Home / 美容 / メイク / あなたも憧れの顔に!小顔メイクについて徹底解説

あなたも憧れの顔に!小顔メイクについて徹底解説

テレビに映る女優やアイドル、モデルの人の顔を見て、「どうしてあんなに顔が小さいんだろう…!」と羨ましく感じてしまうことはありませんか?

確かに、一般的に綺麗だと言われる人は小顔であることが多いですよね。

もちろん顔の大きさは生まれ持つ骨格によって決まる部分もありますが、「どうせ生まれつき顔が大きいんだからしょうがないじゃん!」と諦めてはいけません。

ちょっとしたメイクのコツを掴めば、いまよりも自分の顔を小顔に見せることは可能なのです!

今回は、詐欺レベルで顔を小さく見せる小顔メイクのやりかたや、コスメの選び方についてお話します。

スポンサードリンク

自分の顔タイプは4種類のうちどれか把握しよう


人の顔を小さく美しく見せるためには、バランスがとても大切。

顔の中の「余白」が多いと顔が大きく見えてしまいますので、ご自身の顔の特徴を把握し、顔を大きく見せている余白部分を小さくする必要があります。

また、小さく見せる場所と強調する場所のメリハリを付け、立体感を作るのも重要です。

顔のバランスはパーツの配置などによってそれぞれ変わりますが、大きく以下の4種類に分類して小顔メイクのコツをご説明します。ご自身がどのタイプに当てはまるかチェックしてみてくださいね。

1.求心顔

ケイト トラップインパクトアイズ PK-1 * 今回は目尻側にポイントを置いてみました🙌🏻✨ * 〜スライド2枚目のデッサンと数字参照〜 ①を薬指でアイホールに ②を細いチップでラインのように目尻側1/2もしくは1/3にいれる。また色は足さずチップに残っているのを利用し下まぶたの目尻側から1/3に入れる。(1/2か1/3はお好みで🙆🏻‍♀️) ③を②の上から同じく目尻側から1/2もしくは1/3に入れる ④を目頭側から②と③で色を入れたところまで薬指で入れる。色の境目をぼかすようにすると◎※あまりたっぷりつけると白くなり過ぎてしまい、アンバランスになってしまうので少しずつのせていき調整すると綺麗にできます✨! ⑤は下まぶたの2/3に。こちらはお好みで入れなくても大丈夫です🙆🏻‍♀️ * デッサン苦手で💦下手ですみません(笑)なんとなくでも伝わればと思います🙏🏻 #Kanebo #kanebo #カネボウ #ケイト #kate #KATE #アイシャドウ #トラップインパクトアイズ #トラップインパクトアイズPK1 #トラップインパクトアイズpk1 #PK1 #pk1 #ブラウン #ピンク #ピンクブラウン #プチプラ #プチプラコスメ #コスメ #コスメ好き #化粧品 #メイク #メイク好き #美容 #美容好き #アイメイク #求心顔 #求心顔メイク #求心顔向け #パーティーメイク #にも使えます

AYUMIさん(@ayumi7290)がシェアした投稿 –


求心顔とは、簡単に言うと「パーツが顔の中心に集まっている顔立ち」のこと。目や眉の間が狭かったり、黒目が大きく目がパッチリしていたりするのが特徴です。

求心顔の人は、パーツが中心に寄って見える分、フェイスラインに余白が生まれがち。そのため、小顔に見せるためにはまずフェイスラインの余白を埋めることが重要です。

さらに、顔のパーツを外側に広げて見せるため、眉間や鼻筋など顔の中央にハイライトを入れたり、目や眉のラインを外側に広がるようにシャープに引いたりするのも効果的です。

しかし求心顔の中でも、横に長い顔(丸顔など)の人は可愛らしく、縦に長い顔(面長など)の人はクールな印象が強くなるもの。

横長の求心顔さんは、目や眉などのラインをしっかりシャープに引いて外に広げて見せるとバランスが取れますし、縦長の求心顔さんはラインを強調しすぎるとキツイ印象になってしまうので、顔中央のハイライトで柔らかくパーツを広げて見せたほうが良いでしょう。

2.遠心顔


遠心顔は、求心顔とは反対に目や眉の間が広く、顔の中央に余白がある顔立ちのこと。小顔メイクの際も求心顔とは反対に、フェイスラインではなく鼻筋など顔の中央に影を付けて、余白を埋めていきましょう。

