Home / 未分類 / 告白を成功させるための言葉の考え方

告白を成功させるための言葉の考え方

自分の想いを言葉で相手に伝えることが得意な人は良いですが、世の中の多くの人はこの告白の言葉で悩むことがありますね。
好きな人に告白をすることはとても勇気がいることであり、緊張もしてしまうのでなるべく事前に告白の言葉を考えておきたいと思ってはみるものの、なかなかうまい具合に思いつかない人も多いのではないでしょうか。

告白には言葉やタイミングが非常に重要です。告白を成功させるためには、いきなり告白するのではなく、はやる気持ちを抑えて下準備が必要です。焦ってはいけません。

「付き合いたい」「告白を成功させたい」という気持ちが先走るのではなく、素直に相手が好きであるという気持ちが前面にあらわれるような告白の言葉がうまくいくと言われています。

言葉でうまく伝えることができない人のために、参考となる告白を成功させるための言葉の考え方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

あなたの想いを伝えよう

告白する言葉選びやタイミングも成功するために重要な要素ですが、一番大切なのは誠実で真剣な態度です。誠意をもって告白しましょう。微妙な恋愛サインを見逃しているかもしれませんから、告白の前に相手の行動も確認しておきましょう。

いつもメールを送った時の相手の返信が早かったり、何か私的なことが返事に書いてあったり、自分の話に興味を持ってくれる相手なら、脈ありの可能性があります。脈ありだと思えたタイミングで告白してみましょう。

告白の言葉選びは慎重に、相手のタイプに合わせた言葉を考えましょう。シンプルでストレートに言われた方が解り易くていいのではないでしょうか。真剣にお相手の目を見ながら言ってみましょう。真剣な眼差しが好印象を与えます。

女性は男性に告白されたい

最近は女性も積極的な人が多いので女性から告白をするパターンもありますが、多くの女性の本音は好きな男性から告白されたいと思っているはずです。何度かデートを重ねて自分も相手のことが好きなら、なおさら告白をされたいものです。また、男性自らも自分から告白したいと思っている人も大勢います。

言葉を選ぶのは慎重に

告白を成功させるためのポイントは、「言葉選び」と「雰囲気作り」が大切だと言われています。女性が思わずOKしたくなる告白のセリフとはどのような言葉でしょうか。また、告白の言葉は自分の気持ちを押しつけるようなものではなく、相手が答えたくなるような言葉を選ぶようにすることが大切です。

相手のタイプに合わせた言葉で

「女の人はこういう告白の言葉が好きなのか」と勝手に勘違いをして、その言葉で告白をしてしまうのは尚早です。女性といっても、決して皆一様ではありません。色々なタイプの女性がいます。相手の女性のタイプを見極められる要素はどこかに必ずあるはずですので、見逃さないようにしましょう。

「男っぽい性格」の女性に告白するのであれば、男らしく告白は短く、大事な部分だけをシンプル言葉使いにしましょう。「ロマンチックな面を持つ」女性に告白をするのであれば、ロマンチックな雰囲気で思いを伝えてあげることを考えてみてはいかがでしょう。

雰囲気を作ることが大切

告白を成功させるために「雰囲気作り」が大切です。相手の女性のタイプを見極められる要素は多くあるはずですから、見逃さないようにしましょう。誰にでも馴れ馴れしく触る人は別ですが、女性があなたにさりげなく触れてきたら、それはあなたに対してアピールしているととれます。

女性が男性との距離を縮めようとするのは、二人きりのロマンチックな雰囲気を作りたいという気持ちの表れではないでしょうか。特に寄りそってきたときは、好きと言ってくれているようなものです。モジモジせず、気持ちをビシッと伝えましょう。

タイミングが悪いと関係悪化

告白をして断られる原因として、告白のタイミングが間違っている場合が多いです。「気持ちを抑えきれずに告白したけど断られてしまった」。相手からは「えっ?友達の関係だと思っていたのに」と軽く言われてしまい撃沈!間が悪い告白をしたばかりに、その後の関係が悪化してしまいます。

男性は女性と出会ってから一定の時間が過ぎれば、デートや食事の回数を重ねれば、自然に女性との距離が縮まると想定している場合がありますが、相手によっては最初のデートで告白していい場合もあれば、4回目のデートでもまだ無理な場合もあるのです。タイミングをはかる基準は出会ってからの時間や会った回数ではないのです。

女性が楽しい気持ちの時に

相手の女性が仕事が多忙で疲れている時や体調が悪い時、または喧嘩の最中などの告白は避けましょう。二人だけでいるときに女性が楽しんでいる時を見計らって告白してみましょう。タイミングが悪いと関係悪化につながってしまいますので、焦らず時が来るのを待ちましょう。

「好き」の気持ちを大事に

「好き」な気持ちを伝えるためには、きちんと彼女の目を見つめて心を込めて言うようにするのがポイントです。真剣な眼差しが好印象を与え、気持ちも伝わりやすいです。決してふざけているとは思われないようにしましょう。相手は真剣なあなたを必ず受け止めてくれるはずです。

ストレートでシンプルがいい

やはり一番良いのは、なるべくストレートにわかりやすく想いを伝えられる言葉のようです「好きです」とストレートに言われたら女性は嬉しいと思う人が多いです。また、このように自分のまっすぐな気持ちをストレートにぶつける相手とずっとついていきたいと女性に思わせることができる言葉のようです。

一緒に居たら楽しい

好意を持っている人と一緒だとやっぱり嬉しかったり、楽しかったりしますよね。二人だけの時に相手がニコニコしていたり、テンションが上がっていたりすると、それはあなたに好意があるのかもしません。逆に、相づちが単調だったり、携帯をずっといじっていたり、つまらなさそうであれば意識されていないととれます。

地方出身なら方言もグッとくる

彼が地方出身者であれば方言で告白もあり得ますね。方言での告白は、普通の告白とはまた違った新鮮さが魅力的で何かグッとくるものがありますね。大阪弁の「めっちゃ好きやねん」など、とてもインパクトが強い言葉です。方言での告白を恥ずかしがってなかなかしてくれないかもしれませんが、地方出身の彼にお願いしてみてはいかがですか。

女がキュンとする言葉

3

大好きな彼への告白は、自分の素直な気持ちが伝わる言葉を贈りたいものですね。ストレートに想いを伝える告白の言葉を、女性なら1度は言われてみたいと思っているのではないでしょうか。女性が胸キュンする告白の言葉とは一体どのような言葉なのでしょうか。ただストレートに「好きです」もうれしいですし、「君と一緒にいると楽しい」も自分だけ特別な存在という感じがしてキュンとしてしまいますね。また、「付き合ってください」は素直にうれしいですし、何かホットしますね。

「好きです」と言われるだけでいい

「好きです」は好きであることをストレートに伝えている告白の言葉なので、女性にもとてもわかりやすい言葉ではありますね。「ずっと前から好きでした」なんて自分の気持ちを素直に表した言葉を言ってくれると、女性はとても嬉しいものです。つき合いたいと思っている場合には、きちんと付き合って欲しいという意思表示を付け加える必要があります。

「付き合ってください」は嬉しい

「付き合って下さい」はストレートに自分の気持ちをぶつけると真剣な感じがして好感が持たれます。女性には好感度が高い告白の言葉だと言われています。女性は白黒をハッキリしたい傾向があるため、このようにきちんと「付き合う」という言葉で表現してくれることは、この先もこの人としっかりとした関係を築いていける相手だと安心するために、告白の言葉には適している言葉であると言われています。

「ずっと傍に居て」はドキッとする

「もっと一緒にいたい」「ずっと傍に居て」はもともと一緒にいた時間が長い関係の二人にぴったりの告白の言葉なので、成功率も高いのではないでしょうか。とにかく一緒にいたいという言葉なので、「付き合って欲しい」という意味合いも含まれ、男性もわかりやすく答えを出しやすい告白の言葉でもあります。また、「君といると楽しい」は「私だけ特別な存在」という感じがして好印象かもしれませんね。

上から目線はダメ

素直に好きって告白してくれたらいいのに、何故か上から目線のプライドの高い男性っていますよね。「お前俺の事好きだろ?」と言ってくる勘違いな人もいます。「今日から俺の女になれ」的な命令口調の告白にドキっとする女の子もいるようですが、ある程度、相手の好意を確認してからでないと、「何様のつもり?」と思われてしまうかもしれません。素直になれない男性に女性は心を開けませんからね。

自分語りはNG

自分に酔っているか自分のことしか考えていないような告白の言葉は、まったく彼女の心には響かずむしろドン引きされる恐れがあります。そのような言葉を選ばないよう、気をつけましょう。あくまでも、「好き」な気持ちを素直にストレートに伝えることに重点を置いて考えるようにした方が良いでしょう。

結婚を連想するのはダメ

「俺のこと、幸せにしてください!」「僕の赤ちゃんを産んでください」など、結婚を連想させる告白の言葉は女性は引いてしまいますので、使わないようにしましょう。「ちょっと重すぎる」と思われるかもしれません。

男の心を掴む言葉

人は外見よりも、自分の中身を理解してくれている人に好意を寄せる傾向が高いと言われています。そのため、好きな部分を具体的に伝えることによって、男性は自分のことを理解してくれているんだなと思いさらに好意を抱くようになるので、成功する確率も上がるのではないでしょうか。

「好きです」だけだと物足りない

.「〇〇なところが好きです。付き合ってください。」のように、男性のどこが好きであるかをきちんと伝える告白の言葉は、男性にとても喜ばれる傾向があると言われています。このようにただ「好きです」だけではなく、どこを好きになったのかを具体的に伝えてみるのが良い方法です。率直な答えを求めているなら、この告白の言葉が最適ではないでしょうか。

「付き合ってほしい」と言われたい

単刀直入に気持ちを伝えるこの告白の言葉は、男性もきちんと答えざるを得ません。鈍感な男性も中にはいるので、やはりこのようなストレートな表現が一番良い告白の言葉かもしれません。白黒はっきりつけたい相手なら、この言葉はホットするかもしれませんね。

「彼氏になって」より「彼女にして」

より仲が良い関係であれば「彼氏になって」という言葉もストレートな告白の言葉です。さらに「彼女にして」は少しばかり強引な印象もありますが、相手への愛情の深さが伝わってくるような告白の言葉ではないでしょうか。男性はグッとくるかもしれません。

「好き」より「大好き」

ストレートな告白の言葉「好き」より「大好き」のほうが、よりインパクトが強いし、熱い思いが伝わる気がします。「大好き」は「これ以上はないのよ!」というくらい相手への思いの最上級の言葉かも知れません。これを言われてグッと来ない男性はいないのではないのでしょうか。

長文メールの告白はNG

女性と同じく男性へのメール告白の基本タイミングは、脈ありと感じた時にするのが、安全と言えます。メールは長文がいいのか、短文がいいのかは相手のタイプによりけりです。まず、相手のタイプを分析してみた方がいいかもしません。

ストレートに短文の方がしっくりくる人もいれば、どこが好きかなどを明細にする長文の方が心にくる人もいるでしょう。あまり長すぎると、重く思われるかもしれないですね。短すぎず、長すぎずの好きという気持ちをストレートにぶつけた短文メールの方が一番しっくりくるかもしれません。

オススメのシチュエーション

bisiness_lady

どのタイミングで告白をすればよいのかわからない人に、おすすめなのはやっぱりロマンチックな雰囲気になったタイミングです。2人で夜景を見ている時や夜の公園でまったりと話をしている時など、人混みのざわざわした場所よりも少し雰囲気のある落ち着いた空間で2人きりの時に告白するのが最良のタイミングだと言えるでしょう。

夜景や夜のドライブ

「夜景が見えるレストランで告白したら成功した」なんて聞いた事ありませんか?告白におすすめのポイントはロマンチック場所です。夜景の見えるお洒落なレストランやドライブ中の告白は最高のシチュエーションです。雰囲気、タイミングさえ揃えば、あとは言葉のチョイスだけですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?女性にとって告白にはタイミングがとても重要だと言うことがよくわかりましたね。実は告白する前に女性の返事は既に決まっていたりするものです。告白しようと決意したら、告白のタイミングと言葉使いに気をつけて、チャンスを絶対に逃さないようにして下さいね。


スポンサーリンク

Check Also

外国人特集~外国人の魅力と外国人のキス

最近増えつつある、国際結婚。 …