Home / 恋愛 / 心理 / 彼氏からの「愛してる」はやっぱり嬉しい!彼氏の愛と心理と行動15選

彼氏からの「愛してる」はやっぱり嬉しい!彼氏の愛と心理と行動15選

長い間付き合っていると、男性はだんだん愛を伝えなくなってきます。最初の頃はいっぱい言ってくれたのに、今はまったく口にしない。もしかして冷められた!?なんて不安に思うこともあるでしょう。

また、その逆で「愛してる」を言いまくる男性もいらっしゃいます。男性の心の中はまさにミステリーです。そこで今回は彼氏からの「愛してる」をテーマに心理や行動について紹介していきます。これを読めば男性心理や愛してるのサインが読み取れるようになる!?

スポンサードリンク

たまには「愛してる」がほしい!彼氏が愛を伝えやすいシチュエーション5選

「愛してる!」って言われたい!そんな時は彼氏が愛を伝えやすいシチュエーションに誘導してみるのが効果的。男性は愛を伝えたくても、場所や状況によっては言えずに終わってしまうものですからね。まずは5つのシチュエーションを見ていきましょう。

1.2人きりの時

彼女に愛してると言えるシチュエーションといえば、やはり2人きりの時です。男性は変にプライドが高く、人前でイチャイチャするのが苦手な傾向にあります。そのため、第三者に聞かれない・見られない空間でなければ「愛してる」なんて甘い台詞は出てこないのです。

2.記念日やイベント

男性は意外にも恥ずかしがり屋が多いので、何かしら理由がないと「愛してる!」と言えません。では簡単な話、理由を作ってあげれば良いのです。例えば〇ヶ月記念や誕生日、クリスマスやバレンタインデーといったカップルに馴染みの深いイベントなどをしっかりと祝いましょう。

そうすることで彼も「愛してる」を言いやすい雰囲気になりますし、今なら言っても大丈夫と思うのです。

3.彼に何か良いことをした時

ピクニック お出かけ 野原 公園 パーク 自然 デート カップル 恋人 外国人 男 男性 女 女性 彼氏 彼女 座る 寛ぐ リラックス のんびリ ラブラブ ピクニックデート 接写 クローズアップ 後姿 後ろ姿 見つめる 見つめ合う 見つめあう バスケット 籠 かご 食べ物 果物 フルーツ 飲み物 お酒 酒 アルコール ワイン ワイングラス mdfm038 mdff095

男性は「ありがとう」というお礼の言葉に合わせて「愛してる」と伝える方がいます。自然な流れで言えますし、恥ずかしさなどもあまり感じないのでしょう。

つまり彼からお礼を言われるようなことをすれば、「愛してる」も同時にゲットできる可能性があるということになります。ぜひ彼を喜ばせるような行動を起こしましょう。

4.デートが終わる時

デートの終わりは寂しい雰囲気になってしまうもの。笑顔で「またね」と言っていても内心では悲しい気持ちがあります。そんな時、男性は「愛してる」と言いたくなるのです。

また、悲しい気持ちといえば喧嘩をしている時も同じ。仲直りする際に「愛してる!」と伝える男性もいます。欲しいからといって無理に悲しませるのはNGです。

5.愛してると言われた時

男性が一番「愛してる」と言いやすいシチュエーションと言えば、愛を伝えられた時です。こちらから「愛してる」と伝えることで「俺も愛してるよ」とスムーズに言わせられます。自主的ではないかもしれませんが、彼の本当の気持ちなことは確かでしょう。

次ページ:ちゃんと「愛してる」って言ってくれる彼氏の心理

ちゃんと「愛してる」って言ってくれる彼氏の心理

世の中にはちゃんと「愛してる」と伝えてくれる彼氏もたくさんいます。でも一体どんな気持ちで言っているのか気になりますよね。ここからは男性の心理を覗いていきましょう。

1.本気の想い

「愛してる」は「好き」に比べると少しだけ重い言葉に聞こえますよね。実際男性からしても「愛してる」はハードルが高い言葉であり、本気で想っている相手にしか伝えないのです。つまり「愛してる」に隠されている心理は、偽りのない彼女への想いである可能性が高いでしょう。

本気の想いこそ「愛してる」なのです。

2.日頃のお礼

男性にとって恋人の存在というのは大きいものです。一緒にいるだけでストレスが解消されますし、悩みを話せる・甘えられる相手がいるというのは心が楽になります。

しかし男性はプライドが高い関係であまり女性に本音を打ち明けません。ですが感謝の気持ちを込めて「愛してる」と言いたくなるのです。

3.彼女を安心させたい

女性はパートナーからの愛を確かめたい生き物です。交際していても自分がどう思われているのか不安になりますし、常に彼がどんなこと考えているのか気になってしまうでしょう。

実は女性がそのような不安を感じているのは、男性も分かっています。そして彼女が怯えているのなら安心させたいのが優しい男性の性です。ここで口にする言葉こそ「愛してる」なのです。

