Home / 美容 / 美肌 / 美肌対策~小じわとニキビによる肌荒れをケア!

美肌対策~小じわとニキビによる肌荒れをケア!

美肌は、女の武器です。

今回は小じわやニキビによる肌荒れのケア方法についてご紹介します。

是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

気になるこじわ どう処理するか

なぜ小じわができるのか

小じわがあると老けて見られてしまいますし、人と近くで話して見られるのが嫌だという人も多いでしょう。

しかし、皮膚の表面にできたしわならちょっとした対策で目立ちにくくすることができます。小じわができる原因といってもいろいろありますが、まずは肌の乾燥が考えられます。

表皮の角層の水分は皮脂、セラミド、天然保湿因子などによって守られていますが、角層内の水分が不足すると肌は乾燥してしまうということです。しかし、きちんと保湿をすれば肌が潤いますし、肌は自ら保湿物質を作り出すことができます。

それによって角層内に水分を蓄えられるようになりますし、湿度がなくなっても水分が蒸発してしまうことはありません。しかし、角層の水分が不足するとバリア機能が弱まってしまいますし、水分が蒸発することで肌内部の潤いも奪われてしまうということです。

目元は皮膚が薄いので小じわができやすいと言われています。目尻はよく動かすので特にしわができやすいですし、20代後半くらいで目立ち始める人もいます。また、喫煙する人もしわができやすいので注意しましょう。

ちなみに、肌は紫外線を浴びると肌を守るためにメラニン色素を作り出します。

メラニン色素は肌を守るために必要なものなのですが、きちんと排出されないとそのまま肌に残ってしまいます。また、紫外線が真皮まで届くと肌のハリや弾力を維持しているコラーゲンがダメージを受けてしまいますし、深いしわになってしまうでしょう。

小じわのケア方法

紫外線は肌から若々しさを奪ってしまうため、若い頃からきちんと対策をすることが大切です。

できるだけ早くから対策を行うことにより、10年後の肌に差が出てきます。クレンジングでメイクを落とす時に肌を擦り過ぎるのは良くありません。肌を擦り過ぎると摩擦を与えてしまいますし、肌への負担が大きくなってしまうでしょう。

目元や唇などは強く擦るとダメージが大きくなってしまうため、できるだけダメージを与えないようにすることが大切です。目元は力を入れて擦りたくなるかもしれませんが、強い力で擦ってしまうと目元の皮膚に負担をかけてしまいます。

目元に負担がかかってしまうとしわができやすくなるので注意しましょう。お肌の潤いを保つためには部屋の湿度が60〜70%となっていることが大切です。湿度が50%以下になると乾燥しやすくなるので注意しましょう。

自宅でできる湿度対策としては、濡らしたタオルを周りに置くことや洗濯物を室内に干すこと、お湯を沸かすこと、部屋に霧吹きをすることなどがあります。また、加湿器を置くという方法もあるのできちんと湿度対策をしたいという人におすすめです。

メイクの落とし方・洗顔方法

メイクは落とすのが面倒ですし、早く落とすために強く擦ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、小じわ対策をしたいなら摩擦の少ない方法でメイクを落とすことがポイントです。目元のメイクを落としたいという場合、ポイントメイクリームーバーを使うと良いでしょう。

リムーバーを使うことにより、顔全体のメイクを落とす時に使うクレンジング剤を使う時間を短縮することができます。洗顔時は顔と手の摩擦を減らすことが大切であり、濃密な泡を作って洗顔していきましょう。

しっかり泡立てるためには洗顔ネットを使って泡立てることがポイントです。洗顔ネットを使って泡立てれば少ない量でもしっかり泡立つため、コストパフォーマンスも高くなるでしょう。

また、洗う時は泡を顔の上で転がすようにして洗うことがポイントであり、自身の肌に合ったオイルを使うのがおすすめです。乾燥による小じわは保湿ケアとマッサージによって目立ちにくくすることもできます。

肌に優しいマッサージを行うと良いでしょう。夏は汗をかきやすくなりますが、汗を拭くことも肌への摩擦となってしまいます。摩擦を減らすためには強く擦って拭くのではなく、優しく抑えるようにして汗を吸い取りましょう。

紫外線対策は日焼け止めよりファンデーションが良いとされています。日焼け止めは紫外線の吸収量が限られているため、こまめに塗り直す必要があります。

しかし、ファンデーションの場合は1日中UVカット効果を保つことができますし、日焼け止めのようにこまめに塗り直す必要はないのです。ちなみに、日焼け止め効果のないファンデーションでも、しっかり塗ればある程度紫外線をカットすることができます。

小じわの原因は乾燥なのですが、外側からだけでなく内側からのケアも重要です。内側からのケアというのは食生活に気を付けるということであり、綺麗な肌を手に入れるためには発酵食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

味噌などの発酵食品にはアミノ酸や酵素などが含まれており、肌の若々しさをサポートしてくれます。また、ナッツ類には良質な不飽和脂肪酸やアミノ酸が含まれていますし、ドライフルーツなどもおやつに良いとされています。ちなみに、飲み物は冷たいものではなく温かいものを選んだ方が代謝が良くなります。

 

ニキビによる肌荒れを防止しよう

ニキビの原因とは

ニキビによる肌荒れを防止したいと考えている人も多いでしょう。大人になってからできるニキビは治りにくいですし、跡になりやすいという特徴もあります。肌トラブルには必ず原因がありますし、まずはその原因を見つけることから始めましょう。

肌トラブルが起こってしまったら生活習慣を見直してみると良いでしょう。脂質や糖質が多い食生活を送っていると皮脂が過剰になってしまうこともあります。ストレスやホルモンバランスが乱れてしまいますし、肌にも悪影響が出てしまうので注意しましょう。

乾燥が原因で肌トラブルが起こっている場合、皮脂のケアを行うとさらに乾燥が酷くなってしまうこともあります。

また、ニキビの状態によって肌荒れを防止する方法も異なってきます。炎症や膿を伴っているニキビは跡に残りやすいですし、肌荒れが起こりやすいので注意しましょう。大事な予定がある人や肌の状態が悪化しやすいという場合、短時間で治すための方法を知っておくのがおすすめです。

スキンケア方法

早めに治す手段としては洗顔方法・スキンケアを改めるのが重要でありであり、状態が悪化しないように肌の環境を整えてあげましょう。炎症を起こしていない場合は毛穴に皮脂が詰まっている状態です。

これを放置しておくとアクネ菌が増殖して炎症が起こってしまいますし、炎症を起こす前に余分な皮脂をしっかり洗い流して保湿しましょう。炎症を起こしてしまった場合は炎症を抑えることはもちろん、アクネ菌を除去する必要もあります。

専用のスキンケア用品を使うことで治りを早くすることができるでしょう。肌の状態を改善したいという場合、しっかり話だてて洗顔することが大切です。また、肌荒れのある部分にはあまり触らないようにしましょう。

洗顔料が肌に残ってしまうのも良くありませんし、きちんとすすぐこともポイントです。

洗顔はあくまでも優しく行うことが大切であり、泡で毛穴の汚れを掻き出すようにしてできるだけ刺激を与えないようにしましょう。

また、肌トラブルが起こってしまったら保湿ケアを行うことも大切です。

保湿ケアの際に必要となるのがクリームや乳液などの油分なのですが、油分が多すぎると肌トラブルが悪化しやすくなるので注意しましょう。化粧水でしっかり保湿したら少量のクリームや乳液などを使うことがポイントです。

食事のメンテナンスも必要

肌トラブルを早く治したいという場合、肌に悪いとされる食べ物は避けた方が無難です。特に油分が多い食事には注意が必要であり、脂質は生きていくために欠かせない栄養素の一つなのですが、過剰摂取してしまうのは良くありません。

油分が多い食事といえば、ファストフードや揚げ物、お菓子などといったものが挙げられます。適度に摂取するのは問題ないのですが、肌トラブルを防止したい場合はできるだけ避けた方が良いでしょう。普通の食生活をしていれば脂質が不足してしまうことはほとんどありません。

ちなみに、炭水化物などの糖質も摂り過ぎるのは良くありません。糖質を多く摂取した場合も皮脂の過剰な分泌に繋がってしまうことがあるので注意しましょう。肌トラブルが良くなるまでは糖質や脂質を控えめにした方が良いですし、野菜中心の食生活を送るのがおすすめです。

肌トラブルに効果的だと言われている栄養素はいろいろありますが、まずはビタミンを積極的に摂取していくと良いでしょう。

ビタミンAやビタミンC、ビタミンEには抗酸化作用がありますし、炎症を引き起こす活性酸素を除去する効果が期待できます。特に抗酸化作用が高いのはビタミンAであり、緑黄色野菜をしっかり食べるようにすると良いでしょう。

人参やブロッコリー、カボチャなどにはビタミンAやビタミンC、ビタミンEが含まれており、肌トラブルの改善に欠かせない栄養素をきちんと摂取することができます。

栄養素は食事からバランス良く摂取することが大切なのですが、外食やファストフードを食べることが多い人などは必要な栄養素をしっかり摂取することが難しいでしょう。

そこでおすすめなのがサプリメントを利用するという方法であり、サプリメントならいつでも手軽に栄養素を摂取することができるでしょう。肌トラブルを防止することはもちろん、効率よく治すためにも普段からサプリメントを利用するのがおすすめです。

サプリメントを飲む習慣をつけることで改善の一歩になりますし、綺麗な肌を保ちやすくなるでしょう。

また、ニキビによる肌荒れを防止するためにはしっかり睡眠を取ることも大切です。肌や体に不調を感じている場合は特にきちんと休ませるようにしましょう。

成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されるのですが、肌のターンオーバーを促すなどの効果もあると言われています。肌の生まれ変わりをサポートしてくれますし、寝る時間を増やすだけでも肌荒れを改善できるようになるでしょう。

成長ホルモンは寝不足だときちんと分泌されませんし、肌のターンオーバーを遅らせる原因になってしまうこともあります。健康的な肌を保つためにもしっかりと睡眠時間を確保するようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

ニッポン美肌グランプリとは?なぜアノ県は1位なの?

色の白いは七難隠す、とは昔から …