Home / 恋愛 / 恋が辛いと感じやすい時と恋を辛いと思った時の対処方法

恋が辛いと感じやすい時と恋を辛いと思った時の対処方法

自分の想いが伝わらない恋は辛いものです。片想いでも両想いでも相手の気持ちがよくわからないと感じた時、幸せな恋愛から辛い恋へと変わるのでしょう。恋愛に憧れている時期を通り過ぎて大人になると辛い恋に悩むのです。子どもの頃、恋は辛いなんて感じたことはないですよね。辛い恋だと感じた時、あなたはどうしていますか。

その人を諦めて違う人を好きになれたのなら、辛くないのは自分でもわかっていますよね。でも、それができないから辛いのです。恋が辛いと感じやすい時は、その恋を諦めきれないとき・・そんな時はどう対処すればいいのかわからないと、一人で悩んでいませんか。恋が辛いと感じた方は是非読んで下さい。

スポンサードリンク

恋が辛いと感じやすい時

恋が辛いと感じやすい時はどのような場合でしょうか。一番多いのは自分の気持ちが一方通行の時ではないでしょうか。自分の気持ちに気付かずに相手から振り向いてもらえないような恋は辛いですね。付き合っていても彼氏彼女の気持ちがわからなくなる時は辛いと感じませんか。予定が合わなくてしばらく会えないと辛いと感じますか。

好きな人に恋人が出来たとき

片想いの人だったり、憧れていた人に恋人が出来たと知ったとき、自分の恋する気持ちが行き場を失ってしまって辛いのです。好きな人に恋人が出来たからと言って、すぐに気持ちを切り替えることは難しいですよね。好きな気持ちが残るから恋が辛く感じるのです。諦められたらいいのにと誰でも思うはずです。元々付き合っていたわけではないけれど、好きな人に恋人ができた現実は辛いですね。2人が並んで歩いているところを目撃とかしたら胸が張り裂けそうになります。

勇気がなくて好きと伝えられないとき

勇気がなくて好きと伝えることが出来ない・・辛いですね。振られてもめげないで何度でも告白出来る人もいるのに、自分にはその勇気がないからただ見ているだけでいいと自分に思い込ませているのですね。こんなに辛いのなら好きにならなければよかったと思ったことはないですか。
でも、淡い恋の想いは後から思い出すと美しいものかもしれません。大人になると片想いも出来なくなってくるから、青春の思い出です。まさに片想いは辛い恋の代名詞のようです。

好きな人から恋愛相談をされたとき

ずっと好きだった人から恋愛相談をされたらショックですよね。恋愛相談をされるくらい身近にいたけれど、自分が恋愛対象ではなかったというダブルショックで傷も深いです。

友達関係を壊したくないから恋愛相談に親身になってのってあげたり、辛い時間が続いていくこともありますね。友達のままではいられなくなることも辛いかもしれません。

2人の恋の不成就を密かに願っている自分に嫌気がさしたりしたらもっと辛いでしょう。友達と好きな人をグループ分けしておく人もいますね。他の友人関係にも自分の恋愛感情から亀裂が入ることを避けるためです。

でも、グループ交際から恋に発展するケースもありますから、好きな人から恋愛相談をされた時はチャンスに変わるかもしれないです。辛い恋の我慢も報われるかもしれないですね。

友達と同じ人を好きになったとき

これはよくあることです。仲のいい友達と好みのタイプが近くて、同じ人を好きになったことに気付いたときはお互いに辛いですね。先に言ったほうは気付かずに、知らされたほうが1人で辛くなる場合もあります。

自分のほうが先に好きだったのに、と思っても恋は先着順ではないですからね。友達の恋を応援するか、自分の恋を押し通すかは永遠の痛みですよ。

女性の場合だと、友達関係に亀裂が入ることもあり得ますので、好きな人も友達も両方失ったという辛さを味わってしまうかもしれません。これも青春の苦い思い出として味わった人も多いでしょう。大人になると自分が身を引くことが上手くなるから、辛さも少し薄くなるのですね。

相手の気持ちがわからないとき

交際中でも相手の気持ちがわからないときは、片想いよりも辛い恋だと感じてしまいます。信じていれば辛くないのに、どこからか信じられなくなって疑うことばかりで、余計に関係を悪化させてしまった経験はないですか。

なぜ相手の気持ちがわからなくなるのでしょうか。独りよがりな恋だったのか、相手の気持ちが真剣ではなかったのか、どれも辛いことばかりです。

また、相手に浮気の兆候が見えたときも、気持ちがわからないと辛くなります。でも、恋愛は2人でするもの・・相手も気持ちがわからないと考えているかもしれないです。素直に気持ちを相手にぶつけてみると状況が変わることもあります。辛い恋からの脱却も必要ならば、素直にぶつかってみるといいと思います。

遠距離恋愛になったとき

会いたいときに会えない遠距離恋愛は我慢ばかりで辛いものです。メールやLINE、テレビ電話など便利な連絡手段や機能が増えても、会って抱きしめられないのなら代わりにはなりません。どこまでも信じて待つしか方法がないから、お互いに辛くて切ない恋になります。

遠距離恋愛を成就させる方法は信頼と我慢だと理解していても、辛い恋だと感じやすいですね。遠距離恋愛はお互いが望まないのに環境からそうなることが多いですよね。家族の環境、会社の都合と、自分たちでは抵抗できないものばかりだから辛いのですね。お互いの気持ちは繋がっていても会えない時間が恋を辛くさせてしまうのです。

恋人に会えない日々が続いているとき

会えない理由がどんなことでも長く会えないでいると辛いと感じます。お互いに仕事が忙しかったとか、家族の用事に付き合っていたとか、自分の理由も相手の理由も理解しているはずです。それでも会えない日々が続くと相手のことを責めてしまったり、ますます恋が辛く感じてしまいます。

恋が辛いと感じやすいときは、自分への嫌悪感も感じているのかもしれません。彼氏彼女の気持ちを考えて、相手も辛いと感じていてくれると、信じられたのなら少しは楽になるかもしれないですね。辛い恋には信頼も必要ですよ。

好きな人からの連絡を待っているとき

好きな人からの連絡を待っているときはこの恋が成就するのか、しないのか、そんな不安もあって辛いと感じやすいですよ。相手の気持ちに運命をゆだねてどこへたどり着くのかまったくわからない・・連絡の結果次第ではもっと辛くなることもあるのなら、辛いどころか逃げ出したい気分です。

こんな想いは二度としたくないと恋に臆病になることもありますね。恋が辛いと感じやすいときは、恋に臆病になっているときかもしれません。相手の気持ちがわからずにただ待っているだけの恋は、先が見えなくて辛いのでしょう。半分諦めて待ってみると辛くないのではと思います。

振られてしまったとき

告白をして振られてしまった、付き合っていたのに振られてしまった、相手の一方的な気持ちによって自分の気持ちに終止符を打たれたときは、辛い恋も終わりを告げます。ただ、自分の気持ちは相手に対する”好き”だけが残ると辛いのです。振られた・・はいっ次!とはなかなかいきませんよ。

未練がましいとか他の人は言うけれど諦められないからこそ、それも痛くて辛いわけです。失恋ほど恋を辛いと感じるときはないということです。両想いでも、片想いでも振られることは辛いでしょう。新しい出会いに早く向き合えるように努力していきましょう。

恋が辛いときの対処方法

恋が辛いと感じやすいときはみんなそれぞれあります。では、そのときをどう対処していると思いますか。人によってさまざまな対処方法がありますよね。辛い恋を完全に吹っ切れる対処方法とはどのようなものでしょうか。

辛かった恋を忘れるまで少し時間が掛かるかもしれませんが、自分に合った方法を試してみて下さい。

自分を認める

恋を辛いと感じたことを、相手のせいにばかりしていてはまた次も同じことの繰り返しになる可能性が高いです。しっかりと自分を認めて、自分の悪かったところは直す、良かったところはそのまま残すということも大事ですよね。

また、自分を認めることで自信と勇気もでてきます。恋愛は一人ではできないから辛いので、自分の思う通りにはいかないものです。自分を認めて見つめ直すことが出来たら、辛い恋も終わると思います。

友達や家族と過ごして気分転換

暗い気持ちで過ごすよりも、仲のいい友達や家族と楽しい時間で気分転換をして辛い恋を忘れましょう。きっとこの対処方法が一番多くて有効的ですね。辛かったことをみんなに話してしまうと意外とスッキリしたという人も多いはずです。