4.言わないと不機嫌になるから仕方なく

男性によっては仕方なく言うケースがあります。それは愛を伝えないと不機嫌になる彼女を連れている方達です。

「言わないと彼女がイライラしている態度を出してくるから言う」なんてケースも。これでは本当に愛があるのか分かりません。無理矢理言わせる女性にはならない方が良いでしょう。

5.長続きしたいから

恋愛において長続きする方法。それはお互いの気持ちを伝え合うこと。何だかテキトーに恋愛をしている感じのする男性ですが、実は心の中では「どうやったら長続きするのか」を考えています。そして素直な気持ちを伝えないと相手が不安になってしまうことが分かり「愛してる!」と口にするのです。

これは4番のケースとは違い、彼の本心が表に出ているケースなので安心して受け入れてあげましょう。

言葉にしなくても彼氏に愛されているサインや行動5選

男性は「愛してる」や「好き」というのが苦手な方がたくさんいます。そのため、言葉よりもサインや行動で示すことが多いのです。それでは愛してるのサインや行動を見ていきましょう。

1.過保護

本当に愛している男性は彼女に対して過保護になりがちです。デートの後は「家に着いたら連絡して」と言いますし、仕事で疲れることをSNSなどに投稿するとすぐに連絡をよこします。親が子供に対して過保護になるのも家族愛、彼氏が女性に対して心配ばかりするのも愛の形なのです。

2.ものすごく会いたがる

彼女を本気で愛している男性は意外にも会いたがり屋になります。時間を見つけてはデートしようとしてきますし、平日は「飯行かない?」と誘ってきます。

また、帰り際になると「寄り道する?」などと切り出して離れたくないオーラを出してきます。そして解散する時はものすごく寂しそうな顔でボディタッチをしてきたり、次はいつ会えるか聞いてきたりします。

3.自分の家族に紹介する

今の彼女と本気で長い付き合いがしたい男性は、自分の家族にも紹介します。その方が結婚の時もスムーズに進みますし、家族で

受け入れることでより深い交際ができるようになります。また、結婚を考えているアピールとも捉えられるでしょう。

4.お願いなどを聞いてくれる

男性って自分さえ良ければいい、という考えを持っている方が多い傾向にあります。しかし本気で愛している彼女がいる場合はお願いをしっかりと聞きますし、何よりも彼女を優先して物事を考えます。

ある意味男性の脳って単純なので、本気の恋愛をしている時は他のことが見えなくなってしまうのです。常に頭の中には彼女だけ、という感じでしょう。

5.嫉妬や束縛をする

遊びの女性がどこかに行ってしまってもダメージを受けない。しかし本命の女の子が他の男性に盗られてしまうのは嫌。男性も本気で愛してる女性には束縛をしたり、自分以外の人と楽しそうにしていると嫉妬したりします。少し面倒くさいかもしれませんが、妬いているのは愛してるのサインですよ。

次ページ:彼氏にずっと愛され続けられるコツ5選

彼氏にずっと愛され続けられるコツ5選

愛してると言いやすいシチュエーションや男性の心理も分かったところで、ここからはずっと愛され続けられるコツを紹介していきます。ぜひ今の恋愛に活かしてみてください。

1.可愛い女性であり続ける

片想い期間中は全力で可愛くなろうとしていた女性も、いざ交際がスタートすると気が抜けてしまいがち。彼氏がずっと愛され続けるのには自分磨きをし続ける必要があります。彼氏がけして冷めることのない可愛らしい女性を目指していきましょう。

2.一緒にいて楽しい女性になる

会う度に喧嘩や暗い話ばかりする。それでは愛され続けるのは難しくなってしまいます。男性は恋愛においては面倒事よりも、楽しくありたいと思っています。一緒にいる時はくだらないことで笑い、時にはイチャイチャする。そんな関係を目指しましょう。

3.付き合っていてメリットのある女性になる

少し言葉は悪くなってしまいますが、付き合っていてメリットがないと別れを告げられてしまうのも事実です。ここで言うメリットとは、悩みを聞いてくれる、料理が得意、癒やされる、大切にしてくれる、一緒にいて楽しい時間が過ごせる、などです。意識して彼と接してみてください。

4.愛してると伝える

今回は彼氏の「愛してる」がテーマですが、相手に言わせてばかりではいけません。パートナーからの愛が伝わってこないと不安になってしまうのは男性だって同じことです。

こちらからも愛の気持ちを言葉にしたり行動で示したりしましょう。愛されていると分かれば男性だって安心しますし、応えようとします。

5.彼氏がすべてにしない

たまには1人の時間を過ごしたい!そう考える男性は少なくありません。そのため、こちらが彼氏に依存しすぎてしまうのも嫌われる要因となってしまいます。彼が構って欲しそうではない時は、自分の時間を過ごしてみるなどの工夫をしましょう。常に一緒にいることが愛の形ではありませんよ。

まとめ

今回は彼氏の愛や行動、心理を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。

この記事で紹介した「愛してる」と伝えやすいシチュエーションや彼氏の心理、愛されている行動やサインなどを活かして、幸せ溢れる素敵な交際をしましょう。もちろん彼氏からずっと愛され続けられるコツも実践してくださいね!

スポンサーリンク