Home / 結婚 / 結婚に関する守るべき条件と妥協しても問題ない条件

結婚に関する守るべき条件と妥協しても問題ない条件

皆さんは結婚するとなると相手に求める条件というものはありますでしょうか。きっと十人十色の理想があることでしょう。そのなかでも一般的に結婚に必要とされる条件に付いて考えてみましょう。

ここでは結婚に関する守るべき条件と妥協しても問題ない条件についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

結婚する時によく上がる条件

性格や価値観の一致

結婚において最も重要ともいえる結婚条件は、性格や価値観の一致でしょう。長く結婚生活を続けていくと良いことも沢山ありますが嫌になってしまう出来事もあることでしょう。そういった時にお互いの意見を言い合って解決していくものですが、お互いの性格や価値観が一緒であると意見のぶつかりも少なくてすみます。

また、普段の生活の何気ない行動や言動での喧嘩も少なくなるでしょうし円満に夫婦生活を送れるのではないでしょうか。

愛情や優しさを感じられる

愛情や優しさを感じられるということは、結婚生活を長くしていく上で重要なことです。相手を慈しむことで家族としての絆をさらに強めることができるでしょうし、結婚生活を長く続けていくにつれて、結婚当初のような愛情や優しさをさらに超えて家族愛へと変化していくものです。

愛情や優しさというのは心のビタミンのようなもので、心身ともに安定、安心する最大の栄養のようなものです。お互いに対する愛情と優しさはいくつになっても持っていたいものです。

相手がいるだけで嬉しい

相手がいるだけで嬉しいとか存在するだけで嬉しいと思うということは、自分にとって気持ちが安らぎ、楽しくなり、元気になれるということです。好きな人と会うと誰でも気づかないうちにそうなっているものです。

相手がいるだけで自分が幸せと感じられるということは結婚生活において重要なことです。相手を好きであるからこそ思いやりをお互いにもてるのでしょう。

収入の安定

結婚というのは現実的に愛だけでは成り立ちません。収入があってこそ生活ができるのです。相手がどのような職業に就き、どのくらいの収入があるのか、そして、その収入が安定したものなのかということを知ることは重要です。お金の問題だから恥ずかしいことというものではありません。お金の話をしっかりとできる関係をつくることも大事です。

食事の好みが似ている

食事の好みが似ていると、一緒に同じものを美味しいものを美味しいと食べられます。食事の子も身が全く違うと食事をして共感するということが欠けてしまいます。同じように思うという共感するということは、カップルや夫婦にとって重要なことです。

共感することでお互いの共通意識が深まりますし、より絆が深まるのではないでしょうか。一緒に食事をして美味しいと思う、そのようなささいな幸せが結婚生活を豊かにするのかもしれません。

Noタバコ、Noギャンブル

タバコとギャンブルと依存性が高く、なかなかやめられないという人が多いものです。嗜好品のタバコやギャンブルはお金を費やすものですし、生活をしていく上でお金のやりくりに支障をきたすかもしれません。自分がタバコが苦手であったり、ギャンブルが嫌いであるとう人は譲れない結婚条件にしておくほうが良いのではないでしょうか。

目をつぶってタバコやギャンブルをしても良いから結婚するとなると、後々嫌になりストレスとなります。早いうちにやめてもらう努力をしてもらいましょう。

身長

女性の場合、性格が良ければよいという人が多いのですが、少なからず男性の身長を気にする人もいます。自分より身長が高くあってほしいとか、身長が何センチあってほしいという具体的な人もいることでしょう。

昔の結婚条件は、高学歴・高収入・高身長の三高と言われていましたが、今の時代は様々でそれぞれが三高を気にせずに自分の価値観に合った人を選ぶ時代です。好きになった人の身長が自分の理想と違っても幸せに思えれば結婚生活はうまくいきます。

学歴

自分の学歴と同じような学歴を持った人を好む人もいれば、学歴なんて関係ないという人もいます。学歴は大まかなその人の学力を表します。確かに学歴のある人が収入の高い職業についているということは今の時代もあり得る話です。しかし、学歴がある人で収入が多い人でも社会性がなかったり、人間性を疑われるような人が沢山います。

人はその人の生まれ育った環境や経験、考え方が性格に影響していることが多いので、学歴はその一部であると考えられるのではないでしょうか。学歴ばかりを気にしすぎて大切なその人の人間性を見失わない注意も必要でしょう。

妥協しても問題がない結婚の条件

顔などの外見

顔やルックスという外見というのは結婚する上で少なくとも重要視するものでしょう。しかし年をとると誰もが衰えていくものです。今は良くても今後どうなるかは誰にもわかりません。自分が相手の外見をなおしていくこともできます。

良い年のとり方をしている人は、恰好云々よりも生き生きとしていて幸せそうで素敵にみえるものです。お互いによい年のとり方を一緒にできる相手だと良いのではないでしょうか。

年齢差

年齢差というものは結婚する際に話題になることが多いものですが、年齢差というのはそんなに重要な要素でしょうか。若くてもしっかりしている人もいますし、年をとっている人でも幼稚な人もいます。

お互いが年齢を越えて愛し合っているのであれば問題ないのではないでしょうか。年齢差を気にすることの原因は、どちらかが明らかに年をとっていて見た目や周りの目が気になることや、将来早く老いてしまうということではないでしょうか。そのようなことよりも自分たちが幸せであれば関係ないでしょう。

お金持ちでない

お金を持っていない人でも収入が安定している人であれば結婚する際にあまり気にしなくても良いのではないでしょうか。財産などのお金の有り無しは今後どうなるかは誰にもわかりません。

