Home / 未分類 / 憧れの外国人の彼氏、実際のお付き合い事情

憧れの外国人の彼氏、実際のお付き合い事情

近頃は日本もインターナショナル化が進み、街中で外国人をよく見かけるようになりました。それに伴い、日本人&外国人の国際的カップルも急増しています。あなたの周りでもこのような国際的カップルが一組、二組はいらっしゃいませんか?

恥ずかしくなる位の甘くて濃厚な愛情表現、お姫様気分になれる完璧なレディファースト、街中で聞く男女の流暢な英会話。どれも女性なら一度は憧れたことがあるシチュエーションですよね。

しかし実際にお付き合いとなると、言葉の壁や文化の違い、結婚手続きの難しさなど、大変なこともたくさんあるようです。
今回は外国人男性と日本人女性のカップルを焦点に、実際にお付き合いするとどんなメリット、デメリットがあるのかをいくつかご紹介していきます。

スポンサードリンク

彼氏が外国人のメリット

couple-1363969__1801

愛情表現が濃厚で甘い

隣で聞いてる人も思わず照れてしまうような甘くて濃厚な愛情表現は、外国人男性だからこそ成り立つ表現方法と言えるでしょう。

人目を気にせず大胆なスキンシップや「世界で一番美しい」「愛している」などの愛の言葉を日常的に伝えてもらえます。初めは少し恥ずかしいと思うかもしれませんが、徐々に慣れてくると大きな安心感や幸福感を感じるようになるでしょう。

これを一度経験してしまうと、もう日本人男性では物足りなくなるかもしれませんね。

お姫様のように扱ってくれる

日本では「亭主関白」という言葉があるように、一歩引いて男性を立てる女性が美しいという風潮が残っていますが、海外では「力の弱い女性こそ守るべき」という考え方からレディファースト文化が定着しています。

荷物を持つ、ドアを開ける、椅子を引いてくれるなどの些細なことでも、とことん彼女の為にエスコートくれますので、お姫様になったような気分を味わえます。

外国語が上達する

常日頃から生きた外国語を隣で聞けるわけですから、自分で気づかないうちに自然と語学の勉強が出来ているようなものです。

同じ学ぶにしても教科書やテキストとにらめっこして学ぶのではなく、それを母国語としている人の生きた言葉で学べます。その為、発音も同時に習得できる上に日常会話で覚えることが出来るので使いやすく上達も早いです。

日本男児より紳士的

casal-1724694__1801

先にも記述しましたが、亭主関白が美徳の日本人男性に比べて、海外ではレディファースト文化が定着していますので、男性は女性を常に優先しエスコートしてくれます。

当然これは彼女や妻に対してだけではなく全ての女性に対しての対応ですので、もしあなたに外国人の彼氏が出来たら、あなただけではなく周りの友達や家族にも紳士的に対応してくれます。

「素敵ね!」「羨ましい!」と、友達からの評判もすごく良いことでしょう。

イベントが盛大

日本でもバレンタイン、ホワイトデー、クリスマス、ハロウィンなど、一年を通して様々なイベントが行われていますが、元々日本は無宗教なので、そのほとんどは外国から伝わってきた風習です。

日本は商業的な観点からイベントを盛り上げている部分がありますが、その土地の風習や宗教行事で行う本場では、日本に比べてより本格的で盛大に行っています。

また外国では、特別な日ではなくても友人を自宅に招いてホームパーティなど、頻繁にみんなで集まって楽しい時間を過ごすほどパーティ好きの人が多いので、外国人の彼氏を持つと、その国でしか味わえないイベントの醍醐味を経験することが出来ます。

外国からみた日本の評価がわかる

例えば海外の人のハグやスキンシップにように、日本人にとっては思いもよらないことが海外では日常的であるのと同じで、外国人から見た日本人にも驚きの習慣があるのは当然のことです。

外国人の彼氏を通して、日本独特の風習や文化を再確認することが出来たり、反省すべき点を見直すことによって、自分の国をもっとよく知ることができ、より愛着が湧くようになるのではないでしょうか。

ケンカになりにくい

couple-1502624__1801

日本人同士のケンカになると、言葉の選び方次第で火に油を注ぐ結果となり、余計にヒートアップしてしまったという経験がありませんか?

お互いの母国語が異なると、相相手に自分の気持ちの細かい部分までは表現しにくかったり、相手の言葉も全ては理解できなかったりして、些細なことなら「まぁいっか」と受け流すことも出来ます。

また国や文化の違いも大きいので、意見や考え方が食い違っても「文化が違うのだから仕方ない」と相手に歩み寄ることも出来ます。相手を思いやることで大きなケンカにならずに済むことが多いようです。

自立した関係を維持できる

外国人の多くは、大学入学や勉強のため、年齢も比較的若いうちから親元を離れて日本に渡ってきています。それだけでも決断力、行動力があり、しっかりとした印象を受けますよね。中には学費のためにバイトを掛け持ちしながら学校に通っている人もたくさんいます。

海外には日本に比べて自立する時期が早い国が多いです。
若いうちから遠く離れた他国で自立している男性とお付き合いをすれば、自分もしっかりしなくちゃ!と自然と意識も高まり、お互いに自立し合った良い関係を保っていくことができるでしょう。

彼氏が外国人のデメリット

argument-238529__1801

言葉の壁でコミュニケーションに苦労する

母国語が違うと語学の勉強になるなど色々なメリットがありますが、逆にこれが障害となることもあるようです。

大切な出来事や話し合いをする時に、細かい部分まで伝えきれなかったり、自分の話を相手がきちんと理解してくれているのか、また相手の気持ちを自分はきちんと理解できているのか不安になることも…。

時間をかけて丁寧に説明をする、語学の勉強に力を注ぐなどして解決策を探りましょう。

文化の違いで衝突

国によって様々な文化や風習がある為、生活習慣や考え方などもそれぞれ違います。日本人にとって常識的なことも外国では通用しないということも数多くあります。

例えばヨーロッパの地域に住んでいる人は、シャワーを浴びるのは週に一度ほどなので、どれだけイケメンでも近寄ると強烈な匂いを発して目を背けてしまうなんてことも有名な話です。毎日お風呂に入る日本人からするとなかなか許しがたい習慣ですよね。

このような文化の違いは生活していく中であちらこちらに散らばっていますので、一緒にいることが徐々に辛くなってくるかもしれません。

相手の国の文化や風習をきちんと理解し受け入れていくことが大切です。

人前でも時間とか関係なくキスしてくる

omar-medina-films-1612679__1801

外国人男性からの甘くて濃厚な愛情表現は嬉しい反面、場所や時間帯などによっては恥ずかしすぎたり、迷惑でやめてほしい場合もあります。

彼にとっては自分の体に根付いた風習なので、悪気はないのでしょうが、日本ではどうしても真昼間から人前で…となると、周囲から冷たい視線を送られたり、気持ち悪がられたりと、あまり良い印象は持たれません。

「嬉しい気持ちはあるけれどここではやめてね」など、相手を傷つけずに説得するようにしましょう。

日本人同士の友達付き合いが希薄になる

外国では、恋人ができたら友人との遊びの場へ同伴させることが多いですが、日本では友人と恋人は別と考える人も珍しくありません。

彼氏の気持ちを考えると、友人との集まりに1人で行くのは申し訳なさがあるし、かといって連れて行っても、友人たちがどう思うのか気になり楽しむどころではなくなってしまうかもしれません。

例え友人が快く受け入れてくれても、言葉の壁につまずいて徐々に彼氏が孤立してしまい、「こんなことなら初めから来なければ良かった」と後悔してしまうかも…。

相手を知るための勉強に時間を取られる

彼氏が出来たら「生まれ育った町はどんなだろう」「どんな生活をしていたのかな」など、相手のことをもっと深く知りたいと思いますよね。彼氏が外国人であれば、その土地の風習や雰囲気などを想像するのが難しい分、余計に興味が湧いてくるのではないでしょうか。

より深く相手を知るためには、言語や国の文化など学ぶことがたくさんあります。しかしその国に慣れ親しんでいない日本人にとっては、その国の文化どころか、言語を覚えるだけでも相当な苦労をし多くの時間を費やしてしまいます。

かなりの努力が必要だと思いますが、彼氏とのコミュニケーションを濃厚にする為にもここは頑張りたいところですね。

意思表示をしっかり行うことに疲れる

日本ではどちらかというと良い意味で使う「謙遜」「遠慮」などの言葉ですが、外国には本心の裏にある言葉という概念がありません。

嬉しい時は体いっぱいで素直に喜びを伝え、気に入らないことがあればストレートに言葉をぶつけてきます。余計な謙遜は返って相手の言葉を否定することになり、失礼と取られることもあるほどです。

そして面倒なことに同様の対応を彼女にも求めてきます。彼氏にとってはそもそも言葉の裏を読む概念がないので、ここは合わせないと仕方のないことですが、意思表示をしっかり行うことに、時には疲れてしまうことがあるかもしれません。

そんな時は少し考え方を変えて「裏表がない素直な人なんだ」と思うことで、気持ちが楽になることもあるのではないでしょうか。

愛情表現が重たい

takebe20160224294812_tp_v1

外国人男性特有の大胆なスキンシップや甘くて濃厚な愛情表現はとても魅力的ではありますが、これに慣れていない日本人にとって、あまりに度が過ぎると重たいと感じるようになってきます。

そしてこれに対しても同様の愛情表現を彼女に求めてきますので、元々愛情表現に関して淡白な日本人にとっては、一緒に居ることを徐々に苦痛に感じて来るケースも多いようです。

家族交流が面倒

外国では結婚の重要性が日本に比べて低く、籍を入れず事実婚で暮らしているカップルが多いです。その為、日本では結婚してから家族付き合いが始まる事が多いのに対し、外国では付き合い始めた時から家族に紹介され、毎週家族で集まる場に参加するようになるのが一般的です。

言葉もよくわからないのに、慣れないうちから家族ぐるみの生活を余儀なくされるのは、相当な気力と覚悟が必要かもしれませんね。

周囲からの偏見を感じる

多数決主義の日本では、増えてきたとはいえどもまだまだ珍しい国際カップルに対して、残念ながら偏見を持つ人もいます。

「彼氏は外国人」と公表すると、「素敵!」など羨望の眼差しを向ける人もいれば、「大丈夫なの?」「お金目当てじゃないの?」など疑いの目を向ける人も少なくありません。これは彼氏の周囲からあなたに向ける目にも同じことがあるとも言えるでしょう。

お互いが愛し合い、信頼し合っているのであれば、この程度の障害はなんともないと思いますが、周囲の偏見と向き合う覚悟はしておいた方がよいでしょう。

結婚手続き・諸手続きが面倒

日本人同士の結婚でも色々と手続きが面倒ですが、これが国際結婚となると、ビザ申請や各種証明書の発行など更に何倍もの手続きが必要となり、難易度も上がります。

有料で国際結婚手続きのサポートサービスを行っている会社もありますが安い金額とは言えません。

あまりの手続きの難しさに、なかなか結婚に踏み切れないカップルも多いようです。

帰国などの際に費用や時間がかかる

日本でも沖縄出身と北海道出身の人がカップルとなれば、帰省に時間とお金がかなりかかりますが、外国人と日本人のカップルになると桁違いで、単なる帰省ではなく海外旅行といっても過言ではありません。

万が一のことも考えて、急に帰国しなければならなくなった場合はすぐに対応できるように、日頃からまとまった金額を準備しておく必要があります。

また結婚して相手の国に嫁いだ場合など、そう簡単には日本の家族に会うことも難しくなりますので、少し寂しい思いをすることも覚悟しておかなければいけませんね。

まとめ

couple-1502625__1801

いかがでしたでしょうか?傍目に見れば憧れの国際カップルですが、実際にお付き合いをするとなると色々と考えなければいけないことも多く、一筋縄ではいかないかもしれません。

外国人と付き合うと経験出来る素敵なメリットが、時には我慢ならないデメリットに変わってしまいます。
大切なのは自分の気持ち。同じ内容でも自分がそれをメリットと感じるか、デメリットと感じるかです。

「国が違えば文化や価値観も異なる」ことを理解してお互いに尊重し合い、相手の国の文化や風習を楽しく学んでいくことで、よりよい関係が築いていけるのではないでしょうか。

お互いの想いが強く揺るぎないものならば、数々の困難も乗り越えていけるはずです。
お二人に幸せな未来が訪れますように…。

スポンサーリンク

Check Also

その視線の意味とは?見つめてくる男性の心理を理解して意中の相手をゲットしよう!

気が付くと男性から見つめられて …