Home / カップル / 彼氏 / 彼氏を重いと感じてしまう時と対処方法

彼氏を重いと感じてしまう時と対処方法

takebe160224540i9a0512_tp_v1

恋愛は楽しいことばかりではない、そんなふうに考えてしまったことはありませんか?付き合っている期間に関係なく、時々は彼氏のことを重いと思ってしまうこともありますよね。どんなときに彼氏を重いと感じてしまうのか、その理由と対処方法を考えてみましょう。

付き合い始めたばっかりの頃は楽しかったやりとりも、段々と相手の気持ちが重く感じて萎えてしまう。そして彼氏との関わりが面倒になってしまい、好きだった気持ちも……。そんなふうになってしまったら、残念ですよね。

重いと感じてしまう理由は人それぞれですが、それほど多くの原因があるわけではありません。原因が限られているということは、対処方法もある程度は分かるということ。ここでは彼氏が重いと感じてしまう人たちへ、対象方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

彼氏を重いと感じるとき

a0001_017457

あなたが彼氏を重いと感じるときは、どんなときでしょうか? 恋人になる前、恋人になった直後にはあれほど好きだった彼氏が、どうして重く感じてしまうのか。まずは、世の女性たちはどんなときに彼氏を重いと感じてしまうのか、その例を紹介していきます。

メールや電話の頻度や内容

頻繁なメールや電話は、お互いの時間を大きく削ってしまいます。しかし連絡を取ろうとする側は自分で時間を見つけて連絡が取れますが、もう一方は連絡を受ける事が先に分かっていない限り、何か別のことをしている筈。

恋は盲目というように相手のことが好きで好きで仕方がないという時期ならともかく、少し落ち着いてきた頃には一定の距離感も欲しいものです。そんな頃に頻繁なメールの受信や電話の着信を受けてしまうと、鬱陶しく感じても仕方ないところではあります。

ほかにも、その内容も重要です。話したいことがあるならまだしも、用もないのに何度もメールを送られてきたら辟易してしまうのも当然です。話を長引かせないために寝落ちを装って無視してしまった経験、あなたにもありませんか?

愛情表現

カップルなら愛情表現があるのは当たり前ですが、その表現方法にも重いと感じてしまうことはあります。軽いスキンシップならいざ知らず、直球で単純な愛の言葉を一日に何度も言ってきたりしたら……それだけで、重いと感じるには十分な理由です。

日本人には、日頃から「愛している」と恋人に伝える習慣がありません。にも関わらず、分かりやすいそのままの言葉で繰り返し愛を示してくる男性は少し注意すべきです。彼はもしかすると、自分の愛をあなたが受け止められるかを無意識で「試して」いるのかも。

実家に連れて行きたがる

結婚を前提にしたお付き合いなら避けては通れない道ですが、しかしなにかと実家に連れて行きたがる男性は怪しいところがあります。将来の家族として自分の家族と仲良くしてほしいのかもしれませんが、女性としては重いですよね。

また、本人に自覚があるのかはさておき、結婚を急いでいる可能性もあります。その場合、彼は実家に連れていく以外にも、結婚を仄めかすような別の行動を起こすことも。それもまた、女性にとっては重いと感じることが間違いありません。

選択を迫ってくる

デートの行き先を決めるときや、休日の予定を尋ねてくるとき、毎回のように選択を迫られると辟易してしまいますよね。「○○なんてどう?」と聞かれても、それは嫌だと答えれば印象が悪いし、かと言ってOKを出すにはあまり自分の好みとは違っていたり。

頻繁に選択を迫ってくる男性の多くは、質問をする際に相手の事情をあまり考えていない傾向が強いです。最後の判断は任せたんだから自分が押し付けてはいない、なんて考えていることも。そういう場合、どんどん選択を迫る頻度が高くなってしまうこともあります。

過度に心配される

体調が悪いときや、急な地震などで不安になったとき、彼氏が心配してくれると嬉しいですよね。しかし、それがあまりに過剰だと嬉しさも薄れていってしまいます。ただの風邪なのに大袈裟に心配されたり、連絡を取るだけじゃ満足せず家まで来てしまったり……。

心配してくれることはもちろん嬉しいことですが、限度があるのもまた事実です。大丈夫だと伝えても引き下がらないようだと、もしかすると恩を売ろうと企んでいるのでは、と疑ってしまいます。中には、心配されすぎて体調が悪くなってしまう人も居るのだとか。

高価なプレゼント

誕生日やクリスマスなど、イベントに合わせてプレゼントを用意してくれる彼氏は良い彼氏と言えます。しかし、そのプレゼントが身の丈に合わないほど高価なものなら、一気にそれは重たい贈り物になってしまうでしょう。

愛情を伝えたいがために高い物を贈ろうとする気持ちは、確かに悪いものではありません。だからと言って、あまりに高価なプレゼントを贈られても、受け取る側にしてみれば重いと感じてしまうのも仕方ありませんよね。

高いプレゼントを貰うと、同じくらいの値段で自分もプレゼントを贈るべきなのかと考えてしまい、彼氏の誕生日に無理をしてしまう女性も珍しくありません。

束縛ややきもちが激しい

友達とのメールや通話を確認しようとしたり、彼氏以外の男性と話している姿を見ただけで嫉妬したり。束縛は適度なら恋人関係のメリハリとして役に立ちますが、それが激しくなると最早、日常生活への妨害にまで発展してしまいます。

恋人と言えど、二人は互いに一人の人間。それぞれに人間関係があって、必要以上に口を挟む権利は誰にもありません。それでも自分のことを束縛してくるような彼氏なら、それは重いと思ってしまうのも当然のことです。

重いと感じる彼氏の特徴

shinjyuku-kabuki20140921225442_tp_v

ここまで紹介したような彼氏の行動は、いわゆる「重い彼氏」によくある行動です。では、重い彼氏にはどんな特徴があるのでしょうか。自分の彼氏があてはまるのかどうか、確認してみるのも良いのではないでしょうか?

これに当てはまったからと言って、重い彼氏=悪い彼氏、というわけではありません。しかし、重い彼氏は取り扱いに注意が必要なのも事実です。ここからは、重い彼氏の特徴について、いくつか紹介していきます。

連絡がマメ

連絡がマメで、事あるごとにメールを送ってきたり、電話をかけてきたりするのも特徴の一つです。頻繁に連絡をとろうとする理由は人によって様々ですが、なににせよ、相手の都合で一日に何度も時間を取られてしまうというのは困りものですよね。

単純に話がしたいのか、それとも相手が何をしているのか知りたいのか、相手の行動を束縛したいのか。連絡の理由によっては、会話の中でトラブルが発生することも少なくありません。

愛情表現が過剰

愛情表現、と一言で言っても、その表現方法には色々なものがあります。それこそ日頃のスキンシップから、贈り物などまで様々です。ですが、それらの愛情表現が過剰なことも、重い彼氏の特徴だと言えるでしょう。

なにかにつけてプレゼントを用意したり、しつこいほど「愛している」と伝えてきたり、やたらに手の込んだ演出でサプライズを仕込んだり。過剰な愛情表現を行う男性は相手に自分の愛を伝えるというより、愛情表現を行うこと事態が目的になっていることもあります。

収集癖がある

コレクター気質の人は自分の所有物に対する執着心が強く、その感覚が家族や恋人にも及ぶことが多々あります。もちろん、収集癖のある男性が全員そういうタイプだとは限りませんが、可能性が高いという点では注意が必要です。

また、恋人をも所有物として見てしまうタイプの男性は、相手を思い通りにしようと考える傾向があります。もしも彼氏があなたのファッションや趣味にも口を挟んでくるようなら、少し様子を見て彼の支配欲について見極めた方が良いかもしれません。

几帳面

几帳面というと、真面目で誠実なイメージがあります。しかし、度を越した几帳面な性格には少し問題が出てきます。それは、まじめな振舞いに対して「こうするべき」「こうしなければいけない」という思い込みが染み付いている可能性があることです。

他人と付き合うという行為は、異なった価値観を受け入れるということでもあります。しかし、こういった強迫的な几帳面さを持つ人は、自分の価値観が強すぎて、恋人の価値観を受け入れられないことが多いのです。

そんな男性の場合、恋人に対して自分の価値観でルールを作り、行動を縛ってしまうことも少なくありません。

嫉妬深い

よく、男の嫉妬は醜い、なんて言葉を耳にしますが、やはり嫉妬深い男性には注意が必要です。独占欲が強く嫉妬がちな男性は、恋人が男友達と会話したり連絡を取るだけでも不機嫌になってしまったりもします。

まだ男友達に嫉妬するなら可愛い方で、中には、恋人が自分以外の誰かと会いに行くだけでも嫉妬して、行動を制限してくる事も。ここまで来ると、重いという言葉で片付かなくなってきてしまいます。

世の中には、嫉妬深い男性に束縛されて人間関係が壊れてしまった女性も、少なくありません。

彼氏を重いと感じたときの対処法

saya072155409_tp_v

彼氏のことが重いと感じても、どうせなら良い付き合いに戻りたいと思うのはおかしなことではありません。一度は好き合った恋人同士、少しのすれ違いで別れてしまうのはもったいないですよね。

ここからは、彼氏を重いと感じたときの対処方法について紹介していきます。今、自分の彼氏を重いと感じてしまっている方は、これらの対処法を試して関係を良好にしてみるのも良いでしょう。

受け入れる限界をきめる

相手のことが好きだからと言って、なんでもかんでも受け入れられる人はそう居ません。自分でここまで、というラインを決めて、それ以上はきちんと断る線引きもときには必要です。

単にあなたの事が好きで重たい彼氏になってしまっている男性なら、ちゃんと理由を説明して断れば理解してくれるはずです。二人で互いの許容範囲を共有して、理解を深めるのも恋人の関係には重要と言えます。

自分の気持ちを伝える

重いと思われるほど過剰に愛情表現を繰り返す男性は、自分が本当に好かれているのかという不安を拭うために躍起になっている可能性があります。こちらから気持ちを伝えてあげれば、その不安を取り除いてあげられるかもしれません。

誰であろうと恋人に好かれたいと思うのは当然のことです。日頃からお互いに自分の気持ちを正直に伝えていれば、不必要な不安を抱くこともなく、円満な関係を築くことができる筈。大事なのは、大袈裟に飾り付けない好意ということですね。

一度距離をおく

理由はどうあれ、重い、と思われるような行動を取る人は視野が狭くなっていることが少なくありません。一度距離を置くことで頭を冷やし、冷静な判断ができるまで落ち着くこともときには必要です。

距離をおいてそのまま疎遠になってしまったら、という心配もあるかと思いますが、お互いに苦しいままに関係が続くよりは、一度離れてでも改めてお互いを見つめ直す方がいくらか良いと言えます。そうすれば、自ずと二人の距離はまた元に戻る筈です。

話し合う

お互いの気持ちや考えを理解するためには、やはり面と向かって話し合うことも重要です。会話を通じて不安や焦りを解消し、適切な距離感を掴むことが出来れば、その後の関係も良いものになること間違いなしです。

このとき大事なのは、相手の話を遮らずにきちんと話を聞くことです。このルールをお互いに守って話し合える関係なら、きっと良好な恋人関係を取り戻すのも決して難しくはないでしょう。

彼氏を安心させる

重い彼氏の多くに共通するのはやはり、恋人が本当に自分のことを愛しているのか不安に思っているということ。だからこそ、鬱陶しいと思われてしまうほどに色々と手をこまねいて気を引こうとしてしまうのです。

それなら、彼氏に対して行える対処は「安心させる」ということに落ち着きます。彼氏の抱いている不安を杞憂だと納得させられるように、言葉や行動で彼氏のことを安心させてあげましょう。

いくら重くても、彼氏はあなたのことが好きだからこそそうなってしまっている筈です。

まとめ

pak86_bardeno14181907_tp_v

重い彼氏の特徴とその対処方法、いかがだったでしょうか? 心当たりのあるシチュエーションや、試してみたくなる対処法がいくつか見つかった方も居たのではないかと思います。

ここで紹介した対処方法が、彼氏を重いと感じてしまい悩んでいる方の役に立てれば幸いです。また、自分が重い彼女になっていないか心配な方も、重い彼氏の特徴を参考に自己分析へ役立てていただけるかと思います。

恋人関係で重要なのは、お互いのことを理解し尊重することです。ぜひ、この記事を参考に、より良い恋人関係を築いてください。

スポンサーリンク