Home / 恋愛 / モテ / 恋人ができない…恋人をつくるためにあなたが変わるべきポイント

恋人ができない…恋人をつくるためにあなたが変わるべきポイント

恋人が欲しいのに、なかなかできない…。そんなもどかしい思いをされている方も少なくないのではないでしょうか。確かに、恋愛をしていなくても楽しく過ごせます。でも、だれかと付き合うことも、温かい気持ちになれて素敵ですよね。

長く恋人がいない方や、恋人がほしいと思っているのになかなかできない方のために、今回は、恋人ができない人の共通点や、恋人ができるようになるためにあなたがするべきことをご紹介します。

スポンサードリンク

恋愛できない人の共通点

①彼氏のいない生活に満足している

恋愛ができない人が私の周りにいます。大学時代の友達です。顔が悪いわけでも性格に問題があるわけでもなく、意識して恋愛をしないと決めてるわけでもありません。きちんと仕事をし、両親や親族との関係も良好です。趣味やボランティアもしています。結婚している私よりずっと充実しています。

唯一問題があるとすれば今の生活に特に不満がないから何かを変えようとしない点です。親にかくれてこっそり付き合うということもありません。友達のように親とは親しく、なんでも話せて秘密がないのです。好きな人ができて付き合い始めても、その状況を楽しむのが一番で一歩踏み込むことはせず、自分から積極的に何かすることはありません。

そのため、仲がよくみえても本当の意味でお互いを理解しようとはしていないのです。何か残念な感じです。もし相手が去って行っても原因を聞いてつきつめることをしないでしょう。異性とつきあうならばお互いにその人の一番の理解者でありたいと思うものですが、それよりも一緒にいて楽しいとか話がおもしろいといったその場しのぎのつきあいで終わっています。

②なかなか相手を知ろうとしない

それだと恋人より周りの友達のほうがその人をよく知っているということにもなってしまいます。自分をさらけだし「私はこういう人間ですが、あなたはどんな人ですか?」と声を大にして聞いてみたくなるような人ではないのか聞きたくなります。

この人といっしょにいると楽しいし話も合うからつきあってみたい。でも彼のことで自分の知らないこともあるからもっといろいろなことを知りたいと思うはずです。

小さい頃の様子、小学校ではどんなことがあったのか、好きな食べ物、友達はどんな人がいるかなど好きになるとその人に対していろんなことを知りたいと思うはずです。

そうしていくうちにやっぱり思った通りの人だったとか、どうやら私とはこんな根本的なところが違ってていっしょにいるのは無理そうだとか、何らかの手ごたえを得られて恋愛に発展するべき人とは続いていくわけですが、大学時代の友人は相手をよく知ろうという欲をだしません。

③恋愛や人間関係に消極的

ガツガツしていないのです。悪くいえば消極的です。男性からデートに誘われて、デートに何となく行ってみるものの、消極的で自分から相手を知ろうとすることがないため、なかなかその次のステップに進めません。

大学の時代の友達は、当時はそれなりに付き合う機会もあったし、実際に彼がいた時期もあります。ただ数か月もたたずに自然消滅になるパターンで終わり現在に至ります。私がこのように思っていることを今までに彼女たちに話したことはありません。本人が気づくことだと思っているからです。

彼氏をつくるためにあなたがするべきこと

①肉食系女子になる

本当に恋愛がしたいのならば肉食になるべきです。ここぞという時にはチャンスを逃してほしくないのです。今、結婚をしたくない人が増えています。そのために恋愛からも遠避かってしまうのでしょうか?

消極的すぎる女性は、男性からも魅力的には思われにくいでしょう。自分から積極的にディナーに誘ってみたり、連絡を入れてみたり、会っているときは相手について多く質問したりと、相手への興味を積極的に示すことが大切でしょう。

②誰かと長く付き合うことのメリットを再確認する

実際に付き合うことで学べることもたくさんあります。私は経験から自分がとてもわがままだということがわかりました。相手から指摘されたし、自分でも嫌になるくらい実際にわがままだったからです。その人とは別れましたがそのおかげでどんなに親しくなれても相手を思いやることを忘れないようにしようと思いました。

恋人だからといって自分本位に行動すれば相手を傷つけたり迷惑がかかるこんな当たり前なことも一緒にいて自分が特別な存在になると忘れてしまったのです。これは私の失敗談です。あの経験があるから自分を戒めることができています。

はずかしいしお互いつらい経験でしたが、友達関係では学べなかったことだと思います。自分の貴重な財産です。なんとなくふわふわと付き合っていればお互いを傷つけたりしないで済みますが、それでは学びがありません。若いうちは痛い思いをしても立ち上がれます。学びの途中だからです。

③「自分を評価してくれる人」を探す

彼氏を作るという事は、将来お付き合いをする男性の為に、自分が今何をしてあげられるのかという事です。自分がこれからお付き合いする男性にとって魅力的になる為には努力が必要ですが、努力が有効であればあるほど魅力的な男性とお付き合いするチャンスが増えるでしょう。友達や同僚等、相談相手は意外に身近な所にいます。

男性の性格や好みや性格は千差万別ですが、好まれる女性のタイプはある程度の共通点があるものです。この為、男性から直接評価を受けながら自己改善を真面目に図っていくのは、かなり効果的な特訓になります。自分が彼氏が欲しいと思っている事や、どのような人柄の男性と付き合いたいのかを具体的に説明して、男性に協力をしてもらいましょう。

評価を受けた後は、改善が必要です。意見には厳しいものがあるかもしれませんが、それは男性から見れば女性として当たり前という場合もあります。

逆に言えば、当然の事を当然にできる人というのは、男性にとっては気になる存在です。女性に対してあまり期待しない男性が増えている時代だからこそ、男性から見た努力ができる方は魅力的に映ります。試練を乗り越えられた女性にだけ、チャンスは巡ってくるものです。

④しっかりと反省し、自分を変える

真面目に反省のできる女性というのは、それだけで男性にとっては知性的で魅力のある女性と映ります。良い相手とお付き合いをした後も、反省というのはかなり役に立つ習慣です。男性が日常的に行っている事であり、それが行える事は相手からの信頼感に繋がります。

男性はモラルを大切にするものです。男性から見て魅力があり信頼もできる相手になれれば、恋愛対象にしたいという方が多くなるでしょう。男性は魅力的な女性にはとことん尽くし、とことん優しくしてくれます。これは、自分が男性にとって理想的な存在になる努力をすれば、それだけ男性が理想的に近い形で接してくれるという事です。

異性が優しくしてくれる、異性にとって価値のある女性になるには、自己改善や反省といったステップが必要不可欠になります。自己改善の対象は、自分の見た目にも及びます。生まれつきの見た目を大きく変える事は難しいですが、人に好印象を与える見た目にする事は誰でも可能です。この場合も、相談のできる男性に評価を受けつつ進めると良いでしょう。

⑤接しやすい女性になろう

女性にとってはメイクをバッチリ決めて綺麗になったつもりでも、男性から見ると嫌悪感を抱かされる典型的なタイプという場合が少なくありません。ナチュラル系のメイクと呼ばれるものも、男性からすれば単なる厚化粧という評価を受けかねないので注意が必要です。

どの程度の化粧が適度なのか、意見は率直に受け止めましょう。服装についても同じ事が言えますが、逆に地味過ぎても男性からは好まれません。露出のある衣服の方が男性は気になると思われるかもしれませんが、男性にとって肉体的なアピールは性欲の対象にしかなりません。服装は自分の内面の現れと考え、真面目にお付き合いができる相手であるという安心感を相手に与える服装を心掛けましょう。

これら以外にも、言葉遣いや態度といった性格面に魅力を感じる男性が多い事を、知っておいて損はありません。男言葉を使ったり大きな声でしゃべったりしていないでしょうか。笑い声が下品であったり、仕草が乱暴であったりしないでしょうか。異性は自分に無いものを相手に求めます。優しく穏やかで品が良いといった、男性にとって得難い特徴がある女性は魅力を感じてもらいやすいでしょう。

まとめ

幸せハート

いかがでしたでしょうか?恋人ができないことは悪いことではないし、あなたに悪い部分があってできないわけでもないかもしれません。でも、もし恋人がほしいなら、自分が少し変わる必要があるのかもしれません。

積極的に出会いや男性を求める部分や、男性からの評価を素直に聞き入れ反省する正直さなどです。是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク