Home / 美容 / 基礎化粧品はどれを選ぶ?目的別おすすめ基礎化粧品を紹介!

基礎化粧品はどれを選ぶ?目的別おすすめ基礎化粧品を紹介!

健康的で綺麗な肌を保つためには、基礎化粧品を使った毎日のスキンケアが欠かせません。しかし、「毎日スキンケアを頑張っているのに肌が綺麗にならない…」「どんな基礎化粧品を使えば良いのか分からない…」と、お悩みの人も多いのではないでしょうか?

そんなお悩みは、ご自身に合った基礎化粧品の選び方を知ることで、解決できるかもしれません。
今回は肌質やスキンケアの目的に合った基礎化粧品の選び方や、おすすめの基礎化粧品をご紹介します。

スポンサードリンク

基礎化粧品

「肌が乾燥して化粧が乗らない」「脂っぽくてテカってしまう」「シワやたるみが気になり出した」など、肌の悩みは人それぞれ。
基礎化粧品には、そんな悩みを改善するための様々な効果があります。
自身に適した基礎化粧品を正しく使って、肌を健康な状態へと導きましょう。

基礎化粧品とは

基礎化粧品とは、肌荒れや乾燥、くすみ、シワなどを防ぎ、肌を整えるための化粧品のこと。
主にクレンジング剤や洗顔料、化粧水、美容液など、毎日のスキンケアに用いる化粧品のことを指します。

基本的に基礎化粧品は、以下の順番で使用します。
順番を誤ると肌に必要な水分が行き渡らなかったり、肌荒れの原因になったりしますので注意しましょう。

①クレンジング剤
まずはクレンジング剤を使って、メイクや余分な皮脂を浮かすようにして優しく落とします。
クレンジング剤にはオイルタイプやジェルタイプ、クリームタイプなど様々な種類がありますが、最もメイクを落とす力が強いのはオイルタイプだと言われています。
しかしその分、肌への負担も大きくなりますので、敏感肌の人や乾燥肌の人には適していない場合もあるでしょう。

②洗顔料
顔に付いたホコリや角質を落として清潔にするために、洗顔料を使って洗顔をします。
洗顔料はよく泡立てないと、肌への刺激になったり汚れを取りきれなかったりすることも。泡立てが難しい場合は洗顔ネットを使いましょう。
髪の生え際や耳の近くは洗い残し・すすぎ残しが起きやすい部分なので、特に気を付けて洗顔してください。

③化粧水
洗顔が終わったら、乾燥を防ぐために化粧水を使って肌に水分を与えます。
乾燥は、シワ、ニキビ、くすみなどあらゆる肌トラブルを招く原因のひとつ。
美容液などの有効成分も浸透しにくくなってしまいますので、化粧水は必ず使用したほうがいいでしょう。
手のひらやコットン、シートマスクなどを使って、肌に化粧水を浸透させてください。
このとき、肌を強く叩いたりこすったりすると刺激が加わり、シミやシワの原因になってしまいます。

④美容液
化粧水で肌が整ったら、次は美容液を使って肌に栄養を送りこみます。
美容液は化粧水に比べると、保湿や美白、アンチエイジングなどに効果的な有効成分が高濃度に配合されています。
人によっては美容液を省略してスキンケアをすることもありますが、肌の悩みをより効果的に改善したい人は、美容液を使用したほうがいいでしょう。

⑤乳液・クリーム
乳液とクリームは、ここまで肌に与えてきた水分や栄養を逃がさないための「フタ」の役割を担っています。使用するのは乳液かクリーム、どちらかひとつでも構いません。
一般的に、乳液には水分、クリームには油分が多く含まれています。
油分が多いほうがフタをする効果が高く肌がしっとりしますが、皮脂が多い肌質の人だとベタつきを感じるかもしれません。肌の乾燥具合に合わせて使い分けましょう。

基礎化粧品の選び方

友人の口コミやネットの評判がいい基礎化粧品を使ったはずなのに、なぜか効果が感じられない…という経験をしたことはありませんか?
基礎化粧品は、それぞれの肌質によって効果の出方が異なります。
評価の高い基礎化粧品が必ずしもあなたの肌質に合うとは限りませんし、相性の悪い物を使用するとかえって肌荒れやベタつきなどのトラブルを招くことも。

また、基礎化粧品は「美白用」や「アンチエイジング用」など、スキンケアの目的によって配合されている成分も異なります。
漠然と「いい基礎化粧品を使いたい」と考えるのではなく、まずは自身の肌質や求めている効果を把握してから、基礎化粧品を選んでみましょう。

肌質に合わせる

肌質に合わない基礎化粧品は肌トラブルのもとになりますので、それぞれの肌質に合った物を使うことが大切です。

人の肌質は、大きく以下のように分けられます。自分の肌質がどのタイプに当てはまるか分からない場合は、化粧品カウンターなどでチェックしてもらいましょう。

◆乾燥肌
乾燥肌の人は肌の水分量が足りず、かゆみが起こる、メイクが綺麗に乗らない、粉を吹くといったトラブルが起こりやすくなります。

乾燥肌の人が気を付けるべき点は、「皮脂を落としすぎないこと」と「保湿をしっかりとすること」。
特に洗浄力の高いクレンジング剤で顔をゴシゴシこすると皮脂が落ちすぎてしまうため、ポイントメイク用のクレンジング剤を顔全体に使ったり、ふき取りタイプのクレンジング剤を使ったりするのは避けましょう。
また、肌の水分量の約80%は「細胞間脂質」という脂質が担っていますので、細胞間脂質の主成分である「セラミド」を多く配合したしっとりタイプの化粧水・美容液などを使ってしっかり保湿してください。

◆脂性肌
オイリー肌などとも呼ばれる、皮脂が過剰に分泌されてテカりやベタつきを起こしているタイプです。
ベタつきを抑えるために、化粧水などは「さっぱりタイプ」と表記されている物を選びましょう。

しかし、皮脂が多いからといって何回も洗顔をしたり保湿を怠ったりすると、失った皮脂を補おうとして余計に皮脂が分泌されてしまいますので、化粧水だけでなく美容液やクリームなども使ってしっかり保湿するようにしてください。

また、脂性肌の人はニキビや毛穴の開きといった肌トラブルが起こりやすくなります。
その場合は、ニキビケア用の基礎化粧品や、毛穴を引き締める「収れん作用」のある基礎化粧品を選ぶと良いでしょう。

◆混合肌
鼻やおでこなどは皮脂が多くテカりやすいのに、頬や輪郭などは乾燥している…というように、異なる肌質が混在しているタイプです。

しかしいずれの肌質の場合も、大切なのは「保湿」。乾燥を防ぐためにも皮脂の過剰分泌を防ぐためにも、保湿成分のある化粧水や美容液を使いましょう。その上で、「クレンジングや洗顔の際には皮脂の多い部分をしっかり洗う(ただしつっぱらない程度に)」「乾燥している部分は乳液やクリームを重ね塗りする」というように、肌質に合わせたスキンケアをすると効果的です。

◆敏感肌
敏感肌の人は、乾燥やアレルギーなどが原因で肌が刺激を受けやすく、肌荒れや赤み、かゆみなどが出やすくなります。基礎化粧品のアルコールや香料などにも反応しやすいため、「敏感肌用」と書かれた低刺激の物を選ぶようにしましょう。

また、「ミネラルオイル」や「パラフィン」などの鉱物油や、動物性・植物性の油脂も、敏感肌の人にとっては肌荒れの原因になる可能性があります。ホホバオイルなどの天然植物を使ったオーガニック基礎化粧品なら肌荒れしにくい場合もありますが、人によってはそれでも肌に合わないことも。

様々な基礎化粧品を試し、合わない物があったときはその基礎化粧品の成分をメモしておいて、次から避けるようにしましょう。

目的に合わせる

あなたは、自身の肌にどのような悩みを持っていますか?
例えば、乾燥が気になるなら「セラミド」が多く配合された物、美白になりたいなら「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」が含まれる物など、基礎化粧品は目的に合わせて選んだほうが効果的です。
ここからは、目的別のおすすめ基礎化粧品をご紹介します。

目的別おすすめ基礎化粧品一覧

今回は、「保湿」「肌荒れ」「美白」「エイジングケア」という4つの目的に合わせた基礎化粧品をピックアップしました。
それぞれの目的に適した基礎化粧品を見ていきましょう。

保湿

保湿に優れた基礎化粧品には、一般的に「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」といった成分が多く配合されています。

ヒフミド

乾燥を防ぐ成分「セラミド」が3種類配合された基礎化粧品です。
人の皮膚と同じ形をしたセラミドも配合されているため、水分が逃げ出しにくく、高い保水力を持っています。

リンク先: [ヒフミド]トライアルセット | 小林製薬の通販 | 健康食品・サプリメント・化粧品

ライスフォース(

白米から作られる「ライスパワーNo.11」という成分が角質層の奥まで浸透し、肌の水分保持機能を改善。
肌を整え、小ジワやたるみにも作用します。
リンク先: ライスフォース|あきらめていた小ジワ、たるみ、ほうれい線が嘘のよう!

モイスティシモ

保湿成分である「オウレンエキス」や「サクラエキス」が角層を整え、肌の水分が逃げない状態に整えます。
夏でも肌が乾燥してしまう、重度の乾燥肌の人にもおすすめです。
リンク先: 大人のための高保湿スキンケア モイスティシモ│POLA

肌荒れ

かゆみや炎症などの肌荒れを改善するためには、基礎化粧品で肌のバリア機能を回復させることが重要です。
また、ニキビによる肌荒れがある場合は、ニキビケア用の基礎化粧品を使ってみましょう。

アヤナス ローション コンセントレート

炎症によって破壊されたコラーゲンを補い、角層を健康な状態へ。
さらに、ストレスや睡眠不足が原因で低下した皮膚の温度を上昇させ、肌本来のバリア機能を高めます。
リンク先: 敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランド DECENCIA(ディセンシア)<

プロアクティブ

毛穴の詰まりを改善することで、ニキビのできにくい清潔な肌をキープ。
植物由来の成分で肌を優しく保湿して、ニキビケアだけでなく肌の透明感もプラスできます。
リンク先: ニキビ(にきび)ケア プロアクティブ ソリューション<

カルテクリニティ

肌のバリア機能をキープするのに欠かせない「肌コレステロール」を守り、季節の変わり目や体調の変化による肌荒れを改善します。
敏感肌の人にも優しい、低刺激処方の基礎化粧品です。
リンク先: カルテ クリニティ| CART? CLINITY

美白

美白になるためには、シミ・そばかすをつくり出してしまう「メラニン」の生成を抑える必要があります。
「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」、「プラセンタエキス」など、メラニンを抑える美白成分が含まれた基礎化粧品を選びましょう。

サエル

美白成分「ビタミンC誘導体」「アルブチン」がシミを防ぎ、くすみのない肌へ。
アルコール・香料不使用で、敏感肌の人にも適しています。
リンク先: 敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランド DECENCIA(ディセンシア)

アスタリフトホワイト

「ナノAMA」「ナノAMA+」「ナノオリザノール」といった独自成分が肌の奥まで届き、シミ・そばかすを予防。
保湿効果も高く、透明感のある肌を実現します。
リンク先: アスタリフト ホワイト スペシャルサイト | FUJIFILM ビューティー&ヘルスケア Online

エクサージュホワイト

朝と夜で使い分けられる美容液を展開。
朝用は透明感をアップしながらファンデーションの乗りをよくし、夜用は日中の紫外線ダメージを回復させて肌を整えます。
リンク先: エクサージュホワイトシリーズ―美白とうるおいにあふれる素肌へ。| ALBION

エイジングケア

年齢を重ねると、肌にはシワやシミ、たるみなどの老化サインが現れ始めます。
保湿成分を多く含んだ基礎化粧品でうるおいを与え、ハリのある状態に整えましょう。

オルビスユー

ハリ、透明感、うるおいなど、「美肌に必要な6要素」に効果的な「HSP」という成分を配合。
比較的リーズナブルで幅広い効果が得られるため、初めてエイジングケア化粧品を使う人にもおすすめです。
リンク先: 【HSP配合の新理論エイジングケア】オルビスユーシリーズ|オイルカットのスキンケア、化粧品、基礎化粧品ならオルビス|ORBIS 化粧品 通販

SK-II R.N.A.パワー

SK-IIの製品のなかでも、エイジングケアに特化したシリーズ。
保湿成分である「ピテラ」を配合し、肌にハリとツヤを与えます。
リンク先: R.N.A.パワー セット ラディカル ニュー エイジ | SK-II(SK2/エスケーツー)公式

エファージュ

長年、酵母研究を続けているサントリーが見つけた酵母エキス「ラビス」を配合。
酵母の力とビタミンC誘導体で、ハリを取り戻したい40代・50代の肌に働きかけます。
リンク先: エイジングスキンケア | サントリーウエルネスのF.A.G.E.【エファージュ】

正しい使用方法

ここまで基礎化粧品の選び方についてお話してきましたが、せっかく自身の肌に合った基礎化粧品を選んでも、使い方を誤ってしまえば効果は発揮されにくくなってしまいます。
ここからは、基礎化粧品の正しい使い方を確認しましょう。

適量を使用

基礎化粧品は、基本的には製品に書かれている目安量を守って使用してください。
多量に使用すれば効果が出やすくなるのではないかと考えがちですが、肌が一度に吸収できる成分は限られていますし、ベタつきやニキビの原因になることもあります。
目安量を守ると乾燥してしまうなどの場合は、少しずつ使用量を増やしてみましょう。

こすらない

クレンジングや洗顔の際に力を入れて肌をこすってしまうと、必要な皮脂や保湿成分まで落ちてしまったり、刺激によってメラニンが生成されてシミの原因になったりしてしまいます。
強くふき取るクレンジングは避け、洗顔の際は洗顔フォームをしっかり泡立てて優しく洗いましょう。
化粧水なども、手のひらやコットンで優しく押さえるようにして肌に浸透させてください。

手を清潔な状態に保つ

基礎化粧品を使う前には、ハンドソープで手をしっかり洗いましょう。
雑菌が付着した手で顔を触ると肌荒れの原因になります。
外出先でもこまめに手を洗い、汚れや菌が顔に付かないように気を付けることが大切です。

まとめ

基礎化粧品にはたくさんの種類・ブランドがありますが、自身の肌質や求めている効果をしっかりと把握した上で、それに適した成分が配合されているかをよく確認することが大切です。
自身に合った基礎化粧品で丁寧にスキンケアをして、理想通りの美しい肌を手に入れましょう。


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …