Home / 恋愛 / 男女別結婚したくない主な理由とこの人とは結婚したくないと思われる人の特徴

男女別結婚したくない主な理由とこの人とは結婚したくないと思われる人の特徴

「結婚願望はあるのだけれど、私の理想の男性が目の前に現れない。」「今付き合っている彼女とはどうも結婚をイメージできない。」

晩婚化がどんどん進む今、男性と女性はなぜ結婚したくないのでしょうか。また、どんなところに結婚したくないと異性に思わせてしまう部分があるのでしょうか。結婚は人生の最大のイベント、人生を決めるのは結婚相手と言っても過言ではないでしょう。

そんな「結婚したくない」男女別の理由とそのタイプをまとめてみました。

スポンサードリンク

女性が結婚したくない理由

女性の生き方は日本の経済成長とともに大きく変わってきています。会社で活躍する女性や生涯シングルを貫く女性も増えました。また、社会もそんな生き方の多様化を認めようという雰囲気になってきています。

女性の結婚したくない理由というのはそんな大きな社会の流れを反映しているものが多くあります。それだけ、女性にも自由に人生を選択できる時代が来ているということです。

今が楽しい

女性は男性に比べて「今を楽しむ」傾向があると言われています。女性が素直に「今が楽しい」と感じられるような場合は、結婚したくないと思うのも仕方がありません。

今は多様化の時代などとも言われるように、独身や結婚していても子供を設けない家庭も一昔前よりは増えています。また、そうであっても社会はそれを受け入れてくれることが多くなりました。

そのような時代背景も「今が楽しい」女性が結婚しなければならないと思わない理由と言えるでしょう。

仕事を辞めたくない

近年、女性のキャリアアップやキャリア形成に対する意識は非常に高まっています。女性の社会進出も年々進んでおり、企業の上層部で活躍する女性も随分増えました。

結婚することで家庭を築いたり、子供を授かったりして別の幸せがあることはみんな分かっていますが、どうしても仕事を一旦中断しなければならないことが結婚への二の足を踏ませるのです。

配偶者の親との同居が嫌だ

配偶者の親とうまく付き合いができていない場合は、結婚に対して極端に後ろ向きになってしまいます。仲の良い友達がいないと学校に行きたくなるのと同じで、ストレスフルな環境には身を置きたくないものです。

交際が長期間になってくると両親に会うこともあるでしょう。その時に親から見てきちんとしたお付き合いをしていなければ、親も色眼鏡をかけてみてしまうというものです。

また、都心部では少ないですが、地方に行けばまだまだ親と同居を望む男性は多くそれを負担に感じる女性も多いようです。

お金を自分の為に使えなくなる

結婚すると多少の経済的な制限を受けます。お互いが就労し、子供も作らない。そう決めるのであれば財布を分けることもできますが、多くの場合はそうはならないでしょう。食費は女性、家賃は男性など細かく分ける必要もあるかもしれません。

また、男性にそれ相当の収入がなければ自分の好きなようにお金を使うことはできなくなります。そのような経済的な制限のために結婚を躊躇する女性も多いのです。

結婚に対しての良いイメージがない

周りの友人の中に離婚をしている人は1組はいるのではないでしょうか?女性の社会進出に伴って離婚の件数は年々増加しています。

久しぶりに地元の友人や大学時代の友人と飲み会があっても必ず主人の悪口大会になる。そんな経験のある女性は結婚に対するイメージが悪くなり、結婚に対するモチベーションが上がりにくくなります。

親戚づきあいに抵抗がある

日本の地方都市に行けばまだまだ親戚づきあいが活発に行なわれている地域は多くあります。女性の中にはこのような「お付き合い」が苦手な人も多く存在します。

一昔前は、新婚の二人を多くの親戚や地域の人たちで支える、また新婚夫婦もそこへ入っていくという感覚があったようです。しかし、核家族化や地縁血縁が薄くなった時代に育った今から結婚を迎える夫婦にとっては、このような付き合いは面倒なことに感じることが多いのです。

男性が結婚したくない理由

男性と女性の結婚したくない理由はパッと見た感じは同じようなものが多いですが、その中身は大きく異なります。

女性は経済や人間関係、キャリアなど具体的に目に見えるものが多いのに比べ、男性の場合は自由や束縛など概念的なものが多いのです。

よく「男と女は別の生き物」などと言われることがありますが、考え方のスタート地点がそもそも違うということで、結婚したくない理由にもそれが現れています。

家族に縛られたくない

結婚して所帯を持つと行動に制限が出てきます。特に子供が出来ると、独身時代のように自由にできることは少なくなってきます。

土曜に子供をどこかに遊びに連れて行ってやろうと思えば、金曜は飲みに行かず早めに就寝したほうがいいです。また、年末年始も妻の家族に挨拶に行くために旅行に行くことができない場合もあるかもしれません。

男性の中には家族のために自分の行動の制限を受けることを想像して結婚をしたくないと考える人もいます。

お金を自由に使いたい

これは女性の項目でもご紹介しましたが、男性にも同じことが言えます。特に男性は何でも自分の自由にできることを大切に感じます。何でも思うようにしたい気持ちは女性より強いのです。

女性が「自分のために使いたい」のに比べて、男性は「思ったようにお金を使いたい」ので、そうできなくなる可能性のある結婚を躊躇してしまうのです。

結婚したいと思える相手に出会えない

単純に「結婚したいと思える相手に出会えていない」ので結婚をしない男性は意外と多くいます。

結婚適齢期に男性は仕事も忙しくなります。学生時代から付き合いが始まった相手や新入社員時代に知り合った女性と結婚するケースがありますが、社会に出てある程度年月が経てば、結婚するものは結婚し、合コンはひと段落。一旦「出会い」が落ち着いてしまうことがよくあるからです。

周囲から見れば素敵な男性も意外と相手を見つけられていないのです。

既婚者の友人から結婚の良い話をきかない

男性は友人や会社の同僚から「結婚生活の実態」に関して聞く機会が女性より多くあります。それは飲みに行く機会が女性より多いからです。

もちろん男性は仕事の話もしますが、結婚生活の苦労話を愚痴ることも多く、それを聞くと自然と結婚に対する印象が良くなくなり、結婚したいという気持ちが萎えてきてしまいます。

結婚生活に対するプレッシャーが重い

男性にとって結婚とは「妻と子供を養う」ことを意味します。女性は子育てが始まるとどうしても一旦、仕事を離れないといけなくなるので当然です。

男性の中ではこの妻子を養うことへのプレッシャーから結婚に対して踏ん切りがつかないことが多くあります。

有名な大学を卒業して、大手の企業に就職できた人ならまだしも、地方の中小企業に勤める男性であれば、長引く不景気や中々上がらない賃金に中々楽観的になれないのです。

自由な時間を楽しみたい

男性は女性より自立し、自由を大切にする傾向があります。

結婚すると、当然ながら全てを自分の思うように自由にすることは出来ません。結婚とはお互いのやりたいことや、やり方をうまく二人で折り合いをつけることの連続です。

これは当たり前のことなのですが、男性の中にはこの「自由に楽しむ」ことに制限がかかることで結婚に前向きになれないタイプの人がいます。男性は女性に比べて、この抽象的な「自由」に対する欲求が強いのです。

女性が結婚したくない男性のタイプ

女性は男性に比べて右脳が発達していると一般的に言われています。いわゆる女の勘と言われるものです。

女性は交際期間中でも男性のちょっとした行動を見て、いろんなことを想像しています。それは無意識のうちにされていることが多いようです。

女性が結婚したくない男性は「家庭がうまくいかなくなる」、または「生活が苦しくなる」ことを女性にイメージさせるような行動の癖を持った男性です。

叶わない夢を持っている人

時々テレビのドキュメントで、もういい歳なのに格闘技やミュージシャンを目指し、地道に下働きと練習をしている男性の特集などを見かけます。

男性から見ると、夢にかける「ひたむきでカッコイイ」男性も女性から見ると、「現実を直視できない意味不明な行動」に見えてしまいます。

女性にとっては、叶わない夢を持っている人は魅力的でなく結婚したくないタイプの男性になります。

金銭感覚が合わない人

女性が男性に対して「この人とは結婚は無いな」と思う大きなポイントの一つが「金銭感覚」です。

夫婦で生活を営むということは極めて現実的なことです。朝食に食べる食パンはスーパーで特売されている98円のものなのか、百貨店の食品売場で売っている398円のものなのか。

男性は「二人が一緒にいたいと思ったらそれでいい」と思いますが、女性は朝食のパンにかけるお金の違いに価値観の違いを感じてしまいます。

向上心がない人

女性の多くは野心的な男性に惹かれる傾向があります。それはオスのライオンにより多くの獲物を狩ってくることを期待するメスのライオンの様なもので、養ってもらう側の習性なのです。

向上心がない人とは結婚をしたくないと女性は思います。それは、向上心がない男性が将来の自分の生活を向上させないことをイメージさせるからです。

子供に興味がない

結婚を考える女性が経済的なことと並んで大切にすることが子育てです。付き合っている段階で男性が子供に興味がないことが発覚した場合、多くの女性は「この人とは結婚したくない」と考えます。

結婚イコール二人で生活を営むということです。二人で生活を営むと当然役割が分担されます。

男性が外でお金を稼いでくることが仕事だとすれば、女性の仕事の一つは子育てと言えます。自分の大切な役割の一つである子育ての協力が得られないことは大きなリスクだと女性は感じてしまうのです。

家庭に関心を示さない

家庭に関心を示さない男性に対しても女性は結婚を躊躇してしまいます。

家庭とは父母と子供がいれば子供を含めた3者で構成されます。家庭内の問題はみんなで解決していかないといけないことばかりです。そんな家庭に関心が薄い男性であれば、家庭内が円満になりにくいことは明白です。

女性は家庭に関心のない男性を見ると、家庭が円満にいかないのではないかと心配をしてしまうのです。

遊びをやめない人

結婚をしても遊びを止められない男性がいます。結婚してからでなくても、結婚に向けてお互いに準備をしている中でもなかなか落ち着けない男性がいます。

女性はこの「遊びをやめない人」とは結婚をしたくないと考えます。

適度な遊びは生活を豊かにする上では大切なことの一つですが、結婚をするということは遊ぶことより現実に大切なことがいくつか出てくるということです。

女性にとっては遊びがやめられない人は現実に生活を共にできる相手ではないように感じてしまうのです。

男性が結婚したくない女性のタイプ

女性が直感やフィーリングで現実的に物事を考えるのとは対照的に、男性は自分の理想やロマンを大切にします。

女性は結婚生活において何を食べられるか、どこに旅行に行けるかなど、生活水準が大切ですが、男性は自分の思い描く将来のイメージ通りに物事が進むかを重視します。

男性が結婚したくない女性のタイプとは、この男性の描く理想像にふさわしくない女性のタイプということになります。

家庭的ではない

未だに男性の多くは「男は外で稼いで、女は家を守る」を考えています。最近では逆のパターンも増えてきましたが、まだ圧倒的にこのパターンが多いといえるでしょう。

料理が苦手、小さな子供と遊ぶのが下手など、自分や子供を陰で支えることがうまくできなさそうな女性を見た瞬間に男性はその女性との結婚が不安になります。

金銭感覚が合わない

男性も女性と同じく「金銭感覚が合わない」と結婚を躊躇しますが、感じ方は少し違います。女性に浪費グセがある場合に男性は「俺が稼いだ金を無駄遣いしやがって」と感じるからです。

まだ結婚していない場合でも、結婚のために貯金をしている男性に対して高級なディナーをお願いしたりするとこの心理が働くことがあります。

男性は外で働き収入を家庭にもたらします。男性は頭のどこかで女性がそれをどう使っているのかを見ているのです。

華がない人

生き物の世界を見ていると、メスを誘うオスやオスを誘うメスがとても派手なことが良くあります。より強い異性を引き付けるためですね。

同じように人間の男性も女性に華があるかどうかで感じ方が随分変わります。くだらないことのように感じるかもしれませんがこれはとても本能的な直感的なものなのです。

どこへ行くにもメイクをしない、よそ行きの服がない女性には男性の結婚のモチベーションは上がらないのです。

キャリアウーマン志向の人

男性にとって結婚とは「妻を養い子供を授かる」ことです。これは理屈ではなく、男性の脳の奥深いところに刷り込まれているイメージです。

最近では結婚もせず会社でバリバリ働く女性も珍しくなくなりました。しかし、このような女性はいくら素敵な女性であっても男性の結婚したい対象にはなりにくい傾向にあります。

それはやはりこの男性の深層心理が働いていると言えます。女性にバリバリ働かれては、自分が家庭の長という地位を保てないとイメージしてしまうのです。

煙草を吸う人

男性の禁煙率は年々下がっていますが、逆に女性の喫煙率は年々伸びていると言われています。

煙草を吸う女性は男性が結婚したくないと思う女性です。

男性のかなり多くが女性に対して「元気な子を産んでほしい」と願っています。しかし、煙草は胎児にとっては非常に良くないもので、煙草を吸っている女性は男性にとって自分の願望に相反しているように感じるからです。

育児に興味がない人

男性と同じく遊びがやめられず自分の楽しいことを優先してしまい、育児に興味が持てない女性を見ると男性は結婚を躊躇してしまいます。

最近、子育てに積極的に参加する男性をイクメンなどと呼びますが、まだまだ育児は女性のものという考えが男性の中にはあります。

仕事に出れば、その間子供を見るのはどうしても母親になります。男性からすると育児に興味の持てない女性は、自分の理想の家庭を一緒に作っていく相手とは考えられないのです。

まとめ

結婚したくない理由と結婚したくないタイプを男女別に分けてみると、男性と女性の考え方の癖みたいなものがよく分かります。

中々結婚しようと思える相手が見つからない時や付き合っている相手との結婚が考えられない場合は、一度この男女の考えの癖の違いを通して相手の考え方や二人の関係性を見直してみてください。

男女の考え方の溝を埋めたり、お互いの考え方への理解が進めば結婚に一歩近づくことができるでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …