Home / 結婚 / 結婚相手に求める条件と結婚に対する不安をご紹介

結婚相手に求める条件と結婚に対する不安をご紹介

あなたは結婚相手に何を求めますか?

そしていざその人と結婚するとなった時、どんなことを不安に思いますか?

今回は、結婚相手に求める条件と結婚に対する不安を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

結婚相手に求める条件とは

異性が結婚相手に求める条件について考えていきます。

結婚と聞いて、皆さんはどのようなことを思い浮かべるでしょうか。

「幸せ」だったり、「子ども」、「家庭」、「家事」、「浮気」、「貯金」など、さまざまな考えが浮かんでくることでしょう。

こういったさまざまな考えや価値観が生まれてくるのが結婚と言えますが、何度もしたいと思う人は恐らくいないでしょう。

結果的に離婚してしまうということはあるとしても、最初から離婚前提で結婚をする人はいないと思います。

そういった中で、相手に求める条件が明確で、かつその条件に見合う異性を探し出すのが、いわゆる婚活と呼ばれるものです。

婚活の中で、自分自身が理想とする人間像に少しでも近い人と出会うことができれば、晴れてゴールインとなる可能性が高まります。

では、結婚相手に求める条件として多いのはどういったものでしょうか。

ルックス

数多く挙げられると思いますが、特に多いのはやはりルックスと性格面の部分といえるでしょう。

女性であればジャニーズ級のイケメンが良いとか、家事も手伝ってくれる優しい男性が良いといったこともあるでしょう。

反対に、男性目線であれば、一緒に歩いていて自慢できるくらいの美人さんが良いといった意見もあるでしょう。

そういった意味で、ルックスを重視される方は男性にしても女性にしても一定数存在すると思います。

男性が家事を手伝ってくれるかどうか

性格面や人間性に焦点を当てれば、上記でも触れた家事を手伝ってくれる男性というのは、女性から見たときのポイントは高いと言えるでしょう。

掃除、洗濯、料理、子育てなど共同生活をしていく中で、これまで女性の役割とされてきたものを男性も積極的に取り組んでいきましょうという風潮が社会的にも強くなってきています。

そういった中で、いわゆる亭主関白のように振舞っていたのでは、女性としてもなかなか、その人のために尽くしたいと思うのは難しい状況が生まれてきています。

「イクメン」と呼ばれるような、家事全般を行ったり、全てではなくても一部手伝ったりしてくれるような男性が重宝される時代の流れもありますので、そういった男性は女性から見たときの評価は高くなる傾向にあると言えるでしょう。

女性が仕事をしてくれるかどうか

反対に男性から見た場合に、女性に求めることとしては、何かしら仕事をしていて欲しいという気持ちが強いのではないでしょうか。

かつてのように、男性は外に働きに出て、女性は家庭を守るというスタイルを維持し続けるのが難しくなっているという背景もあります。

それは、単純に男性の収入だけでは生活を維持するのが難しくなっているからという点もあります。

非正規雇用が増加している現代社会において、女性に限らず、男性でも正社員に就いて、安定的に稼ぎ続けるということが難しい世の中になってきているということも、女性にも働いて欲しいと思う男性が増えていることの一因と言うことができます。

理想像の変化

いずれにしても戦後の高度経済成長から、バブル崩壊にかけてまでの成長期にお互いが相手に求めていた理想と、現代の理想は変化してきているということは間違いありません。

インターネットの普及に伴って、出会いの形も変化してきており、ゲームなどの共通の趣味を持った仲間がインターネット上でコミュニティを作って、その中で気の合う人と実際にリアルな場所で会って交際が始まるなどといったことも珍しくありません。

つまり、「幸せ」の形が多様化してきていると言うことができて、価値観や考え方が急速に変わっており、なおかつ幅広くなってきているということができます。

価値観の多様化

当然、幅広くなった価値観において、結婚をしないという選択肢を取る人がいることも間違いのない事実であり、人々が何に主眼を置いて人生を進めていくのかというところの幅が広まったと考えることができるでしょう。

経済的に苦しいとか、本当は異性と付き合いたいけど、なかなか上手くいかないという人も一定数存在する一方で、最初から敢えて異性とは付き合わないという人も存在しますので、人の価値観はより多様化しているという裏付けにもなります。

人類は子孫を残すことで発展してきたという歴史もありますが、相手に求める条件がマッチしなければ、そういった発展も望みにくくなってくるでしょう。

性格面においても、男性側からすれば、古風で、男性に一歩後ろを歩いてくるようなおっとりとした女性が良いと思っていても、そういった女性が少なくなってくれば、お付き合いにも至らないでしょう。

女性からすれば、例えば年収1000万円以上の経済的な余裕がある人と出会いたいと思っても、そういった人が少なくなってきているので、そもそも出会いがないということにもなりかねません。

相手に求める理想と現実にギャップがありすぎては、恋愛すら難しくなってしまいますので、その先を望むのはさらに厳しくなってくるでしょう。

そういった意味で、理想と現実をきちんと見極めた上で、条件を決めていくことが大切だと思います。

結婚するときの不安とは

パートナーへの不安

交際中の相手と結婚したいと思っている人が、プロポーズをされれば素直に嬉しいと思うはずです。

感動的なプロポーズをされれば、即答でイエスと返事をし結婚に向けて二人で歩んでいく事になりますが、その道のりの中で全く不安がないというわけではありません。

この人と結婚して家庭を築いていくと決意をしても、心のどこかで不安に感じる部分があり、式までの間に思い悩んでしまう事もあるものです。

式の準備段階で感じる事があるのが、本当にこの人と結婚しても大丈夫なのかという気持ちです。

準備をしている時に意見が合わなかったり、頼りなさを感じた時には不満が出てきますので、意見が合わない人と一生暮らしていけるのかと思ったり、頼りにならない相手との生活が思い浮かべられなくなってきます。

この人で大丈夫かという思いが強くなってしまうと、相手への愛が薄れていってもいけませんので、悪い部分ばかりを見ないようにしなくてはなりません。

一度悪い部分を見つけてしまうと、そのまま粗探しをするように相手の悪い部分を探してしまう事がありますので、悪い部分ばかりを見ない事です。

いい部分をしっかりと思い返しながら、完璧な人間はいないという思いで相手との関係を壊さないようにしましょう。

将来に対する不安

他にも感じる不安としては、将来に対する思いがあります。

将来的には子供を授かって子供と一緒に家族で暮らしていきたいと思うのは自然の流れですが、子供を育てながら生活をしていく為にはお金が必要になります。

相手の年収が少なかった場合には、子供を産んで生活をしていく事が出来るのかという気持ちが出てきても不思議ではありません。

子供を育てる為には教育費が必要になり、生活をしていく為にはあらゆる事にお金が必要ですので、収入面で不満を感じているなら将来が心配になるのは当然です。

しかしこれから二人で新しい生活を始めていこうと考えているのに、転職などをして先行きがわからない状態になるのは避けなくてはなりません。

収入が少ないから転職という風に安易に転職を考えるのは危険ですので、まずは生活を落ち着かせる事を優先した方がいいでしょう。

とりあえずは二人の生活が落ち着くまでは転職を考えないようにし、落ち着いてから考えても遅くはありません。

焦って探してもいい仕事は見つけにくいですので、あまり焦り過ぎない方がいいでしょう。

夫の年収が少なかったとしても、妻も一緒に働いて二人で家計を支えていく事を柔軟に考えていけば、生活を成り立たせることは出来ます。

夫にばかり頼ろうとするのではなく、二人で力を合わせて家庭を支えていくつもりがあれば、相手の年収が少ないのも大きな障害にはなりません。

贅沢ばかりを考えるのではなく、どう工夫をして節約していけばいいかを考えたり、お金をかけずに楽しめる方法も考えていけば、必要以上にお金を使わずにすむでしょう。

お金の面が心配だとしても、収入と支出のバランスが上手く取れていれば赤字にならずにすみますので、工夫をしながら生活をして出来るだけ節約をしていけば、問題は解決しやすくなります。

親や親戚づきあいへの不安

結婚をすれば、必ず相手の親や親せきなどとも関わりが出てきますので、ここで不安を感じる人もいるでしょう。

相手の父母と意見が合わなかったり、いろいろと口出しをされる事が多ければ、わずらわしさを感じるようになります。

しかし家族になったからにはそこは避けては通れない部分ですので、疎遠にすればいいという問題ではありません。

相手の父母との関係に不安を感じているのであれば、夫がどれだけ間に入ってくれるかで円満な関係が築けるかが決まってきますので、上手く間に入ってもらうようにしましょう。

間に入ってもらう事が出来ずに、妻の味方をしてくれないようであればいい関係性を築くことが出来ませんので、結婚前にしっかりと話し合っておく必要があります。

話し合いをするまでは相手に気持ちを理解してもらう事が出来ない場合もありますので、しっかり自分の気持ちを伝えて理解しておいてもらった方がいいでしょう。

話し合いを重ねて決断していくのが良い

心配な部分がある場合は、一度相手に気持ちをぶつけてみる事です。

気持ちを伝えずに相手に理解をしてもらおうと思うのは難しいですので、黙っていてもわかってくれるのが当たり前と思わないようにしなくてはなりません。

夫婦になったとしても、何年一緒に生活をしても相手の気持ちを完璧に理解するのは難しい部分があります。

お互いに意見を出し合って話し合いをしていくのが夫婦円満で過ごすコツです。

話し合いをしておく事で解決する問題は多いですので、心に不満を溜め込まないようにしなくてはなりません。

気持ちを出していく事によって、お互いが理解をしやすくなり、喧嘩の頻度も減ってきますので、仲のいい状態を保ちやすくなります。

色々と不安を感じたとしても、考え方を変えたり方法を変えるだけで乗り越えられますので、上手く問題を回避していきましょう。

まとめ

adult

いかがでしたでしょうか。

結婚は人生における一大イベントの内の一つではあるので、その相手選びは非常に大事ですよね。

本記事が、結婚相手選びや結婚への不安解消に少しでもお役立ちできたら幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

男女における恋愛観と結婚観の違い

「もう付き合って4年も経つのに …