Home / 恋愛 / 心理 / 既読スルーをする心理とされた時の対処方法

既読スルーをする心理とされた時の対処方法

takebe160224430i9a0359_tp_v

皆さんは既読スルーをされたことがありますか?既読スルーはされると少しイラっとしてしまいますよね。

既読スルーを気にしないようになるためには、既読スルーをする心理を理解することが大切です。相手方の心理を理解し、既読スルーされた時の心理的なダメージを軽減できるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

既読スルーをする心理

a0002_010698

既読スルーをしてしまうのは、いろいろな原因があります。その原因をしっかりと理解して、既読スルーをされないようなメッセージを心がけましょう。

LINEが好きではない

LINEが嫌いだという人はいます。

セキュリティ面であまり信頼できなかったり、グループに入ると関係のない通知がうるさく感じたり、誰かに見張られている気がしてしまったり、電話番号交換しただけで、親しくない人にもこちらの状況が伝わってしまったり。

そして、既読が伝わるのが嫌という人はかなり多いのではないかと思います。LINEが本当に嫌いで、LINEを使っていない人もいると思いますが、嫌いでも人に合わせて仕方なく使っている人もいます。

その場合は、LINE通知を切っていて、たまに一気に流し見したり、ほぼ見ない人もいるかと思います。そうなると、既読スルー以前の問題になってしまいますが、質問を一通送って、気長に返事を待つ程度にしておかないと、嫌われてしまうかもしれないので、控えましょう。

興味のない話題

誰だって、興味の無い話を振られても、返事に困りますよね。そうすると既読スルーされやすいです。そこで相手に興味を持ってもらえる話題をまとめてみました。

相手が興味をもちやすい話題

  1. 1、相手の話
  2. 2、相手にとっての損得の話
  3. 3、内緒話
  4. 4、最近の噂話

相手が興味を持ちにくい話題

  1. 1、自分の話
  2. 2、上から目線の会話
  3. 3、誰かの悪口
  4. 4、中身の無い話

以上を気を付けて、LINEをするようにしてみましょう。

返事を考えている

LINEが来て、返信を考えている間に、返信することを忘れてしまうことは、よくあることだと思います。返信を悩ませないような内容を考えなくてはいけません。

悪い例

  1. 1、「今日も一日無事終わったよ。」などという報告LINE
  2. 2、「今日はいい天気だね」などという「うん」としか言えないようなLINE
  3. 3、「もしもーし」などの呼びかけLINE
  4. 4、「ひまー」などのかまってLINE
  5. 5、「今なにしてるの?」などの束縛LINE
  6. 6、「おはよう」などの挨拶LINE
  7. 7、「起きてる?」などの夜中のLINE

距離を取りたい

相手は、あなたと距離を取りたいと思っているのかもしれません。忙しくて返信ができなかったという場合、既読にもならないことがほとんどだと思います。

頻繁に既読スルーが行われる場合、わざと既読スルーをいている可能性があります。「脈なし」ということなので、しつこく送ったりせず、潔く引きましょう

何も考えていない

何も考えていないということは、あなたに全く関心が無いということです。既読スルーされたら、誰しも、「なんで返事くれないのかな」と心配になったり、不安になったりします。

それは誰だって考えればわかることです。相手にとってあなたが、友達や気になる人ならば、相手の気持ちを考慮して既読スルーをしたりはしません。

されたという事は、あなたが、傷ついたり不安になっても別に構わないくらい他人だと思っているということです。あなたを大切にしてくれない人と関わっても良いことはありません。切り替えていきましょう。

嫌われている

嫌われている場合は、関わりたくないため、ほとんどが既読スルーもしくは未読スルー。そして、究極はブロックをすると思います。もし、何度もLINEや電話をしても反応が無い場合は、ブロックされていないか、確かめてみましょう。

ブロックをされているか確かめる方法

1、持ってなさそうなスタンプを何種類かプレゼントしてみて、すべて「すでにこのスタンプをもっているためプレゼントできません」と表示される。

2、持ってなさそうな着せ替えを何種類かプレゼントしてみて、すべて「すでにこのスタンプをもっているためプレゼントできません」と表示される。

3、相手のホーム画面をみて、「まだ投稿がありません」となって、見れていた投稿が見れなくなっている。

会話が終わったと思っている

永遠に続く会話は、ありません。いつか終わりは来ます。必ずどちらかが会話をやめる訳です。

相手は、LINEを読んで、話に区切りがついたと思い、返事を返さなかった。それがあなたにとっては既読スルーをされたと思っているのかもしれまさん。

LINEを良く読み返し、そうなっていないか確かめましょう。会話が終っているのかもと思ったなら、次に送るのは数日後に別の話題で挑戦しましょう。

毎日LINEをすると、話題が無くなり、内容の無いLINEになりやすくなり、相手も返信が億劫になって、返ってこなくなってしまいます。

返事を忘れた

1度LINEを読み、後で返事しようと思って、つい忘れてしまうことがあると思います。気長に待つようにして、1週間くらいしても連絡が無ければ、もう一度LINEしてみましょう。

しかし、何度LINEしても既読スルーされる場合は、あなたと距離が置きたかったり、嫌われている可能性があるので、仲を深めようとするのは、諦めましょう。

質問が回答しにくい

あなたの質問に回答しにくく、悩んでいる可能性もあります。回答しやすいLINEにしてみてすぐに返事がくるようであれば、質問が回答しにくかったのかもしれません。

今後、質問をするときは相手が返事しやすい内容にしましょう。

既読=了解と思っている

LINEを読んで、「わかった」や「了解」を返すようなところでも、めんどくさがり返さない人がいます。既読を付けることによって、「読みましたよ」ということなので、それだけで相手に伝えようとしているのかもしれません。

今度からは、「わかったら、返事くれると助かる!」と付けたしてみると、返信をくれるようになるかもしれません。

ズボラ

ズボラとは、お風呂や家事、部屋の片づけ、そして約束や仕事など、いい加減な人のことで、人付き合いに関してとてもズボラなひとがいます。そういった性格の人は、既読スルーを普通にします。

ズボラな人というのは、会って話したり、行動をみていれば、だいたいわかると思います。なので既読スルーされたら、やっぱりズボラな人なんだなと思って、諦めましょう。

そういった人にキリキリしても、自分にストレスがかかり損だと思います。放置しておくくらいの気持ちでいましょう。

面倒くさい

LINEの文字を打つのが面倒だったり、返信内容が面倒だったりと、色々あるとはお思いますが、相手にとって、楽しくない話なのだと思います。楽しいと思える内容ならば、面倒とも思わないはず。

相手にとって、興味の持てる話にすることを意識してみましょう。

駆け引き

恋愛の駆け引きにおいて、既読スルーしてじらす人もいます。いつもすぐに返事をくれていた人が、既読スルーをすると、気になってしまいますよね。あなたの気を引こうとしているのかもしれません。

気になるようなら、あなたから少し心配するようなLINEを送ってあげましょう。

既読スルーされやすいメッセージ内容

iphone-500291_1280

次からは既読スルーされる内容を細かくお話ししていきます。そういうLINEを送ってしまっていないか、確認しましょう。

返信が難しい内容

例えば、忘年会や打ち上げなどの幹事から、「○月○日空いてる?」と聞かれたとき、まだ予定がわかっていないことってありますよね?

そういったとき、予定を確認してから、返事しようと思って、忘れてしまって既読スルーになってしまったりすることがあります。

本来なら、そういったLINEが来た段階で「すぐにわからないから、わかったら連絡する」と返信がきてほしいものですよね。

行けるか行けないか、店の予約とかもありますから、催促のLINEがきてしまったりすると、なんだか行く気がなくなってしまったりすることもあるのではないでしょうか。

「○月○日になったけど、来れるか来れないか、今すぐわかる?」と聞いてみると、案外返事が帰ってきたりするものです。返信に悩みそうかなと思ったとき、少し言い回しを変えてみると言いかもしれません。

くだらない内容

意味もないような内容だと相手は、なんと返事を返したらいいのか迷っているうちに忙しくなってしまい、既読スルーになってしまうことも少なくありません。

「今日は○○だったんだよ」といった報告。「だから何?」と思ってしまうようなLINEは控えましょう。しっかり内容のあるLINE、相手が興味を持てるLINEにすることを心がけましょう。

スタンプだけ

スタンプだけを送ってくる人がいますが、その返信にはかなり迷いますよね。かなり親しい人ならば、スタンプで返してくれたりしますが、知り合ったばかりの人だったりするときは、控えたほうがいいでしょう。

親友や恋人でさえ、いつもスタンプだけのLINEがくるようだと、面倒だと思う人も多いと思います。

常につながっていたい、連絡を取り合っていたいと思うのはわかりますが、内容のないLINEは自分は楽かもしれませんが、相手を悩ませているかもしれません。

めんどくさがらずに自分もLINEの内容を頭でしっかり考えてLINEをしましょう。

独り言

「お腹すいたー」や「眠れないー」など、独り言LINEを送っるのは、かまってちゃんだと思われるのでやめましょう。かまってちゃんは、面倒だと思われ、距離を取られることが多いです。

そして、眠れないときによくあるのが、夜中に「起きてる?」などというLINEです。相手は寝ていたかもしれません。翌朝が早くて早めに寝ていたのにLINEで起こしていまうかもしれません。

相手のことを考えて、時間を考えて送るように気を付けましょう。

ネガティブな内容

親友や親など、相談を含めてのネガティブな事をいってしまうことはあると思います。しかし、「今日○○で失敗しちゃったんだよね」とネガティブ内容だけだと、落ち込んでるから励まさなきゃと思いますよね?

でも励ます言葉って、なかなか出てこなかったり、嫌味になってしまうかな?と悩んでしまったりすることもあります。そうすると既読スルーになってまうなんてこともあります。

そして、ネガティブな発言は、相手もネガティブにしてしまいます。

なので、ネガティブなだけではなく、「どうしたらいいと思う?」などの相談をしてみたり、「○○で失敗しちゃったけど、今度からは○○しないように気を付けるつもり」など、ポジティブなメッセージで終わるように気を付けましょう。

そのほうがお互い嫌な気持ちにならないので、楽しい会話ができます。

質問攻め

一度にたくさんの質問をすると、相手もどれから答えればいいのかわからなくなってしまい、迷ってるうちに既読スルーになってしまうことも少なくなりません。また、すべて答えようと、LINEを打つ時間が長くなり、面倒になることも少なくありません。

質問は一つにし、相手の返事があってから次の質問をするように気を付けましょう。

長文メール

誰だって、LINEを開いたときびっしりとした文字が並んでいると、読む気が失せるものです。文章を読みやすくすることも大切ですが、必要なことだけを簡潔に伝えるほうが、会話がうまく成り立ちます。

聞いて欲しいことがたくさんあるのかと思いますが、相手が気になる人、もしくは好きな人、仲よくなりたい人ならば、相手の聞いて欲しい話を聞くような気持ちでいたほうがいいと思います。

自分が気持ちよく話ができる相手を、人は嫌いになれません、むしろ好きだと思います。聞き役になることができると、相手と仲良くなることができて、そうなってから、徐々に自分の話を増やしていくのがいいと思います。

話がかみ合わない

あなたがLINEをするときに、きちんとした会話ができていますか?相手が話したことにちゃんと触れていますか?会話はコミュニケーションに必要不可欠です。

「今日○○が一番とったんだよ」「おお!おめでとう。私も○○だったんだよ」「うん、それでさー○○があーで、こーで」といったように、相手の話をスルーして別の話を始めたりすると、こっちの話は全然聞いてないと思われ、会話が成り立っていません。

相手の話をしっかり聞いてから、こちらの話をするという、キャッチボールを忘れないように気を付けましょう。

既読スルーされてしまった時の心理的な心構えと対処方法

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

既読スルーは誰しもされることがあります。された時の対処法をいっかりと押さえておきましょう。

待つ

まず、待ちましょう。既読がついて、すぐに返事がだせない人もいます。長文を打っているのかもしれません。気長に待つという事はとても大切です。焦らず、焦らせずに、余裕をもっていましょう。

くれぐれも、返信を催促しないように。一週間たっても返信がなければ、その時にもう一度連絡しましょう。同じことを聞きたい時は、言い方を少し変えたりして聞きましょう。

気にしない

なんでも、嫌なことは気にしすぎるとこちらがストレスを溜めてしまって損です。相手はなんとも思っていない可能性が高いのですから、開き直って気にしないことが一番です。なんかあったら連絡してくるだろうと、割り切ってみましょう。

相手の立場になる

自分が送ったLINEを見返してみて、相手がこんな内容のLINEを送ってきたら、どんな風に思うか想像してみましょう。返信が難しい内容になっていませんか?一方的に自分の話ばかりしていませんか?

悪いと思うことがあったなら今度からはそうならないように、気を付けてLINEを送るようにしてみましょう。

電話をする

急ぎの内容だってこともあります。もしくは、LINEでは相手の気持ちや、自分の気持ちを伝えるの難しいです。その時はいっそ、電話してみましょう。相手の反応が見れると、どうして既読スルーをしたのかがわかるかもしれません。

既読スルーでウジウジ悩むより、電話しましょう。嫌われてるのかもと、想像で悩むより、怖いかもしれませんが、電話して相手の反応をしっかり確認してみてください。

案外、相手は気にしていないことが多いです。相手が気にしていないのに、悩むのは時間がもったいないです。

再送する

ちゃんと届いていなかったり、返事を出すことを忘れているかもいれません。再送することによって思い出して、焦って返事をくれるかもしれません。

しかし、人によっては、催促されたと、嫌味にとる人もいるかもしれません。内容や相手がどう思うかを考えてから、場面に合わせて再送という手を使うようにしてください。

LINE以外の連絡手段を使う

その人のメールドレスや、電話番号を知っているならば、それらを使って連絡を取るのも一つの手です。しかしLINEで、ブロックされているようであれば、無理に連絡しない方がいいと思います。

ブロックされた理由を直接聞きたい、ちゃんとケンカしたいと思える強さがあるのなら、それもいいと思いますが、ブロックされたということは、相手はあなたと話したくない、関わりたくないと思っているので、メールや電話も拒否してくる可能性が高いと思います。

諦める

諦めも肝心です。いつまでも引きづっていたら、まえに進めません。開き直りです。他にもあなたを大切にしてくれる友達はいます。居なければ、作ればいいです。

今はいろいろな方法で友達を作ることができます。一人や二人に固執せず、周りをよく見てみてください。世界を広げてみましょう。

忘れる

既読スルーがあったこと自体、忘れてしまいましょう。いつか、そんなこともあったなと、気にしすぎていたなと思えるはずです。嫌なことは、反省はしても後悔を引きづってはいけません。反省だけを覚えておくようにして、既読スルーがあった嫌な思い出は、忘れましょう

まとめ

b937a3355f518b9b72600201ee7cbb12_s

いかがでしたでしょうか!

どうして既読スルーされるのか、既読スルーされない方法、既読スルーされた時の対処方法などをお話ししてきました。

LINEをやっているかぎり、誰しも既読スルーは体験するものです。しかし、既読スルーを気にしてばかりいると、楽しいことを見逃してみまうかもしれません。そういうことをする人もいるんだと割り切って、LINEのやりとりをするようにしましょう。

スポンサーリンク