Home / 未分類 / 誕生日の彼を喜ばせよう!プレゼントとサプライズのすすめ

誕生日の彼を喜ばせよう!プレゼントとサプライズのすすめ

せっかくの誕生日。彼氏に忘れられない素敵な日を過ごしてほしいですよね。

本記事では、彼氏が欲しがるプレゼントや喜ばれるサプライズの演出についてお伝えします。

スポンサードリンク

彼氏が欲しがる誕生日プレゼントとは

男性へのプレゼント選びに頭を悩ませる女性というのは少なくはありません。

なぜかというとメンズアイテムを扱っているお店というのがレディースショップよりも少ないからです。

ファッションやアクセサリーなど、普段使うものでもメンズよりもレディースの方が充実しているため女性からすれば選ぶ幅が狭いのです。

そのため自分のものを選ぶのとは勝手が違い、どう選んだらいいのかが分からないのです。そんな女性たちでも彼氏の誕生日プレゼントで失敗しないためのポイントをいくつか紹介していきます。

彼の趣味にそったグッズを選ぶ

男性が持つ趣味というのはこだわりが強い傾向にあります。

例えばゴルフが好きな人に対してゴルフバッグをプレゼントしたとしても、その容量やデザインなどから使い勝手が悪くて素直に喜べなかったり、釣りが好きな人に対してルアーをプレゼントしても「これでは釣りたいものを釣ることができない」など、プレゼントしても逆に困らせてしまう場合が多いのです。

男性は趣味にはしっかりお金をかけたいという人も多いので、女性がプレゼントをするというのは避けた方が良いでしょう。

プレゼントで選ぶべきは「趣味にそったもの」です。

趣味にものを選ぶのではなく、それに関連するものを贈るのです。

例えばスポーツをするのが趣味な人であればタオルをプレゼントしたり、プラモデルを作ることが好きな人であればそれを飾るオシャレな棚をプレゼントしたりするのです。

関係ないようで実は関連性があるというものであれば邪魔になることもなく喜んでもらえるでしょう。

ビジネスシーンに役立つもの

スーツやネクタイなどはビジネスにおいてきちんと選んでいる人が多いでしょう。

そのためその人の好みもありますし、女性からすればどのようなものを選べばいいのか分かりません。

なのでプレゼントで選ぶべきは男性がつい安物で済ませてしまいがちなものです。

仕事をする上で必要なボールペンなどはつい100円くらいのものやもらったもので済ませてしまう人も多いでしょう。そんな人に高級なボールペンをプレゼントすると、仕事に対してやる気を出すようになります。

リラックスグッズ

ストレス社会にもまれながら毎日仕事を頑張っている男性を労うグッズです。

クッションのような形のマッサージグッズやリラックス効果のある入浴剤などはなかなか自分で買おうと思わない人が多いため、プレゼントとして贈ると喜ばれます。その他にもマッサージ店で使えるギフト券などもおすすめです。

 

高級なお酒

普段は自分で買わないようなお酒をプレゼントするというのも大人ならではの趣向です。

本当はビールが飲みたいけれど発泡酒で我慢している、高級なワインが飲みたいけれど安物のワインで我慢しているというような男性はたくさんいます。

ボーナスが出たときなどのたまのご褒美に自分にお酒を買う人もいますが、決して頻度は多くはないでしょう。

そんな男性にはお酒のプレゼントがおすすめです。相手の好みに合わせることが必要なので事前に聞いておいたり、一緒に飲みに行って好みのお酒をリサーチしておくようにすると良いでしょう。

ただお酒をプレゼントするというだけではなく「一緒に飲んでお祝いしよう」というと素敵な時間もプレゼントすることができます。

実は効果的なのが「プレゼントは私」

一番安上がりな方法ではありますが、実は男性が1度は経験してみたいと願うのが「プレゼントは私」というシチュエーションです。

裸にリボンを巻けということではありませんが、自分のために大好きな彼女が時間をくれるというのは彼氏にとっては喜ばしいものです。そのためどうしても彼氏へのプレゼントが決められなかったという女性は、自分と過ごす特別な時間をプレゼントするという方法を考えてみるというのも1つの手です。

実際に私はこれを試してみたことがあります。結婚2年目の主人は何を聞いても「欲しい物はない」の一点張りだったのでプレゼントに困っていた私は、自分と過ごす特別な1日をプレゼントすることに決めたのです。

普段は化粧をしない私ですが、久しぶりにおめかしをして主人をデートに誘いました。

近場のショッピングモールを手を繋いで歩き、カフェでランチを楽しんで、午後からは映画を観ました。そして夜には主人の大好きなオムライスを作り、一緒にバースデーケーキを食べました。

たったこれだけのことですが、子どもが生まれてからはなかなかできなかったことなのです。

この日ばかりは祖父母に子どもを預けて、1日だけ夫婦の時間を過ごすことにしました。

主人はなんだか若返ったように喜んでいました。何をしていても幼い我が子のことを気にかけなければならない生活だったので、純粋に夫婦の時間を楽しむことができたことに喜びを感じていたようです。

Time is money.というように、時間というのはとても大切なものです。どんな高価なプレゼントにも変えられないほどの価値を与えてくれる場合もあるのです。そのためプレゼントを買うことばかりに着目するのではなく、時間をプレゼントするということにも目を向けることをおすすめします。

誕生日はサプライズ!派手にお祝いして喜んでもらおう

毎年訪れる誕生日ですが、1年のうちでもっとも記念すべき日だと言っても良いでしょう。

たくさんの人に祝ってもらい、また1つ大人になったことを喜ぶ特別なものです。そんな大切な日を一生忘れられないような思い出にしたいとパートナーであれば思うものです。どうやってお祝いすれば喜んでもらえるかということに着目してサプライズのアイデアをいくつか紹介していきます。

ベタだけど素敵なレストランでお祝いする

夜景の見えるレストランや普段はなかなかいけない少し上品なレストランなどは特別感を演出することができます。

一番景色のいい席を用意してもらうなどすれば、まるで夢の中のような世界を味わうことができるでしょう。サプライズに協力的なお店も多いので、ぜひお店の人にも協力してもらうようにしましょう。

内緒でケーキを運んできてもらったり、場内の演奏をバースデーソングにしてもらったり、また他のお客さんに協力を得てみんなで拍手を送ったりなどもとても思い出に残る演出となります。

10代や20代という若さでこれをやってしまうと緊張して食事がのどを通らないという場合があるので、こういった雰囲気にも自然と馴染めるようになった大人になってから試みることをおすすめします。

ガッカリさせてから喜ばせる

せっかくのバースデーなのに仕事がどうしても休めないなどの理由をつけて、当日会えないという設定にしましょう。

相手は「仕事なら仕方がない」と思いながら心のどこかでは悲しみとショックでいっぱいになっています。そんなガッカリした状態に突然お宅訪問をするというサプライズです。会えないと思っていた人が会いに来てくれるというのはプレゼントよりも嬉しいものです。

天国と地獄のどちらも見せるような形にはなってしまいますが、このギャップが思い出として心に残りやすくなるのです。

ただ注意点としては、この「会えない」という事実をあまり事前に知らせないということです。早めに知らせてしまうと、相手は別の予定を立ててしまう恐れがあります。そのためできれば当日のドタキャンにした方が効果的です。

サプライズムービーを制作する

今や自分でムービーを制作するのも難しくはない時代です。

友達に協力してもらったりして素敵なバースデームービーを制作しましょう。

それを出先のお店などで放映してもらうとよりサプライズ感が強まります。自分でどうやって作ればいいのか分からない、またそんな時間もないという場合には業者に依頼するのがおすすめです。

結婚式の余興ムービーや企業のPRムービーなどに特化した制作業者がいくつもあります。サンプルビデオなどを参考にして業者を決め、打ち合わせをすることで世界に1つしかないオリジナルのムービーを作ってくれます。

お金はかかりますがクオリティが高く、DVDという形で記念にも残るのでプレゼントの1つとして贈るというのもおすすめです。実際に私は主人のバースデーでこのサプライズを実行しました。

私は自分で動画を作ることができなかったので、業者に依頼して制作してもらうことにしました。作ったのは静止画などを素材にして作る一般的なムービーではなく、パラパラ漫画にストーリー性を持たせたものを作ってもらいました。

2人の出会いから今に至るまでの経緯を簡潔にまとめ、最後にはありがとうの感謝の気持ちをメッセージに加えてもらいました。このDVDをディナーの予約をしているお店で流してもらいました。私たちだけではなく他のお客さんも動画に釘づけでした。

たった3分程度のものでしたが、お店からは大きな拍手が起こり、目の前にいる主人は涙で目を真っ赤にしていました。結婚式をしていない私たち2人だからこそ、こういった特別感や周りから祝福されるということにとても大きな喜びを感じたのです。

それから数年たった今でも、あの日のことは忘れられないと主人は言っています。

生きている間であれば毎年訪れるバースデーですが、何度経験してもやはり特別なものです。どんな方法でお祝いをしてあげれば心に残るのか、感動してもらえるのかということを考えると、1人の力だけでは難しい場合もあります。

そんなときには家族や友達などの身近な人に協力をしてもらったり、出先のお店に協力をしてらもうというのが効果的です。

たった1人の特別な人に祝ってもらうというのももちろん嬉しいことなのですが、祝ってくれる人が多ければ多いほど嬉しいというのもまた事実です。素敵な1年をスタートさせるためにも、最高の演出でお祝いをすることを考えましょう。

大切なのはプレゼント選びだけではありません。記憶に残るバースデーというのはもらったものだけではなく、どのような時間を過ごしたかということにあります。

毎年盛大にお祝いをするというのは準備も大変なのでいつもはシンプルなお祝いだけれど、節目の年くらいは盛大にお祝いをすることを考えるのがおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

是非素敵な誕生日を過ごしてください。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …