Home / 結婚 / 結婚適齢期とは?結婚適齢期の意味と男女での意味の違い

結婚適齢期とは?結婚適齢期の意味と男女での意味の違い

結婚適齢期という言葉がありますが、その言葉に敏感なのは女性に多い感じです。女性は若い方が結婚に有利と感じられる点も多く、ある程度の年齢になると焦りを見える人も多いです。

結婚適齢期は社会的に見て結婚をするといい年代なので、必ずしも自分の適齢期と一致するとは限りません。現代は生き方も多様で結婚適齢期に左右される必要は無いので、早く結婚したいけど相手がいない等で焦る必要はありません。

スポンサードリンク

結婚適齢期とは?

社会や地域、文化、時代によって変化する

結婚適齢期はその時代によって変わっていきます。昔に遡るほど結婚年齢が早いですがそれは、周りから勧められるまま結婚をする人も多く、それに昔は仕事も肉体労働などは人手が必要で、働き手を増やしたいから早めに結婚する事も多かったです。現在も昔の結婚の名残はありますが、生き方の多様化で結婚適齢期に合わせて早く結婚したいと考える人は少なくなりました。

日本の法的な婚姻年齢

男性が18歳以上、女性が16歳以上であれば結婚をする事ができますが、未成年の場合は親権者の同意が必要となります。法的に年齢さえクリアしていて、親権者から結婚の同意を得る事ができれば誰でも結婚をする事は可能です。結婚には上限はありませんので、年をとっても本人次第でいつでも結婚をする事ができます。

適齢期が意味するもの

最近は高齢出産も増えてきていますが、女性は子供を生める年齢がある程度決まっています。安心して出産するには若いうちに結婚する事を望ましいと思う人も多いです。子供も早いうちに生まれれば早く独立をしてくれるので子育てが早く終わり、老後を安心して過ごすことができます。

結婚適齢期は子供を生んで自分の老後も快適に過ごせるようになるために、設定されているものです。しかしあらゆるタイミングで出会いが無かったり、結婚をしても問題が発生して離婚してしまうケースもあります。適齢期に結婚をしてもやむなく離婚してしまう事もあり、適齢期に結婚できたからといって必ずしも幸せになるとは限りません。幸せは本人たちが作り上げていくものです。

結婚適齢期を過ぎることの影響

一般的に適齢期を過ぎて年齢が上がるにつれ、結婚はしにくくなるというデータがあります。子供を生んで家庭を持ちたいという気持ちが強い人にとっては、なるべく早くに結婚をしたいと考えてしまいます。男性女性ともある程度若い方が相手も見つかりやすく、年齢を重ねるにつれ自信が無くなってしまうことが多くなります。

結婚適齢期は子供を生みやすい時期であるため、子供が欲しいのであればその時期に合わせるのが大切です。しかし結婚適齢期に病気などやむを得ない理由、結婚に対しての不信感、不安感が強いとどうしても無理な場合があります。子供を生むなら早い時期がいいですが、結婚自体は18歳を超えていればいつでも可能です。

ライフプランや周りの意見様々なものがあり、結婚に対しては人それぞれ考える事が違って当たり前です。結婚はしてもいいししなくてもいいものです。焦ってしまって自分を見失わないように、後悔をしないように考えるのが大切です。

結婚は生活をよりよくしていくためのもの。結婚する事で不満が出たり、人生の設計が狂うようになってしまっては本末転倒です。恋愛の延長ではなく生活となるので甘い考えですることが出来ないのも結婚です。

時代と共に移り変わる女性の初婚年齢と結婚適齢期

江戸時代:20歳前後

武士など支配階級に位置する人は、家系を守る事が大切なためあらかじめ決められた許婚と結婚する事が多く、恋愛結婚はありませんでした。武士階級ではある程度の年齢になれば結婚をする事が当たり前であり、儀式でもありました。個人の感情よりも家系を重要視しているため窮屈な生活を強いられていました。

一般層では恋愛は今よりも自由な部分があり、女性がリードする事も多かったです。結婚に対しての意識もそれ程強くなく割りと簡単に結婚したり離婚をしていたようです。江戸時代は今のように結婚を先延ばしにする考えが少なかったため、割とすぐに結婚をする人が多かったように思えます。そのため適齢期も今より若くなります。

武士や上流階級では妻のほかに妾を囲うことが当たり前でしたがキリスト教の伝道が広まるにつれ、夫婦は一夫一妻であるように自然と社会が動いていきました。

明治・大正時代:21歳

明治時代になると結婚に対しての法整備もきちんとされ始め男性は17歳以上、女性は15歳以上で結婚出来るように決められました。江戸時代では身分で結婚相手が決められていた部分もありましたが、明治時代では身分が違う人や外国人とも結婚をする事が出来るようになりました。

結婚する事で女性は夫の家に入り、夫の姓を名乗らなければならない部分があり、結婚生活も男性の方が優位で女性が不遇の時代でもありました。今は男女とも平等ですが、その時代の名残を感じられる部分があります。結婚をすると女性は財産を夫に管理される事になり、大きな買い物も自分ですることが出来なかったため、女性にとって結婚生活は不自由な時代でした。

結婚適齢期も今より若く、女性の場合は学校の卒業と共に結婚をする事も多く、時には在学中でも縁談が決まれば退学をしてまで結婚をする事もありました。

1970~80年代:24~25歳

その頃は女性は25歳を過ぎると結婚をしにくくなるという世相があり、クリスマスケーキに例えられ、25を超えると回りから見向きもされないと言われていました。今考えると女性に対して失礼と感じられる部分でありますが、その当時は女性が若くないと結婚相手として価値がないと見られていた部分もあります。

そのため結婚適齢期も世相に合わせていった部分があります。昔に比べて女性への風当たりは減ってきていますが、結婚をしない女性に対して厳しい目で見られる部分が強かったです。明治大正のときに比べて女性が結婚をしてもある程度自由に過ごす事ができましたが、続けていた仕事を止めざるを得ない状況が多かったです。再就職してもパートタイマーで働く人が殆どでした。

その時代の女性も現代では主婦生活を経て活躍する人も増えてきていますので、現代になるにつれ既婚女性の地位は上昇していきました。

現代:29歳

昔は20代で結婚をしないといけないという世間の目がありましたが、現在は男女とも20代で結婚する人は少なく、30歳前後で結婚する人も珍しくありません。40代50代でも積極的に恋愛をする人も増えてきていますし、結婚をする人もいます。

価値観の多様化により年齢に縛られた生き方から解放される人も増え、男女とも生きがいを大切にし暮らしていくことが主とされてきています。男性は結婚適齢期をそれ程重視しませんが、女性は出産の年齢が気になるため、20代後半で結婚を決めたいという人も多いです。

現在は30代でも仕事の方が大事などの理由で結婚に焦らない女性も多く、価値観が多様化されています。昔は女性の人生は結婚に左右されてきましたが、現在は個人の自由で結婚をするしないを決める事も多くなりました。

結婚を決めるタイミング

周囲の声や変化

年頃になると親や周りの人から結婚を勧められるという話があります。親や会社の人からお見合いの話が出てきたり、結婚相手候補を紹介される事もあります。また、友達が結婚することにより結婚に対して、いろいろ考える機会が出来ることもあります。

自分は結婚に興味が無いと思っていても、友達が結婚式をするので呼ばれて式に参加してから、結婚式に憧れてしまうという事も多いです。結婚はする気がなければ無理にする必要もなく、何かのきっかけでものすごくしたくなったらすればいいと思います。

結婚適齢期に結婚に乗り気ではなかったら、無理せずに考えを一旦手放して休んでみてください。あくせく考えているときに限っていい答えは出ません。

仕事とプライベートのバランス

仕事も軌道に乗ってきて、プライベートも落ち着いてきてそろそろ結婚相手がほしい、子供を生んで家庭を築きたいと言う時期があります。現在では仕事が落ち着いてきたら結婚をしたいと考える人が多く、結婚よりもまずは仕事の安定させたいという思いが大抵の人にあります。

いざ結婚をしようと思っても相手がなかなか見つからなかったり、相手と結婚観の違いから別れてしまったりする場合もあり、なかなか思うように結婚が進まない事もあります。基本的に男性は結婚よりも仕事の安定に力を注ぎ、女性は仕事よりも結婚を重視する場合が多いです。女性は特に結婚と仕事で板ばさみになって悩む事もあり、なかなか答えを出すのが難しい場合があります。

人生設計の計画

きちんと家族計画を立てて生きたい、家族を築き上げたい、家族を持って幸せになりたいという思いが強いのであれば、結婚適齢期に合わせた時期に結婚を進めてみましょう。晩婚化が進んでいますが、子供は早い時期に生めば2人目以上の計画も立てやすくなりますし、定年になってからも子育てで悩む必要は無くなります。

思い通りにならない事もありますが、家族を作る思いが何よりも強いのであれば、積極的に結婚に取り組んでいくのが大切です。若いと収入も不安になると思いますが、今では年齢関係なく活躍できる機会はあります。早く結婚をして家族を作りたいという思いを胸に仕事に精を出すのも生きがいとなります。

女性が考える結婚適齢期

男性30歳?

男性は結婚適齢期を女性程気にしませんが、年齢を重ねるにつれ気になる傾向にあります。40代に近づくにつれ未婚であると焦りを感じ始めます。20代は仕事も忙しく、まだまだ遊んでいたい年頃のため、焦って結婚したいとは思っていませんが、30代に近づくとそろそろ結婚したいなと感じ始め、結婚適齢期も自然と30代前後となります。

定年を迎えるまでに子供が成人するといいなと思っており、30歳前後で結婚しようかなと女性に比べて気軽に考える人が多いです。その頃になると周りの目やステータスで結婚を決める人も多く、自分の気持ちよりも周りに影響されるという場合が多いです。

女性27歳?

女性はなるべく20代の間に子供を生みたいという希望があります。ですが20代の前半では仕事に没頭したり、プライベートを重視したいという思いもあり、結婚はまだ早いかなという思いがあります。結婚をすると女性の負担が増えるという考えは根強く、共働きであっても女性に家事などの負担が多くなってしまう事を危惧して、なかなかその点が気になり結婚を考えにくい女性も多いです。

子供を生む年齢にリミットが無ければ結婚は遅くても構わないと考える人も多いですが、子供がほしいという人も多く丁度27歳くらいが出産に対してベストな年齢となるため、その頃に合わせて結婚をしたいという女性は多いです。30歳を超えると仕事も軌道に乗っていて、結婚をしなくても一人で生きていける女性も増えてきたので、必ずしも結婚を選ばず仕事やその他のやりがいのために生きる道を選ぶ人も増えています。

男性が考える適齢期

男女ともに30歳?

男性は女性の出産年齢などについてそれ程深く考えておらず、30歳くらいが結婚適齢期かなと軽く考えている部分が多いです。それくらいで結婚しておけば社会の体裁もいいので、とりあえず結婚を選ぶという考え方をする人も多いです。現在は男性も給与が上がりづらく、ある程度年齢を重ねても家族を養えるほど稼げないという人が増えています。

雇用も安定せず、解雇されて再就職しても給与が下がってしまう事がザラにあります。その場合だと結婚をしても共働きになる事が多く、子供とのふれあいの時間も減ってしまいます。現在は金銭的に悩む人も多く、結婚をしても子供を持たない人も増えており、結婚は少し遅くなっても子供は作らないから大丈夫かなと思う人も増えています。

動物は子孫を残すのが本能としてありますが、人間には必ずしもその思いが強いとは限りません。子供を生む以外にも大切なものを築き上げる事ができるので、それに生涯をささげる人もいます。子供の有無は夫婦それぞれで決めればいいし、必ずしも子供を生まなければいけない訳ではありません。

日本は比較的安心して子供を育てる事ができるため、病気で無くなったりする子供が少なく、子供が生き残りやすいので相対的に子供の数は少なくなります。子供を持たなくていいと考えるのであれば、結婚適齢期に左右されず、自分のベストな時期を選んで結婚をすればいいのです。

まとめ

昔の結婚は家の存続のために行われる事が多く、個人の感情は無視されてしまう部分が多かったです。泣きながら結婚したという人も多く、今のように結婚に対して明るいイメージを持てる人も少なく、儀式的な面が強かったと思われます。

現在は家の存続にこだわる家系もありますが、昔のようにそこまでこだわる所も少なくなりました。今は結婚は自分の人生を良くしていくものかどうかというのが重要になりました。

結婚適齢期に左右されて焦ってしまうと、そういうときに限っていい出会いはありません。妥協して結婚をしてしまうと後々苦労したり、人生設計に狂いが出てくる可能性もあります。

友達や周囲の人が結婚をしているとどうしても取り残された感じがしてしまいますが、そういう時こそ焦らず、冷静にいるようにしてください。人は本能で結婚して子供を生んで育てて家庭を築き上げたいと考えてしまいます。

そこまで結婚に熱心でなくても多少気になる部分はあります。結婚適齢期はあくまで世間一般のものです。子供を生み育てるのであればこの頃が望ましいとされている傾向があります。結婚適齢期と言える年齢でも、今あなたのいる環境によっては別に結婚をしなくてもいいと感じる人もいるでしょう。

結婚に対しての価値観は年々変化していて、自分が結婚したいと思える時期に結婚をするという人も増えています。結婚適齢期に左右されて嫌々結婚しても不幸になるだけです。結婚は困難の連続で場合によっては独身の方がよかったと思う人もいます。

社会や周りの声に惑わされず、自分が今結婚したいかしたくないかを冷静に見つめてください。かといって結婚をしたい思いを押し殺して無理をしないようにしてください。高齢で結婚する人はまだ少ないですが、結婚自体はいつでもする事ができます。

あなたの思い描く結婚生活はどんなものかを考えてください。社会人になるとなかなか気持ちをストレートにあらわす機会が減ってしまいますが、結婚は人生に関わるので、そこは素直になって考えてください。

結婚をすると男性も女性も周りからの目が変わってきます。今まで付き合ってきていた人と疎遠になったり、仕事も趣味などの活動も思うように出来なくなってしまいます。安易に逃げで結婚したり、結婚をしたら幸せになれると思い込みすぎるのも、結婚生活に不満を感じる原因にもなります。


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …