Home / 結婚式 / 結婚式での髪型、服装、ご祝儀に関するマナーについて

結婚式での髪型、服装、ご祝儀に関するマナーについて

結婚式にお呼ばれされたらそれはとても嬉しいことですが、反面、どのような格好で行くべきか、ご祝儀はどのくらいの金額にしようか悩むことも多いかと思います。この記事ではそのような女性の悩みを取り除くため、結婚式に行く際の髪型や服装、ご祝儀に関するマナーを紹介したいと思います。

この記事を読んでこれらの悩みを解消していただけたら幸いです。

スポンサードリンク

髪型に関するマナー

結婚式にお呼ばれされたときに悩むのが、髪型です。普段は特別なヘアアレンジはしないという人でも、いつもより華やかにしないとマナー違反になることもあります。ヘアアレンジをするお金がもったいないと思う人でも、最低限のマナーは守って出席しましょう。

アレンジ方法によって印象が変わるので、結婚式の雰囲気にふさわしいアレンジを選ぶことが大切です。

アップスタイルがオススメ

きちんとした感じを出したいときにオススメなのが、アップスタイルです。ゲストのお呼ばれスタイルとして人気があります。うなじを綺麗に見せることができて、女性らしさを感じさせてくれます。

アップにすると髪が邪魔になりませんし、ネックレスなどのアクセサリーも目立たせることができます。アップスタイルは顔の大きさを際立たせてしまうというイメージがありますが、サイドに後れ毛を出したり、毛先を散らしたりすることで小顔に見せることができます。あえて散らし気味にまとめることでフェミニンさを感じさせることができます。

フェミニンやセクシーさよりもガーリーさを出したい人は、編み込みを作ってアップにするといいです。華やかさときちんと感の両方が出せます。編み込みは最近のトレンドの髪型で普段から編み込みにしている人もいるかもしれませんが、結婚式の時にはバレッタやリボンなどの小物は最小限にして編み込みを強調させた方がいいです。

アップスタイルの例としては、ゆるふわなお団子スタイル、編み込み入りのポニーテールアレンジ、バレッタでシンプルに留めるメッシーバンスタイルなどがあります。バレッタで留めるだけのシンプルなアレンジであれば、慣れている人なら自分でもできるかもしれません。

ショートの人はハーフアップスタイルを

アレンジするほど髪の長さがないという人でも大丈夫なのが、ハーフアップスタイルです。ショートの人は髪型のアレンジがやりづらいですが、ハーフアップだと少しだけ手を加えて豪華に見せることができます。普段はアレンジしないので自分でやるのは難しいという初心者でもやりやすいです。

髪の毛をゆるふわに巻いて、アップする部分をふんわり結ぶだけで抜け感を演出できます。もう少しアレンジを加えたい人は編み込みも加えると華やかさをアップできます。ただし、中途半端な長さでハーフアップスタイルにすると髪の毛が落ちてくることがあるので注意しましょう。

ハーフアップスタイルの例としては、リリィヘアデザイン、ハーフアップの編み込みにアクセントリボンの髪を作る、ルーズな波ウェーブボブ編み込みなどがあります。両サイドから編み込んで一つにまとめる王道スタイルは、それだけだと寂しいのでヘアアクセでアクセントをつけてあげるといいです。

結婚式の髪型は、美容院に行けばセットしてもらえます。しかし、行く暇がない人やお金をかけたくない人、自分で自由にアレンジをしたい人もいるでしょう。こういう人は自分の髪の長さに最適なアレンジスタイルを知っておくことです。ロングはゆるめに巻いてベースを作っておくとアレンジしやすくなります。

セミロングやショートヘアの人はヘアアクセサリーを利用すると華やかさを加えやすいです。

実用性も考慮

また、実用性も忘れてはいけません。結婚式というイベントの中で崩れてしまいやすいスタイルだと、料理の時に他の人に迷惑がかかったり、せっかくのお祝いの席を立って直さなければならなくなることもあるからです。できるだけ崩れにくく、保ちやすい髪型を選びましょう。

トレンドの髪型は、ゴムで髪をまとめてその束の中に毛先の髪を入れ込む「くるりんぱ」です。セルフヘアアレンジしやすく、リボンやバレッタで留めるだけで華やかなヘアスタイルになります。少し毛先を出してあげるとフェミニンな感じになります。

服装に関するマナー

髪型も気になりますが、ドレスコードも気になるポイントです。季節によって服装は違いますし、新郎新婦との関係によっても使い分ける必要があります。式の雰囲気がカジュアルかフォーマルかによってもだいぶドレスコードは違います。

ドレスコードというと堅苦しくて面倒なイメージがありますが、女性は男性の服装に準じるものを着れば良いとされており、男性に比べると自由度が高いです。

ただし、ドレスコードのルールが緩いということは、それだけ考えて選ばないといけないということです。男性の場合はスーツ一択という感じがありますが、女性はドレスからワンピース、さらに羽織物の種類やバッグ、アクセサリーなど考える必要があるアイテムが多彩です。

一般的には、結婚式にお呼ばれされた女性ゲストの約80%がワンピースを選んでいます。着物は13%でパンツスタイルが7%という割合です。

ワンピースは結婚式の定番アイテムとして使いやすいので、基本的にはこれを軸にコーディネートを考えるといいでしょう。パンツスタイルは今まではNGと考えられてきましたが、スカートを穿きたくないというジェンダーの問題や新郎新婦の考え方が柔軟になったことから、最近は場合によってはOKとなっています。

ただし、新郎新婦に断られた場合はパンツスタイルは避けたほうがいいでしょう。

色選びが重要

どんな服を選ぶにしても、色選びは重要です。色によっては花嫁の特権である白色に見えてしまったり、暗すぎて雰囲気が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

ピンクやネイビーは、結婚式では定番のカラーです。ピンクは女性らしい華やかさを与えてくれますし、ネイビーは凛とした涼やかな印象になります。年齢によっても選ぶべきカラーは変わります。年齢が高くなったらあまり派手な色は避けて、ベージュやネイビーなど落ち着いた色を選んだほうがいいでしょう。

服の素材はシフォンやレース、オーガンジーなどが適しています。

肩を出すのはNG

肩が出ているスタイルはNGなので、もし肩あきの服の場合は羽織物で隠す必要があります。ボレロやショールなどが適しています。ボレロは若い人向けで、ショールは大人の女性向けです。ボレロはふんわり感を与えてフェミニンさを演出してくれますし、ショールは縦のラインが入ることで上品さを与えることができます。

羽織物とドレスやワンピースは、似たような雰囲気で統一しましょう。チグハグだと浮いて見えてしまいます。色味を合わせて、派手なプリントや柄物は避けましょう。ちなみに、ファーやアニマル柄は殺生をイメージさせるのでおめでたい席ではNGです。本物のファーだと食事中に毛が散って不衛生という問題もあります。

スカートは新郎新婦の友人なら膝上5cmで、親族は膝丈がベストです。ぴったりしたスカートのラインは水商売に見えてしまってNGなので、ふんわりとした脚がくっきり見えないデザインを選びましょう。

年相応の格好を

30代以上の人が10代〜20代の格好をしているのはおかしく見えます。若い頃に来た結婚式の服があったとしても、それは着ていかないほうがいいでしょう。その年齢にあった美しさがあるので、無理に若作りした格好をするのは避けましょう。

30代後半以上は、上品さを重視しましょう。フリルやリボンは30代中盤まではセーフですが、それ以上の人だとかえって痛々しく見えます。大人の女性はそういった装飾品でごまかすのではなく、質感や色味の上品さで勝負しましょう。スカート丈も膝が隠れる長さが理想です。バッグはコンパクトなパーティバッグで、紙袋などは避けましょう。

ご祝儀に関するマナー

ご祝儀に関しても悩むことが多いかと思います。葬祭行事よりは金額のルールが決まっているのでわかりやすいですが、関係性によって包むべき金額が変わるので何度か主席している人でも悩むものです。「出せるくらいいいだろう」と適当に包んでしまうと、マナー違反になる可能性があるので注意が必要です。

一般的な金額内訳

一般的には、飲食代+引き出物+気持ち代として合計で3万円程度包むのが基本です。最近ではカジュアルなビュッフェ形式などもあり、これだと費用が抑えられているのでスタイルによって飲食代は異なりますが、料理にかかっている費用は1〜2万円で引き出物が5,000円程度、さらに新郎新婦はゲスト一人あたり1.5〜2万円負担しているとされています。

ゲストは気持ちのお金をプラスして、キリのいい金額に合わせてだいたい3万円を包むのが目安です。高級ホテルやレストランなどのグレードが高い式場の場合は、料理の値段も高いです。この場合は会場のグレードと料理の値段をさりげなくチェックしておくとご祝儀の参考になります。

間柄による金額の違い

明確なルールはありませんが、一般的には年齢の高いゲストの方が若い人よりも多く包む傾向があります。そして間柄が親しくなるほど金額がアップします。

兄弟姉妹の場合

一番金額が多いのが兄弟姉妹で、3万円〜10万円となっています。兄弟姉妹は、20代であれば3万円〜5万円、30代で5万円、40代以上で5〜10万円ほど包むことが多いです。

友人の場合

友人の結婚式の場合は、3万円〜5万円が目安です。ただし、20代で収入が少ない人であれば2万円でも許容範囲です。

会社関係の場合

会社関係の場合は、上司、同僚、部下で若干金額が変わります。自分が上司として出席するなら3〜5万円、同僚なら3万円、部下なら2〜3万円が目安です。新入社員でまだ収入が少ないうちは、2万円でも許容範囲内と考えられています。同じように部下として出席する人がいるならば、その人と相談して決めておくといいでしょう。

仕事の取引先関係の場合は3万円程度が目安です。

親族の場合

親族の場合は自分が20〜30代なら2〜5万円、40代以上で5〜10万円程度が目安です。もし自分が先に結婚して先にご祝儀をもらっている場合は、同額を出すのがマナーと言われています。その方が相手も心苦しくないでしょう。招待し合うケースは多いので、これは覚えておくと便利です。

数に関するマナー

ご祝儀では、奇数が基本です。日本では奇数は縁起の良い数とされています。割り切れる数は別れをイメージさせるので、奇数の方がいいです。

ただし、最近では2はペアという意味でカップルを意味するので偶数だけれどもOKとなっていることもあります。3万円は出せないけれども2万円なら出せる、だけど偶数なのが気になるという人でも、2万円なら大丈夫です。

8も偶数ですが、漢数字に直すと八で末広がりという意味があるので、縁起が良いです。偶数でも8万円はOKです。避けたいのは4万円です。4は偶数ですし、死をイメージさせるのでおめでたい席にはふさわしくありません。9万円も同様に、苦をイメージさせて嫌われる数字です。4と9の数字は避けて入れましょう。

夫婦連名で招待された場合

個人ではなく夫婦連名で招待された場合は、ご祝儀はそれぞれ持っていくのではなく二人で一つ持っていくのがマナーです。5万円か7万円が一般的です。5万円だけだと少ないけれども7万円までは出せないという場合はこれにちょっとした贈り物を加えるといいです。

出席できない場合

出席できない場合は、飲食代と引き出物の費用を引いて1万円が目安です。もしくは、新郎新婦が欲しいものを事前に聞いておいてそれを送り届けるのでもいいでしょう。
会費制の場合は会費だけ持参すればいいので、ご祝儀という形ではなく会費として受付で渡しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚式にお呼ばれされることは人生において中々ない貴重な機会ですし、とても嬉しいことですよね。ここで取り上げた髪型、服装、ご祝儀やその他多くのマナーが結婚式にはありますが、これらをしっかりと守ることは呼んでくれた新郎新婦の結婚式をより良いものにするために大切なことです。

是非、参考にしてください。

 

 


スポンサーリンク

Check Also

結婚式にまつわる不安を解消しよう

結婚式に関する不安ってたくさん …