一人で過ごしているといつまでも引きずるばかりです。友達や家族と”ぶわぁーっ”と騒いで気分転換しましょう。

泣いてすっきりする

泣いてすべてを捨て去るという方法もいいですね。皆さん経験者ではないでしょうか。泣きすぎて翌日、目と顔がパンパンに腫れていたという事も経験してますよね。腫れた顔を見て「はぁーっ、馬鹿だな・・」と自分で笑ったことはないですか。

ここまでがセットで気持ちが晴れるようですね。辛い恋も自分で笑ってしまえばそれで終わりに出来ます。泣くだけ泣いて目を真っ赤にして次の日はすっきりして忘れましょう。

新しい趣味を作る

趣味に没頭することは嫌なことを忘れるのには、大変いいことです。新しい趣味を作ることで、新しい仲間が増えて交友関係が広がれば辛い恋からも卒業ですね。趣味仲間というものは、価値観も近いので付き合いやすいですし、会話も楽しいですよね。

出かける機会も多くなって、自然と笑顔になります。また、趣味仲間で新しい出会いがあるかもしれません。同じ趣味を持つことは、恋愛関係を長く続けるためにはとても重要でお互いを尊重しあえるものです。新しい趣味から素敵な出会いに期待しましょう。

寝る

辛い恋で心も体もボロボロ、何もやる気が起きないのならば寝ることです。ひたすら寝てしまいましょう。寝ることに飽きた頃には、心も体も修復しているはずです。寝ていても、お腹は空きます。空腹に勝てなくなったらもう大丈夫です。食欲がでるくらい元気になった証拠ですから、寝ていられないですよね。

また、泣きながら寝るという人も多いのではないですか。泣きながら寝ると疲れます、結構お腹が空きますよ。「なにしてるんだろう?」と、くすっと笑えたりして、寝ることは心の修復にはおすすめです。

別れも考える

いつまでも辛い恋を我慢していないで、別れることも考えてみましょう。別れを考えると相手の気持ちがよく理解出来たりします。自分の悪いところと、相手の悪いところが客観的に見えてきたり、冷静な判断が出来るようになります。辛い恋に我慢している時は、冷静な判断が出来ていない場合が多いですよね。

好きという気持ちが強すぎて、独りよがりで相手のことをよく理解していないこともあります。別れると相手に告げると相手の態度が変わることも考えられます。決して別れとはネガティブなことばかりではないのですよ。別れをポジティブに考えて前に進むことをおすすめします。

相手に多くを求めない

相手に多くを求める人は、重たい人だと思われますね。「こんなに尽くしているから相手も尽くしてくれるだろう」という考えは自分勝手で面倒くさいだけと思われても仕方ありません。相手に求めることも、尽くし過ぎることもやめましょうね。

恋愛は50/50ですから相手の予定や都合に合わせることも必要ですが、自分を大事にすることも必要です。

自分の予定を相手に合わせているから、相手も自分に合わせてくれるという考えは間違いなのです。都合を合わせてくれないから辛いのなら、自分の時間を大切に過ごしましょう。そうすることで、相手の気持ちも楽になって恋愛も前へ進むと思います。

相手からの連絡を待たない

じっと連絡を待っていることを想像すると、なんだか逆に連絡しづらくなることはないでしょうか。わかってはいるけれど、待っていられるとなんとなく気が重くて段々と疎遠になることあります。

重い人だと思われない為にも、アクティブに過ごしていたほうがいいですね。友人がたくさんいていつでも楽しそうにしている人は異性にもモテますよね。

付き合っている2人であっても、相手の気持ちを信じて待つことをしないようにして下さい。彼氏彼女でもお互いのプライベートはあります。すべてを自分1人で独占することは不可能ですよね。連絡を待っていても恋は良い方向へ進みません。

待っている時間が辛いのなら、待つことをやめて自分の時間に費やしましょうね。自分磨きを始めると、辛い恋の相手にも魅力的に映って振り向かせることが出来ますね。

まとめ

辛い恋とは我慢ばかりで見返りがない恋のことです。恋が辛いと感じやすいときは、心が疲れたときかもしれません。冷静になって考えれば我慢することのないことでも、気持ちが疲れているから辛いと感じるのですね。

対処方法は色々ありましたが、無理がなくて自分に合ったものを探してください。恋は辛いものと諦めずに前に進んでいきましょう。きっと素敵な恋がみつかります。


スポンサーリンク

Check Also

彼氏の浮気の5つの兆候と発覚した時にすべき8つの行動!

あなたの彼氏、浮気していません …