Home / カップル / これで安心!結婚式招待状の返信マナーとその注意点を徹底解説!

これで安心!結婚式招待状の返信マナーとその注意点を徹底解説!

結婚式は結婚するカップルにも、出席する人にも大事なイベント。そんな結婚式に招待してもらえてうれしい反面、招待状への返信の仕方が分からなくて相手に失礼がないか不安。

招待状は新郎新婦からあなたへの「おもてなし」です。失礼のないよう、返信マナーを知っておきましょう。本記事では、結婚式招待状の返信マナーをご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式招待状への返信ハガキのマナーとは

①返信するタイミングは

絶対的に守るべき鉄則の1つとして挙げられるのが、素早い返信です。特に遠方での挙式の場合、出席者の宿泊の手配などにも関わってくるため、1日でも早い返信が喜ばれます。

ただし、思いがけない事態で招待状の受け取りが遅れてしまう場合があります。

そういった場合はすみやかに電話やSNSで連絡をした後、できるだけ早く返信はがきを返送するようにしましょう。

また、欠席の返信を突然送るのはぶしつけな印象を与えてしまうので、事前に欠席の旨を伝えたうえで、追って送りましょう。

②表書きのマナー

返信はがきの表書きには招待する側の住所・氏名がそれぞれ印刷されています。招待者の氏名には「行」という敬称が印字されているので、返信の際にはその「行」を二重線で消し、下に「様」と敬称を書き直しましょう。

できれば、斜め二重線は定規を使って綺麗に書くとより丁寧です。「様」を黒く塗り潰したり、×印で消すのは避けましょう。

③「出席」の場合の書き方は

おめでたい席に出席する場合は、通信欄の出席の方に丸をつけて返信します。この際、「御出席」の「御」の部分を二重線で消しましょう。

更に横に書かれている「御欠席」の表記も同じく二重線で消しておくのがマナー。また、「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も同じく二重線で消しておきましょう。

④「欠席」の場合の書き方は

まず、招待状が届いてすぐ「欠席」と返信するのは、「初めから出席する気がなかった」と新郎新婦をがっかりさせる可能性があります。ですので、招待状が届いてから1週間程度空けてから返信しましょう。

残念ながら結婚式を欠席する場合は、「御欠席」の欠席部分に丸をつけ、出席の場合と同じく「御」を二重線で消しましょう。こちらの住所・氏名欄についても同様です。

さらに、余白部分には「残念だ」という気持ちと「お祝い」の気持ちを心を込めて書きましょう。

また、欠席理由の記載については、妊娠や出産といったおめでたい理由や、前々から日程が決まっている海外出張など、新郎新婦が納得できる理由なら書いてOKです。

弔事、忌中、病気といった不幸な事情の場合は「やむを得ない事情により欠席させていただきます」と言葉をにごして書くのがマナーです。

間違っても「金銭面的に出席が難しい」と書くのはNGです。「やむを得ない理由で」とにごすか、「先約のため」としましょう。

⑤裏面(通信欄)の書き方は

出席の場合、返信はがきの裏面(通信欄)には、カップルにあてたお祝いメッセージや晴れの日に招待してもらったことへの感謝などを一言添えておくと受け取る側に気持ちが伝わりやすいでしょう。

親戚など家族ぐるみの付き合いがある場合は、新婦新郎の両親へのメッセージを添えておくのもカップルへの心遣いとして喜ばれます。

⑥相手が嬉しい!返信メッセージ例

結婚式に招待してもらった感謝や、喜びの気持ち、新郎新婦の体を気遣うメッセージを添えるととても喜びます。メッセージは長くなりすぎないように。新郎新婦との関係性に合わせて表現も変えてみましょう。

新郎新婦が親しい友人の場合

「ご結婚おめでとうございます」
「お二人の晴れ姿をとても楽しみにしております」

「ご結婚おめでとう!今から当日が楽しみです」
「○○のウェディングドレス姿がとても楽しみです」
「結婚式までおいそがしいと思いますが 体に気をつけてね」 など

新郎新婦が目上の方の場合

「ご結婚 心よりご祝福申しあげます」
「この度は お招きいただき誠にありがとうございます」
「お二人の人生最良の門出を心よりお慶び申し上げます」
「喜んで出席させていただきます」 など

