Home / カップル / 彼氏に怯えるあなたへ!彼氏が怖いと思った瞬間と対処法14選

彼氏に怯えるあなたへ!彼氏が怖いと思った瞬間と対処法14選

彼氏を怖いと感じたことはありませんか?大好きだけど、彼氏にどう思われているのか、何を考えているのかが分からない。時々、何か気に障ったことを言ったかな?と不安になる表情をする。

ピリピリとした不機嫌オーラを彼氏から感じて、何だか落ち着かない。彼氏から無言の圧力を感じて、言う通りにしないと怖いと思う時がある。そんな時はありませんか?

本記事では、そんな彼氏の特徴や怖いと思った瞬間、怖い彼氏への気になる対処法などを具体的にまとめてみました。これを読んで怖い彼氏と上手に付き合えるようになりましょう!

スポンサードリンク

怖い彼氏の特徴5選

好きな人の行動や言葉に、とかく女性は振り回される時があります。好きだからこそ、余計に彼氏を「怖い」と思ってしまうのかもしれませんね。女性が怖いと思う彼氏の特徴は、大体似通っています。そんな共通する項目を紐解いてみました。

嫉妬深い

怖いと思う彼氏にあげられる「嫉妬深さ」は、少々癖が強めです。普通は嫉妬しないようなことにまで嫉妬するので、彼女には困りもの。それだけ愛されているという見方もできますが、「彼氏に話してややこしいことになるなら黙っていよう」と思う時もあるでしょう。

自分以外のことに夢中になったり、時間を裂かれると面白くない彼氏は、何かと不機嫌になったりと大変。彼女の1番は常に自分であって欲しいのです。彼女を信じる以前に、生来の疑り深さで嫉妬しては、問い詰められるシーンがあるでしょう。

プライドが高い

プライドが高い彼氏は、自分の中で「譲れないこと」や「どうしても許せないこと」などが、人より多めです。特に、自分のプライドを傷つけられることは我慢なりません。彼女はその琴線に触れないようにすることが肝心でしょう。

また、時にプライドを守るために、彼女に理不尽な仕打ちをすることも。

自分の顔を1番に立てて欲しいのは当然のこと、自分がやりたくないことは彼女に押し付け、他人に少しでも格好つけたいがために、人前で無理をすることもしばしば。その分、不満やストレスがたまるため、彼女にあたる時もあるでしょう。

我儘

本来我儘な性格の彼氏は、何かと要求が多いです。自分のことは棚上げして、彼女に色々求めてくるので大変な思いをする時も。元々彼氏の中で「理想」があり、少しでも近づけようと彼女に声高に求めてきます。

鋭い要求や理想を押し付けてくる彼氏に、怖いと感じる時もあるでしょう。自分が追い詰められないように、笑いにかえてかわすなど、「スルー力」が必要になってくるかもしれません。

支配欲・束縛が強い

自分の知らない所に行くのが気にくわない、自分を差し置いて友達と遊ぶのが不満など、彼女のことをとにかく何でも把握しておきたいのが、支配欲や束縛が強いタイプです。1日の行動を彼氏に報告し、何をするにも彼氏の承認が必要になってきます。

この手のタイプと一旦付き合うと、彼女は「所有物」なので、自由になる時はありません。嫉妬深さとも共通した点はありますが、こちらは彼女を管理したい気持ちが強めです。寂しがり屋で、束縛されると嬉しい彼女ならともかく、自由にしたい人は息が詰まるでしょう。

もし報告を怠り、嘘をついたりすると、修羅場になる時も。やましいことがないなら言えるはずと、束縛を強める彼に恐怖を感じるでしょう。

裏表がある

彼女に見せる顔と、他の人に見せる顔が違うのはよくあることですが、悪い意味で落差が激しいと、少し怖いですね。その人の前では如何にも良い人のように振る舞っておいて、陰では辛辣な悪口や文句を言う姿に怖いと思うかもしれません。

また、他の人には人当たりよく優しいのに、彼女にだけは偉そうにする、辛くあたって大事にしないこともあります。裏表がありすぎると、悪い意味のギャップで、余計に恐怖を感じる人も少なくないでしょう。

次ページ:彼氏を怖いとおもった瞬間5選

彼氏を怖いと思った瞬間5選

自分は絶対しないようなことを彼氏がする、普通じゃないと思ってしまう、そんな好きだけど引いてしまう彼氏の行動はありませんか?今回、特に彼氏を怖いと感じるのが多かった瞬間をまとめてみました。

行動を常にチェックする

彼女が今どこで誰と何をしているか、1日の行動が気になって仕方ない彼氏。そんな束縛の強さが怖いと思う時があるのも、自然でしょう。またその場で適当なことを言うと、本当かどうかチェックされることもあります。一度嘘をついてばれると、今以上に束縛が強くなるのは間違いありません。

時には、不意打ちで友達や職場の飲み会の場所に現れるなど、ストーカーのような行動をとることも。まるでいつも彼氏に監視されているようで、恐怖を感じ、落ち着かないでしょう。

暴言を吐く

きつい暴言を彼女に向けて吐く彼氏もいます。彼女を大事にしようとはせず、如何に彼女に価値がないか、自分が偉いかを語ったりすることも。

自分と彼女の優劣の差をはっきりとさせ、逆らえないように話を持っていきます。わざと弱点を突く暴言を放つので、彼女は傷つき、怖いと思うでしょう。

また、車の運転中にも他の車に向けて舌打ちしたり、文句を言ったりすることも多いです。

彼女を意のままに従えさせる

自分はいつだって正しく、彼女を含めて他の人は間違っている、そんな認識でいる彼氏はとても厄介です。日頃から彼女の行動も、自分の思い通りにしたいと望みます。

常に、自分の考えに従うことを彼女に強いてくるので、暴言を吐かなくても、言葉の端々に凄みや圧力があります。時には無言の圧力で、表情だけで怒りを滲ませることも。

たとえ些細なことでも、何をするにも彼氏に相談が必要になり、彼氏の気にくわないことをしたらどうしようと、不安にさいなまれます。また、下手に逆らうと逆上することもあるかもしれません。所謂「モラハラ」の一種に、恐怖を感じるでしょう。

物にあたる

些細な事で口論になり、喧嘩している最中に彼氏が物にあたると怖いですね。壁を殴ったり、ゴミ箱を蹴飛ばしたり、手近にある物を投げるなどされると、驚きます。たとえ直接彼女に攻撃を加えなくても、男女の力差を見せつけられると、本能的に女性は怖いと思うものです。

また彼氏の行動に、「いつかは自分に手を挙げるかもしれない」という恐怖が、頭の中に根差してしまいます。物にあたることで怒りや不満を発散する、幼稚で攻撃的な一面に、複雑な気持ちになるでしょう。

店員にクレームをつける

自分の気にくわない、納得がいかないことがあると、彼女以外にもクレームをつける人もいます。不快にさせた原因について追及し、自分の正しさを相手に分からせるため、人前で店員に文句をつける彼氏は、彼女の目にどう映るでしょうか?

本人は意外に格好いいと思っている場合もあります。自分の正しさと偉さを、彼女の目に焼き付けたと認識しているかもしれません。 不満があると口に出さずにはいられない短気な性分で、冷静に物事を見て何気なく流すことができないのでしょう。

人前で注目を集めながら、頭に血を昇らせて相手を問い詰める姿に、怖いと思うのは時間の問題でしょう。

次ページ:怖い彼氏への対処法4選

怖い彼氏への対処法4選

怖い彼氏にどう接したら良いか、悩んでいる彼女もいるでしょう。ここでそんな怖い彼氏への具体的な対処法を4点まとめてみました。

半分聞いて受け流す

怖い彼氏の改善が難しいと判断した場合、彼氏の話を全て真面目に聞くことはやめておきましょう。大抵、怖い彼氏は実力以上に自分の怖さや偉さを誇張して話します。全てをそのまま深刻に受け止めていると、交際自体がストレスで苦痛になってきます。

話半分を聞いて、「いつものことだし、相手が子供だから仕方ない」と、大きくかまえてみましょう。ただし、できない場合は無理をする必要はありません。

Lineやメールなど文章で思いを伝える

冷静に話し合いができない時は、Lineやメールなどに思いをつづり、文章で相手に伝えてみましょう。彼氏と対峙している時、話せないことも、間接的な方法なら伝えることができます。怖い彼氏にやめて欲しいことや、どう感じているか想いの丈を一言一句思い切ってぶつけてみましょう。

もし彼氏が逆上して家に会いに来る、電話で怒鳴られる、暴力を振るわれる結果が待っているのなら、やめておいた方が無難です。あくまでも、基本は自分の無事を確保できる状況で、実行してみましょう。

時間をかけて話し合う

彼氏は怖いけれど、まだ好きという人は、気長に時間をかけて話し合いましょう。しかし、人間いきなりは変わりません。この場合伝えても彼氏が怒ったら、また時間を置いて何回でも諦めずに話し合う根気が必要になります。

好きだから、ずっと付き合っていきたい気持ちがあること、けれどもこのままの状態でいくと、先で好きの気持ちが薄れて、別れることになるかもしれないから避けたいことを、彼氏に伝え、徐々に折り合いの付く方向に持っていくことです。

別れる

好きだったのは昔の話、怖い彼氏と過ごすことが苦痛でたまらない人は、一刻も早く別れた方がいいでしょう。どう別れを切り出したらいいか分からない時は、家族や友達に協力してもらう、別れを告げる時は人が多い場所で言うのが安全です。

怒りに捕らわれた彼氏と2人きりになることだけは、やめておきましょう。

最悪の場合は、予告なく住んでいる場所やスマホを変えることです。連絡先や会う手段を無くし、彼氏との繋がりをきっぱりと断ちましょう。

まとめ

いかがでしたか?怖い彼氏の特徴や、彼氏を怖いと思う瞬間、気になる対処法をリサーチしてみました。怖い彼氏で悩んでいる時は、誰かに話しを聞いてもらい、気持ちを軽くすることも大切です。

冷静に考えて、彼氏との付き合い方やこれからを模索してみましょう。本記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク