Home / 恋愛 / 婚期を逃さないために!みんなの婚期を知って結婚しよう

婚期を逃さないために!みんなの婚期を知って結婚しよう

人それぞれとは言いつつも、結婚したいのであれば婚期を逃したくはないですよね。

本記事では、みんなが結婚を決めるタイミングや婚期を逃さない方法をご紹介します。

スポンサードリンク

みんなの婚期っていつなの?婚期を逃さないために

みんなの婚期って?

みんなの婚期というのはいったいいつなのでしょう。60年前ぐらいには、女性は20歳前後が適齢期と言われたものです。30年前ぐらいから26歳前後が適齢期といわれるようになり、今は30歳前後でも良い時代になりました。

適齢期を過ぎると行き遅れという時代はもう終わりかけているように思います。

やはり女性が社会へ進出し始め、結婚も良いが仕事も大事にしたいと思い始めたからではないでしょうか。また、結婚によって仕事に何らかの影響があることもありますので、せっかくつかんだ、なりたかった職業に就いた場合なかなか結婚に踏み切れない人も多いと思います。

しかし、仕事が忙しいため、また、女性中心の職場であるためという理由で出会いがなく、結婚へと進むことが出来ない人もいます。自分が仕事の方を優先したいのであれば何も問題はありません。

しかし、本当は結婚したいが、なかなか出会いがないという人は、ある程度の年齢になると結婚できるのかという不安が生まれ、少し焦る気持ちも出てきます。

日本という国は、親も本人も女性はいつか結婚することが一番の幸せと思っている人がまだまだ多いのが現状です。

そのため仕事に生きたいと思う女性はまだ少数です。結婚をしたいと願っている人がほとんどです。そのため、30歳前後までに結婚をする人が一番多いのではないでしょうか。

早い方は20歳前後から結婚をされますが、大抵は20歳後半に結婚をされる方が多いです。自分の友人が結婚し始めると、やはりだんだんと気持ち的に焦りが出てきます。この焦りが出てきた時が、自分にとっての婚期と考えれば良いのではと思います。

自分にとっての婚期を意識し始めた時すでに付き合ってい人がいる場合は、すぐにでもゴールイン出来ますが、これから探さなければならない場合は大変です。運が良ければ、お見合いなどですぐ決まることもあります。しかし、お見合いしてもなかなか決まらない人がほとんどです。お見合いを始めてから5年以上探して30回目にやっと決まった人も結構います。

適齢期を意識してから探しても、なかなかその適齢期にに結婚できないのが現状です。しかし、ある程度結婚を意識した年齢で探さなければ、やはり真剣には探す気にはなりません。そのように考えると適齢期に探し始める方が、自分自身も真剣に考えるために、相手にも失礼がなく良いのかもしれません。

また子供を埋める年齢を意識し始める時も相手を探す良い時期なのではと思います。最近は高齢でも安全な出産が出来ますのでそれほど心配はいりませんが、やはり高齢になると何らかのリスクは出てきます。このようなことを考えると、子供を望むのであればやはりその年齢も考えていかなくてはならないでしょう。

しかし、適齢期というものは人それぞれです。自分がしたいと思わないとまず結婚することは不可能です。子供を望まないのであれば、結婚はいつでもできるものです。ただ、世間的に結婚をしていないと恥ずかしいという思いから婚期というものを考えてしまう世の中なのでしょう。

しかし、結婚をする気がなくても、出会うチャンスがあればその場所に出かけてみてください。人と知り合うことで自分の世界が変わり、自分に良い影響を与えてくれる人に出会えることが出来るかもしれません。お互いに気に入れば、もしかしたら結婚へと気持ちが動き、自分が変わっていけるかもしれません。

実際婚期は分からない

適齢期というものはどこにあるか分からないものです。

突然、誰かと知り合い急に結婚ということもあります。また、結婚はしたくても出会うチャンスがないため40歳を過ぎてしまったという人もいます。

しかしこのような人もまだまだ結婚というものは意識しているはずです。実際、晩年に結婚をする人もいらっしゃるので分からないものです。希望は捨てずにずっと持っておく方が、いつかは結婚が出来るかもしれません。

婚期を逃すという考え方は、人生最後になって結婚をしたかったが、とうとうできなかったという人に対していうのではないでしょうか。

結婚はいつでもできます。自分自身が結婚をしたいという思いと相手がいれば必ず出来るものです。これは20歳であろうと100歳であろうと変わることはありません。

結婚というものを考える時、焦らずゆっくりと自分の適齢期はいつか考えてみましょう。

少し焦りがあるならば、勿論必死で相手を探しても構わないと思います。

実際遅くなればなるほど結婚の可能性は少なくはなりますので、自分の気持ちに正直に行動する方が後々後悔がありません。

そして、相手を見つけることが出来るのであれば、それもその人の運命だと思います。しかし見つからない場合は、焦らずゆっくりと構えることも大事かと思います。

期待は絶対捨てずに、そのような人が現れた場合に備えて、いつでも結婚というものを意識し続けて下さい。そのような相手があらわれ、自分が結婚したいと思った時が本当の婚期なのではないでしょうか。

 

タイミングって難しい!みんなの結婚のきっかけとは

多い「結婚のきっかけ」

日本では昨今未婚率が上がっていると話題になっていますが、平成22年の調査では40代後半の男性で21.5%、女性に至っては11.7%というデータがあり、約8~9割の人は結婚していることになります。結婚は人生の中でも指折りの一大事です。

その相手とはその後の長い人生を共に歩んでいくということで、人生を左右する大きな岐路となるわけですが、それを決断するのはどのようなタイミングなのでしょうか。

昨今多いのは子供ができたタイミングです。

昔はデキ婚と呼ばれ、社会的には順番が違うということであまり良い目では見られませんでしたが、昨今では「授かり婚」などというマイルドな呼ばれ方が浸透し、その頻度が上がっていることから有名人の婚約のニュースには「なお、妊娠はしていない模様」や「夏にも出産予定」などと妊娠関連の情報が必ず付け加えられるほどです。

一般にも授かり婚は珍しいことではなく、結婚式場でも妊婦さん用のドレスや料理を選択できたり、通常よりも準備期間を短くセッティングできるマタニティプランを設けるところが増えています。

近年は男女雇用機会均等法の定着により、女性も男性と同じ環境で仕事に就ける世の中になっており、昔のように何年か働いたら寿退社しようと考える女性は減っています。

そのため、昔よりも入籍のタイミングは計りづらくなっており、妊娠が良いきっかけになるカップルは非常に多いのです。

もう一つ、きっかけとして多いのは「周囲の波に乗って」です。というと軽い印象を受けるかもしれませんが、実はこれは今も昔も最も一般的な理由です。

その人の生活する環境によってその年代には差がありますが、誰にでも周囲がゴロゴロと結婚し始める時期がやってきます。

女性の場合は29歳、30歳頃が最も多く、特に20代後半になるともうすぐ20代じゃなくなるという焦りが芽生える女性は多く、「そろそろ」と考え始め、男性にもそれが伝わりプロポーズにつながるというカップルが急増します。

男性の場合も20代後半から30代前半にかけてなぜかバタバタと周りが結婚し始める時期がやってきます。

女性の方が周りに流されやすいイメージがあるかもしれませんが、実は男性こそ周りに流されやすい性質を持っています。

特に会社勤めをしている人の場合は、同世代の同僚や同期たちがどんどん片付いて行くと、上司や同僚から「君もそろそろかな」などと言われる機会が増えて、次第に気持ちが盛り上がっていくという兆候が見られます。

また、男性の場合は「年収が上がったから」というのも大きなきっかけになります。

男女雇用機会均等法により女性も普通に働ける世の中になっており、寿退社をする人は昔に比べると減っています。

寿退社をしたとしても、新婚旅行から帰って来てから別の会社に就職し直して共働きで新婚生活を始める世帯は非常に多いものですが、それでも男性としては自分の稼ぎだけで家族を養えるようにならないと家庭は持てないと、と古風に考える人は少なくありません。

新入社員から若手の数年のうちは微々たるお給料でも、年次を重ねるごとに昇給し、これならば家族を持っても養えるという年収になったタイミングで彼女にプロポーズ、という男性は多いものです。

カップルが結婚を決めるタイミング

ある程度年齢が上がってから出会ったカップルの場合、付き合い始めから結婚が視野に入っているので、付き合ってから1年目、2年目という年数のタイミングでプロポーズというカップルは多いです。

付き合い初めからこの人となら家族になれるかという視野を持って相手を選んでいるため、1年、2年と様子を見る期間を経てスムーズにプロポーズへと変遷できます。

しかし、タイミングが難しいのは実は交際期間が長いカップルです。

「長い春」などという言葉がありますが、中学生時代から10年、15年付き合っているのに一向にプロポーズされず、結局適齢期になって別れてしまうカップルの話は誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。

長く付き合っていると、相手は自分にとってもはや恋人というよりは家族のような同志のような存在になってしまいます。

また、ずっと近くにいるのが当たり前という生活を何年もしているので、敢えて家族になるためにプロポーズをする必要性に駆られることなく、そのタイミングが計れなくなってしまうのです。

しかしながら、そうはいってもお互い適齢期に差し掛かると「このままでいいのか」という疑問は生じます。

そこで、友達がバタバタ片付いて行くタイミングで自分もその波に乗るか、はたまた親に「あの人とはどうなったの?」などとせっつかれるか、子供ができるかといった何かしらのきっかけないとプロポーズという行動に踏み切れないのです。

妙齢になって出会ったカップルは程よきタイミングで「そろそろ」という空気感が出てくるものですが、付き合いが非常に長いカップルの場合はその「そろそろ」は自然に出てくることはそうそう無いため、大きなきっかけが必要になります。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …