Home / カップル / 彼氏 / 彼氏が欲しいと切に思った時に絶対に彼氏を作るための行動手順

彼氏が欲しいと切に思った時に絶対に彼氏を作るための行動手順

彼氏が欲しいと思ったら、自分から探さなければなかなか出来ません。向こうから出会いがやってきた人もいるけれど、あらかじめその人は出会いの多い場所に出向いて、人と知り合ったり仲良くなって彼氏が出来ました。人に会わないと恋愛は始まりません。

スポンサードリンク

確実に彼氏が欲しい時

彼氏が欲しいと切に願うのであれば、順を追った行動をすれば出会いの可能性は高くなります。でも彼氏探しに必死になるとうまく会えないことも多いので、焦る気持ちはあるけれど気を楽にして探していきたいですね。

1.合コンや飲み会など人が集まる場所に出かける

友達や会社の飲み会にはできる限り顔を出しましょう。新しい出会いもあるかもしれませんし、会社の人の意外な一面も見れて好きになることもあるかもしれません。

合コンにも抵抗が無ければ行ってみてください。最近は地域が主催するものもあり、安心して行きやすくなりました。必ずしも相性のいい人がいるかはわかりませんが、色々な人に合わないと、ぴったりな彼氏に出会えません。チャンスがあれば何度でも行ってみてください。

最近はSNSなどネットで出会った人と付き合ったり、結婚したりすることは当たり前になってきています。だからインドア派の人でもチャンスは増えました。外に出向くよりは内向的な印象がありますが、アウトドア派の人でもSNSを使うことはよくあるので、色々な人に出会えます。

2.出会った人と連絡先を交換する

合コンなどで気になった人がいたら、連絡先は交換しておきましょう。メールなどのやり取りをしていくうちに、だんだんと興味を持ってくることもあります。特に好きだなと思えない人でも、最初は多めの人とやり取りしてください。意気投合して実際にデートのチャンスもありますよ。

もしメールが途切れてしまっても落ち込みすぎないで、次を探してください。一度失敗すると次も失敗するかもと弱気になりがちですが、人と会わないと恋愛は始まりません。

3.デートの機会ができたらしてみる

電話やメールのやり取りが活発になってきたら、デートに誘ってみてください。女性から誘いにくいと思う方もいると思いますが、もたもたしていると、彼が誰かに取られてしまうかもしれません。男性から誘う方が長続きするという、恋愛マニュアルもありますが、恋愛は十人十色で人の数だけ違います。

それに失敗しても、やり直せばいいだけです。また候補探しをはじめからすれば、そのうち会うことはできます。失敗したからといってあなたに魅力が無いわけではありません。一度や二度の失敗で嘆いていては、彼氏も出来にくくなります。ダメな時は相性が悪かっただけなので、そのうち相性のいい人にも会えます。

4.いつもよりもオシャレにしてデートへ

デートの約束が決まれば、服装や化粧などに工夫してみてください。過剰にこだわるとキリがないので、自分の気持ちが盛り上がるくらいで大丈夫です。女性はおしゃれをすると気分が上がり自信が出ます。新しい服を着るとワクワクしますよね。

自信が出るとデートでもそれほど緊張せずに、行けると思います。初めてのデートの場合は無難な服装がおすすめです。おしゃれに詳しい友達などに助言を聞いて、コーディネートしてみてくださいね。

5.デート中に大切なこと

初めてのデートだと少しは緊張してしまいますね。でも緊張しないようにしようと思うと、さらに緊張してしまいます。だから最初のデートは緊張して当たり前と思って、気にしないで行ってみてください。逆に慣れた感じだと男慣れしているように見られてしまいます。緊張している方が初々しい印象を与えます。

それに相手もあなたと同じように緊張しています。お互いガチガチでデートも進まない時もあるかもしれませんが、そんな時はあなたが緊張をほぐすように面白い話題を振るとか工夫してみてください。

6.デート後の付き合い方

一度のデートで今後を判断するのは難しいけれど、明らかに相手と合わないと感じたら、無理して付き合う必要もありません。一度でもデートした人と離れるのは寂しいけど、恋愛は自分が楽しいと思えなければ続ける意味がありません。

ちょっとでもいいなと思えたのなら、お付き合いを続けてみてください。人と人とは長く付き合っていくうちに愛着がわいてきます。それで長く縁が続くこともありますね。

デート後に相手から連絡が来ない時もある

初めてのデート後からすぐに音信不通になる人もます。ちょっとでも愛着のある人から連絡がなくなるのはショックですよね。でも音信不通になる人は、自分からあなたと付き合えないと言えない臆病な人。そんな人と仮に恋人になったとしても、後々面倒な事になることもあります。

言いたいことは、はっきりと言ってもらいたいですよね。言いにくいことから逃げて音信不通になるような人に見限られても、そんなにショックを受けずに次を探してください。

妥協して嫌なことがある人と長く付き合わない

恋愛中は相手の短所がそれほど気にならないこともあります。恋をするとその人にフィルターがかかって、ひどい人でも良い人に見えてしまいます。だから結婚後その短所ばかりが目立って、嫌になってしまうことも。結婚前は両目でしっかり相手を見て、結婚後は片目をつぶって相手を見なさいという言葉もあるとおり、お付き合いの時には相手のことをよく見る必要があります。

好きだからという気持ちでフワフワしてしまい、相手を観察するのを怠ると後々辛い思いをしてしまいます。

男の人を見る目は少しずつ養われるから、お付き合いに失敗しても大丈夫

付き合った人が最悪な人だったりする場合もあるでしょう。恋愛経験が少ないと、変な人に引っかかってしまいます。でもその経験があるから、次からは変な人に引っかかりにくくなります。恋愛を重ねるうちに、男性を見る目は養われてくるので、だんだんと良い人を見つけやすくなります。

なかなか見つからないときは

どんなに頑張ってもいい人に出会えない時もあります。どんなに魅力的な人でもそういう時はあります。縁やタイミングなどもあるので、彼氏探しに疲れたら、少し休むのも大切です。一旦忘れて別のことをやってるうちに、気になる人が出てくることもあるので、天に出会いを任せてみるのもいいと思います。

彼氏を作ろうとあまり必死にならないのも大切

彼氏を作ろうと必死になるほど、なかなか出会えなかったり、出会えても相性がイマイチだったりします。探すのをやめた時にいい出会いがあったりもするので、敢えて積極的に作ろうとせず、女子力を高めつつ好きなものに集中するのがいいと思います。自分を磨いておくと出会いがあった時にも慌てる必要がありません。

普段から女性らしさを忘れずに生活をしていきましょう。趣味や好きなことに熱中するのもその人を輝かせてくれるため、やりたいことがあるならどんどんチャレンジしていきましょう。趣味関係でバッタリと理想の彼氏に出会えるかもしれませんよ。

スポンサーリンク