Home / 恋愛 / 別れ / 彼氏と別れたい…別れるべきかを見極める方法と上手な別れ方まとめ

彼氏と別れたい…別れるべきかを見極める方法と上手な別れ方まとめ

今付き合っている彼氏と実は別れたいと思っているあなた、結論を早まらずにちょっと冷静になって考えてみましょう。別れたいと思うのは何故でしょうか?別れたいという思いの裏にはそれなりの理由があるはずですが、1つの理由ばかりではないはずです。

彼氏との今後の関係を考えると、別れるべきなのか今のままの方が良いのか、見極めることが大切でしょう。その上で本当に別れたいと思うのであれば、後引く別れではなくお互いが納得の上で上手に彼氏と別れたいですよね。そのちょっとした見極めや別れ方のコツを伝授します。

スポンサードリンク

「彼氏と別れたいけど言えない」理由

彼氏と別れたいのになかなか相手に言えないのは、経験したことがある人も多いでしょう。自分から思いを伝えることは、とても勇気がいることですよね。では、どんな理由があるのでしょうか。

思い入れや情がある

ある程度付き合っている彼氏だと、好きというジャンルの気持ちよりも一緒にいることが自然な関係になってきます。別れたい気持ちがあるのに言えないのは、人間としての情がわいており別離を言い出しにくいということもあります。

また、申し訳ないという気持ちもあるため別れたいという思いが言えず一歩が踏み出せないのです。

嫌いになった訳ではない

転勤などで遠方に引っ越すことになるなど、何らかの環境の変化のために別れを余儀なくされる状況もあります。また、付き合ううちに考え方や価値観の違いなどが分かってくると、付き合っていくのがしんどくなってきます。

嫌いになった訳ではないけれど、男女として付き合う関係を保つのが難しい場合に、別れを選択したいのですが、言い出すタイミングと勇気がいるのです。

相手を傷つけたくない

自分から別れを言い出すのは勇気がいりますよね。別れを切り出したところで、彼氏には大小の差はあってもショックを受けるはずです。自分にもけじめをつけないといけないのに、傷つけたくない思いからなかなか別れを切り出す踏ん切りがつかないのです。

長く付き合っている

付き合いが長いカップルは、別れてまた戻ってを繰り返すカップルもおり、別れを切り出してもまた元サヤに戻ったりと思ってしまいがちでしょう。関係が長いからこそ別れることはなおさら簡単ではないと思うため、言いだしにくいのです。

次の出会いがあるか不安

別れてしまったら次の新しい出会いがあるのだろうかと不安になる人も多いでしょう。20代の若い頃なら出会う可能性はまだありますが、30代からはぐっと出会いの確立は減ります。

今の彼氏と別れるともう出会いがないんではないかと不安になるため、別れを切り出せないのです。

彼氏からの愛情が強い

自分は冷めていても彼氏の愛情が強すぎると、別れを切り出した後の彼氏の相当なショックと、後々のストーカーなどを想像してしまいます。男女の縁故関係による怖い事件も多いですから、別れを切り出すのは慎重になってしまうのです。

本当に彼氏と別れた方が良いのか見極める方法

彼氏と別れたいと思っていても、本当にそれでよいのかと一旦は戻して考えてみることも大切でしょう。そこで、別れた方が良いのか見極める方法をご紹介します。

しばらく連絡を取らないようにする

1つは、彼氏としばらく連絡を取らないで過ごしてみましょう。頻繁に連絡するのが当たり前になっていれば、その有り難さも分かります。連絡を取らなかったら彼氏が恋しくなるようであったら、別れない選択が妥当でしょう。

反対に、連絡を取らなくてもその方が自分らしく過ごせるようであれば、別れる選択が良いと考えます。

“彼との結婚生活”をイメージしてみる

彼氏と別れたいのであれば、逆にもし結婚したら、という状況を想定して結婚生活をイメージしてみましょう。結婚生活は生活感覚や価値観が似ていると想像しやすいですが、あまりにもかけ離れているとイメージしにくいものです。

彼の魅力を冷静に考える

自分と一緒にいない時の彼氏は生き生きとしていますか?彼女の前では他と違う態度であったり、振る舞いがころころと変わる人はあまり信頼できないでしょう。

彼氏の良いところを、客観的にみて冷静に魅力を分析することも大切です。

自分が変われるところを見つける

別れたい原因は彼氏でしょうか?実は、自分が原因のことも多くあります。彼氏に対する自分の言動や行動も、振り返って反省してみると、意外と自分の良くない点もみつけることができます。相手のせいにせず、自分を振り返ることも大切でしょう。

彼氏と気になるところを話し合う

別れたいと思うようになった自分が気になる点や原因を、自分の中だけで考えるのではなく彼氏にも伝えてみましょう。その気になるところをお互いが話し合うことが必要です。彼氏は違った考えを述べてくれるかもしれませんし、独りよがりでない方が賢明です。

自分にとって1番大切なことは何かを考える

彼氏と別れることを考える時に、何を重視して別れたいのかを考えてみましょう。好きではないから別れたいのか、自分の夢などを追いかけるために恋愛は二の次であるのか、など別れたい原因の大事なところがしっかりと分かっていることが大切でしょう。

 

次ページ:「彼氏と円満に分かれる方法」

彼氏と円満に別れる方法

よく考えた上で彼氏と別れるべきと思って伝えても、彼氏が首を縦に振らない場合もあります。そういう状況も予想して、できるだけ自然な形で別れることができる方法を取りましょう。

自分からできるだけ連絡を取らない

自分から連絡を取らないことで彼氏はますます追いかけてくる可能性もありますが、自分から音信不通になることも1つの別れる方法です。彼氏からの連絡にも素っ気なく答えると愛情が薄れたと彼氏は感じるでしょう。

わがままに振る舞って彼氏を困らせる

彼氏に対して気遣いができる女性はますます好かれるでしょう。彼氏と別れたいのであれば、どうしようもないわがまま女を演じて、彼を困らせてしまいましょう。彼氏はわがまま女と付き合うのに嫌気がさして、別れやすくなる可能性大です。

冷たく接してショックを与える

大好きな彼女に冷たくされたら、彼氏はショックです。自分との温度差を感じてしまい、ぐいぐいと迫ってくることもないでしょう。ですが、中には“イヤよも好きのうち”と誤解する楽天的な男性もいるため、これは彼氏のタイプによって使い分けることが必要な方法でしょう。

「他に好きな人ができた」と告白する

彼氏以外の好きな人がいると正直に告白することは、一番納得して別れることができるでしょう。ただしかれしは相当なショックをうけることになります。その際には、彼氏のプライドを傷つけないように、彼氏のことも好きだけどもっと好きな人ができたということを伝えると、受け取る気持ちが違うはずです。

別れ話を切り出す前に気を付けておくべきポイント

別れ話を出す前に、唐突にではなく順序や伝え方というものもあります。そこで、気を付けるべきポイントがとっても大切です。

別れの理由をはっきりと伝える

ただ別れたいから別れよう、では相手は理由も分からず困惑します。別れを切り出す前に、最近のお互いの様子から徐々に話していき、別れ話へ流れをつなげることが大切です。

別れたい理由はうやむやにせず、はっきりと伝えることで相手にも真剣に響きます。

お互いが納得する“話し合いの場”を持つ

一方的に別れたいという思いを伝えるだけであると、勝手に別れを決められて相手は憤りを覚えるはずです。お互いが納得して話し合いの場を持つことが後々まで響くこともなく、本当に大切です。

「好きではない」ことを知らせる

自分を少しでも好きであるなら別に別れる必要はないのではないかと思われがちです。彼氏と別れたいのであれば、本当に1㎜も彼氏を好きでないことをはっきりと知らせることがポイントでしょう。

まとめ

別れたい気持ちはあっても、別れは相当な決断ですから勇気がいりますよね。自分の今後が見通しがつかずになかなか踏ん切りがつかない人でも、別れたい気持ちが決まっているなら彼氏に上手く切り出してみましょう。

別れ話はいいものではなく、人間同士ですから多少のこみ入った話し合いにはなるでしょう。ですが、自分の譲れないところをしっかりと持って彼氏と話し合いをしてみると、きっと良い方向に話を持っていけるでしょう。

スポンサーリンク