Home / オタク / 今人気!全国の工場夜景スポットと関東の工場特集

今人気!全国の工場夜景スポットと関東の工場特集

「工場夜景」がすごいと人気になっているのをご存知でしょうか?

工場夜景とは、暗闇の中でライトアップされた工場の夜景のことです。最近では、日本七大工場夜景と呼ばれるなど、全国に工場夜景スポットが増えるようになりました。

では、工場夜景に人気が集まっているのはどうしてでしょうか?

今回は、今人気が急増している、全国の工場夜景スポットと関東の工場夜景について、ご紹介したいと思います。日常とは違う神秘的な夜景が見たい方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

工場夜景の魅力に迫る

最近、工場夜景に注目が集まっています。中には、夜の工場なんて怖くて行きたくないと感じる方もいるかもしれませんね。では、工場夜景の魅力とは何でしょうか?ここでは、工場夜景の魅力に迫ってみましょう。

今、工場夜景を楽しむのがブーム?

最近、全国の至る所で工場夜景を楽しむのがブームになっています。2008年に川崎市で工場夜景に人気が出てからは、全国各地で工場夜景ツアーが計画されるほどのブームだと言われています。

工場夜景のファンの間では、「工場萌え」という言葉ができるほど熱烈なファンも増えつつあります。工場夜景のツアーは、老若男女みんなが気軽に楽しめる観光としてブームが到来しているのです。では、ブームとなるほどの工場夜景の魅力とは何でしょうか?

工場夜景の魅力とは

工場夜景の魅力は、暗闇に包まれた空間にわずかな光で浮き上がる工場の質感と、その圧倒的なスケールです。日頃の生活では感じることのできない異空間や金属の光沢などに神秘的な雰囲気が感じられて、多くのファンを虜にしています。

中には、夜の工場に行くのはちょっと抵抗を感じるという方もいますが、一度参加すると昼と夜のギャップに驚くこと間違いなしです。最近では全国どこでもツアーに参加できるので、家族みんなで工場夜景を楽しむことができます。

デートにも十分に使える

工場夜景をデートで楽しむカップルがとても増えています。工場夜景なんて地味に思えるかもしれませんが、魅力を知ってはまってしまったというカップルは少なくありません。工場夜景デートでは、非日常的な暗闇で夜景を眺めるので、二人の関係がより親密になります。

にぎやかな場所でのデートに疲れたカップルや、最近関係がマンネリ化してきたカップルには工場夜景が特におすすめです。大好きな人との関係が成長して、恋がかなうかもしれません。

歴史や趣を感じる

工場夜景では、日本の工業が発展した歴史や趣を感じることができます。学生の頃に教科書で勉強した工業地帯や工場の発展や、日本の工業がどうやって成長してきたのか、歴史を感じることができます。

工場夜景を見に行くと、暗闇の中に浮かぶ工場を見ながら、日本や工業のために働いてきた人々のことが脳裏によぎり、趣も感じることができます。モノづくりの歴史や趣を感じる観光がしたい方には、おすすめです。

技術の偉大さも実感

工場夜景を見ると、工場の技術の偉大さを実感することができます。普段の生活では見ることのできない工場を目の前にすると、工場の圧倒されるようなスケールや日本の技術の偉大さが感じられます。

工場から聞こえるゴウゴウという無機質な音にどきどきして、気持ちが盛り上がること間違いなしです。暗闇の中に浮かび上がる工場や、モクモクと上がる水蒸気の煙突は、まるでSFのような非現実的な光景です。

全国の工場夜景

最近では、日本全国に工場夜景のスポットがあります。日本五大工場夜景や七大工場夜景と呼ばれることもあるほど、全国でブームになっていて、それぞれに特徴や魅力が違っています。では、全国の工場夜景についてご紹介しましょう。

室蘭・苫小牧(北海道)

北海道では、室蘭と苫小牧の工場夜景がとても有名です。室蘭の工場夜景の特徴は、全国でも少ない「見下ろす工場夜景」が話題になっています。

室蘭の工場は周辺を山に囲まれているため、海や平地からではなく高い場所から眺めることができます。工場夜景を広いエリアで見れて、工場のスケールを実感できます。

苫小牧の工場夜景は、暗闇に浮かび上がる工場を目の前で見られるのが魅力です。苫小牧の工場は製紙業が有名で、王子町、真砂町、晴海公園には街の中に工場エリアが集中しています。駅からも歩いて行ける距離になるので、目の前で迫力あふれる工場夜景が楽しめます。

八戸・いわき(東北)

東北地方では、青森県八戸や福島県いわきの工場夜景に人気があります。港町・八戸市には、海と共に成長してきた工場や漁港などの産業が集中しています。臨海部に連なる工場群が夜になるとライトアップされ、多くのファンを魅了しています。

福島県いわき市の臨海工業地帯でも、「SNOOF小名浜工場夜景撮影ツアー」が開催されました。小名浜の工場夜景のライトアップが幻想的だと、東北地方の夜景を撮影したいファンの間で話題になっています。

三重・姫路・尼崎・堺泉北(関西)

関西には阪神工業地帯があり、三重・姫路・尼崎・堺泉北などの工場夜景に人気があります。姫路の「エコパークえぼし」や「網干なぎさ公園」の芝生広場や小高い丘から工場夜景が一望できるので、デートにもおすすめのスポットです。

尼崎にも、人気の工場夜景スポットがあります。「大阪チタニウムテクノロジーズ」の近くがビュースポットです。空を見上げるような角度で工場夜景が楽しめます。歩道から見る「関西熱化学」の工場夜景にも人気があります。

静岡(中部)

静岡県富士市は日本七大工場夜景都市に選ばれるほど、工場夜景が人気のエリアです。富士市は製紙工場が盛んな街で、夜になると化学工場がバリエーション豊かにライトアップされます。

富士市の工場夜景で特徴的なのは、「ふじの国田子の浦みなと公園」から富士山のシルエットと工場夜景を同時に見渡せることです。こうした自然と工場の姿が調和するエリアは、工場夜景のスポットの中でも富士市に人気がある理由と言えます。

今治、四国中央(四国)

四国地方では、今治と四国中央の工場夜景に人気があります。「今治街道太陽石油」の工場夜景では、歩道からライトアップされたプラントを一望できます。角度によって工場夜景が変化したり、国道196号線「今治街道」から見える工場夜景が、人気の理由となっています。

愛媛県の四国中央は、紙製品出荷額一位を誇る製紙工場が多いエリアで、夜になると幻想的にライトアップされています。「大王製紙」の製紙工場は巨大で、見ごたえのある工場夜景として人気を集めています。

北九州(九州)

北九州は、日本の工業化や成長を支え続けてきた北九州工業地帯があります。その中でも独自の魅力を放っているのが、製鉄所の工場夜景です。圧倒的なスケールと迫力がまるでSF映画のようだと、工場夜景ファンからも話題になっています。

北九州の工場地帯はオレンジやイエローなどバラエティー豊かな色彩で映し出され、まるで近未来都市を遊泳しているかのような感覚になります。暗闇に浮かぶ工場夜景が、海面に映し出される様子も多くのファンを魅了しています。

川崎の工場夜景を楽しもう(関東)

関東地方では、川崎の工場夜景がファンから人気を集めています。川崎の工場夜景には、どんな魅力があるのでしょうか?ここでは、川崎の工場地帯やおすすめの周遊コースについて、ご紹介したいと思います。

川崎の工場地帯とは

川崎市は、京浜工業地帯の中心的な地位を占める都市です。川崎市の工業地帯は、日本の工業地帯や技術の中心とも言える存在です。「第1回工場夜景サミット」が川崎市で開催されたほど、工場夜景の人気が始まったエリアと言えます。

川崎の工場夜景は、工業地帯の規模が大きいことが最大の魅力です。スケールの大きな迫力のある工場夜景を見たいなら、川崎の工場地帯がおすすめです。川崎の工場地帯は東京や横浜からもアクセスが便利なので、家族やカップルで楽しむことができます。

おすすめの周遊コース

川崎市の工業地帯は大変大きいため、様々なビューポイントから工場夜景を見ることができます。

川崎の工業地帯の工場夜景で人気なのは、海からクルーズ船で見学する周遊コースです。潮風が心地よい夜の海を楽しむことができますし、海から幻想的に浮かび上がる工場夜景も堪能できます。

川崎の工場夜景には、川崎駅、大さん橋、山下公園などから出発する周遊コースがあります。道路から見たいなら、バスに乗って夜景を楽しむ周遊コースを利用できます。夜空と工場夜景と海面に移った明かりのコントラストがおすすめです。

各社の料金

【会社名】ボートサービス
【コース名】工場夜景とみなとみらいクルーズ!
【料金】¥3,000

【会社名】長八海運株式会社
【コース名】川崎工場夜景屋形船クルーズ!
【料金】¥4,000

京浜の工場夜景を楽しもう(関東)

関東地方では、京浜の工場夜景がファンから人気を集めています。京浜の工場夜景には、どんな魅力があるのでしょうか?ここでは、京浜の工場地帯やおすすめの周遊コースについて、ご紹介したいと思います。

京浜工場地帯とは

京浜工業地帯は、日本の工業地帯や技術を支えてきた中心的な存在です。

「第1回工場夜景サミット」が川崎で開催されるほど、京浜工業地帯の工場夜景が人気を集めるきっかけとなるエリアです。ライトアップされた京浜工業地帯の工場夜景は、工場夜景の代表と言えます。

京浜工業地帯の工場夜景は、工業のスケールが大きいことが最大の魅力です。スケールの大きな迫力のある工場夜景を見たいなら、京浜工場地帯がおすすめです。京浜工業地帯は東京や横浜からもアクセスが便利なので、家族やカップルで楽しむことができます。

おすすめの周遊コース

京浜工業地帯は大変大きいため、様々なビューポイントから工場夜景を見ることができます。京浜工場地帯をドライブするだけでも、工場夜景が目に入ってきます。道路から見たいなら、バスに乗って夜景を楽しむ周遊コースを利用できます。

川崎の京浜工業地帯の工場夜景で人気なのは、海からクルーズ船で見学する周遊コースです。潮風が心地よい夜の海を楽しむことができますし、海から幻想的に浮かび上がる工場夜景も堪能できます。夜空と工場夜景と海面に移った明かりのコントラストがおすすめです。

各社の料金

【会社名】京浜フェリーボート
【コース名】肉食系交通船で行く探検ツアー
【料金】¥3,800

【会社名】リザーブドクルーズ
【コース名】工場夜景ジャングルクルーズ!
【料金】¥4,600

京葉の工場夜景を楽しもう(関東)

関東地方では、京葉の工場夜景がファンから人気を集めています。京葉の工場夜景には、どんな魅力があるのでしょうか?ここでは、京葉の工場地帯やおすすめの周遊コースについて、ご紹介したいと思います。

京葉工場地帯とは

京葉工業地帯は、日本の工業地帯や技術を支えてきた中心的な存在です。ライトアップされた京浜工業地帯の工場夜景は、工場夜景の人気が高まるきっかけとなったエリアと言えます。

京葉工業地帯の工場夜景は、工業のスケールが大きいことが最大の魅力です。スケールの大きな迫力のある工場夜景を見たいなら、京浜工場地帯がおすすめです。京葉工業地帯はアクセスが便利なので、家族やカップルで楽しむことができます。

おすすめの周遊コース

京葉工業地帯は大変大きいため、様々なビューポイントから工場夜景を見ることができます。京葉工場地帯をドライブするだけでも、工場夜景が目に入ってきます。道路から見たいなら、バスに乗って夜景を楽しむ周遊コースを利用できます。

川崎の京葉工業地帯の工場夜景で人気なのは、海からクルーズ船で見学する周遊コースです。潮風が心地よい夜の海を楽しむことができますし、海から幻想的に浮かび上がる工場夜景も堪能できます。夜空と工場夜景と海面に移った明かりのコントラストがおすすめです。

各社の料金

【会社名】日東商船株式会社(シャイニークルーズ)
【コース名】千葉みなと発!京葉工場夜景クルーズ
【料金】¥1,500

【会社名】日東商船
【コース名】「シャイニービュー号」で行く京葉工場夜景クルーズ
【料金】¥1,500

まとめ

今回は、全国の工場夜景についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

全国にこれだけたくさんの工場夜景スポットがあると知って、驚かれたのではないでしょうか?工場夜景には、日常から離れて、暗闇の中に浮かび上がる工場の神秘的な姿が見れるという魅力があります。

バリエーション豊かにライトアップされていたり、SF映画のような幻想的な体験ができるスポットもあります。工場夜景のスポットは日本全国にありますから、デートや家族旅行などで見学ツアーに参加してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …