Home / 恋愛 / 彼氏と喧嘩をした時に早く仲直りする方法と別れに繋がる行動

彼氏と喧嘩をした時に早く仲直りする方法と別れに繋がる行動

彼氏と喧嘩をしたことがありますか。喧嘩をした後はどのような解決法をとっているのでしょうか。喧嘩をこじらせて別れを選んだという人もいるのかもしれません。ここではそのような、彼氏と喧嘩をした時に早く仲直りする方法と別れに繋がる行動についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

早く仲直りする方法

自分から謝る

男性はプライドが高い人が多くいます。そのプライドを傷つけないように、そして、関係を悪化させないように自分から謝ってしまうという手があります。自分が悪くても悪くなくても謝ってみると、彼の方もすんなりと謝ってくれるかもしれません。お互いに歩み寄りの姿勢というのも必要なのかもしれません。喧嘩をこじらせて長い時間休戦状態では関係も危うくなってしまいます。

ルールを作っておく

例えば、喧嘩の次の日には喧嘩の大なり小なりに関わらず仲直りをするという、ルールを作っておくと良いのではないでしょうか。喧嘩をした日は、どっぷりと嫌な気持ちになったり、ネガティブな感情に浸ったり、相手を非難したりしても良いけれど、次の日には必ず話をして気持ちを切り替えるというルールを作っておくと、お互いの信頼や愛情は途切れることがないのではないでしょうか。時間を区切ってお互いに気持ちを整理するということも喧嘩をした際には必要なことなのかもしれません。

喧嘩の原因をよく考える

喧嘩の原因をよく考えることが先決です。何がきっかけで喧嘩に至ったのでしょうか。自分で気が付くような原因もあれば、気が付かない原因もあることでしょう。原因を解明しなければ、また同じようなことで喧嘩になるということもあるかもしれません。喧嘩の種をみつけて、今後お互いに気をつけることも必要になるのではないでしょうか。

距離を置いてみる

少し落ち着いて客観的に冷静に見てみるということも必要になるかもしれません。喧嘩をしたときや、その直後というのは頭に血がのぼって冷静な状態ではなく、柔軟な考え方ができなくなっていることがほとんどだと思います。お互いに冷静になって見つめてみるということも必要です。少し距離と時間をおいて冷静になってみるというのも必要かもしれません。

お互いの身になって考えてみる

相手の立場になって考えてみるというのも必要なことでしょう。相手は何を思って発言したのかとか、どうしてそのような行動をしたのかを相手の立場になって考えてみましょう。もしかしたら、相手の気持ちを理解できるかもしれません。状況を理解して初めて相手の気持ちを理解できるということもあります。お互いの身になって考えてみるというのも思いやりなのかもしれません。もう一度お互いのことを思い合うことを思いだすことも大事です。

落ち着いたらよく話し合う

喧嘩をしているときはネガティブで感情的になっているものです。そういったときに話をしても、進展や良い方向に向かうことはできません。お互いがイライラしていなかったり、心身ともに疲れていないときに話をしましょう。仕事や学校、その他のことで気持ちの余裕が無かったり、体力を使って疲れている時には話をしても良い方向に導かれません。心に余裕がない時には相手の言葉が心に響かないことも沢山あります。ポジティブに考えられる状況の時にお互いの気持ちを出し合って話し合いをしましょう。そうすれば、お互いの悪い点も理解して次につなげることができるのではないでしょうか。

ポジティブになれる環境にいる

ポジティブでないときに喧嘩をすることが多いような気がしませんか。落ち込んでいたり、イライラしていたり、心がざわついていて落ち着かなかったりと、マイナスの感情が渦巻いている時には、相手に優しく接するということができないということがあります。自分の気持ちの持ちようで相手に優しくできたり、言葉を選んで対処できたりするのに、ネガティブな状況だとそれができないということがあります。いつもポジティブな気持ちで入れる環境を自分で作っておくということが、喧嘩を少なくしたり、早く相手を想って仲直りすることができることに影響していると思います。自分の気持ちが良い状態をつくっていくことや、ネガティブな感情が起こっても切り替えられる術を持っていると、喧嘩を回避できたり、早く仲直りをできるようになるのではないでしょうか。

この際きちんとけりをつける

喧嘩をしたのであれば、とことんそのことについて話し合いをして、お互いの悪い点について話し合うという機会にするというのも良いかもしれません。なかなか普段は言い出せないような不満であったり、嫌なことについてとことん話し合うというのも良いでしょう。話し合いをせずに毎回同じようなことで喧嘩を繰り返しているときには、良いきっかけとなることでしょう。態度で分かってくれるだろうというのはよくありません。人間は言葉にしないと伝わらないことがありますし、言葉で伝えた方が相手の気持ちをダイレクトに知ることができます。言葉で言いたいことを言うということも恋愛には必要なことでしょう。

愛情表現も忘れずに

喧嘩はお互いのすれ違いによって起こってしまうものですが、付き合っている者同士ですから、お互いに好きな人のはずです。喧嘩をこじらせてしまって取り返しがつかなくなる前に、良い思い出や相手の良いところを思い返して、どちらが悪いにせよ、謝るついでに愛情表現の言葉をかけるくらいの余裕があると良いのではないでしょうか。

信頼できる人に相談する

信頼できる人に相談するということも良いかもしれません。人それぞれ違った恋愛をしてきたのだと思います。そういった色々な経験をしている人で、自分が心から信頼している人に相談してみるというのも、喧嘩の糸口が見つかるかもしれません。自分でも気が付かなかった点を指摘してくれたり、良い方向に導びいてくれるかもしれません。

自分の気持ちで解決できる

喧嘩というのは二人の人間が意見の相違や、感情のぶつかり合いで起こるものです。それを解決するのは、常にそれぞれの人のプラスの感情ではないでしょうか。マイナス思考であれこれと考えては、解決ばかりかその糸口さえも見えてこなくなります。自分の気持ちの持ちようで、「こんな喧嘩、たいしたことない」とか、「こうしたらうまくいくのではないか」というプラスの感情があってこそ喧嘩は解決するのでしょう。自分のポジティブでプラスのイメージがお互いの関係性をも良くしていくのではないでしょうか。ネガティブに考える二人では暗い方向にしか物事が進まなくなります。信頼関係を築いていくためにはお互いに明るく楽しくいられることがベストでしょう。

別れに繋がる行動

感情的になる

喧嘩をした時というのは、お互いに感情的になっているものです。感情的になっている状態で話し合いをしたり、解決することというのは難しいものです。又、感情的になっていると、火に油を注いだ状態にもなりかねません。冷静になって相手を思いやるという行動に移さない限りは喧嘩別れになることもあるでしょう。自分はこれから相手とどのような関係を続けたいのかとか、相手をそもそもどのように想っているのかを再確認しないと分かれに繋がる場合があることでしょう。

ずるずると喧嘩を引っ張る

自分が悪くないとか、相手の態度が悪いといったことで喧嘩が解決せずに、ずるずると冷戦状態が続くというカップルもいることでしょう。しかし、ずるずると喧嘩を引っ張るというのは解決にはなりません。そうしているうちに時間が経って自然消滅や喧嘩別れになってしまうこともあると思います。喧嘩はお互いを知る良い機会と思って、早めに解決して仲の良い状態に戻れないと、付き合っていることが息苦しくなってきてしまいます。喧嘩するとなかなか仲直りできないというのは別れの原因になりかねない問題になるかもしれません。

昔の喧嘩をほじくり返す

昔の喧嘩をほじくり返して、更に関係が悪化するということもあるでしょう。まさに火に油を注ぐという言葉がぴったりかもしれません。喧嘩をしていると昔の喧嘩の時の気持ちがリフレインして感情が抑えきれなくなるなんてことがあるかもしれません。今回の喧嘩に必要のないことまで持ち出してしまったら収拾がつかなくなります。そういうことの繰り返しで別れに繋がってしまうこともあります。

子供みたいに言い訳ばかりする

自分を正当化して、自分は悪くないとばかりに、子供みたいに言い訳をする人がいます。それで自分が納得できれば良いのですが、そのことに疑問が残ったり、自分は悪くないのにどうして謝らなければならないのかという感情が渦巻いていたら、それは精神的に良くありませんし、その後も再び喧嘩をした際に同じことを繰り返す可能性があります。自分の理屈ばかりを通そうとする人であれば、それ場自分本位なのではないかという感情が芽生え、別れに繋がってしまう可能性があるのではないでしょうか。

音信不通になる

喧嘩をするといつも音信不通になるという人もいることでしょう。電話が通じなかったり、メールやラインの返信が無かったりと、一切の連絡が取れないという経験をしたという人もいるのではないでしょうか。少し距離を置きたいのかもしれませんが、相手の真意が分からずに取り越し苦労をかけることもあります。向き合うことが面倒臭かったり、非難されるのが嫌だったり、プライドが傷つけられるのが怖かったりするのかもしれませんが、音信不通というのはどのように判断すればよいのか困ってしまいます。無言というのは何の意思表示がないということです。そういうことが原因で別れるというカップルもいるのではないでしょうか。

泣いてばかりいる

女性にありがちな行動が、喧嘩をすると泣くというものです。その喧嘩した時に感情的になって泣くというのは分かりますが、ずっと泣いてばかりで話ができない状態でいると、相手もげんなりして引いてしまいます。喧嘩するとすぐに泣くとか、ちょっと言った一言を気にして泣くというのは、相手にするのが疲れてしまうということがあると思います。涙は女の武器と言いますが、泣いてばかりで話ができないと喧嘩の解決の糸口が見えてきません。そういった態度も喧嘩から別れに繋がってしまうかもしれません。

謝り方が心がこもっていない

謝り方が心がこもっていないとか、どこか投げやりな態度をとっているという場合は愛想が尽きることもあることでしょう。その場しのぎで誤れば良いのでしょといった態度では相手に誠意が伝わりませんし、ただでさえ気持ちが落ち込んでいるのに更に気分を損ねます。謝るときは相手が快く理解してくれるようにとか、相手にも自分の気持ちを冷静に理解してもらえるように、という気持ちで謝ることがベストなのではないでしょうか。投げやりに謝っても、自分のことを理解してくれていないとか、想ってくれていないと思い、逆に関係性を悪化させてしまうなんてことが起こってしまうかもしれません。

喧嘩を公にする

喧嘩を公にするのは止めた方が良いでしょう。自分たちの関係の中で起こったことに対して、周りの友達や知り合いに愚痴りたくなる気持ちは分かりますが、どういった内容で喧嘩をしたのかや、相手がどういった態度でいるのかや原因を周りに知られてしまうと、自分の評価も下がってしまいますし、そういった目で周りの人から今後見られてしまう可能性があります。喧嘩を公にしても解決にはなりません。自分にとってもマイナスの影響が出るかもしれませんし、そういったことが原因で別れることになる可能性もあるのではないでしょうか。

まとめ

彼氏と喧嘩をした時に早く仲直りする方法と別れに繋がる行動についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。喧嘩は一時の出来事です。それをどのように解決に導くかは自分たち次第でしょう。良い方向に導きたいのであれば、ポジティブに考えることも必要です。その喧嘩があったからこそ、お互いを知ることができたということや、更に仲が良くなったということに繋がれば、喧嘩も無駄なことではないはずです。恋愛をしていれば色々な悩みがあることでしょう。それをどのような方向に持っていくかは、それぞれの心持ち次第です。喧嘩もしあって、お互いに成長しながら、素敵な恋愛をしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

社会人は恋愛難?社会人と学生の恋愛における7つの違い

現代の社会人は恋愛難だとよく言 …