⑦記入は黒のボールペンや万年筆で

返信はがきを記入の際に気をつけたいのは「不慮の際にも判読できる」ことと「汚れない」ことです。

封書で返信できる場合はあまり問題ありませんが、はがきでの返信の場合、受け取る側のポストの形状によっては、雨などの不慮の事情で通信欄が濡れてしまうことも想定しておかなくてはなりません。

そういった際に水性の筆記具で記入していると、汚れたり、ひどい場合には判読しにくいという事態も考えられますので、記入の際には筆記具にも気を配るようにしましょう。

⑧食物アレルギーを伝える

最近の招待状には食物アレルギーの記入欄があります。

もし、何らかの食物アレルギーがあるようなら、『小麦アレルギーがあります ご面倒をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします』等、「何のアレルギーを持っているのか」記入しましょう。

記入欄がない場合は、空いているスペースに書いても構いません。

返信の仕方・書き方の6つのマナー違反例

①招待状への返信をしない

日頃から友達との約束を忙しさにかまけてついつい後回し、などの癖がある人が特に気をつけたいのは、せっかくの結婚式への招待状に対して返信を忘れる、あるいは返信が大幅に遅れるといった事態です。

このようなことのないように気を付けたいものですが、万が一にも返信が遅れてしまったた場合は、誠心誠意相手に謝罪しましょう。

②電話やSNSだけで出欠を連絡してしまう

普段から連絡をとりあっている相手に対してやりがちなマナー違反が、電話やLINEなどのSNSでの「結婚式絶対行くよー」などの書き込みで「連絡済み」としてしまうことです。

百歩譲って友人はそれで納得してくれたとしても、相手側には失礼極まりない非常識な友人だと思われてしまうことに。

さらに「非常識な友人しかいないのでは?」と思われてしまっては招待してくれた友達に恥をかかせる羽目にもなりかねません。

③ピンクやカラーペンでキラキラ書く

今流行の返信はがきのデコレーションですが、年賀状やバースデイカードのノリで描いてしまっては台無しどころか、「いいトシなのに」と白けさせてしまうことも。

デコレーションはあくまで「お祝いの気持ちを伝える」ツールであり、それがメインとなっては悪目立ちするだけ。過度なデコレーションは避けましょう。

④グレーを使って書いてしまう

うっかり薄墨仕様の筆記具で記入してしまうのは、寿ぎの場であるべき結婚式でのマナー違反でなく、こちらのお祝いの気持ちまで疑われかねないマナー違反。また、ペンの出が悪く、途中でかすれてしまうのも避けたいことです。

返信はがきへの記入前には、身近な紙に下書きしてみるのが無難でしょう。

⑤「、」「。」といった句読点を打つ

招待状の返信メッセージでは、「お祝いごとには終止符を打たない」という意味を込めて、「。」や「、」といった句読点は使わないのがマナーです。

文章が続くときは、改行をするか、スペースで文字間をあけましょう。

⑥忌み言葉を使う

「たびたび」「再び」などの重ね言葉や、「別れる」「分かれる」「去る」など、や再婚を連想させる言葉は避けるのがベターです。

結婚式近日に急に欠席しなければならなくなった場合の対処法

①身内に不幸があった場合は

不祝儀や法事により欠席するときは、すぐに連絡することが大切です。

不幸な事情の場合、結婚式ではできるかぎり理由は伏せたほうがいいとされています。「やむを得ない事情により欠席させてください」という伝え方でいいでしょう。それでも、新郎新婦が気にされるようであれば「身内の不幸がありまして…」と簡単に伝える程度にしましょう。

ただし、落ち着いたタイミングでお祝いをあらためて贈るなど、配慮も忘れずに。

②うっかり返信を忘れて、結婚式直前になってしまった場合

最近では招待状を送る前に、LINEで事前に連絡が来ることが多いうえに、期限を過ぎても返信がこなければ新郎新婦から確認の連絡があるかと思います。とはいえ、いくら忙しかったといえ「うっかり忘れていた」は、結婚式への参加意欲が低いと思わせてしまう可能性があります。

電話で返信していないお詫びと出席の意思を伝えておきましょう。

③当日やむを得ず、欠席することになった場合

結婚式当日は、新郎新婦は準備で大忙しです。「急いで連絡をしなくては」と焦ってしまいがちですが、直接連絡をするとかえって失礼にあたります。

当日にやむを得ず欠席する場合は、すぐに会場に連絡を入れ、担当のスタッフから新郎新婦に伝えてもらいましょう。また、会場に連絡をせず、新郎新婦宛てに留守電やメールで欠席を伝えるのは非常識なのでNGです。

一緒に出席する友人がいる場合は、友人にも一報入れておきましょう。

また、結婚式当日の新郎新婦はとてもデリケートです。人生一度きりの大事な日に、不快な思いや心配をさせたくないですよね。不幸な事情であれば、理由はできるかぎり伏せた方がいいですが、仕事の場合は正直に伝えるのが良いでしょう。

後日、改めてお祝いとお詫びのご連絡は忘れずにしましょう。

急用で行けなくなってしまった場合の3つの対処法

1.すぐ新郎新婦にお詫びの連絡をする

直前の欠席は、座席表の調整や食事・引出物のキャンセルなど新郎新婦に迷惑をかけてしまう可能性があります。欠席が決まったらすぐに電話でお詫びをしましょう。

2.ご祝儀を贈る

結婚式前の欠席であったとしても、ご祝儀は渡します。

食事や引出物のキャンセルが間に合う時期の場合は、「出席していたら包んだであろう金額」の半額程度。食事や引出物のキャンセル料が発生してしまう場合は、「出席していたら包んだであろう金額」。当日欠席の場合は、当然「出席していたら包んだであろう金額」を贈ります。

3.当日は電報を送る

お祝いとお詫びの気持ちをこめて、披露宴当日には会場宛に電報を打ちましょう。

ここでも「たびたび」「再び」などの重ね言葉や、「別れる」「分かれる」「去る」など、や再婚を連想させる言葉は使わないようにしましょう。

流行りのイラスト・デコレーション6選

①上品なお花イラストを描いてみる

あまり画力に自信がないのだけれど、という人におすすめのが季節の花のイラスト。老若男女を問わず受け取る側の好みを問わないのでおすすめです。

そうはいってもなかなか描けない、という人はフリー素材のイラストサイトなどを参考にしてみるのもおすすめ。ワンポイントでも丁寧に描くことでお祝いの気持ちがしっかり伝わります。

②人気のアニメ&キャラクターを描いてみる

ディズニーアニメなど、万人受けするキャラクターのイラストも喜ばれるデコです。新郎新婦の好きなアニメやキャラクターが分かっている場合はそちらにチャレンジするのもいいでしょう。

ただし受け取る側が実家住みで、両親などの目に触れやすい場合、人によっては「軽々しすぎる」と思う場合もあるので注意が必要です。

③レーステープを利用する

最近オシャレ女子の中で人気のレーステープ。繊細な色使いやカットのロールシール、連続模様にはレース模様や刺しゅうモチーフ、などさまざまなタイプが揃っています。

また、スクラップブッキング用のテープにもデコレーションに使える素材が揃っているのでそちらもおすすめ。

④イラストシールを利用する

東急ハンズやロフト、ユザワヤなどの文具コーナーには大小さまざまなイラストシールが揃っているので、「はがきに直接絵を描く自信がない」という人はこちらを上手く利用するのもおすすめです。

ただし、ふくらんだ立体シールなどを何枚も貼り付けると、それだけで重量が想定以上に増えてしまい、はがきとして投函できる重さを超えてしまうことがあるので気をつけましょう。

⑤マスキングテープを利用する

絵心がないけれどお祝いの気持ちを伝えたい、という人に心強い味方なのがマスキングテープを使ってのデコレーション。ハートの連続模様やフラワープリントなど可愛いものが多く揃っているので、利用してみるのも良いでしょう。

⑥年賀状・はがき作成ソフトのイラストを利用する

自分で年賀状を作成しているという人なら持っている「年賀状・はがき作成ソフト」には素材集としてイラストパーツが収録されている場合があります。

カラフルでかわいいものも多いので、結婚式の招待状の返信はがきのデコレーションにもぴったりですが、いきなりハガキそのものに印刷する前に1度ためし刷りをしてからが無難です。

まとめ

結婚式招待状の書き方や返信マナーについて紹介しましたがいかがでしたか?

招待状は新郎新婦からあなたへの「おもてなし」です。礼儀(マナー)を大切にし、おもてなしの心を大切にする日本人だからこそ、招待状一つとしてもきちんとマナーある返信をしたいものです。

新郎新婦の晴れの門出である結婚式を幸せに迎えられるよう、礼儀(マナー)のある返信をしましょうね。

スポンサーリンク