Home / 結婚 / 結婚相談所から始まる素敵な出会いを

結婚相談所から始まる素敵な出会いを

婚活法として利用されることが増えている「結婚相談所」では、結婚を目指す人たちに様々なアドバイスやサポートを行っています。

スポンサードリンク

婚活をどの様に選択するのか?


結婚を目指して様々な活動を行うことを「婚活」と呼ぶようになってからしばらく経ちますが、今では婚活はごく一般的なものとして認知されるようになりました。そして、様々な選択肢からサポーターを選ぶことができるようになったことにより、「どのような方法を選択するのか」という判断の重要性が増しています。

メインのきっかけは、結婚相談所

例えば、ここで紹介するメインとなる結婚相談所では、利用者に対して専門のアドバイザーやカウンセラーがサポートを行うだけでなく、同じ相談所を利用している人の中からマッチングの可能性が高い人を紹介してもらうことができます。
いわば、多様な選択肢を持ったお見合い斡旋所といえるもので、現在ある様々な婚活ツールの中でも非常に高い成婚率を誇っています。

ただし、相談所を利用するためのコストは高額になることが多いので、あらかじめ相応のコストを負担することを覚悟しておかないと、成婚前にコスト負担によって途中で辞めざるを得ない状況になる可能性があります。
相談所を利用する際の費用として、入会金、月会費や成婚料などがあります。入会金は数千円~数十万円まで幅広く、成婚料についても同様の料金設定が一般的です。月会費に関しては必要不必要がはっきりと分かれています。

結婚相談所のコストは?

必要となるコストの種類には違いがあるものの、総コストでは極端な違いにはならないことが多いです。これは、例えば入会金が高い場合は他のコストが安く設定されていたり、成婚までは低コストで利用できるが成婚料が高額に設定されているといった違いによるものです。
入会以前にコスト面に関する情報をできる限り収集しておいて、実際にどのくらいのコストが必要になるのかを基準に比較しておくと安心できます。 次に、インターネットをベースにサービスを行っている「婚活サイト(インターネット婚活)」に関してですが、婚活サイトを利用した際のメリットは「コストが安い」という点です。

結婚相談所を利用した場合の総コストは数十万~百万円ほどですが、婚活サイトを利用した場合には高くとも十万円程度で済むことがほとんどです。むしろ、それほどのコストが必要になる状況は少なく、多くは数万円程度で済みます。 コスト面で比較した場合、圧倒的に婚活サイトの方が魅力的です。

婚活サイトと結婚相談所


ただし、婚活サイトの場合は結婚相談所のような手厚いサポートがなく、すべてを自分で判断して婚活をすることになります。この点が料金の違いが生じる最大の理由であり、利用者の向き不向きを明確にするポイントです。

日常的に異性と接することが多く、自己分析の結果としても異性とのコミュニケーションが不足している訳ではないと判断できる人、ただ単にチャンスが巡ってこないだけだと感じる人にとっては婚活サイトがおすすめです。

ただ、異性とのコミュニケーションがあまり得意ではない、どうしてたら良いのかを自分で判断できないような人にとっては、結婚相談所がおすすめになります。 要するに、自分自身の性格などを加味して方法を選択すれば良いのですが、結婚相手に対して一定の条件を設けている場合にも選択肢は変わります。

婚活サイトのメリット

婚活サイトのメリットは、非常に多くの候補者がいることです。インターネット環境があれば誰でも簡単に利用できるサービスであり、費用もそれほどたかくないので、気軽に登録している人がたくさんいます。

その為、候補者全体の数で比較すれば明らかに婚活サイトの方が多くなります。 ただ、有象無象の候補者をひとりひとりチェックしていくことは手間がかかります。その点、結婚相談所ならばハイステータスな人のみが利用しているサービスなどもあるので、候補者探しに手間がかからず希望を叶えやすいというメリットがあります。

結婚相談所を具体的に使用するには?

婚活を行うために結婚相談所に入会する人は多く、それによって素敵な結婚を手に入れている人もたくさんいます。ただ、結婚相談所を利用するとコストが高額になってしまうというリスクもあるため、相応のサービスを提供することも重要です。

相談所が提供するサービスとして、最も重要なことは【結婚に至ること】です。すべてではなくとも、一人でも多くの利用者が素敵な結婚ができることが理想であり、その為のサポート能力があるほど採用の期待が大きくなります。 相談所の求人は、ハローワークなどに掲載されていることはそれほど多くありません。

もちろん、地域によってはハローワークやフリーペーパーなどで頻繁に行われていることもあるでしょうが、有象無象の人材を求めている訳ではないことが多い以上、ある程度は厳選された人材からのみ求職を受け付けています。

理由は上記で示している通りですが、それでは具体的にどのような人材(能力)が求められているのかを詳しく説明していきます。 先に相談所の仕組みを簡単に紹介すると、次のようなものです。希望者が入会するに当たりカウンセリングなどを行い、自分の希望を叶えられる環境かどうかを確認します。

本格的なカウンセリングによって確率を高める

portrait
その後、内容に納得できた希望者は入会金(必要に応じて)を支払って入会手続きを完了し、本格的なカウンセリングを受けます。ここで、どのような相手を探しているのかという条件を提出し、相談所はその条件にできる限りそった相手をマッチングします。

候補者が選出されると、その中から数名ピックアップして細かな判断を行います。もっとも成婚に至る可能性が高いと判断できる候補者を1人選出し、双方に「このような人物がいるが会ってみないか」という打診をします。

そして、双方が同意した場合にはマッチングの場をセッティングし、そこで自由なコミュニケーションをとってもらいます。初回は同席することが多いですが、2回目以降は自由にコミュニケーションを取ってもらうのが一般的です。

この流れに置いて、相談所側では「適切なマッチングを行うこと」が必要になります。例えば、年収500万円以上なら誰でも良いといった希望者ばかりなら難しくありませんが、趣味、身長や体重などの希望があれば候補者は少なくなります。

さらに、年齢や見た目の希望なども考慮してマッチングする必要があるので、適切な判断能力がなければ務まりません。 とはいえ、決められた条件に合致する人物をマッチングするだけならば、あまり問題ではありません。

単に条件をリストアップして照合していき、最終的に残った人物の中で客観的に一番優れている人物であると判断できる人を紹介すれば良いだけです。しかし、それでは成婚率が上がらないもので、プラスαの要素を加味して判断する必要があります。

何が必要なのかというと、「人物像としての相性」です。例えば、内向的な人に社交的な人をマッチングすることが良いのか、それとも同じ傾向を持った人をマッチングすることが良いのかといった判断をしたり、話すペースや姿勢(スタンス)が似ている人をマッチングするといった点です。

これらは非常に小さな要因ですが、心理学でも語られているような効果を発揮することも加味して考えると、決して無視できない要素です。 結婚相談所で働くためには、こうした判断を適切に行える能力が必要です。といっても、決して特殊な能力ではありません。

普通にコミュニケーションをとり、その中で少しだけ人よりも早く相手の人間性を読み取ることができれば十分です。また、仮に察する能力は平凡だったとしても、一定のコミュニケーション能力があれば補填することは可能です。加えて、「自信を持った発言をする」ということもできれば適当です。

結婚相談所、マッチングサイトをはじめるには?

結婚相談所に入会する方法、インターネット上の婚活サイトを利用する方法、友人や知人から紹介してもらう方法、合コンや街コンに参加する方法など、非常に様々な選択肢がある婚活ですが、その中からどの方法を選べば良いのかを判断する段階で悩んでしまう人は少なくありません。

それもそのはず、それぞれの方法には一長一短あり、利用する人によって最適な選択肢は変わります。

例えば、「自発的に」異性と積極的なコミュニケーションを取ることが得意な人は、誰のサポートを受けることなく婚活を成功させられる可能性があります。そのような場合、結婚相談所で手厚いサポートを受ける環境を選択するよりもインターネット婚活を利用して、より多くの候補者がいる環境を選択した方が良い場合が増えます。

逆に、異性と積極的にコミュニケーションを取ることが苦手な人にとっては、インターネット婚活では効率良く出会えない可能性が高くなる懸念があります。

自己PRの内容を考えること、異性を検索すること、気に入った異性にアプローチを掛けること、信頼関係を築いてパートナーとなることという一連のプロセスを行うに当たり、すべて自力で対応しなければいけない状況よりもサポートを受けられる状況の方が結果が出やすい可能性があります。

実際にどのような方法を選択し、どのようなアプローチで進めていくのかを判断するのは自分自身です。しかし、そもそもの選択肢すらない状態では話が始まらないので、自身にその引き出しがあるのかどうかなどを含めて総合的に判断する子ことが大切です。

もし、献身的なサポートを受けられる環境の方が合っているということになれば、現状では結婚相談を利用した婚活が最善といえます。結婚相談所ならば、利用者ごとの特徴や希望をすべて把握しているので、客観的に見てマッチングの可能性が高い異性を紹介してもらうことができます。

もちろん、紹介された異性を気に入るとは必ずしも限りませんが、自分で探すよりは少ないコストで良い結果につながりやすいです。 ただし、結婚相談所を利用する方法には「コストが高額になる」という懸念材料があります。例えば、婚活サイトを利用する場合ならば月々数千円で済むことが多く、無料の出会い系サイトなら費用は一切かかりません。

通信量(パケット代)いかんでは多少のコストが必要になる可能性はありますが、基本的には非常に安いコストで利用できます。

これに対し、結婚相談所の場合は、入会金数万~数十万円、月会費、成婚料などの費用が掛かります。料金は個別に設定されているので、高いところもあれば安いところもあります。料金設定が高いところは、自社のサービス内容や実績に自信を持っているところが多い傾向が強く、実際に高い成婚率を誇っていることも珍しくありません。

必ずしも料金が高いほど良いという訳ではなく、料金が安い設定になっているところでも非常に優秀なところはたくさんあります。まずは、負担できる費用を把握し、それに合った選択肢を比較検討すると良いでしょう。 次に、「利用者の数やタイプ」を基にして比較検討します。

まとめ


いかがでしょうか?

婚活サイトとマッチングサイトには、それぞれメリット・デメリットがありますが、それぞれの特徴を掴んで望むことが必要です。

マッチングサイトで言えば、利用者数が多ければ多いほど対応できるジャンルが増え、少なければ限定的な環境になりやすいという傾向は否めませんが、たとえ限定的な環境であったとしても、その環境が自身の希望にマッチしていれば最適な選択肢となる可能性は十分にあります。

実際にどのような特徴を持った結婚相談所なのかを調べるためには、インターネット上の情報を参考にする方法だけではなく、結婚相談所と併用することで、実際に訪れてカウンセリングを受けてみることが大切です。


スポンサーリンク

Check Also

結婚式で流す結婚行進曲とウエディングソングは何にする?定番ソングを紹介!

結婚は人生の一大イベントであり …