Home / 恋愛 / 性格・タイプ / 【最新版】どのタイプが好み?付き合いたい、今話題の〇〇系男子10選

【最新版】どのタイプが好み?付き合いたい、今話題の〇〇系男子10選

2006年にコラムニストの深澤真紀さんが恋愛に積極的でない男性を「草食系男子」と命名して以来、今や⚪︎系男子という言葉は男性の特徴を表現する言葉としてすっかりポピュラーになりましたね。

そこで今回は動物系と食べ物系の2つのカテゴリーから、最新の「〇〇系男子」についてご紹介しましょう。

女性目線の表現ですが男性から見ても「なるほど!」と納得してしまいますよ。女性は周りの男性を思い浮かべながら、男性は女性がどんなタイプを好むのか参考にして下さいね!

スポンサードリンク

動物系男子勢揃い!各々の特徴をご紹介!

動物好きの間でよく「あなたは犬派か猫派かどちらですか?」なんていう会話がかわされますよね。ところが動物系男子はもっと細かく分類されています。

その動物の生態に合わせた言葉ですが思わず「そう!いるいる」と頷いてしまう表現ばかり。覚えておくと友達同士の話しも盛り上がりますよ!

1.犬系男子

人懐っこく遊ぶのが好きで飼い主に絶対的信頼を寄せている犬。同じように犬系男子も明るく人見知りしないタイプで、恋愛においては思いは素直に言葉にして伝えたいと思う傾向があるようです。

また、スキンシップを好ます。いつもかまっていたい、かまって欲しいと少々欲張りな面があり、かまってもらえないと落ち込むことがあるのも特徴です。常に触れていたい、あるいは自分への思いはしっかりと言葉にして欲しいとう女性にはピッタリのタイプです

2.猫系男子

猫のイメージといえば「マイペース」「わがまま」「気まぐれ」などがありますね。猫系男子の特徴も、良くいえば自由奔放で彼女ができても自分のペースや生活のリズムを守ります。過度な干渉は嫌い、自分だけの時間を大事にする性格の持ち主です。

彼女にとっては掴みどころがない感じがしますが、猫系男子は最大限効果を発揮する武器を備えています。

それは「ツンデレ」!

普段は素気ない態度なのに気まぐれで甘えたきたとき彼女はそのギャップにもうお手上げ状態。彼氏のペースの合わせることに幸せを感じる女性にはおすすめのタイプですね。

3.ウサギ系男子

臆病で甘えん坊で優しくて好奇心旺盛で人間の子供と性格が似ているといわれているウサギ。それと同じように彼女に母性を求めたがるのがウサギ系男子です。

とにかく寂しい思いが嫌いで自分のすべてを受け入れて欲しい、そんな子供のようなところがある反面、案外頑固で気が強いのもウサギ系男子の特徴です。まるで駄々っ子のようですが、一旦彼女が受け入れてくれたと分かると恋愛は彼女ペースで進みます。

彼氏の気持ちを受け止めて甘えて欲しいという女性はウサギ系男子を選びましょう。

オオカミ系男子

オオカミ系男子と聞いて、ワイルドで強引な肉食系男子を想像していませんか?

「一匹オオカミ」なんていう言葉があるようにオオカミは孤独を好み野生的で肉食の代表のようなイメージですが、実際オオカミの性質はこのイメージとはまったく違ったものです。

例えば仲間を大切にして礼儀正しく彼女に一途で浮気はしません。結婚して子供ができると子育てを手伝ってくれます。そんな男性がいたらどんな女性でも好感を持ちますよね。

実はこれがオオカミの性格でありオオカミ系男子の特徴なんです。一見ワイルドに見えても繊細な優しさを持つオオカミ系男子。上辺だけの優しさを見抜く目がありナヨナヨしたタイプが苦手で、男性にしっかりとリードして欲しい、身を委ねたい。

そんな女性ならオオカミ系男子がピッタリですが、絶滅危惧種であることも確かです。

モグラ系男子

モグラ=ずっと穴の中にいるというイメージがありますね。モグラ系男子もそのイメージ通りで、基本的に人ごみや賑やかな場所を好まないインドア派です。出かけるより部屋で自分の好きなことをして過ごしたいと思っています。

また好きな女性とは目を合わせられないほどシャイで、感情をうまく表現するのが苦手な男性が多いです。言葉よりも態度で気持ちを表そうとするのも特徴の一つです。

ただ、素直で繊細な性格なので、深く付き合って心を開くと一途に彼女を大切にし強い正義感も持っています。不器用で人とのコミュニケーションも得意ではないので誤解されやすいところもありますが、彼らは心に彼女への深い愛情を秘めています。

普段は思いを言葉にしなくても、辛いときや悲しいときに黙ってそばにいて欲しい、そんな女性には頼りになるタイプがモグラ系男子です。

食べ物系男子はこんなにいる!各々の特徴をご紹介!

最近では動物ばかりではなく食べ物に例えられる男性のタイプも増えましたね。一体どんなタイプの男性なのでしょう。

ここではいろんな料理名のついた食べ物系男子について解説して行きます。

ロールキャベツ系男子

シンプルであっさり味のキャベツにナイフを入れると、中には柔らかいお肉とジュワッとした肉汁が。このイメージそのままに、外見は優しくておとなしそうな草食系なのに中身はガッツリ肉食系、というのがロールキャベツ系男子の特徴です。

彼らは繊細そうな外見とは裏腹に、意外と自信家で自分の意見をはっきりと主張するタイプでもあります。「ヒツジの皮をかぶったオオカミ」という言葉がありますが、ロールキャベツ系男子にぴったりの表現ですね。

見た目が爽やかでもきちんとリードしてくれ守ってくれる。そんなギャップに惹かれる女性が多く、食べ物系男子では女性に人気のタイプです。

アスパラベーコン系男子

外見は肉食をアピールしながら性格は草食系なのがアスパラベーコン系男子。ロールキャベツ系男子とは正反対のタイプですね。

ガツガツしていそうなのに優しくて穏やかな性格、そんなギャップにキュンとなる女性も多く存在します。ワイルドに見える外見は好きでも中身まで肉食系は苦手だ、という女性にはベストマッチですね。

ソーセージパン系男子

中身が肉食系という点はロールキャベツ系男子と共通するソーセージパン系男子ですが、こちらは草食系の外見ではなく、ソーセージパンのように比較的外見も肉食系であるのが特徴です。

ガッチリとした体型とセンスのいい服装。ただ、男の愛嬌を感じさせる愛されキャラの人気者、これがソーセージパン系男子の典型的なタイプです。気さくな性格で誰とでもすぐに仲良くなれるので、安心して友達に紹介できるところも彼女にとっては自慢のひとつですね。

いつもありのままの相手を受け入れ元気を与え合う、そんな関係を構築して行きたい女性にうってつけのタイプです。

クリームシチュー系男子

優しくて包容力がありいつも自然体で人に安心感を与え争いを好まない、それでいて男らしさや芯の強さを持っている。理想の男性像を語っているようですが、これがクリームシチュー系男子の特徴です。

暖かいクリームシチューを思い浮かべてみて下さい。肉や数種類の野菜の旨味が混ざり合い出来上がりは優しくてホッとするような味で栄養満点。つまり、色々な面を持ちながら、一緒に過ごして安心感を与えてくれる。これがクリームシチュー系男子です。

彼女を思いやる優しさ・守る強さを持ち、どこかホットできて頼れる存在。女性にとって結婚相手として考えたいタイプだと言えますね。

肉巻きおにぎり系男子

今回ご紹介した中で唯一否定的要素を含んでるのがこの肉巻きおにぎり系男子です。一見して派手で肉食系を思わせますが、中身はお米。つまり見た目は頑張っているように見えても中身は野暮ったいというタイプです。

中身に対するコンプレックスからか恋愛経験の豊富さをアピールする傾向があるのも特徴です。女性からすれば最初は見た目が好みだと思って付き合っても「思ってたタイプとは違う」と感じてしまい、あまり長続きしないことあります。

外見と中身のアンバランスさは女性ならすぐに見抜きますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は最新版の「〇〇系男子」を10個ご紹介しました。

一口に〇〇系男子といってもタイプは様々あって興味深いですね。女性は、自分がどのタイプが好みなのか、ぜひ女子会での話題にしてみてください。男性は改めて自分がどのタイプにカテゴラズされるのかを知るきっかけにするのもいいですね。

自分を知り相手を知って素敵な恋愛を引き寄せましょう!

スポンサーリンク