Home / 結婚 / 結婚するってどういうこと?夫婦になる意味と今の恋人と結婚する時に出るサイン

結婚するってどういうこと?夫婦になる意味と今の恋人と結婚する時に出るサイン

今恋人がいてその人と結婚したいまたは、結婚したいけどいろいろ思い悩む事も多いと思います。結婚をすると少なくとも生活環境や人間関係にいろいろ変化が出るため、なかなか思い切って進めない人も多いと思います。

そんな時は今の恋人といて感じるサインを確認してみたり、結婚したらどうして行きたいのかをよく考えてみてくださいね。そして今のままでいるより、結婚をする方が生活が今よりも楽しく良くなりそうだと思えるのなら、思い切って踏み切ってみるのもいいですよ。

スポンサードリンク

今の恋人と結婚する時に出てくるサイン

出会った瞬間に運命を感じていた

運命の人という言葉があるように、出会った瞬間にお互い惹かれあう存在の人もいます。上手く表現するのは難しいですが、そういう人は直感的にこの人は私にとって大切な人、結婚するかもしれない等の言葉がふっと頭に浮かびます。

一緒にいて心地よい、自然体で過ごす事ができると感じるのであれば、相性がいいのでスムーズにお付き合いを進める事ができます。相性のいい人は一緒にいて緊張する事はありませんし、落ち着いて過ごせます。

恋人の子供が欲しいと思う

結婚をする理由に、恋人の子供が欲しいから結婚するという人も多いです。ライフスタイルも人それぞれで、結婚しても子供を持たない人もいますが、子供が欲しくて結婚をしたいという人も多いはずです。

恋人の子供が欲しいと思えるのは、本当に愛しているからそう思える事。子供が欲しくないと感じるのは、本能レベルでこの人とは結婚できないと感じているからです。その場合は結婚をする前にもう一度自分の心を見つめなおしてください。

相手の家族と親族になりたいと思っている

よく結婚をしたけれど相手の両親と上手く行かなかったりして悩む人や、相手の兄弟姉妹との折り合いが悪くて苦労している人もいます。結婚をするまでは全くの他人だったし、生きてきた環境や考え方も違うため、大なり小なり衝突する部分も出てきます。

結婚すると相手だけではなく相手の家族や人間関係にも関わるため、結婚するまでに相手の家族と会う機会を必ず用意してください。そこで何か合わないと感じるのであれば、その部分を割り切る事ができるかが大切です。

もし割り切る事ができないのであれば、結婚するのをやめておくほうが幸せになることができます。無理して付き合っていてもあなたの身が持たなくなります。結婚は恋愛の延長ではありませんので、慎重にならなくてはいけません。

相手の両親や家族が好きで、仲良くやっていけそうと感じるのであれば相性がいいので、相手と結婚したいと考えるのなら、このまま進めていっても大丈夫です。何事も人間関係は円滑に行く事のできる方がストレスは少なくなります。

相手を尊敬している

恋愛もそうですが結婚生活をやっていく上で、相手を尊敬するという気持ちは不可欠になります。人は恋愛限らず尊敬できる人を好きになります。尊敬できるからこそ相手について行きたいと思うことが出来ます。

逆に相手に敬意を感じないのであれば、そのまま結婚してしまっても結婚生活は長く続きません。結婚生活は恋愛中と違い相手の嫌な所も見なければいけませんし、時には意見が衝突してしまいます。

敬意が無ければ相手を大切にする事、相手の立場に立って物を見ることが出来ないため、些細な出来事が離婚に繋がる事もあります。離婚はやむを得ない事情もありますが、初めからそのリスクは背負いたくないですね。

相手が好きなことを自分も好きになっていた

人はよく見たり触れたりするものに親近感を感じる事ができるため、始めは興味が無かったものでも触れる機会が増える事により自分も好きになる事は多いです。コマーシャルなども繰り返し放送する事で、消費者に商品に対して親しみや魅力を感じてもらうようにします。

人は特に好きな人のやる事をまねしたくなります。自分が好きな人や尊敬する人が勧めるもの、やっている習慣、趣味などを自分もやってみたくなります。例えば相手が登山をしていて自分は登山をしていないと、それについての話題を作る事ができません。

相手の趣味を共有する事はそれだけ話題を生む事もできます。登山に行くにはどんな荷物が必要なのかどのような服装がいいのか等質問をする機会が増えます。

相手の趣味をやってみようと思う動機は大抵は好きな人がやっているから、好きな人と趣味を共有したいからという理由で、自分がやってみたいから始めたというケースでない場合も多く、どうしても相手の趣味を楽しみきれない事はあります。そういう時も好きな人の好きな事に対しては好意的に感じる事ができます。

自分はそれ程楽しめなかったけど、相手にとっては大切な趣味なんだと感じる事ができます。逆に自分の好きな趣味じゃないから相手に止めさせたいと感じるのであれば、あまり良いお付き合いは出来ませんし、結婚後も性格の不一致等で悩む事になります。

結婚生活は自分勝手では続きません。自分だって趣味を悪く言われると気分を害しますよね。合わない趣味でも楽しく応援してあげられる、趣味が合えばずっと一緒に楽しんでいけると感じる事ができなければ、結婚生活は厳しくなります。

一人でいるよりも、恋人と一緒にいる時間の方が落ち着く

自立した大人であれば一人であらゆる事を楽しむように出来るのも大切ですが、それ以上に大切な恋人に出会うのも生活を充実させる上では大切な事です。寂しいから恋人を探すというより、一人でも楽しいけど恋人がいるともっと楽しいという理由で恋人を探し始める方が、いい出会いが出来ます。

恋人とは生活を充実させてくれる人の事です。一人で楽しんだり、友達で楽しんでいるときよりも恋人と楽しんでいる時間は、計り知れない幸せをもたらしてくれます。今の恋人といて幸せ、落ち着くと感じるのであれば、とても相性がいいのです。

生きているといろいろな人に出会う事ができますが、衝撃的な出会いというものは少ないです。心から愛する事のできる人には一生のうち一度出会えれば奇跡です。この上ない幸福を恋人と居ることで感じられるのであれば、相手と結婚をする事を考えていってみてください。

友達のように無邪気になれる

結婚相手とは気楽に付き合えるのが大切です。嫌われないか常にヒヤヒヤしたり、一方のわがままだけの交際では結婚しても破綻するのが目に見えています。結婚生活は常に相手の近くで暮らす事になります。だから自分の意見が言えなかったり、相手の機嫌を伺ってばかりいては疲れてしまいます。結婚は恋愛の延長ではなく自分の生活に密着します。

相手が好きで好きでたまらない間は、多少引っかかる事があっても案外気にしません。威圧的なのが気になるけど、相手が好きだから我慢しようなどでは結婚後にその点で悩む事になります。誰しも好きな人と結婚をしたくなりますが、一度冷静に相手のいい所だけではなく悪いところも見てみましょう。

結婚前は相手の言動をしっかりと観察するのが大切です。引っかかる点があると必ず結婚後にトラブルになったり、悩みの種になるので結婚前に解消をするか、結婚に対して考え方を改めるかしてみるのがいいですね。

結婚相手はお互い自然体でリラックスして付き合える人が理想です。一緒にいて楽しい時間が多く感じられるのなら、それは結婚をしてもいいサインです。ラブラブな気持ちはずっと続きませんが、穏やかな愛情はずっと続きます。

気づけば自然と笑顔でいられる

結婚相手には一緒にいて安心できる相手であることが大切なので、自然と笑顔になる事のできる人はあなたにとって大切な人になります。普段の仕事などではいつも張り詰めた空気で過ごす事が多く、それに疲れてしまう人も多いです。

それに忙しい現代人にとって癒しの時間は必要不可欠でもあります。恋人と一緒にいて笑顔が自然に出てくるという事は、相手に日頃の疲れを癒されている証拠です。結婚をすると仕事から帰ってきたときに相手が出迎えてくれると、疲れが吹き飛び癒されます。そのため仕事への英気も養う事ができます。

相手のために尽くすことができる

結婚をすると夫婦でお互い支えあう必要があります。相手のことを大切に思えるのであれば、自然に支えあう気持ちは生まれてきます。自分だけが得したい、いい思いをしたいと考えてしまうのであれば、今の相手と結婚をするのはあまりお勧めしません。

その時点で相手への愛情も薄く、結婚をしても早いうちに破綻してしまいます。相手に尽くせないと感じるのであれば、結婚を見直してみるのも大切です。相手に申し訳ないと感じるかもしれませんが、気が進まないまま結婚をしては後々苦労してしまいます。

結婚寸前の状態でもどうしても無理と感じるのなら撤回してもかまいません。結婚は自分が幸せになるためのものです。幸せを感じられないのであればするべきではありません。

結婚して夫婦になることの意味

人生を分かち合う

独身であれば自分の人生にだけ責任を持てばいいのですが、結婚をすると多少なりとも相手の人生が生活に関わってきます。今まで経験した事のない体験をする事にもなり、慣れないうちは戸惑ったり悩む事も多くなります。

結婚しなければこんな事しなくて良かったのに、結婚しなければこんな思いをせずに済んだのに等、後悔の気持ちが沸くときがあるかもしれませんが、そういう時は一人だけで悩みなどは抱え込まず、ちょっとしたことでも相手に話せるようになりましょう。

結婚は一方だけの独断で進める事はできません。二人で結婚生活をしていかなければいけません。時には辛い事もありますが、側にいてくれる人がいるだけで悲しい出来事があっても、分かち合う事が出来るため独身の時に比べて悲しみを半分にする事ができます。

また相手にいい事があったときは、自分のことのように喜ぶ事ができるため、喜びが二倍になります。悲しい事嬉しい事をお互い共有しあい、協力し合ってよりよい人生を歩んでいく事が出来るのも結婚のいい所です。

ラブラブ期間が過ぎれば平凡な毎日が繰り返される

結婚した当初は一緒に暮らせるようになった点もあり、恋愛の延長のように楽しい時間を過ごす事ができますが、その最初を過ぎると新鮮味も無くなり、独身の時とそれ程変わらないような生活となってしまいます。時には相手もいることで独身の時よりも面倒な事が起こることもあります。

楽しい遊園地も始めは刺激的ですが、何度も通うと飽きてきて新鮮味が無くなってしまいます。だからといって生活がつまらなくなってしまうのかといえば、そうではありません。相手と家族のように身近な存在になったからこそ、そこから真に結婚生活を深めていく事ができます。

こんな食事を作ってみたい、部屋をこんなインテリアにしてみたい等、お互いに生活をよりよくするための提案をしあう事ができます。結婚当初は遠慮して言えなかった理想のライフスタイル等も、生活に慣れることでいろいろと考えて意見を述べていく事が出来るようになります。

ラブラブな間は一緒に行動する事が多かったけれど、その期間を過ぎる事によって互いに単独で行きたいところに行ってみると気分転換にもなります。平凡な毎日は退屈だと感じるかもしれませんが、工夫次第でどこまでの楽しいものにする事ができます。普段とは違う食べ物や飲み物を買って食卓に並べるだけでも、違ってくると思いますよ。

良い点も悪い点も相手を受け入れる

独身時は相手のいい部分を見ていればよかったけれど、結婚をすると相手の嫌な部分を目にする機会が増えていきます。他人同士一緒に生活をする事になるため、あらゆるトラブルも想定されます。

でも相手のいい部分、悪い部分を含めてその人が出来ています。人は長所短所があって当たり前、大切な人であれば悪い部分があっても認める寛大な心が大切です。そしてお互い悪い部分を伝え、少しずつでも改善していくように心がけるのが大切ですね。

悪い部分だと開き直って何も改善する努力をしないのはよくありません。そして何よりも相手の長所を大切にしましょう。人はどうしても悪い部分を見てしまいがちになりますが、それではあら探しで終わってしまいます。誰だって短所を指摘されるより長所を褒められる方が嬉しいです。

支え合う

独身のときだと辛いときだと一人で抱えなくてはならず、時には辛いときもあります。でも結婚をするといつも相手が側にいるため、辛いときでも支えてくれる人のいる安心感を感じる事ができます。

病気をしたときだと一人では心細いですが、そんな時も相手がいると安心できます。相手がいるだけで辛さや寂しさが半分にする事ができます。人は心を許せる大切な人がいるだけで強くなる事ができます。

支えあう事で苦手な事にもチャレンジしていける精神的な強さを持つ事ができます。人は大切なパートナーができる事で強くなっていく事ができます。

大変な時も一緒に乗り越える

生きていると時には乗り越えられるのか不安な出来事が起こります。そんな時一人で悶々としていても辛く重いだけですよね。でも相手がいるとその出来事について話すだけで気持ちが落ち着きます。

人は大変なときにそれを打ち明ける事のできる人が必要不可欠です。乗り越えられない出来事は起こらないと言われますが、今まで体験した事のない大変な出来事が起こると、ストレスも計り知れませんし何よりも精神的に落ち込んでしまいます。

辛さを分かち合って一緒に乗り越えていこうとしてくれるパートナーがいるという事は、とても心強いです。人は一人では生きていけません。

まとめ

結婚相手は曖昧な気持ちで選ぶと相手へ愛情をあまり注ぐ事ができなかったり、性格の不一致で相手のことを好きになる事ができなくなります。特に始めて結婚をする場合はなかなか相手を上手に選ぶ事ができず、後悔してしまう人も多いです。

そのため、相手と結婚寸前になってどうしても無理だと感じるのであれば、我慢せずに結婚を止めてしまってもいいです。離婚は結婚よりもエネルギーを使いますし、そのためなかなか離婚に踏み切れない人も数多くいます。

結婚を止めると周りの人に迷惑をかけてしまう事もあるかもしれませんが、結婚は二人の意見が一致しないと出来ません。そのため自分が相手と本当に結婚したいのかどうかをはっきりとさせてください。乗り気になれない、何となく無理かもと感じるのであれば、止めておく方が後々困りません。

厳しい事をいってしまいましたが、結婚は今の生活をもっと楽しくするためにするものです。どれだけラブラブカップルでも辛い事はありますが、辛い事があっても敢えてそれをプラスにとらえて行ってください。

何事もプラスに考えてみるとそれだけで物のとらえ方が変わり、ストレスが少なくなっていきます。後悔しないよう、幸せな結婚をできる事を祈っています。


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …