Home / 恋愛 / モテ / よく言われる聞き上手な人ってどんな人?聞き上手になるコツを伝授

よく言われる聞き上手な人ってどんな人?聞き上手になるコツを伝授

聞き上手の人は意外にもモテると言います。人の話を丁寧に聞き、その人が話したいことをしっかりと引き出せるということは、相手に向き合ってその人に興味を持っていることの証なのです。

自分に興味を持ってくれていることが分かると嬉しいですよね。自分に興味を持ってくれる人に対しては、誰でも進んで話しかけたり、遊びに誘ったりしたくなるものです。

では、よく言われる聞き上手にはどんなふうにすればなれるのでしょうか?聞き上手の人の特徴や、聞き上手になるためのコツについて考えてみましょう。

スポンサードリンク

聞き上手になるためのコツ


聞き上手の人は、ただ話を聞いて相槌を打っているわけではありません。聞き上手は聞き上手で、ぼーっとしていればいいでもなく、しっかりと好かれる聞き上手にはテクニックがいるものです。

話し手を観察して共感を示す

聞き上手の人は、相手の話の状況を察知して、相手がちょうど良いと思うタイミングで共感を示すことが上手いのです。ただなんとなく思ったタイミングで共感を示せばいいわけではなく、相手が最も話したいと感じていることを察知し、それに対する共感のタイミングが絶妙なのです。

そのため、聞き上手になるためにはまず、相手がどんなことを最も喋りたいのか、自分にどう感じてもらうことを期待しているのかなど、話を聞きながらよく観察することが大切です。

相手のことをしっかり見ていれば、相手が何を話したいのか、どんな風に盛り上がりたいのかということは分かってくるはずです。ただ適当に相槌を繰り返しているだけでは、聞き流しているのと一緒になってしまいます。

表情や相槌を上手に使う

お伝えしたように、相槌は相手の話の区切りとなるところでいつも打っているようでは、聞き流していることがバレバレです。聞き上手の人は、相槌もいつも入れるわけではなく、必要だと思うタイミングでしっかりと入れるようにしています。

そして相槌も「うん」、「はい」、「そうだね」、「へえ」、「なるほど」など、たくさんのバリエーションを持たせるようにしているものです。ずっと同じタイミングで「うん」しか言わなかった場合、「ちゃんと聞いてるのかな?」と相手は不安になってしまいますよね。

それに対して相槌にも変化があれば、そのときの感情によって言葉変わってきている証拠ですから、話を聞いている証にもなります。

また、そのときの相槌に合わせて表情を変化させることも大切です。表情も一つの相槌です。相手の話を聞いて楽しいと思ったら一緒に笑ったり、悲しいと思ったら悲しい顔をするなどのリアクションは、相手を「話を聞いている、楽しんでくれている」という気にさせて安心してもらうことに繋がります。

オウム返しをして理解を示す

実際のところ、ただ相槌を打つだけでは物足りないのも事実です。しっかりと相手の話に興味を持っていることを示すため、時にはオウム返しをして会話のキャッチボールをしっかりとすることが大切になります。

「昨日、遊園地に行ったんだよ!」という話に対して、「そうなんだ」と返すだけではどこか淡白な印象です。ですが、「昨日、遊園地に行ったんだよ!」という相手の言葉に対し、「へ~!遊園地に行ったんだ!」と返したらどうでしょうか。

実際はオウム返しで同じことを返しているだけでも、後者の方がより理解していて且つ興味を示しているように見えるのは明らかですよね。

相手に主導権を持たせる

聞き上手になることは、会話の主導権を相手に握ってもらうことです。つまり、会話を相手中心で流していくように徹し、自分は相手の会話を拾う役になることが大切なのです。

話したいという気持ちが強い人同士だと、それぞれが話したいことを好き勝手話しているだけで、会話はかみ合わないとよく言います。これはお互いに会話の主導権を奪い合っているからです。

聞き上手になるためには、自らが会話の主導権を握ろうとせず、相手に主導権を持ってもらうように話を引き出していくことが必要になります。

上手な質問をする

相槌も上手いタイミングで、「うん」「はい」だけではなくバリエーション豊富にして、かつオウム返しで時々理解を示して…と、これらをやっても、どこか聞き上手になるためにはまだ足りないものがあるような気がしませんか?

それは、上手な質問です。聞き上手も、完全に相手に話を任せていればいいというわけではなく、上手いタイミング、上手い内容で質問をすることができることが望ましいのです。

相手が何を話したいのか、どう盛り上がりたいのかということを推察しましょう。「遊園地に行ったんだよ」という話に対して例えば、「へ~!新しいアトラクションどうだった?」など、相手が話したいことであろう方向に話を持っていけることが聞き上手として理想的です。

そうすることでより話も自然と盛り上がり、相手も「この人と一緒にいるととても心地よく話せる」と思ってくれることは間違いないです。

情報を漏らさない

聞き上手の人は、話の中で出された情報を漏らすこともありません。聞き上手だからこそ話を聞き流しているわけではないからです。話にしっかりと興味を持っているからこそ、情報は漏らさず聞いているのです。

これに対して、聞き流すことを聞き上手だとはき違えてしまっている人は多いです。聞き流しているだけの人は、相手の情報を頭に残しておくことをしないため、後になって会話のことを相手から聞かれたときに何も答えられず、印象は最悪ですよね。

相手の話にしっかりと耳を傾けること、これは会話を人とするうえで基本中の基本ですが、聞き上手になるなら絶対にこのことは忘れないようにしましょう。

聞き上手の人ってどんなことができる?


実際、聞き上手になるとどのようなことができるようになるのでしょうか?相手に安心して会話をさせてあげることができる聞き上手は、実は魅力がたっぷりなのです。

聞き上手になることで期待できることを考えてみましょう。

プライベートな情報を聞き出せる

聞き上手の人は、自分の相槌、リアクション、絶妙なタイミングでの質問などで相手が喋りやすく感じることが多くあります。そのため、相手は気持ち良くなってもともと喋る予定ではなかったようなこともつい喋ってしまう場合があるのです。

例えば最初は他愛もない会話だったとしても、相手が聞き上手で会話を引き出すのがうまいあまり、過去の身の上話をつい話してしまい、泣き出してしまう…なんてこともあり得るのです。

もしかすると、自分も意外なところで意外な人物の秘密や弱みを握れてしまうかもしれません。好きな人の異性のタイプなんかも、うまく聞き出せてしまう場合があります。

自然と会話が続くようになる

人と会話が続かないことが多くて困ったことはないでしょうか?聞き上手の人は、自分ではあまり多く話さないのにも関わらず、話をうまく続かせることができるようになります。厳密に言えば、ずっと相手に楽しく喋ってもらえるようにすることが上手いのです。

会話が続くということは、その会話が盛り上がっていて楽しい証拠ですね。相手が話していて「楽しい」と思うようなリアクションや、盛り上げ方をすることで、聞き上手の人は話を続かせることが可能なのです。

相手からの信頼を得ることができる

会話をしっかりと聞いているということは、信頼の証でもあります。信頼とは、話を真っすぐ素直に聞く、それだけで成立するところもあるのです。何しろ、意外にも人の話を真剣に聞こうとしない人は多いのです。

人の話を聞いていないということは、相手に真っすぐ向き合っていないことの表れです。それだけでその人に信頼を寄せることはできるでしょうか?できないですよね。話を積極的に聞いてくれて、話の内容もしっかりと記憶してくれていること、それこそが会話における人と人との信頼関係なのです。

世渡り上手になる

上司や先輩の中で、やたらと話が長く自慢したがりの性格の人はいないでしょうか?人の性質として、自分の後輩や部下には自慢気にものを語りたいという気持ちが出るものです。上の人の話が長くて困る…とよく感じがちなのはそのせいなのです。

皆誰もが少なからず、「自慢したい」「話を聞かせてやりたい」という願望は持っているものです。

そんな先輩や上司にとって、聞き上手な後輩は可愛くて仕方がない後輩でしょう。話をうまく聞いているだけで気に入られることは間違いないです。その気に入られっぷりから、早めに昇進させてもらえたり、ご飯をおごってもらえたりと、何かにつけて世渡り上手になれる可能性があります。

忍耐力が付く

人生の中で人にひどく怒られたり、長時間お説教をされることは何度かあることでしょう。つらい時間ですし、早いうちに終わらせようとして話をつい聞き流してしまうと、余計に火に油を注いでしまうこともありますね。

そんなとき、聞き上手の人は長いお説教も上手くこなしていくことができる可能性があります。怒られることや、つまらない話を長々と聞かされることにもうまく対応していける忍耐力がつくでしょう。

NGな聞き方


では、ここで聞き上手になるために絶対にしてはいけない話の聞き方を紹介します。聞き上手を目指すなら、以下にまとめたような聞き方はしないようにしましょう。

聞き上手どころか、聞き流していると悟られてしまい、相手を怒らせてしまう可能性があります。

話に興味を示さないこと

とにかく相手の話に興味を示さないことは一番NGです。聞き上手は、話を右から左に名流していくことではないのです。自分から前のめりになって相手の話を聞きに行き、相手が話したいであろうことを引き出してあげる姿勢が大切になります。

ただ相槌だけ打っているだけ、ただオウム返しだけをしていることは、長く話していると意外と相手にはバレています。「あ、話聞いてないな」と思われたら、相手は一気に熱が冷めてしまいます。長い間話を聞き流された、と相手を怒らせてしまう場合もあるでしょう。

話に興味を示すことは、聞き上手になるうえで一番大切なことと言っても過言ではありません。聞き上手の人は上手く聞くことで会話をするのですから、興味を示さず適当に聞いているのは、相手の話を一切無視しているのと一緒なのです。

上辺だけで返答すること

上辺だけで返答して「会話を楽しんでいるフリ」、「よく聞いているフリ」をしているだけでは、いつか相手にその取り繕った嘘の姿勢がバレてしまうことでしょう。

特に、例え表情などで何らかのリアクションはしていても、相槌のみで、オウム返しのない聞き方、質問のない聞き方は上辺だけで聞いている感が満載です。リアクションも本当の意味で楽しんでいなければ、薄っぺらい感情が表に出てしまい、相手はすぐにそれをさっちするでしょう。

自分をごまかして話を聞いてしまうと、そのボロはいつか出てしまうものです。その対策おしては、やはり相手に向き合って話をしっかりと聞くことです。聞き上手になるためには、どんな話でもしっかりと聞けば結構面白いということはまず理解しておきましょう。

視線や姿勢がよくないこと

会話において意外にも大切なこととして、視線や姿勢があげられます。そう、聞き上手になるためには、良い返しをするだけではいけないのです。全身から相手の話を聞きたいと思っている印象が感じられるかどうかがポイントになります。

そのため、視線があさっての方向を見ていたり、伏し目がちだったりすると、印象は良くないのは当然のことですね。相手以外の方を向いて話を聞いていると、やはり「本当に話を聞いているのかな?」と相手を虚しい気持ちにさせてしまいがちです。

姿勢も同じです。例えば極端に椅子に浅く座って話を聞いていたり、頬杖をつくような態度でいては、真剣に話を聞いているようにはとても見えないですよね。

話に向き合っていることが分かる姿勢がどんなものが良いのかは、よく考えれば誰でも分かることです。相手にとって印象の良い姿勢と視線で話を聞くことは絶対に心がけましょう。

まとめ

聞き上手は、男女問わずいろいろな人に好かれる傾向にあります。話をいつも親身になって聞いてくれて、話しやすい人とは、皆「仲良くなりたい」「恋人になりたい」と思うものです。友達から相談事をされることもたくさんあるでしょう。

聞き上手として話を盛り上げ長続きさせられることは、仕事、恋愛、趣味などの多くの場で中心人物となれることが多いです。皆から好かれることが多いからこそ、自然と皆が自分の周りに集まるようになっていきます。これは、将来自分の価値を上げていくためにも非常に有効ですね。

自分から話をたくさんして盛り上げることが苦手な人は、聞き上手になることを目指すのもアリです。話を積極的に聞くことも立派な会話ですから、聞き上手になることで自分の人間としての魅力アップを目指しましょう。


スポンサーリンク

Check Also

告白する前に要チェック!~理想の告白シチュエーション8選~

「告白」は付き合う前や結婚する …