安定的に収入を得られるということが最低あれば生活はできるのではないでしょうか。相手の家柄などの後ろ盾を気にするのではなく、自分たちの力で生きていく覚悟を持ちましょう。

一番好きな人ではない

自分が好きという気持ちも大事ですが、相手が自分のことを大好きでいてくれるということも大事です。自分以上に相手から愛されているということは幸せなことです。自分が一番好きな相手でも相手から想われていないと一方通行の愛情になってしまいます。一番好きな人でない人と結婚しても幸せな結婚ができるのです。

住む場所

住む場所というのは重要なものですが、相手の仕事の関係であったり、様々な事情によって一生その場所で暮らすかどうかというのは分からないものです。地や家を買うとなるとお金もかかります。こだわりの住む場所を考えている人もいるかもしれませんが、夫婦でよく話し合って決めるべきことです。

守っておきたい結婚の条件

一定程度の経済力

生活を共にするということは一定程度の経済力は必要です。相手の職業と収入についてしることも大事です。経済力がないと自分が苦労することにもなりかねませんし、お金はあることに越しません。生活をしていけるだけのお金があり、経済的に安定しているのかどうか相手とも話し合うことも重要でしょう。

性格や価値観のある程度の一致

長い結婚生活で最も重要なのは、性格や価値観のある程度の一致でしょう。多少の違いはあるにせよ大事な部分で同じような感覚を持っているということは、家庭円満の秘訣かもしれません。

それがなかったとしたら喧嘩が絶えなかったり、結婚生活が次第に精神的に耐えられないものになってしまいます。外見やルックスだけでなく、内面的に相手は自分と似ているのかよく判断しましょう。

金銭感覚の一致

金銭感覚が違う人とは、生活をしていく上でぶつかり合うことが多くなり、結婚が破たんしてしまうこともあります。ギャンブルや何かに大金を費やす傾向があるのなら要注意です。又、逆に買い物や食事の際にお金を出すのを渋るなどケチすぎるというのも問題です。

倹約的なことは良いことですが、人との付き合いやある程度の生活の楽しみとしてお金を使うというのは許容されるものではないでしょうか。お付き合いしている段階で自分と同じような金銭感覚を持っているのかどうかをチェックしましょう。

生理的に許容できる外見

結婚するとなると子供をつくるということが念頭にある夫婦が多いことでしょう。相手との子供が欲しいと考えているのであれば、なおさら生理的に許容できるのかということは大事なことです。自分が接していて嫌な感じを覚えるのであれば結婚は難しくなります。結婚生活は長いものです。自分の気持ちに正直に相手をみることも大事です。

「彼女」と「妻」に求める条件の違い

相手を信頼できるかどうか

彼女ではなく妻としてみるのであれば、やはり相手を信頼できるかどうかということは重要です。彼女としてお付き合いしている場合でも相手に信頼を求めますが、別れようと思えばすぐにある意味責任もなく分かれることができます。

しかし、妻となると戸籍上も同じであり、家族です。家族というのは人間関係の中でも一番信頼と絆で結ばれているものです。一人の女性、人間として信頼できるかよく問いましょう。

その人がいる日常に安心感があるか

普段の生活に妻としてその人がいる日常に安心感があるかということは、当たり前の問いなのかもしれませんが、それは信頼関係の上に成り立つものです。何を考えているのか分からないとか、いつも突然行動を起こすとか、何をするのか気が気でないという人と暮らすとなると心労が絶えなくなります。一緒にいて安心感があるか、幸せに将来過ごすことができるかといったことを想像してみましょう。

大人として行動できる社会性があるか

大人として行動できる社会性があるかということは、結婚するにあたって、これからの様々な環境や人間関係を円滑に進められるかということにつながります。きちんと挨拶できるか、周りの人間と仲良くできるかなどの行動から判断できます。

幼稚な行動をとったり、自分の思い通りにならないと怒り出したり、協調性に欠けていると結婚してからも色々な人間関係で苦労してしまいます。本人の色々な社会経験も必要ですが、一般的に大人の態度をとれるのか、社会性が身についているのかを様々な場面で見てとることも大事でしょう。

お父さんお母さんとしてしっかり子供と接することができるか

結婚をして子供を望むのであれば、お父さんお母さんとしてしっかり子供と接することができるかということをチェックすることも必要です。結婚して子供ができると責任感が今以上に増します。もとから子供が嫌いであったり、暴力をふるう傾向があることが見受けられたら親になる要素はありません。

一人の新しい命を預かるのです。大切に育てる意識のある人かどうかということは子育てに大切なことです。外出先で子供がいるとき、どのような態度をとるのか観察するというのも良いかもしれません。

自分の家族へも気遣いができるか

結婚するということは二人が家族になるということだけではなく、相手の家族とも親戚となり、家族となるということです。実家を訪ねたときに自分の家族と和やかに話ができるのかなど、自分の家族へも気遣いができるかをチェックすることも必要でしょう。

これからの長い付き合いの中で、コミュニケーションをとって仲を深めるということは大事なことです。その人の性格にもよりますが普通に家族と話ができるのか知ることも大事なことでしょう。

まとめ

結婚に関する守るべき条件と妥協しても問題ない条件についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。結婚は育ちも環境も経験も違った二人が一緒になり家族になるということです。他人同士ですので価値観、感性、意見のすれ違いは少なからずあることでしょう。

そういったすれ違いが起こったときに、如何に相手に歩み寄り、話し合いをして理解をしていくかということが必要になります。結婚することによりその後の人生がさらに明るく素敵なものになるようにお互いが努力するということも必要になることでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …