Home / 可愛い系男子 / 可愛い系男子とは!?

可愛い系男子とは!?

スマホの普及によって流行にとらえられないファッションを楽しめるようになった現代。ファッションの多様化と同じように「〇〇男子」「〇〇女子」と呼ばれる、見た目や特徴を一言で表すということも今では珍しくありませんね。その〇〇男子の1つである可愛い系男子、皆さんは知っていますか?

その名の通り男子なのにかわいらしい見た目やしぐさを自分に取り入れている男子というのは少し想像がつくと思います。今回の記事では可愛い系男子の特徴、好かれる理由、マイナスに捉えられるところなどをまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

可愛い系男子とは

どんな男子が可愛い系男子なのでしょうか?だいたいの方は「可愛い系男子」という言葉だけからある程度想像できるかもしれませんがその点を詳しく見ていきましょう。可愛い系男子について顔、髪型、ファッションの3点についてそれぞれ特徴をチェックしていきましょう。

可愛い系男子の顔

可愛い系男子の大きな特徴として、女の子のような外見があります。男子なのにメイクやカラコンをするだけではなく、お肌のケアも毎日欠かさず行います。元は男子で、ヒゲが剃ったりしなければならないので肌のケアについては女性のよりも手を入れている方も多いでしょう。

そのおかげで少し離れたところから見れば女性にも見える中性的な見た目をしていますし、近くで見てもきめの細かい透き通った肌を持った男子がいるというのが現実です。

また、あまりにも可愛いを追求しすぎて、お手洗いなどに行ったときには、髪が乱れていないか?メイクの調子は悪くないか?など可愛いへの執念は尽きません。肌のケアや化粧に自信のない女性は、一度可愛い系男子に教えてもらうのもいいかもしれません。

可愛い系男子の髪型

ワックスでガチガチに決めた髪形や、ベリーショートという髪型は「可愛い」から外れているためもちろんやっている人はいません。可愛い系男子の多くはミディアムくらいの長さで、ストレートまたはふわっとしたシルエットのパーマをかけるのが主流です。髪色は茶色、金髪、アッシュなどの明るめの色のイメージが強いですね。

可愛い系男子のファッション

ファッションでも可愛さを追求する可愛い系男子。しかしスカートなどを履いて完全に女の子のようなファッションスタイルではなく、パーカー、ビッグシルエットのトップス、カーディガン、ジーンズ、短パンなど女子も来ていそうな服装をします。

デザイン、色としては少し派手目のものを選びます。また、非常に流行に敏感で、その時はやっている可愛いファッションアイテムをメインに使ってファッションを楽しんでいます。短パンなど肌が見えるような服を着るときには、もちろんムダ毛を処理しているのが可愛い毛男子です。

あくまで中身は男子なので人によっては体毛が濃く、ムダ毛処理をしてもすぐに毛が生えてきてしまうかもしれませんが、可愛いを追求してムダ毛を処理する姿を想像すると、男子からは単純に「凄い」の一言しか出ないでしょう。

顔、髪型、ファッションすべて可愛いを意識している可愛い系男子は少し離れたところから見れば完全に「女子」なわけです。完全に女子だと思ってみていた人が男子だと分かった時、男子からすれば少しがっかりするかもしれませんが、それほどクオリティが高いということも言えます。

可愛い系男子が好かれる理由

なぜ可愛い系男子というジャンルの男子が存在しているのか?そこには必ず「好かれる理由」があるはずです。それに自分自身もある程度自分のことを分かっていないと新たなジャンルのファッションなどをしないと思います。それも少し「いいな」と思っているから新たなファッションスタイルに挑戦するのです。

ここからは可愛い系男子が世の中から支持され得る理由、好かれる理由を見ていきましょう。

ギャップ

普段は可愛いファッションや顔をしているだけあって、ふとした時に見せる男らしさに女の子はギャップ萌えをしてしまうようです。

可愛い系男子からするとしぐさや見た目をできるだけ可愛くしたいと思うところでしょうが、やはり男性なので完璧な可愛さを追求することは難しいのかもしれません。しかし、それが結果としてギャップ萌えを生んでいるのだとすれば結果オーライなのかもしれません。

顔がきれい

先ほども書いた通り、可愛い系男子は毎日スキンケアを欠かさないほか、化粧もするので顔立ちは中性的で非常にきれいな顔をしています。中性的な顔立ちの男性がモテる傾向がある現代の流れに乗った顔立ちであると言えるでしょう。また、ムダ毛処理も徹底しており、足もとてもきれいです。

また、可愛い系男子と女性が友達であれば、スキンケアの話やファッションの話など共通の話題を作りやすいというのも大きなポイントの1つです。

笑顔がほほえましい

見た目が可愛ければ普段のしぐさも可愛いというのが可愛い系男子。普通の男性ではなかなか素直に笑顔になれないような場所でも、可愛い系男子であれば自然な笑顔を作り出せるため周りがほほえましい気持ちになることは間違いありません。

「笑顔が嫌い」という人はなかなかいませんので、可愛い系男子による笑顔で、より楽しいひと時を過ごせるかもしれません。

褒めるのが上手

まるで女性のような見た目をしているため、女性の可愛いものやオシャレなものにはとても敏感です。一緒に行動していて特に話題がない時なども、自分の身に着けているものや町にあるものを「かわいい!」と褒めてくれて自然なコミュニケーションが生まれます。

自分のものや見た目を褒めてくれることは非常にうれしいことですし、自然な流れで会話の話題を作ってくれるというのは非常にポイントが高いのではないでしょうか?

マイナスに捉えられる所

人は誰でも「みんなから好かれる」というのは非常に難しい、不可能に近いものです。可愛い系男子も同じようにみんなから好かれるということはできません。また、強い特徴を持つ可愛い系男子は周りからの好き嫌いというものは非常にはっきりと表れます。

それでは可愛い系男子のマイナスにとらえられる部分は、いったいどこなのでしょうか?5つのポイントから紹介したいと思います。

男らしくない

「男なのに可愛い格好をする」というのが可愛い系男子の大きな特徴ではあるのですが、それは男子からも女子からも一定の人からすれば、マイナスな部分として捉えられてしまいます。

男なのに男らしくないからあまり好きじゃない、となると存在そのものを否定されているような気もしますが、それはしょうがないこととして捉えるのがいいのかもしれません。

可愛さアピールがうざい

可愛い系男子は可愛いを常に追求しているので、普段から可愛いしぐさをしていまいます。普段から可愛いしぐさをしていると、時には周りからいい印象を持たれない場合もあります。

可愛い系男子は名前のとおり可愛いので、自分のことを褒めてほしい女性、可愛い系男子のことをあまりかわいいと思っていない女性からすれば、可愛いしぐさをする可愛い系男子はすこしウザイと思ってしまうのかもしれません。

時には周りの目を気にして可愛いと思っているしぐさを控えるのは、周りと仲良くなるチャンスを広げるのかもしれません。

なよなよしてる

可愛い系男子が可愛いと思ってやっているしぐさは、時には周りから「なよなよしている」と思われているかもしれません。女性がやれば自然で可愛いしぐさも、可愛い系男子がやると不器用であまりいい印象を与えられないかもしれません。そのことから周りからは「なよなよしている」と思われるのだと思います。

また、小さなことでもいじけてしまったり泣いてしまう、という行動もあまりいい印象ではないでしょう。小さなことでなよなよしていると友達からは、あまり一緒にいたくないな…と思われてしまうでしょう。

メイクのやりすぎ

可愛い系男子のメイクは非常にうまいのですが、今までの常識的に「男子はメイクをしない」と思っていますので、実際にあってメイクをしている男子を見ると少し「えっ」と思ってしまうんですね。しかも可愛い系男子のメイクは結構がっつりメイクをすることも多いので、ちょっとやりすぎかな…と思われることもあるようです。

メイクをしていると「もっとこうしたい」「こうすればもっと可愛くなるかも」となってついついメイクが濃くなってしまう気持ちもわかるのですが、時には自分のメイクを見直してあまり濃くなっていないか注意する必要があるかもしれませんね。

相性が良い女性

可愛い系男子も中身は「男子」ですので、恋愛対象が女子で、実際に恋愛をしたいという可愛い系男子もたくさんいます。しかし、先ほどの項目にもあったとおり人は誰でも万人受けするわけではないので、パートナーとする相手の相性をしっかりと見分けるのが大事になってきます。

それでは、可愛い系男子が恋愛を成功させるための相性がいい女性の条件というのは何なのでしょうか?3つのポイントから見ていきましょう。

姉御肌の女性

姉御肌の女性というのは、どちらかというと男子を守ってくれるので、マイナス部分にあった「なよなよしている」というのも気にしない女性です。また、可愛い系男子が姉御肌の女性に甘えても、すんなり受け入れてくれるでしょう。

自分のマイナス部分を否定せず、甘えたいときには甘えることができるというのは非常に相性がいいとみていいでしょうね。

包容力がある女性

若い女性には少ないですが、自分より年上の女性に多い「包容力がある」女性。包容力がある女性の多くは男子から、甘えてほしいと思っているはずなので、甘えたい可愛い系男子との相性はぴったりです。甘えるほかにも、多少のわがままなら、可愛いなと思って対処してくれるはずです。

しかし、注意したいことの1つとして、男性側からは「甘えすぎない、わがままを言いすぎない」こと女性側からすれば。「甘やかしすぎない」というのが長続きする秘訣かもしれません。どちらかに依存しすぎると世間からは「ダメ男」と判断されるかもしれませんからね。

ぐいぐいリードしてくれる女性

可愛い系男子は女性的なので、女子をリードするのは少々苦手です。なのでぐいぐいリードしてくれる女性というのは相性がいいんですね。ぐいぐいリードしたい女性がたてたデートプランを、可愛い系男子はすんなり受け入れるので、デート中の大きな喧嘩というのはなかなか起きないと思います。

ただ一つ注意点として、リードしてくれる女性にあまり甘えすぎるのはよくないということです。あくまでも「リードするのが好き」な女性ですので、必要以上に甘える行為は嫌われてしまう原因の一つになってしまうかもしれません。

まとめ

可愛い系男子という新たなジャンルの男子は、多くの人から受け入れられる非常にいいタイプの男子であることは間違いありません。ただ、中にはやりすぎるメイクや、やりすぎのしぐさで、周りから嫌な目で見られてしまうかもしれません。

しかし、人間である以上、一定の人から嫌われるというのは当然のことなのである程度振り切って生活してみるのが快適に生活するためにはいいのかもしれません。

また、時には自分のメイクやしぐさを見つめなおして、やりすぎていないか確認することで、周りとの距離が疎遠にならないようにすることも大切です。何をやるにしても「ほどほど」が大事になってきますね。

相性のいい女性に関しては、正直あまり意識していなくても友達として成立していることが多いのではないかと思います。可愛い系男子は可愛いものが好きですが、それは女性も同じです。共通して同じものが好きである以上、お互い意識せずともいいパートナーであることは多いはずです。

結論を言うと、可愛い系男子は周りから見て非常に好き嫌いが分かれるということです。あまり嫌われることを意識して、「本当になりたい自分になれない」というのは非常にもったいないことだと思います。本当に自分のなりたい姿になって一定多数の人から認められれば、それでいいのではないでしょうか。

可愛い系男子にあこがれる男子は一度、理想の可愛い系男子になれるようにチャレンジするのはいいことだと思いますし、可愛い系男子と友達になりたい女性は、勇気をもって一声かけてみると、いつかその出会いから何かが生まれるかもしれませんね。


スポンサーリンク