Home / カップル / 彼氏 / 「こんな気持ち悪い人だった…?」彼氏を気持ち悪く感じた際の対処法4つ

「こんな気持ち悪い人だった…?」彼氏を気持ち悪く感じた際の対処法4つ

好きで付き合っている彼氏なのに、ふとした瞬間に気持ち悪いと思ってしまう、または恋愛感情が落ち着いてきた時に、今まで気づかなかった彼氏の気持ち悪い部分が見えてきた。そんなことはありませんか?

本記事ではそんな彼女が彼氏を気持ち悪いと思ってしまう瞬間や、具体的に気持ちを落ち着かせる対処法などを紹介しています。

また、実際に気持ち悪いと感じた彼氏に以前の気持ちが戻ることはあるのか?経験者の本音から行きついた結果や、そんな彼氏と別れる時が来たら円満に分かれる方法は?など、気になるポイントを徹底的にリサーチしました。

スポンサードリンク

彼女が彼氏を「気持ちわる…!」と思ってしまう瞬間8選

人により気持ち悪いと思うポイントはそれぞれ違うものですね。自分の彼氏にも関わらず、彼氏を思わず「気持ち悪い!」と思ってしまう瞬間はどんな時か、見ていきましょう。

ナルシストな行動を見た時

必ず入っているのが、彼氏がナルシストなタイプ。一緒に出かけた時、鏡や店の窓に反射する自分をよく見つめている、車に乗った時もバックミラー&サイドミラーで自分の顔をよく見ている、または美意識が凄すぎてファッションやヘアースタイルにこだわりすぎるなど、色んな声があります。

共通する意見は、自分の容姿やスタイルが大好きな彼氏ということです。いちいち行動がきめすぎていて不自然、彼女に何かと筋肉を見せつけてくるなど、とにかく「自分はかっこいい」ということを常に再確認したい彼。

大好きな時は良いですが、冷静になってみると、何だか鼻につくようになるのがナルシストな彼でしょう。

マザコンな一面を見た時

普段かっこいいと思っていた彼氏のマザコンな一面を見た時、気持ち悪いと引いてしまう彼女もいるでしょう。

良い年をして、自分の母親に頭が上がらず言うことを聞きっぱなしになっている。または甘えて自分でするべきことをしようとはせず、母親の世話になっている一面が見えた時、女性側が引いてしまうこともよくあることです。要は大人の男として、母親から自立していて欲しいのが女性の望みでしょう。

常識はずれな行動をした時

大人になるにつれ、TPOはとても大事だと認識するものですね。けれど、デート中に隣にいる彼が常識はずれな行動をした時、嫌で気持ち悪いなと引いてしまう時はありませんか?

自分が普通と思っていたことが、彼には全く通じないなど、価値観の違いから起こることもあるでしょう。しかし、あきらかに一般常識が欠如しており、一緒にいると恥ずかしくなるなら考えものです。よりによって、マナーを彼氏に教えなければいけない状況は誰しも避けたいものでしょう。

愚痴悪口を言っている時

会うといつも誰かの悪口や愚痴を言っている彼氏に心当たりはありませんか?心許している彼女だからこそ、言っているのでしょうが、何事も加減は大事ですね。たとえば店員に横柄な態度で嫌味や悪口を言う姿を目にすると、あまり良い気持ちにはならないものです。

自分のことを棚に上げ、人の足元ばかり注目し攻撃する姿には、気持ち悪いと感じる人もいるでしょう。

束縛が激しい時

執着心や独占欲が元々強い性格なのか、終始束縛をしてくる彼氏もいます。彼女が自分の知らないうちに、自分のいない場所で何かをするのが、とにかく我慢ならないのがこのタイプ。

いつも行動を把握していないと気が済まないので、1日のスケジュールを彼女に聞いてきます。

会社の飲み会や女友達と遊ぶ時でさえ、許可や疑惑をかけられるのは気を使いますね。彼女の自由を許さずに待ったをかけるのは、自分に自信がないのと浮気を疑っているのでしょう。しかし行き過ぎた束縛は、相手の気持ちを冷めさせる要因になります。

次第にそんな彼に、息苦しさと気持ち悪さを覚えるのも時間の問題でしょう。

甘え方がすごい時

バリバリ会社で働き、仕事が切れる彼氏にかっこよさを覚えたものの、いざ付き合ってみると、2人でいる時に赤ちゃん言葉を使って甘えてくるなど、ギャップの凄い彼。または甘えるのが大好きで、とにかく彼女にベタベタしては、甘えっぱなしの彼。付き合い始めの、恋に溺れている時期は、自分だけに特別に見せてくれる姿と受け止めがちでしょう。

しかしそんな彼を可愛いとは思えず、次第に違和感が増してきて「ちょっと気持ち悪い…」と感じてしまう彼女も。自身の許容量や、彼のギャップにどんな印象を受けるかで、感情に差が出てくるようです。

下ネタ発言や変態な行動をしてきた時

元々下ネタ発言が好きでないタイプの女性には、好きな男性からとは言え、その手の話題を振られるのはやはり苦手なものです。上手にかわすことができれば、彼の機嫌を損ねることもありませんが、何度も下ネタ発言されると「いつもそんなことしか考えてないのかな…」と気持ちが自然引き気味に。

加えて、彼氏に変態じみた行動をされると、気持ち悪さが加速するのも無理ないでしょう。

身だしなみが不潔な時

たとえばワキガなどの体臭や口臭がある男性が、普段から何も対策をしていないと、一緒にいる人にダイレクトに伝わるものですね。特にお風呂に入るのが2,3日置きになっている人や、歯磨きをあまりしない人、服の洗濯もあまりせず毎日同じ服を着ていると、不潔に思ってしまいますよね。

女性側が綺麗好きな人なら、気になって仕方ないでしょう。いくら好きな彼でも限界があります。身だしなみを全く気にしない人に、ある日気持ち悪い感情が湧いたとしても、自然なことかもしれません。

次ページ:彼氏を気持ち悪いと感じたときにしてほしい対処法4つ

彼氏を気持ち悪いと感じたときにしてほしい対処法4つ

色々上記で例を挙げましたが、それでは実際にそんな時にどうしたら良いのか、彼女なら気になるところですね。人それぞれにやっている対処法をまとめてみました。

距離を置いて冷静に受け止める

一緒にいて「気持ち悪い」感情の連鎖が続くようでしたら、悪循環ですね。そんな時は一旦距離を置き、冷静に受け止めることが肝心です。彼のそばにいすぎてわからなくなっていることもあります。

距離を置いている間に、彼に会いたい気持ちになってきた、また恋愛感情がトーンダウンしている時期特有の感情で、たまたま嫌な所ばかり目についてしまっていることもあります。

また、彼を気持ち悪いと思うことが単純にその時感じているものだけではなく、原因がある時も。冷静に考えて、彼といるより自分のことがしたい時もあります。自分が夢中になれることや趣味に打ち込みたい時もあるかもしれません。

しかし彼より他の男性が気になっている状況なら、要注意です。

ソフトに気持ちを打ち明ける

気持ち悪いと思う原因の彼に、ストレスが溜まってどうしようもない状況なら、いっそ伝えてみるのも一つの手です。その際、正直に言うのは大事ですが、言い方に気を付けましょう。

男性のプライドをいちじるしく傷つける言い方は禁物です。伝える時は感情的に言わないことと、彼が無意識にしている行動ならなおのことよく考えた言葉で、ソフトに相手に伝えてみましょう。

あくまでも「これからも2人で仲良く付き合っていきたいから」と言うことを前提に伝え、改善策を2人で話し合いましょう。

許せる範囲のことか自問自答する

彼の気持ち悪い部分が、どこまで自分にとって我慢できることか、許容範囲を探ることも大切です。絶対に直してくれないともう付き合っていけないのか、またはそんな部分も含めて彼の個性の一部だと、受け入れられそうか自問自動しましょう。

結局は彼のことがどれだけ、好きなのかが、重要なターニングポイントになるはずです。自分で自分の気持ちとしっかり向き合うことが、やはり大切でしょう。

友達に相談する

2人で話し合うもの大切ですが、時に第三者の友達に相談することで、意外なアドバイスが聞けるかもしれません。その際は、人選が重要です。プライベートな話題だけに、誰にでも言っていいわけではありません。

同じように彼氏がいる口の堅い子に、聞いてもらうことでストレス解消になるだけでなく、冷静な意見を聞くことができます。間違っても、最初から最後まで否定的な意見ばかりを述べる友達に相談することはやめておきましょう。

一度気持ち悪いと感じた彼氏に気持ちが戻ることはあるのか

それでは、一度気持ち悪いと感じた彼氏に、以前のような気持ちが戻ることはあるのでしょうか?肝心なその点がどうなのか、まとめてみました。

慣れて前ほど感じなくなった

人にもよりますが、中には彼のそんな部分に慣れてないだけで、何度も接するうちにどうでもよくなったこともあります。最初は抵抗感があったけれど、時が経つにつれ、そんなに気にならなくなったパターンです。

自分も含めて誰にでも欠点はあり、完璧な人はいません。逆に自分の欠点も彼氏に許容されている時もあるでしょう。彼氏の気持ち悪い部分を、ある程度良いように受け止めて最後にスルーすることができれば、長く付き合っていけるでしょう。

しかし人それぞれの許容範囲がありますので、片方が我慢に我慢を重ねて無理をしなければ付き合えないなら、お別れすることも念頭に入れておきましょう。

生理的に無理になってしまった

中には1回気持ち悪いと思った時点でもう無理な人もいます。気持ち悪いと思った瞬間から好きの気持ちが坂道を転がるように消え去っていき、付き合う意味がなくなるパターンです。

そうなると、最後は彼氏が生理的に無理になってしまうので、もう付き合うことはできません。彼の元から卒業する時と捉えて、スムーズにお別れできるよう努めましょう。

趣味や他のことで心を満たし気にしない

気持ち悪い所もあるけれど、まだまだ彼氏が好きな時もある複雑な場合は、あえて白黒つけずにそのまま付き合う人もいます。惰性の部分もありますが、彼氏に向きがちな恋愛中の思考を、自分が夢中になる趣味など他のことで分散し、バランスを取るのです。

気になる一つのことをずっと考えて思い詰めるよりは健康的でストレス解消になるので、彼氏の嫌な部分にも寛容になれます。

次ページ:「気持ち悪い」が原因で別れる場合の円満な別れ方

「気持ち悪い…!」が原因で彼氏と別れる場合の円満な別れ方

それでは最後に、気持ち悪いが原因で彼氏と別れたい場合、スムーズに別れる方法をまとめてみました。別れる時に失敗し、最悪逆恨みされたり、未練でストーカーされるなど絶対避けたいですね。円満に別れられるよう、効果的な方法をご紹介します。

恋愛感情がなくなったと告げる

別れの言葉を告げる時は、誰しも気まずいものです。仕事が忙しいのを理由に連絡を途絶えがちにし、すれ違いの自然消滅を狙ったりする人もいますが、男性は返って原因がわからないままだと未練が残ることも。

やはり多少気まずい思いはしても、正直に「もう好きではなくなったのでお別れしたい」「前のような恋愛感情は、今はもうないので別れましょう」と彼氏に告げましょう。

この時、彼氏によっては、逆ギレされる場合もあるかもしれませんね。そんな場合は、身の安全のためにも、2人きりの個室などではなく、他の人もいる店内などで別れを切り出しましょう。

価値観が合わないと言う

彼氏の気持ち悪い部分が受け入れられないのは、ある意味お互いに価値観が合わないということです。正直に価値観が合わないので、お別れしたいことを伝えるのも1つの手でしょう。

「別れたくないので、気になる部分はできるだけ直すから考え直してほしい」と言われる時もあるかもしれませんね。お別れしたい気持ちが強い時は、そう言われた時のこともあらかじめ考えておきましょう。

感謝の言葉を伝える

正直に別れたい気持ちであることと一緒に、今まで付き合ってくれた彼氏に感謝の言葉を伝えることも円満な別れ方の一つです。

楽しかった2人の思い出、今までにしてくれて嬉しかったこと、彼氏の好きだった部分などをかいつまんで話し、こんな結果になって申し訳ないけれど、お付き合いして過ごした日々と彼に感謝していることを伝え、別れの挨拶を彼に贈りましょう。

重い険悪なムードになりがちな別れの時も、感謝の言葉を伝えることで、少しは緩和されるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?彼氏の気持ち悪いと思う箇所は、共通する点も人それぞれに違う点もあったでしょう。気持ち悪いと思う心は、基本嫌悪感から来るものなので、最初は彼氏のそんな部分に理解しがたいと感じる人が多いようです。

そこから一歩踏み込んでより理解し、彼の一部と受け入れられるかも人によります。無理だなと思うなら次のステージへ、また付き合っていきたい人は創意工夫し、上手く感情と向き合っていくのも良いでしょう。

本記事で自分なりの答えに行きつくお手伝いに少しでもなれば幸いです。

スポンサーリンク