Home / 恋愛 / 運命を変えて素敵な結婚をしよう!

運命を変えて素敵な結婚をしよう!

結婚は、運命的な出会いによって巡り合った相手とするもの、とよく言われますよね。

では、その運命は、初めから決まっているものなのでしょうか?そして、素敵な結婚をするためには、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

運命は変えられるのか?

宿命と運命

その方のこれからの未来の行き先のことを運命と呼ぶことがありますが、こちらは自分の考えに関わらず起こってしまうことだと言われています。こちらを変えることができないのか、と考えている方も多いですが、自らの強い意志や行動によっていくらでも変えられると言われています。

似たような言葉として、宿命と呼ばれるものがありますが、こちらはその方が生れる前に決まっているものとなるので、こちらに関しては変えられないとされています。宿命の場合は生まれ持った性別や家計、国柄などのことを指すためとなります。

運命に関してはその方の性格によっても大雑把には決まっていますが、行動や発言によって決まっていくため、そちらを意識することによって行き先も増えていき、変えたい未来に変更することが可能です。

自分の未来を変えたいと考えている方も多いですが、変えるためには大きく考え方と行動の二つを変えていく必要があります。

考え方をポジティブに

まずは考え方ですが、簡単な方法としてポジティブ思考で生活を過ごしていくようにします。ネガティブな考えをしている方が、ポジティブな考え方をすることによって、表情が明るくなり、周囲の方にも影響を与えて仕事でも私生活でも良い方向にいきやすくなります。

また、ポジティブな考え方をすることによって、ストレスが溜まりにくくなるとも言われています。

理由としては、ネガティブな考えはループしてしまいやすく、少しの事でも何度も頭の中で考えてしまい、心の負担が大きくなってしまいます。心の負担が大きくなることによって、余裕が無くなり間違った行動をしやすくなったり、自分にマイナスなものが寄ってきやすくなってしまいます。

ポジティブな考え方をすると良いことが起き、ネガティブなことを考えるとマイナスなことが起こることは引き寄せの法則とも呼ばれていて、占いの書籍などにも書かれていることが多いです。

行動もポジティブに

考え方を変えるということは簡単そうですが、行動と同じく長年しみついたものを変えるのは非常に難しく、一朝一夕でできるものではありません。

人は一日に何万回も思考しているとされているため、すべてをポジティブな考えにするというのは不可能ですが、ポジティブな思考に持っていきやすくすることはできます。

ポジティブな発言

考え方を変えると行動も変わっていきますが、行動も変えると考え方も変わっていくため、ポジティブな発言をするとポジティブな考えになりやすくなります。

発言のタイミングとしては、一日の始まりである朝や、脳に刻み込みやすくなる寝る前となります。この二つの時間帯が重要となり、他の時間でも発言できる場所であればポジティブな発言を行い、ポジティブな考えにシフトしていくようにします。

身の回りを清潔にする

ポジティブな発言をするという以外にも、お部屋や車の中など、日常で過ごす場所を清掃すると良い考えになりやすく、風水的にも良いこととされています。汚れやゴミが溜まってしまうと、頭の整理がされにくく、汚れた環境ではポジティブな考え方が生れにくくなります。

風水でもホコリやゴミなどはマイナスの気を発し、悪いことが引き起こされやすいとされています。そのため、居る時間が長い自分の部屋に関しては常に綺麗に清潔に保っていく必要があります。

週に一回は掃除機をかけてホコリを除去し、物は出しっぱなしにはせずに整理整頓を心がけて生活をするようにしていきます。

いらないものは手放す

ホコリやゴミだけでなく、長年使用していないものに関してもマイナスの気を発してしまうため、もう使わない物に関してはリサイクルショップに持っていくか、オークションで売るなどで処分するようにしていきます。

普段身に着けているものに関しても、その方の運命を大きく左右するものとなります。身に着けている洋服に関しても、よれていたり汚れがついているとマイナスの気を発してしまいやすく、周囲の方を不快にさせてしまいます。

風水では下着は1年、お財布は3年と言うように運気が大きく下がってしまう期間が決まっているため、長年使用している洋服やお財布などの身に着けるものに関しては新しいものを購入するというのも運命を変えるための一つの手となります。

思いをペンでつづる

頭の中を整理して、良い考えが生れやすくするために、閃いたことや思いついたことなどをノートやメモ帳などに書き出してみるという方も多いです。こちらは成功者の方にも共通する行動となり、直接書き出すことによって頭に記憶されやすく、もし忘れてしまっても後で繰り返し読み直すことができます。

重要なのは直接書くということとなるので、スマートフォンやパソコンのメモ帳などを使用するのではなく、紙と書くものを使って書き出していくほうが良いとされています。書くものが無いという方もいますが、安価で購入できるものとなるので、これを機に購入するというのも良いでしょう。

他にも、運の良い方の考え方や行動を真似することによって、運命を変えるという方法もあります。

 

