まずは、2人でデートをするところから始めましょう。

いつものあなただったらきっと見せないところも、2人きりなら素直に見せることもできるはず。そうすれば、告白をする前に、相手にもっとあなたのことを知ってもらうこともできるはずです。

どうやって告白するのか

images-jpg12

告白までの準備も整い、そろそろ、相手に告白してもいい頃。そうなると、今度は「どうやって告白する?」の方が気になってきます。

ゆっくりと時間をかけてきた準備してきたからこそ、成功確率があがるのはこんな告白です。

人の少ない場所に来てもらって告白する

これは、学生時代の告白の王道ですよね。

「ちょっと裏の公園まで出てきて」
「近くまで来たんだけど、少し出てきてくれないかな」

こんなセリフを言われたら、すぐに考え付くのは告白ですよね。だから、相手に人の少ない場所に来てもらってから告白する時は、成功率はかなり高いです。

ただし、成功率が高い分、告白する前に終了してしまうこともよくあります。

あまり気が向かない相手からの誘いであれば、告白された後、断るのが面倒だと考えることもあります。だから、呼び出した場所には本人が来ないで、代わりの人が来るということも…。

でも、一番オーソドックスな告白の方法だけに、成功率は未だに高いですよ!

お祝い事があった時、サプライズとして告白する

a0790_001102_m

嬉しいことがあったり幸せな気分の時は、いつもは気持ちをガードしている人でも、無意識のうちに心が開いてしまうのはよくあることです。

例えば、大きな仕事をやり終えた時。

それまでの緊張感と無事やり終えた達成感から、感情も高ぶり、興奮状態になります。こんな時に、こっそりプレゼントなんかを準備して、告白してみるのはどうでしょう?意外と男性相手の告白なら、効果がありそうです。

あとは、わりと成功率が高いのが、友人の結婚式のあとでサプライズ告白するパターン。普段は恋愛に関心がない相手でも、目の前の幸せな2人の様子を見るうちに、いつの間にかに気持ちも恋愛モードに切り替わっていたりします。

よく女性同士の結婚式の二次会では、「私も恋愛したい!」なんて叫んでいる光景を見かけますから、女性相手の告白なら、こんなサプライズ告白も効果はあると思いますよ!

本気さをアピールするために、あえて敬語で告白してみる

普段から気軽に話ができる相手なら、効果があるのがこの告白です。

敬語で話をすると、いくら親しい間であっても、一瞬、何があったのかと考えます。その時のあなたの表情が、いつもの様子と違えば、これから始まる話が、真面目な話であることに相手も気が付きます。

これは、普段から敬語で会話をする関係ではあまり効果はありませんが、普段から雑談をし合うような2人であれば、かなり成功確率が上がる告白方法です。

告白する時は清潔感があって、自分が一番素敵に見える服装で

告白する時の服装は、自分らしさが出ている方がいいものです。でも、その自分らしさは、あくまでも清潔感重視の服装です。

あまりにもオリジナルすぎる服装や、ラフすぎるものは、告白される側からすると見た目で警戒してしまうこともあります。たかが見た目と思うかもしれませんが、成功率をあげるには、こうしたところにも気を配るのがポイントですよ。

思いっきり近寄って告白する

人には、パーソナルスペースというものがあります。警戒している時は、相手との距離は無意識ですが広めにとります。その代り、恋人同士のような警戒心のない関係だと、このパーソナルスペースは限りなく狭くなります。

告白する時に相手との距離を思いっきり縮めてしまうと、それだけで、告白される側はドキドキします。実は、これを利用してしまうことで、成功確率が格段に上がるのです。

本当は自分のパーソナルスペースにいきなり他人が入ってきたことによってドキドキしているのですが、これが告白というタイミングなだけに、そのドキドキが相手のことを好きになったことで起きているのだと勘違いするのです。

相手が静かに考えられる、でも逃げにくい場所を選んで告白する

3

告白したからと言って、すぐに返事がもらえるとは限りません。あなたの告白に対して、相手は、少し考える時間が欲しいと思っているはずです。

でも相手が考える時間が欲しいと思う時は、少なくともあなたのことを大切に考えている証拠です。特に、ゆっくりと時間をかけて二人の信頼関係を築いてきた場合は、相手も慎重になります。

「返事によっては、今の関係が変わってしまうかもしれない」

それは、あなたにとっても相手にとっても、同じ気持ちなはずです。だから、相手が答えを考える時間というのは、お互いにとっても大切なことです。

でも、何も手を打たなければ、そのまま失敗に終わってしまうかもしれません。だからこそ、成功させるためには、「静かで」「逃げにくい場所」を選ぶ必要があるんです。

周りがうるさかったり、人の出入りが多い場所だと、その流れに紛れて逃げてしまうこともできます。それでは、考える時間が長引くほど失敗してしまいます。

慎重に答えを出しそうな相手への告白なら、告白成功のカギは場所選びですよ。

シンプルかつ大胆に“好きです”が一番

jpg7

いろんな告白の方法がありますが、やっぱりストレートかつシンプルに「好きです」と告白されるのが、一番相手の心に響きます。

しかも「あなたのここが好き」という具体的な告白よりも、シンプルな「好き」には、すべてを受け入れて好きだというメッセージがストレートに伝わってきます。

どんなにいろんなことを考えたとしても、あなたが相手のことを好きだと思う気持ちは、必ず同じところに行きつくはずです。

それなら、自分の気持ちを言葉で飾らずに、ストレートに自分をさらけ出してみてください。きっと素直なその想いが、相手の心にも伝わりますよ。

夜のデートの別れ際に告白

夜のデートの別れ際の成功率は、かなり高いです!

もちろん、その日のデートが、あなたにとっても相手にとっても、とても楽しいデートだったということが大前提です。

夜のデートの別れ際の告白の成功率が高くなる理由は、「一人の時間が寂しいことを、急に思い出す瞬間だから」。

デートの別れ際というのは、「楽しい時間がもう終わりなんだな」と思って、あなたが帰った後の一人の寂しさを急に思い出す瞬間です。しかも、それまでがとても楽しくて、寂しいと思う暇もないくらいの時間を過ごした後です。

急にやってくる一人の寂しさの前に、「もしも、一人じゃなかったら…」と思った瞬間やってくるのが、あなたからの告白。これは、相手が女性の場合なら、かなりの確率で成功するはずですよ。

告白のタイミング

<couple-1502624__1801

告白のタイミングも、成功確率を向上させるポイントの一つですよね。

相手との距離がある程度縮まった時なのか、相手が気持ちを受け入れやすいタイミングに勢いで告白するのか、それとも…。

ちょっとしたポイントを押さえて告白のタイミングを見極めれば、一気に成功確率が向上するかもしれません。まずは、告白のタイミングのポイントを見ておきましょう。

連絡が頻繁に来る

apple-1281744_1920

相手からの連絡が頻繁に来るようになったら、これはあなたからの告白待ちの可能性が高いです。

普段からメールや電話のやり取りをしている場合でも、最近、特に用があるわけでもないのに連絡が来るようになったと感じたら、相手もある程度あなたのことを意識しています。

それなのに、あなたがいつまでもアクションを起こさないでいると、「やっぱり気がなかったんだな」と勝手に解釈されて、せっかくのチャンスが消えてしまうかもしれません。

特に用もないのに最近相手からの連絡がよく来るのなら、今が告白のタイミングですよ!

他の異性の事でやきもちを焼かれたとき

相手があなたのことを気にしていないのなら、相手が他の異性のことでやきもちを焼くことなんてありません。

あなたの横に別の異性があることが気になるということは、自分があなたの横に立っていることを、一度でも考えたことがある証拠です。ということは、あなたのことが気になっているということです。

誰かを好きになると、人はどうしてもその人のことを独占したいと思うものです。独占したいという気持ちがあるから、他の異性があなたのことを独占していることを知ると、もやもやとした感情が出てきます。

だから、他の異性のことで相手がやきもちを妬いたのなら、このタイミングを逃さずに一気に告白してしまいましょう。

相手が落ち込んでいるとき

alone-279080__1801

人は落ち込んでいる時が、一番心が無防備になっている時です。ちょっとしたことにも心が傷つきますが、逆にほんの些細なことでもありがたいと思う気持ちが芽生えるものです。

もしも、好きな相手が落ち込んでいるのを見かけたら、まずは、その人の悩みを真剣に聞いてみてください。あなたに悩みを打ち明けているうちに、あなたのことを信頼する気持ちが膨らんでくるはずです。

こうしてつらい時期を一緒に乗り越えた経験が、これまでにはなかった2人の絆になってくれるので、告白しても高確率でOKしてもらえますよ。

相手が会いたがる

tsuyoshi-31_tp_v

相手が会いたがる時は、あなたと会わない時間も、あなたのことを考える時間が増えている証拠です。

好きな人が出来ると、「今何をしてるのか」「誰と過ごしているのか」など、いつの間にかに相手のことばかり考えて不安になてしまいますよね。その不安を解消するなら、相手と一緒に時間を過ごしてしまえば解決してしまいます。

ということは、相手はあなたのことが気になっているということです。少なくとも、いつか会えるはずという関係よりも確かな関係を望んでいます。

相手から「会いたい」の連絡があったら、いろんなことを考えずに素直に会って話をしてみると、意外と簡単に告白のタイミングがやってくるかもしれませんよ。

相手が手を繋いできたとき

相手との距離を縮めたいと思ったら、物質的な距離を縮めてしまうのが一番簡単な方法です。その一つが、手をつなぐこと。

相手から手を繋いできたのなら、相手もあなたと同じように距離を縮めたいと思っています。これは、告白のタイミングというより、告白しないと損なタイミングです。

次の休みもデートする前提で話をされたとき

先の約束を約束したいと思う時は、相手にもあなたを束縛したいという気持ちがあるということです。

しかも、次の休みの予定までデートをしたいという意思表示ですから、もうすでに、相手の気持ちの中では、あなたとの時間が何よりも大切なものに思えているはずです。

あなたにとっても、相手のこういった小さな束縛が嬉しいと感じられるのなら、お互いの気持ちが一緒になっている証拠ですから、迷わず告白してしまいましょう。

カップルイベントをいくつか一緒に過ごしたとき

たまたまカップルイベントを一度過ごしたくらいであれば、もう少し様子を見てタイミングを考えることもおススメしますが、すでにいくつか一緒に過ごしているのなら、この恋はかなり脈ありなはず!

恋人になる前からカップルイベントを過ごすということは、いまはテスト恋人期間中ということです。

この期間をうまく乗り切って今があるのですから、相手の気持ちも、すでにあなたのことを受け入れる準備が整っています。

この関係を確かなものにするには、あなたの告白がカギです。

失敗する理由

どんなに相手のことが好きでも、告白が成功するとは限りません。何が理由で失敗してしまうのか、告白する前に知っておくことも、成功確率を向上させるポイントです。

タイミングを間違えて早く告白してしまう

よく、「このタイミングで告白?」という場面を見かけることがあります。そういう時によく聞く相手からの断りの返事が、「ごめん、友達以上には見られない」です。

これって、告白をするタイミングが早すぎた証拠でもあります。もっと相手から恋愛対象として見られるような関係が築けていれば、まずはこういうセリフでは返ってきません。

断りの文句の中に、「友達以上には」と言っていますから、これからも友達としては関係を続けていきたいという気持ちが、ちゃんと相手にはあります。

ただ残念なのは、お互いのことを恋愛対象として見れるように関係を深める前に、告白をしてしまったことです。これは、振られるときによくあるパターンです。

告白の返事を催促する

i9

告白をした後は相手がどう思っているのか、少しでも早く返事を聞きたいものですよね。

でも、告白の返事を催促するのは、告白した人間としてルール違反です。

相手にだって考える時間は必要ですし、わざわざ告白を聞く時間だって、ちゃんと準備しているわけですから、いちいち返事を催促される必要は全くありません。

相手が置かれている状況を考えられず、一方的に自分の気持ちを押し付ける態度は、やはり気持ちの良いものではありません。

告白するのなら、相手の気持ちや状況を一番に優先してあげることも、告白する時のルールですよ。

だらだらと間延びした告白をする

緊張感のない告白は、とても相手を不愉快にさせます。

好きな人を前にすると言葉が出なくなることはわかりますが、ダラダラとした告白は、要点もわからず、結局何が言いたいのかわからないということもあります。

まず、告白する人のルールとしては、相手にだって、都合があるということをしっかりわかっていることが大事です。だから「、限られた時間の中で、どれだけ自分の想いが伝えられるか」ということが、成功確率を上げるポイントです。

告白のセリフを変にアレンジしていう

たしかに、いろんな恋愛ドラマを見ていれば、好きな人にはカッコいいセリフで告白したくなる気持ちもわかります。でも、それは自分らしいセリフなのか、きちんと考えているかどうかも成功率には関係します。

もちろん、「恋人になるなら、ドラマみたいなセリフで告白されてみたい」という女性も少なくはないので、アレンジしたセリフだと絶対に失敗するとも言えませんが…。

とにかく、相手がそういうタイプでなければ、セリフをアレンジして告白するというのは、おすすめしませんよ!

直接でなく、メールや電話で告白する

phone-612061_1280

メールや電話は、一方的にやり取りを終わらせてしまうことが出来るツールです。遠距離でどうしても会えないとか、よっぽどの用事があったとしても、やはり相手の表情が見えないメールや電話での告白は避けた方が成功率にはつながります。

特に、文章が相手に残ってしまうメールでの告白は、危険です。よほどの文章力があったとしても、相手のとらえ方によっては、送った方の考えとは全く違うとらえ方をすることもあります。

電話もそうですね。
無言の時間が続いくと、相手がどんな表情をしているのかが分からないので、告白された側からすると、とても不愉快な気分になります。

メールや電話で告白する勇気があるのなら、もう少し勇気を出して直接会って告白する方が、確実に成功確率は上がりますよ。

酒の力を借りての告白

好きな人への告白は、酒の力を借りなければ告白できないくらい緊張するというのはわかります。でも、お酒の力を借りて告白しても、相手は「どうせ酔っただけ」としか思いません。

酔ったはずみで告白する時は、成功確率が限りなく0%に近くて、「これで断られても後悔しない!」と言い切れる時に限った方がいいでしょう。

重い告白

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s

付き合ってもいないうちから、重い告白をされると、正直言って告白される側としてはうんざりします。

結婚を前提のお付き合いをさせてほしい、というのなら、それなりに込み入った告白もOKでしょうが、基本的には重いのは嫌がられます。

それはそうです。

恋人になったら、誰だって恋人時代にしかできない楽しい恋愛をしたいものです。将来のことは、付き合ってからゆっくりとお互いのことを知り、その先にやっと見えてくるものです。

告白は、自分と相手が同じ気持ちかどうかを確認するのが目的であって、恋人になる為のただの通過儀式でしかないんです。

だから、告白がそんなに重いと、そのあとのことを考えるのが嫌になって断られるというのが、振られるときによくあるパターンです。

“好き”の後に付き合ってが言えず、うやむやに終わった告白

fregthdyjrset_tp_v

自分の気持ちを伝えるのに必死になりすぎて、そのあと、相手とどういう関係になりたいのか伝えられなかったために、振られるパターンですね。

でもこれは、告白された相手にとっても、どう対応したらいいのか困るパターンです。

「好きな気持ちだけでも知っていてほしい」のか、「好きだから付き合ってほしい」のか、結論がなければ、答えようがありません。

もしも「ただ知ってほしい」というだけだったとしたら、告白された方から「付き合いましょう」というのも、なにか勘違いしているみたいでいやな気分がします。

そうなると、相手としては「付き合ってほしいとは言われてないのだから、そのままにしよう」ということになり、一生懸命告白しても、結果としては振られてしまったことになります。

テンパリ過ぎて、ヘラヘラ笑ってしまった告白

2

告白された時、告白する側がどれだけ真剣に告白するのかを見極めるのは、される側としても必ずチェックするところです。いくらテンパり過ぎてもへらへら笑ってしまうと、される側からすれば、からかっているんだと思われます。

「またからかってんだね」と大人の対応が出来る人もいますが、ほとんどの場合は、怒ってその場から去ってしまいます。

どんなに緊張してテンパり過ぎても、表情だけは最後まで気を抜かないことが、告白する時には大切ですよ。

スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …