Home / 恋愛 / 心理 / 突然彼氏が甘えてきた!彼氏が甘えてくるときの心理と女の子の対処法

突然彼氏が甘えてきた!彼氏が甘えてくるときの心理と女の子の対処法

自分だけに見せる素の顔で、甘えてくる彼氏。人前ではそんな素振りもないのに、2人でいるときだけ甘えん坊になる。あなただけに見せる特別に可愛い姿。そんな彼氏に覚えはありませんか?

もしくは、そんなに甘えてくれないので、もっと彼氏に甘えて欲しいと望んでいるかもしれません。今回は、彼氏が甘えたくなる彼女の特徴や、甘えたくなる瞬間、その彼氏の心理状態と、甘えられた時の対処法を具体的にまとめてみました。

スポンサードリンク

甘えてくる彼氏の心理と女の子の対処法4選

付き合っている彼氏の心理は、もっとも彼女が知りたいものではないでしょうか?甘えてくる彼氏は、一体どんな心理でやっているのか?にスポットを当ててみました。また甘えられた時、どう反応するのが1番ベストなのか迷う時もあるかもしれません。そんな時の対処法もまとめてご紹介します。

1.大好きな彼女に触れて「癒し」が欲しい

甘えん坊の彼氏は、ボディタッチや密着を求めてくることも。柔らかくて大好きな彼女に触れることで、癒されるのでしょう。とにかく構って欲しいのです。手を繋ぐ、抱き付く、膝枕を求めるなど、彼女に好きだからこそ触りたいのです。

疲れている時は少し離れて欲しいと思うかもしれませんが、自分への愛情故に触ってくるのだと充分理解し、「ごめんね、今日は疲れているの。でも貴方のことが大好きな気持ちに変わりない」と抱き締めて伝え、彼が安心できるようにしてあげましょう。

2.「ダメな自分」も含め丸ごと受け止めて欲しい

社会に出て大人になるにつれ、自分の駄目な部分も分かってくるものです。長所も欠点も理解した上で、自分を受け入れてくれる存在はとても貴重です。そんな彼女がいるだけで、彼氏は自信に繋がるのです。

1人の全てを受け入れるのは容易ではないかもしれませんが、彼氏のプライドを傷つけないようにすることが肝心です。喧嘩した時、甘えん坊の彼氏は拗ねて、余計に子供のように感じるかもしれませんね。最初から大きな子供がいると思って、大きく構えることが大切です。

3.ささいなことでも褒められたい

大好きな彼女に褒められると、とにかく嬉しい甘えん坊の彼。隙があればいつでも、褒められたいと思っています。彼氏の自信になり喜ぶので、彼女もやぶさかではないでしょう。些細なことでも「貴方のここが良い」と言ってあげると良いでしょう。ただ、褒めるのが義務になると疲れてしまいますね。

おすすめは、互いに互いの良い所を褒め合うように普段からしておく事です。愛情も深まり彼女の負担になりにくいでしょう。

4.絶妙に叱って「上手く背中を押して」欲しい

察するのが難しいかもしれませんが、「絶妙に叱って欲しい・尻を叩いて欲しい」と思っている時もあります。注意したいのは本気で、すごく叱って欲しいわけではないのです。間違っても彼氏が落ち込むほど、できない理由を詳細に述べて追い詰めてはいけません。

「貴方なら大丈夫!きっとやれるよ」「最後にはちゃんとできるんだから、そろそろ本気の実力出してみたら?」など、彼のヤル気を上げる言葉をかけて、徐々に背中を押してみましょう。

 

次ページ:甘えたくなる彼女の特徴と彼女に甘えたくなる瞬間

彼氏が甘えたくなる彼女の特徴4選

男性は誰にでも甘えたいわけではなく、実は甘えたい人を選んでいます。リサーチしてみると、彼氏が甘えたくなる共通点が見られました。そんな思わず甘えたくなる彼女の特徴を4つご説明します。

1.甘える自分を受け入れてくれる優しさを持っている

甘えたくなる女性の条件に、「優しい」をあげる声が多数見られました。甘えるにしても、相手が受け入れてくれて初めて成り立つもの。男性は意外に繊細で臆病な一面があります。彼氏側が甘えると、「重たい」「甘えられすぎると少し疲れる」「むしろ自分が彼氏に甘えたい」という感想を持つ女性もいます。

甘えても撥ねつけられるリスクがある女性には、最初からいきません。きつい反応をする人より、相手を傷つけない優しい人は、男性に好かれやすいです。「彼女なら優しいから甘えても受け入れてくれそう」と思う女性にこそ、甘えたがりの男性は心の門を開くのです。

2.姉御肌で頼りがいがある

周囲の人が困った時や、助けを求めた時、手を差し伸べて力になれる「頼りがいがある女性」は、甘えん坊の男性に好かれやすい傾向があります。一般的に場を仕切れるリーダータイプだったり、芯の強い姉御肌だったりします。

男性が弱っている時に頼っても、決して折れない力強さがあり、むしろ引っ張って行ってくれる頼もしさを持った女性は、彼氏が安心していつでも甘えられる魅力があります。また時に甘えられるだけでなく、背中も押してくれるので、良いメリハリがあるでしょう。

3.面倒見がよく世話好き

甘えたがりの彼氏は、必要以上に世話を焼いて欲しいと思う人も多いです。普段から家族や友人の面倒見がよい女性は、語らずとも外見の雰囲気に出てきます。また長年ペットを飼っており、世話をするのが好きで慣れていたりします。長女で、弟妹の面倒を見る習慣がついている女性も中にはいるでしょう。

このように相手の世話をするのが苦にならず、肝心な要所でフォローできる女性は、彼氏も甘えたくなりますね。ただし、細かいところまで面倒を見すぎて、彼氏が何もする必要がないのが当然になると、浮気の危険性があるので、気を付ける必要があります。

4.男性に対する許容量が大きく「包容力」がある

頼りがいがある、面倒見が良い人にも共通する点がありますが、甘えたがりの彼氏は、やはり「男性に対する許容量が大きい」女性を好んで選びます。

たとえば男兄弟の中で育ってきたので、「男性」と言うものが元々分かっており、変に夢を見ていない女性は、許容量が広かったりします。所謂男性に「王子様」を求めていないタイプと言えるでしょう。

また、元々の気質が母性的で包容力を感じさせる女性は、許容量が広めです。少々彼氏が突飛な行動をしても、優しく見守り、見捨てることはありません。彼氏になって甘えても大丈夫だと思える女性は、すぐ男性に幻滅したりせず、時に淡々と、時に優しく彼氏を受け入れるのです。

彼氏が彼女に甘えたくなる瞬間5選

甘えん坊の彼氏は、甘えるのが元々好きなのもありますが、そんな中でも特に甘えたくなる瞬間があります。男性が女性に甘えたいと思う気持ちが特に強くなる瞬間を、リサーチしてみました。彼氏の甘えたくなる瞬間を上手くキャッチし、今以上に彼氏の心を掴んでみましょう。

1.上手くいかず落ち込んでいる時

男性は時にナイーブな一面があり、誰かの一言で容易に傷ついたりすることも。特に頑張っている仕事でミスをしてしまった、また思うように結果がでないと落ち込みますよね。その他、よくある人間関係で悩んでいる時や、成長したいのに焦るばかりで不安になっているなど、落ち込む時があります。

傷ついた時、信頼できる彼女に寄りかかって甘えられると、彼氏のおおいな力になるでしょう。

2.体調不良で心細いとき

発熱したり、風邪をひいたりした時、助けて欲しいし誰かに頼りたいと思うのは自然でしょう。弱っている体調不良の時は、素のままの状態で、いつものように格好つけたりはできないものです。しかしそんな時でも、安心して甘えられる彼女だと特別です。思うように身動きがとれない時、色々面倒を見ると、彼氏と心強い絆が生まれるでしょう。

3.「隣にいてほしい」ひとりで寂しいとき

男性は女性と比べると「寂しい」を思う割合が多いです。特に甘えん坊の彼氏は「さみしがりやさん」が多いもの。気ままに1人で、ずっとはいられません。孤独を感じる時、そばに大切な彼女がいてくれると、寂しさが満たされるでしょう。

4.仕事に追われ心も身体も疲れているとき

日々の仕事で、人と競争し戦っている男性は、ストレスを抱え何かに癒されたいと思う時があります。甘えん坊な彼氏は、彼女の優しさや包容力に甘えることでストレスを解消し、いわば心のバランスを取っているのです。励ますばかりではなく、仕事や人間関係で疲れた気持ちやささくれ立った心を、そっと受け止めて癒してあげましょう。

5.承認欲求を満たしたい時

誰かに認められたい、男としてのプライドや自信を満たしたい瞬間が男性にはあります。仕事で成功する、出世する、高評価が得られる、趣味が上達するなども男性の承認欲求を満たしますが、常に簡単にできるものではありません。

そんな時、彼女に甘えることで男性は承認欲求を満たすことができます。自分を決して拒否したりせず認めてくれる、笑顔で受け入れてくれる女性は、確実に彼氏の特別な人になれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?いつも甘えてくる彼氏の心理状況や具体的な対処法、また甘えたくなる瞬間を、シーン別にご紹介しました。

彼氏が甘えたがりなのは、貴方に心を許し信頼している証拠です。どの甘えん坊の彼氏にも共通することは「拒否せず批判せず、優しく受け入れる」ことが、肝心ですね。また本記事で、甘えん坊の彼氏が自分のどんな部分に惹かれているのか?も分かり、少しでも貴方の自信に繋がれば幸いです。

スポンサーリンク