恋愛から結婚に発展させていくためには

恋愛と結婚は別物であると思う人は少なくなく、特別なものがなければ結婚には至らないと思っている人がほとんどです。

中には、できちゃった結婚のような形であればいいのではないかと思う人がいますが、以前に比べて寛容にはなったものの、やはりそのあたりの部分に対する違和感というものは拭いきれません。

段階を踏んで恋愛から発展させていくためには、いくつかのことを知っておく必要があります。そして、焦ることなく時間をかけて積み重ねるべきか、それとも一気に決めてしまうべきか、そのあたりのことを慎重に見極めてやっていくことが大切です。

晩婚化とスピード婚

近年は交際歴が数年以上でようやくゴールインを果たすケースよりも1年に満たない時間で一気に決めてしまうケースが目立っています。これには特徴があり、どちらかが40代以上、もしくはどちらも40代か、それに近い年齢の場合に一気に決めてしまう傾向にあります。

これは悠長なことをしていたら相手を逃してしまうかもしれない、これが最後のチャンスという意識になっている場合と、結婚適齢期としてここを逃すわけにはいかないというケースなど様々なことがあります。

20代同士で、しかもできちゃった結婚ではない場合となると、やはり交際歴は数年というのが相場となりそうです。

どちらかが40代という場合、金銭面的な心配というのをあまりしなくていい傾向にあるというのも特徴として存在します。

若いうちだと式を挙げる資金をどうするかなど色々と考えなければならないことがありますが、ある程度の年齢を重ねればそのあたりの財力もあるため、勢いで決めてしまったとしても、誰も咎めないというのが傾向です。

焦りすぎたのではないかと思われることもなく、むしろ祝福が先に出てくるほど喜ばれるため、こうした場合であれば本人の気持ちさえ固まりさえすれば発展させるのは比較的容易であることは言えます。

結婚と恋愛は違う

段階を踏んで恋愛から発展させていくためには、一緒に生活をするというイメージを相手に植え付けさせることが重要です。この人となら幸せになれそうだと思わせること、そして、どんなことでも一緒に乗り越えられそうだと思えることを考えて段階を踏んでいくことが大事です。

たくさん思い出をつくる

幸せになれそうと思わせるには、たくさん稼いで色々なものを買わせるだけは不十分であり、色んな思い出を作っていくということが大事です。一緒にここに行った、あそこに行ったという思い出は強く残りがちです。そうしたものを1つでも多く作ることができれば、足固めとしては十分です。

一緒に乗り越えるというのは、どんな苦難な道であったとしても、この人となら乗り越えられると思わせることです。ということは、どんな些細なことでも度量を大きく見せていくということが重要です。

一緒に乗り越えられる関係

ちょっとしたことでイライラしたり、ちょっとした失敗で腹を立てていれば、一緒に乗り越えるということは厳しく、この人とは無理だと思われてしまいます。

他人の人生を背負いこむというのは大変であり、つらいことも多ければ、許しがたいほどの怒りを感じることにもなります。しかし、それを含めても乗り越えられると思わせることができれば、自然と結婚を目指そうという空気になるものです。

恋愛の場合は、どちらかといえば体目当てになりがちな部分があります。この人と付き合いたいというよりは、この人といちゃいちゃしたいという思いが先に出るため、常にフレッシュな状態になります。

単に籍を入れるか入れないかの違い

交際歴が長いカップルというのは、籍を入れてないだけで実質的には一緒になっているような状態であり、単に籍を入れるか入れないかだけの違いと言えます。

逆にいえば、あまりに交際歴が長いと今更籍を入れるという決断にはなりにくく、タイミングを逸してしまうとこちらからアクションを起こさない限りは、いずれ別れることになる可能性が高まってしまいます。

女性としては、いずれは子供を産み、幸せな家庭を築きたいと思っています。男性は、とりあえずパートナーとして長くいたいのは間違いないものの、子供を産んで家庭を築くというところまではあまり考えなくなるというのが交際歴の長いカップルに見られる特徴です。

このギャップは交際歴が短ければそこまでギャップとして色濃く出ないものの、何年か重ねていくうちにもうそろそろいいのではないかといくら女性側が思っていたとしても、男性側がさほど思っていないというのが表面化した段階で、一気に倦怠期を迎えることとなります。

案外、年齢を重ねている方が発展しやすく、若い方が発展しにくいというのが今のところの傾向です。もちろん若くしてゴールインをする人もいますが、晩婚化を迎えて久しく、今後もそうした傾向になることが考えられます。

まとめ

いかがでしたか?運命や、恋愛から結婚に発展する場合について、理解が深まったでしょうか。

自分の運命を変えていくために、出来ることから始めてみてくださいね。

そして、素敵な結婚をするためには、とにかく酸いも甘いも思い出をたくさん作っていくことが、良くも悪くも今後を左右させていくことになるため、多くの経験、思い出をパートナーと一緒に体験していくことが大事です。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …