Home / 恋愛 / 恋愛相談・心理 / 彼氏との辛い遠距離恋愛。乗り越えるための3つの秘策と成功談3選

彼氏との辛い遠距離恋愛。乗り越えるための3つの秘策と成功談3選

遠距離恋愛は、とにかく彼氏と会える機会が減ってしまって辛いですよね。カップルにとって、遠距離恋愛は一つの試練です。浮気や心変わりを心配してしまえば、不安な気持ちはいつまでも止まらないものです。

辛い遠距離恋愛を乗り越えるにはどうすれば良いのでしょうか?今回は、遠距離恋愛を乗り越えるためのおすすめの秘策や、成功談・失敗談を厳選してご紹介していきます。

彼氏との遠距離恋愛に絶賛悩み中の方や、これから遠距離恋愛の期間を迎える予定で不安でたまらない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

彼氏との遠距離恋愛を続けるための3つの秘策

遠距離恋愛は、長く付き合っていれば訪れることもよくあることです。できれば避けて通りたいものですが、仕事や引越しなど、どうしようもない事情はあるものでしょう。

やはり大事なのは、遠距離恋愛を乗り越えるための手段を持つことです。遠距離恋愛を乗り越えるにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。以下の秘策をチェックしてみてください。

1.連絡は毎日取る

遠距離恋愛中は、やはり会えないからこそマメなコミュニケーションが大事になってきます。そのためにも必要なのは、LINEや電話などのやり取りです。電話はなかなかタイミングが合わないことも多いでしょうから、なるべくLINEは毎日のようにやり取りし合うべきです。

毎日連絡を取っていれば、相手の近況も分かりますし、離れていても気持ちが繋がっている安心感があります。さらに、もし休日などで時間があるときは、電話もちょこちょこしていけるのがベストですね。

2.折に触れて会いに行くor来てもらう

マメな連絡の取り合いは大事ですが、最終的に折に触れて会うこともかなり大事になってきます。もしそれなりに物理的な距離が近いなら1ヶ月に1回会えれば理想的ですが、離れている場合は交通費もかかりますし、少し難しいですよね。

どれくらい離れているかにもよりますが、2ヶ月に1回くらいはせめて会えるようにしておきたいところですね。そしてどちらか一方が会いに行くのに偏らず、お互いに足を運ぶ意識を持つことが大切です。

3.イベントは大事に

なるべくイベント事は大事にしておきたいところですね。誕生日や記念日、クリスマスやバレンタインなどはなるべく会うように心がけましょう。当日が難しいなら、なるべく近くの日程を空けるべきです。

イベント事はやはりカップルにとって、愛情を確かめ合う大事な時です。イベント事を通して仲が深まるといっても過言ではないでしょう。だからこそ、ただでさえ心の距離が離れてしまいがちな二人にとっては、お互いへの気持ちを思い出すきっかけをくれるイベント事は欠かせないものなのです。

次ページ:彼氏との遠距離恋愛の失敗談3選

彼氏との遠距離恋愛の失敗談3選

ちなみに遠距離恋愛で失敗してしまった…というケースはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、遠距離恋愛の失敗談を3つご紹介します。

1.連絡を取らないでいたら浮気された…

Aさんは彼氏と遠距離恋愛中に、マメに連絡を取ることをついついサボってしまっていた時期がありました。それでも彼氏は毎日連絡をくれようとしていて、Aさんの方がなんとなくの面倒臭さから、既読無視をしてしまう…そんな日々が続いていたのです。

するとある時、遠距離恋愛中の彼氏に浮気が発覚します。彼氏はAさんとすれ違いの毎日が続いた結果寂しさが募り、つい浮気に手を出してしまったそうです。

遠距離恋愛は実際、浮気に繋がりやすいという特徴があります。連絡を取らずすれ違いが続くと、相手を浮気に走らせてしまうきっかけを作ってしまうのです。

2.まさかのそのまま自然消滅に…

Bさんは、遠距離恋愛前も彼氏とそこまでマメに連絡を取り合う方ではありませんでした。彼氏も彼氏で連絡不精だったため、お互いにLINEのやり取りをするのは遠距離後もせいぜい週1くらいの頻度でした。

その後連絡がまばらな状況が続き、二人はそのまま「自然消滅」というかたちで別れることになりました。

遠距離恋愛は、距離が離れているからこそ逆に姿を消すということもできてしまうものです。遠距離→自然消滅という流れで破局してしまうカップルは結構多いです。

3.不安な気持ちを彼に押し付けてしまい…

Cさんは彼氏と遠距離恋愛中、とにかく寂しくて寂しくて仕方がありませんでした。そんな不安や寂しい気持ちを、Cさんはよく彼氏本人にぶつけてしまい、結果として彼氏を困らせることが多かったのです。

やがてCさんは彼氏と久々に連絡を取ったり会ったりしても、気まずい空気になることばかりになります。その結果、Cさんと彼氏は別れの一途をたどることになりました。

遠距離恋愛中は、お互いに不安ですし寂しいものです。そんな中で「寂しい」と相手に不安な気持ちを押し付けるように振舞っては、喧嘩の原因になります。

次ページ:結婚までたどり着いた!彼氏との遠距離恋愛の成功談3選

結婚までたどり着いた!彼氏との遠距離恋愛の成功談3選

では、実際に遠距離恋愛から結婚までたどりついたケースにはどんなものがあるのでしょうか。最後に、遠距離恋愛から結婚までこぎつけることができた、そんな成功の体験談を見ておきましょう。

1.遠距離は二人の絆を深めるための試練

Dさんは、遠距離恋愛を乗り越えるために、とにかく頻繁に連絡を取ることを忘れないようにしていました。

時には喧嘩をすることもありましたが、なんと喧嘩中もLINEのやり取りをすることは心がけていたのです。その結果、仲直りが早くなりました。もちろん、いつも連絡を取っていたからこそ、相手が「今何やってるんだろう」と心配になるようなこともなくなりました。

そしてそんな日々が1年以上続き、彼氏がプロポーズとともに戻ってきました。二人は遠距離という試練を乗り越えたからこそ、ちょっとやそっとでは切れない絆を手に入れることができたのです。

2.会える時間が少ないからこそ大切に

Eさんは、会える時間こそ遠距離恋愛のカップルは大切にするべきと思い、遠距離恋愛中の彼氏と会えた時は、なるべく彼氏と過ごすその時間をいつも以上に楽しむように心がけていました。

喧嘩はなるべくしないように努め、彼氏にはサプライズをしたり、遠距離恋愛前は行かなかったようなデートにも積極的に出かけるようにしていたのです。

すると次に会うのがまた楽しみになり、自然と遠距離恋愛でも辛い気持ちを抱えることは少なくなりました。その結果、彼氏からプロポーズされ、彼氏のところにEさんが行くかたちで二人は結婚したのでした。

3.喧嘩はすぐに解決

Fさんは、彼氏と遠距離恋愛中に絶対に気をつけていたことがありました。それは、喧嘩してもすぐに仲直りするようにすることです。

遠距離恋愛中に、喧嘩を長引かせてしまうことは非常に危険です。遠距離でコミュニケーションが取りづらいからこそ、喧嘩は長引くと長期的に気まずい空気を作ってしまいがちになります。

Fさんは、彼氏と喧嘩してもすぐにその場で謝るか、気まずい状況になってもなるべく早い段階で解決するようにしていました。すると、遠距離恋愛中でも仲良しな状態を続けることができ、その後は無事に彼氏と結婚することになったのでした。

まとめ

いかがでしたか?

遠距離恋愛をうまく乗り越えていくためには、辛い気持ちをお互いに共有し合い、とにかくこまめにコミュニケーションを取ることが一番大切ですね。

社会人にもなれば、遠距離恋愛は避けて通れないこともたくさんあります。大事なのは、遠距離恋愛を乗り越えるためのすべを身につけることなのです。

彼氏と遠距離恋愛をすることになった際には、ぜひ以上の成功談・失敗談を参考にしつつ、自分なりの秘策を見つけていってくださいね。

スポンサーリンク