鼻筋や眉間などのTゾーンは、ノーズシャドウを使って立体感を生み出すことで余白を埋めることができます。また遠心顔の人は頬の面積も比較的広く見えるため、チークなどでグラデーションを作ってください。

遠心顔の人の中にも、横長顔タイプと縦長顔タイプの人がいます。横長の遠心顔さんはとにかく顔中央の立体感を意識して影を入れ、顔が横に広がって見えるのを抑えましょう。

縦長の遠心顔さんはTゾーンだけでなく、あご周りのUゾーンにも影を入れると効果的です。

3.面長

#今日のメイク #今日のコスメ マットブラウンなアイシャドウがないのでアイブロウで代用😶 形はあとからリキッドファンデーションで整えたのでアイメイク自体は両目で10分ほど✨ ■#アイシャドウ #tomfordbeauty #トムフォードビューティー #アイカラーデュオ ■#マスカラ #ヘレナルビンスタイン ■#アイライナー #モテライナー ■#アイブロウ (アイシャドウ) #メイベリン 写真だといまいちですがもう少しチョコカラーで、離れてみると面長には違和感ない形(横長めでやや下に来る感じ)になってます😀 #面長 #面長メイク #奥二重 #奥二重メイク #デパコス #プチプラコスメ #時短メイク #メイク好きさんと繋がりたい #お洒落さんと繋がりたい #コスメ好きさんと繋がりたい

ぷきちさん(@pu.ki.chi)がシェアした投稿 –


面長の人は縦に顔が長く、額とあごの部分の面積が広くなります。この部分を減らすために、まずは生え際とあごに暗い色を入れて、顔を短く見せましょう。

さらに、ハイライトを額の真ん中や目の下に入れると、立体が出て面長の印象が緩和されます。面長さんがハイライトやチークなどを入れるときは、横長の形を作るイメージで入れるようにしてください。

面長の人は、目の位置が上のほうにあるせいで顔が長い印象になっている場合もあります。そういう人は、アイメイクの際に下まぶたを強調してみましょう。

まず明るい色のアイシャドウを目の下に塗って涙袋を作り、その涙袋の下に暗いブラウンのアイシャドウなどを忍ばせて影を作ると、立体感が出て下まぶたが強調されます。

4.丸顔

赤リップばっかり使ってる私が珍しくピンク系のリップを使ったときのメイク(笑) ご覧の通り顔が薄いので、ナチュラルな色のリップあんまり似合わないんです、、💦 珍しくふんわりした感じで(自称)女の子っぽいメイクにしたつもりです! シェーディングも薄めにしたので、丸顔が余計に際立ってますね😅 皆さんのメイクの写真見るの好きなので、私も載せてみました💓 使ったコスメは #20170112 の今日のコスメで載せたものです💓(婚活リップと花嫁リップのコラボレーションの時のです) #今日のコスメ#今日のメイク#コスメ#コスメマニア#コスメオタク#プチプラコスメ#プチプラ#海外コスメ#韓国コスメ#コスメ好きさんと繋がりたい#韓国好きな人と繋がりたい#半顔#丸顔#丸顔メイク#cosme

ayakaさん(@k_93_a)がシェアした投稿 –


丸顔の人は主にサイドのフェィスラインに余白ができるため、顔の印象が横に広がって大顔に見えがちです。

小顔メイクをするときは、顔に縦のシャープさをプラスするために、頬からあごにかけてのフェイスラインに影を入れて余白を埋めましょう。

また、ハイライトは額から鼻筋に向かって縦に入れ、あごにも塗ることで、縦のラインの立体感が作れます。

丸顔さんはパーツの丸みを強調したポイントメイクをしてしまうと、余計に顔が大きく、まん丸な印象に見えてしまいます。

少しでもシャープな印象をプラスするため、チークは丸く大きく乗せるのではなく幅を狭くして、頬の一番高い位置からこめかみに向かって斜めに入れるようにしましょう。

このとき、黒目より内側にチークを乗せてしまうと、顔が広がって見えてしまうため注意が必要です。

眉やアイラインは、しっかりとラインを強調しましょう。アイラインは目じりを少し跳ね上げるとシャープに見え、眉は丸い曲線を描かず横に真っ直ぐ伸びる直線眉にしたほうが小顔に見えます。

失敗しない!小顔メイクの3つのやり方

黄金比メイク 顔分析 . 前回のBefore afterモデルの方の顔分析です。 ※写真のため左右は反転してます。 . 輪郭 ひし形で、エキゾチックな印象があります。 . パーツの配置 鼻から顎までが長めで、パーツが上に集中することから、子供の頃から大人っぽく見られていたタイプの方です。 目と目は離れて見えますが、目頭がシャープなので、優しさや親しみより、知的でクールな印象が勝ります。 . 眉 太めで濃く描かれているので、凛々しく男性的要素が高くなります。 . 目 黄金比は目の角度10度ですが、それよりつり目なので、クールな要素が強まります。 . 口 位置が黄金比より低めのため、大人っぽさやどっしり落ち着いた印象で、分厚さもあることかはセクシーで華やかな印象もあります。 . 鼻 長さはパーフェクトで、小鼻がやや張っていることから、凛々しく男性的要素がが強いです。 . 顔の特徴を知ってメイクするのと、なんとなく聞いたことのある方法でメイクするのとでは天と地ほどの差がつきます。 . 就職する方、転職する方、新しい自分で春を迎えませんか? . 体験レッスン30分 ¥5000 . makeup:@mikofukutake . #アイメイク #眉毛 #眉メイク #アイメイク #小顔効果 #小顔 #小顔メイク #ブライダルメイク #メイクレッスン #ナチュラルメイク #今日のメイク #婚活メイク #モテメイク #イメチェン #makeupsalonagirl #メイクアップサロンアガール #帝国ホテル #imperialhotel #黄金比メイク #キレイになりたい #可愛くなりたい #女子力 #女磨き #花嫁修行 #新社会人

makeup salon AGIRLさん(@makeupsalonagirl)がシェアした投稿 –


顔の形によって効果的な小顔メイクの方法は少しずつ違ってきますが、基本的には「余白を埋める」ことと「立体感を作る」ことが小顔メイクのコツになります。

ここからは、失敗しない基本的な小顔メイクのやりかたについてご説明していきます。

1.ハイライトで中心に光を集める

明るい色のパウダーで、顔に立体感を生み出すハイライト。パール入りの物だとツヤ感もプラスされるためオススメです。

ハイライトは、基本的には顔の中心や高い部分に入れることで、より顔の立体感を強調して小顔に見せてくれます。

まずは額(眉の上あたり)に横向きに入れ、その後は鼻筋とあごに乗せてTゾーンを強調。最後に目の下などにも入れれば、凹凸のハッキリした顔を作ることができるでしょう。

このとき、ハイライトの量が多かったり広範囲に入れすぎてしまったりすると、顔全体がテカテカになってしまいます。ハイライトは軽く、幅を細めにしてささっと乗せていくようにしましょう。

2.ローライトで顔の余白を操作

先程もお伝えした通り、顔が大きく見える原因は顔の「余白」。この余白部分にローライト(暗い色)を入れて影にすることで、その範囲を操作することができます。

主にフェイスラインに用いるローライトである「シェーディング」は、小顔メイクでは特に重要。

あごのラインや生え際などにシェーディングを乗せることでその部分がきゅっと締まって見え、小顔効果を発揮してくれるのです。

また、顔の中心部分である鼻筋の立体感も顔のメリハリを付けるためには重要ですので、この場合は鼻用のローライトであるノーズシャドウを活用してみましょう。

3.チークで骨格を修正

チークには、血色を良く見せたり頬の余白を埋めて立体感を出したりする他に、「チークの入れ方によって骨格を修正して小顔に見せる」という効果もあります。

基本的にチークは頬骨の一番高い部分(笑ったときに最も高さの出る部分)から頬骨に沿って、やや斜め上(こめかみ付近)に向かって乗せていくと小顔効果があると言われています。

しかし小顔に見せるためのチークの入れ方は、顔のタイプによって異なります。

丸顔の人はやや細く、斜め上に入れたほうがシャープに見えますし、面長さんの場合は上のほうにチークを乗せてしまうと余計に顔が長く見えてしまうため、チークは頬骨の下に乗せたほうが良いと言われています。

エラが張っているのが気になるという人でしたら、張っている部分の少し上にチークを乗せることでカバーできますし、頬骨の張りがある人は丸くチークを入れると、とがった印象が緩和されます。

チークの入れ方ひとつで、頬やフェイスラインの骨格は修正することができるのです。

やりすぎ注意!

小顔メイクで重要なのは、「やりすぎない」こと。特にシェーディングは幅を広くしすぎたり色を濃くしすぎたりすると、近くで見たときに強い違和感を覚えます。

少し薄いかな、足りないかな?というくらいで抑えておくほうが良いでしょう。

小顔に見せようとするあまり歌舞伎役者のようなハッキリメイクになってしまってはいけませんので、慣れないうちは本当に少しずつ、慎重に薄く色を乗せていくイメージを心がけてください。

パウダー状のシェーディングやハイライト、チークなどを使用する際は、まずブラシにパウダーを取り、それを手の甲にポンポンと当てて余分なパウダーを落としましょう。

パウダーのコスメは一度付けすぎると肌に吸着して、薄くぼかすのは難しくなってしまいますので、少量ずつ付けるのが大切です。

小顔コスメの選び方

小顔メイクに挑戦したいけど、どんなコスメを選べば良いか分からない…という人もいますよね。ここからは、小顔メイクに必要なコスメの選び方についてお話します。

シェーディングは肌の色より2トーン下を

顔に陰影を作るためのシェーディングは、色選びを間違えてしまうと途端に違和感が目立ってしまいます。色が暗すぎると影がハッキリしすぎてしまいますし、色が明るいと小顔効果を果たせません。

シェーディングを購入する際のポイントは、「自分の肌より2トーン暗い色を選ぶ」こと。そのくらいのトーンが最も不自然になりにくく、扱いやすいと言われています。

シェーディングはパール入りの物だと不自然なテカリ感が出てしまう場合がありますので、初心者さんにはマットな物がオススメ。

また、パウダー状のシェーディングは薄くささっと塗ることができますが、粉が吸着してぼかしにくかったり広範囲に付けすぎてしまったりすることがありますし、クリーム状の物はぼかしやすくはありますが濃く色付きすぎてしまう場合もあります。

自分の扱いやすいシェーディングはどのタイプなのか、色々試してみましょう。

ふんわりぼかす

小顔メイクを自然に見せるコツは、なんといっても「ぼかし」。

陰影やパーツの強調をハッキリさせすぎてしまうと、「小顔に見せようとしている」ということがバレて恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

小顔メイクの肝となるシェーディングはとにかく自然にぼかしながら、少しずつ入れていきましょう。

ハイライトは肌にツヤ感や立体感をプラスしてくれますし、チークは血色や骨格のカバーに欠かせませんが、これもやりすぎるとテカって見えたり派手になりすぎたりして逆効果。

パウダーだと付けすぎてしまうという人は、クリームタイプを使って上手にぼかしましょう。

目を大きく見せるアイラインやアイシャドウも、クッキリ入れすぎてしまうと気が強そうな印象になってしまいますので、自分のなりたいイメージに合わせて綿棒などでぼかしたり、黒だけでなくブラウンなどのカラーを選んだりといった工夫が必要です。

チークは複数使いでグラデーションを

チークは単色で乗せると、どうしても顔が膨張してのっぺりとした印象になってしまいがち。立体感をプラスして小顔に見せたいなら、チークはグラデーションになるように塗っていきましょう。

一般的にチークのグラデーションを作る場合は、ポイントにしたい部分に濃い色を乗せ、その周りを薄い色で徐々にぼかしていきます。

バランスを見ながら、左右交互に少しずつ塗っていきましょう。上手にぼかせると、自然な血色肌に見えてとても可愛らしい印象を作れます。

また、チークは自分の肌色に合った色を選ぶことがとても重要。

日本人に多いイエローベースの肌の人はオレンジやコーラルピンク、イエローなど暖色系のグラデーション、ブルーベースの色白さんはローズやパステルピンク、パープルなど青味がかった色のグラデーションが似合います。

いまは複数の色が入って簡単にグラデーションが作れるチークパレットも多く販売されていますので、まずは自分の肌に合った色合いのパレットを購入してみましょう。

まとめ


「小さい顔に憧れるけど、生まれ持った骨格は変えられないし…」とお悩みの人は多いかもしれません。

しかし小顔メイクを習得すれば、いまからでもなりたい自分の顔に近付くことができます。メイクひとつで顔のサイズを変えられるなら、試してみない手はありません。

小顔メイクは難しいと思われがちですが、まずは控えめかつ慎重にメイクすることを心がけていれば、次第にコツを掴めます。

また、自分の顔タイプを把握し、強調すべきポイントと小さく見せるべき余白を理解することで、いまとはまったく違った印象の顔になることができるでしょう。

あなたも詐欺レベルの小顔メイクを実践して、理想の自分に一歩近付いてみてくださいね!

スポンサーリンク